英語

英語コーチングとは? 効果を説明します【英語を科学的に習得】

2022年4月24日

こんにちは。

当記事では英語コーチングの効果について説明します。

結論から言いますと、「英語初心者」「本気で英語を話せるようになりたい方」「ビジネス英会話を短期間で学びたい方」「TOEICのスコアを短期間で大幅に上げたい方」にはオンライン英会話ではなく、英語コーチングスクールがおすすめです。

理由は簡単で、英語を話せない方がオンライン英会話スクールで学習をしても非常に効果が薄いから。オンライン英会話を続けても英語力が伸びず、挫折した経験がある方も多いと思います。

「予習・復習が足りないから?」「サボってしまう時があり、毎日レッスンを継続していないから?」「緊張や恥ずかしさであまり話せないから?」

どれも理由の一部ではありますが、本質的な問題は、英語を話すために必要な知識のインプット学習が圧倒的に足りていないからです。

英語を話せるようになるために大切なことは、英語を話すための知識を増やすこと。英語コーチングスクールをおすすめする理由も簡単で、英語コーチングスクールは、英語を話すための知識を増やすインプット学習に力を入れているからです。その上でアウトプット学習を積み重ねるから、英語を話せるようになるのです。

今から「なぜオンライン英会話では効果が出ないのか」という原因と「なぜ英語コーチングで英語が話せるようになるのか」という解決方法について話しますので、短期間で英語力を身に付けたいという方は、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

関連記事

英語初心者こそ英語コーチングスクールを選ぶべき理由とは?

なぜ初心者はオンライン英会話で撃沈するのか? 失敗する本当の理由

     

1.なぜオンライン英会話スクールは効果が出ない?

悩み

オンライン英会話スクールが無駄とは言いませんが、多くの方がオンライン英会話で挫折してしまうのも事実。言語習得を科学的に追求した第二言語習得論においても、英語初心者の英会話レッスンの非効率性とインプット学習の重要性を明確に指摘しています。

「英語を話せるようになるためには、外国人と積極的に話すべき」「毎日英語を話して入れば、そのうち慣れて話せるようになる」

このような考えで格安のオンライン英会話スクールを選ぶ方は多いと思います。中学校から大学まで散々英語学習してきたのだから、インプット学習はもう十分。必要なのは英語を話すアウトプット学習でしょ、って考えてしまう気持ちは分かります。実際、日本の学校教育は大学卒業までにおよそ約1,200時間の英語学習をしますし。

では、ちょっと質問をしてみます。

「LightとRightはどのように発音しますか?」

「発音する時に舌がどのような動きをすれば正しく発音できるか説明できますか?」

「英語ネイテイィブはsome of usをどのように発音すると思いますか?」

おそらく、分からない方が多いと思います。

これが日本人が英会話が苦手な原因です。実際に使われる英語の知識がなければ話せないし、聞き取れない。英語を話すために必要な知識のインプット学習が圧倒的に足りていないのが日本の英語学習なんです。「知っている英語」から「使える英語」にするためにのインプット学習が必要というわけです。

         

1-① 正しい英文法で話さなければ英語は伝わらない

英語コーチング 文法

欧州の方は第二言語として英語をすぐに話せるようになりますが、日本人はいつまでたっても英語を話せるようになりません。

その理由はなぜでしょうか。

アメリカ国務省附属機関が実施した、英語を母国語とするアメリカ人の第二言語習得の難易度調査の結果によると、日本語習得にかかる時間はおよそ2,200時間。カテゴリーは「習得最難関」レベルで"super-hard languages"と認定されているほどです。

出典 : Foreign Language Training - United States Department of State

一方、アルファベットを使用するオランダ語やフランス語、スペイン語、イタリア語は英語と親和性があり、習得には600時間から750時間程度。約3倍の学習時間の差があります。

なぜなら、文章の構造が明確に違うからです。

英語は旬構造文法、いわゆる「語順支配型」の言語。欧州の言語も語順支配型に該当します。

アルファベットは音の発音を示す記号でしかありません。アルファベットで構築された単語を並べる順番に意味があり、この順番が正確でなければ意味が成立しないのが英語の特徴です。

「I love you」「You I love」「You love I」「Love I you」

英語では最初の「I love you」以外、意味が全く通じません。

主語、述語、目的語の語順が崩れれば、意味が成立しなくなるのが英語なのです。

  

地球儀

  

一方、日本語は依存文法、いわゆる「てにをは支配型」と呼ばれます。日本語は漢字をルーツに持ち、漢字はその文字自体に意味を持ちます。それゆえ、語順を崩しても助詞の「てにをは」さえしっかりしていれば、意味が伝わる言語構造になっています。

「私はあなたを愛しています」「あなたを私は愛しています」「あなたを愛しています、私は」「愛しています。私はあなたを」

どれも意味が伝わりますし、自然にニュアンスが伝わりますよね。

日本人は言語の特徴から、語順に関する意識が相当低い。オンライン英会話スクールで学習しても、会話を成立させようと知っている英単語を並べるだけで、しっかりと文法構造を意識しません。だから、英語が伝わらないし、スムーズに話せるようにもならないんです。

欧州の言語は同じ言語支配型で、共通のアルファベットを使用し、単語のルーツも英語と似ています。だから、短期間の留学でもあっという間に話せるようになる。最初から英語を話すための知識がある程度インプットされている状態なので、アウトプット学習メインで良いわけです。

でも、日本語と英語は言語のルーツが違う。単語や構文から正しく身に付ける必要があるので、欧州人とは英語学習のスタート地点が全く違うのです。オンライン英会話スクールで英会話をしても、話すのに必死で正しい英文法を意識しないから、英語が身に付かないということです。

   

1-② 自分が正しく発音ができない言葉を脳は聞き取れない

英語を聞き取れない

英語を聞き取れない理由を第二言語習得論をベースに説明します。

リスニングをする際の脳内処理は、音を聞き取る「音声知覚」と、聞き取った音声を理解する「意味理解」の二つのプロセスがあります。

日本人は特に「音声知覚」が苦手。独学だとリスニング教材を解くとか、英語のニュースやドラマを聞くって学習をしがちですが、実は英語を聞く学習ではリスニング力は大きく伸びません。というのも、「音声知覚」ができないのは脳内で単語と発音が紐づいていないことが原因。正しい発音を身に付けなければ英語は聞き取れないんです。

先ほど例にあげた「some of us」は中学校で習うレベルの英語。多くの方は「サム オブ アス」という発音と結びついていると思います。ですが、実際の英会話では「サマヴァス」と発音されます。of は「オブ」ではなく「アブ」と発音。someとofが、ofとusがそれぞれ連結して発音されるのですが、この発音が脳内にインプットされていないと「サマヴァス? なに? どういう意味?」とパニックに。こういう音の連結やら変化やら脱落が頻繁に発生するのが英会話です。

聞き取るためには「some of us」という英語が「サマヴァス」という発音とリンクしている必要がある。中学校で学ぶような簡単な英語でさえ全く聞き取れないのは、正しい発音が身に付いていないからなのです。

発音に関する意識も日本人は相当薄い。英語をたくさん聞けば、脳が英語に慣れるわけでもありません。大切なのは「実際の英会話の発音」を正しく覚えること。

でも、オンライン英会話スクールでは正しい発音を丁寧に教えてくれることはありませんよね。これがオンライン英会話では英語が話せるようにならない理由の二つ目です。

   

1-③ 英会話をするための準備ができていない

白紙

「今から英語で自己紹介してください」と尋ねられて、すらすらと英語が出てくる方は多くありません。英会話の引き出しが少ない状態で、オンライン英会話スクールでアウトプットの練習をしても、効果は非常に薄い。会話に使える英語知識が身に付いていないのだから当然です。

「アウトプットしながら覚えれば良いじゃん?」と思うかもしれませんが、それではかなり非効率な学習です。

サッカーに例えてみますね。「単語」「文法」「発音」「イディオム」などのインプット学習は、ドリブルやパス、トラップ、シュートなど各スキルのトレーニングにあたります。

オンライン英会話はインプットした知識を正しくアウトプットする場所。サッカーでいえば練習試合です。ビジネスや日常で英語を話すのが実践で、サッカーの公式試合のようなものですね。

イメージしてみてほしいんですけど、トレーニングを積んでいない選手が、いきなり練習試合に出て活躍することができるでしょうか。ドリブルもできない。トラップもパスもできない。シュートもできないし、ポジショニングもめちゃくちゃ。トレーニングをせずに練習試合だけ何度も出場して、サッカーが上手くなるでしょうか。

違いますよね。毎日のトレーニングが大切で、トレーニングの成果を発揮するのが練習試合。練習試合で経験を積んで、公式試合に挑むわけですよね。

   

サッカー

   

英語学習も同じなんです。トレーニングをおろそかにして、練習試合だけ繰り返しても上達はしません。少しずつは慣れるかもしれませんが、圧倒的に非効率な学習方法ですよね。

例えるなら、言語のルーツが同じである欧州の方はフットサルが上手い。フットサルが上手いから、似た競技のサッカーが上達するのも早い。単語や文法といった各スキルが英語と似ているからです。

一方、日本人が英語を覚えるのは、野球が上手い人がサッカーを覚えるようなものです。競技が全く違うので、必要なインプット学習量がフットサル選手と比べて段違いに多い。

だから、欧州の方はアウトプット学習でどんどん英語が身に付きますが、日本人は基礎スキルのトレーニングをしっかりこなさなければなりません。

「オンライン英会話スクールが悪い、非効率だ」と言っているわけではありません。オンライン英会話という練習試合=アウトプットは、各スキルのトレーニング=インプット学習という土台の上に積み重ねる必要があるのです。

これがオンライン英会話では英語をはなせるようにならない三つ目の理由です。

   

1-④ 脳内で日本語と英語の変換を繰り返している

シナプス

英語を話せない理由も、第二言語習得論に基づいて説明しますね。英語を話す際の脳内処理は話したいことをイメージする「概念化」、イメージを文章化する「文章化」、文章化された言葉を話す「言語化」の三つのプロセスに分類できます。

英語初心者がつまづきやすいのは「文章化」。話したいことを上手く英語の文章にできないもどかしさがありますよね。こういう時、頭の中でまず日本語の文章を作り、それから英語に翻訳しようとしてしまいますが、それだと正しい英語は話せません。

例えば、熱心に働いている同僚が昇進する知らせを聞いて「おめでとう! あなたは昇進するに相応しいよ!」と伝えたかったとします。

「あなたは昇進するに相応しい」という英語を話そうとする時、脳内でこのように日本語から英語に翻訳する方が多い。

「あなたは = You」「昇進する = be promoted」「相応しい? 相応しいって英語でなんて言うんだろう。suitかな?」「You were promoted suitably??」

このように、日本語を無理やり英語に変換すると、英語ネイティブにとってめちゃくちゃ違和感が強い言葉になります。

英語で相応しいと表現する時、「You deserve it」とお決まりの慣用句があります。直訳すれば「あなたはそれに値するよ」といったニュアンスですね。

こういう表現って日本語から英語の翻訳では出てきません。英会話で使われる英語をインプットするしかないんです。

英会話で大切なことの一つが、「英語を聞き」「英語のまま理解し」「英語を発話する」と、一連のプロセスを全て英語で完結させること。英語を話す時、そこには英語で満たされた脳しか存在しないイメージです。ここに日本語が入ってくると、英語⇔日本語の変換で時間がかかりますし、違和感がある「日本語直訳」の英語となって、伝わらないわけです。

オンライン英会話では「話そうとすること」を目的にしてしまいがち。講師の英語を聞き取って、脳内で日本語に変換し、意味を理解して、言いたいことを日本語で構築し、英語に変換してなんとか伝える。これではいつまで経っても本物の英語力は身に付きません。

「英語のまま理解する」「英語として発話する」ために、英会話に必要な正しい知識をインプット学習で習得することが大切なのです。

        

1-⑤ 【結論】オンライン英会話はインプット学習が疎か

怠惰な女性

「正しい文法」「正しい発音」「練習のためのトレーニング」「英語を英語のまま理解すること」

これらはすべて、英会話に必要な正しい知識をインプットしましょう、という結論に至ります。

はっきり言ってしまえば、英語初心者にとってオンライン英会話は難しすぎる。サッカーの素人がいきなり練習試合に出場して、活躍しろと言われても無理な話ですよね。逆に、正しい知識が身に付いていれば、オンライン英会話はスムーズに話せるようになります。

ここで英語コーチングスクールが登場します。

英語コーチングスクールは「英会話に必要な正しい知識を短期間で習得すること」を目指します。

なので、インプット学習に非常に力を入れます。1日に2時間も3時間も英語を学習し、徹底的に知識をインプット。それも、受講生一人ひとりに専属コーチが付いて、レベルや目標に合わせて最適な学習カリキュラムを組み、効率的な学習を行うのです。

       

2.英語コーチングの効果を解説

英語コーチングの魅力

英語コーチングについて、分かりやすく「学習目標」「学習スタイル」「学習理論」の三要素を軸に説明します。

      

2-① 英語コーチングの目標は「短期間の英語習得」

2022年時点、英語コーチングスクールは通学型・オンライン完結型を含めて、30社ほど存在します。それぞれのスクールに特色はありますが、共通するのは短期間の英語習得を目標とすること。

オンライン英会話スクールを何ヶ月続けても効果が薄かったのに、本当に短期間で話せるようになるの? って疑問を持つ方もいると思いますが、オンライン英会話で効果が出ないのは先ほど説明したとおり。

英語コーチングスクールでは、短期間の徹底的な自主学習で英語に必要な知識を習得します。

つまり、インプット学習が英語コーチングの本質。

短ければ2~3ヶ月、長くても1年間の契約で、どのコーチングスクールでも英語力は大きく伸びますが、短期間で目標を達成するには相応の学習時間が求められます。

英語ネイティブにとって日本語が習得最難関に認定されているのは前述しましたが、裏を返せば、日本語ネイティブが英語を習得するのも最難関レベルということ。ネイティブと渡り合える本物の英語力を身に付けるために必要な学習時間は2,200時間にのぼります

   

英語コーチングスクールの学習時間

   

日本人は大学卒業までに約1,200時間の英語学習をしているので、残りの1,000時間の学習が必要ということ。日常会話やある程度のビジネス英会話を習得するにも、数百時間の学習が必要というわけです。

そのため、1日に求められる自主学習時間は1~3時間。インプット学習をメインに数ヶ月~1年間の学習を継続します。

「そんなに学習しても効果が出なかったらどうしよう」「忙しくて毎日勉強できる自信がない」「モチベーションが続かなそう」

このような心配や不安があるかと思いますが、そこは安心。英語コーチングスクールには、受講生に専属コーチがつきます。英語指導のプロである専属コーチは学習効果が出るよう適切に指導し、学習進捗状況を把握・管理。毎日のチャットや音声サポートでモチベーションを維持してくれる存在です。

専属コーチによるコーチングこそが、短期間で英語を身に付けることを可能とします。

   

2-② 英語コーチングの学習スタイルはPDCAサイクルに基づく

英語コーチングスクールでは専属コーチのサポートのもと、適切なPDCAサイクルを回すことで効率的に英語を話せるようになることを目指します。

   

PDCAサイクル

  • PLAN:レベルや目標に合わせて、最適で無駄のない学習計画を策定
  • DO :学習計画をベースに自習学習や英会話レッスンを実施
  • CHECK:定期カウンセリングやテストで進捗状況を確認。課題や弱点を検証
  • ACT :課題解決・弱点克服するために学習計画を修正、継続学習

    

インプット学習をトレーニングと表現しましたが、トレーニングは効果的にやらなければ成果は表れづらい。

サッカーでいえば「ドリブルが苦手」「パスが苦手」「トラップが苦手」と人によってスキルの弱点は異なりますよね。英語も同じで「単語を覚えてない」「発音が苦手」「文法を理解していない」など弱点や課題は人それぞれです。

英語コーチングスクールでは、最初のカウンセリングや診断テストで苦手分野や弱点、改善ポイントを分析。目標達成に最適な学習計画を作成してくれます。その学習計画に沿って、単語や発音、文法を徹底的に学習。定期カウンセリング・テストで英語レベルを都度分析し、各スキルをさらに伸ばしていくために学習計画を修正、日々の学習に落とし込んでいく。

このように適切なPDCAサイクルを回しつつ、毎日の学習で生じた質問や疑問などはチャットや音声で専属コーチがいつでも対応してくれるので、効率的な学習が可能なのが、英語コーチングサービスの大きな特徴です。

  

英語コーチングの講師

   

そして、最適な学習をサポートするのが英語を熟知した超一流のコーチ陣です

サッカーのトレーナーでも、サッカーが上手いだけでは良い指導者にはなれません。指導する知識・技術があってこそ、生徒のサッカーが上達するのも早くなりますよね。

英語コーチングスクールでは、どのスクールでも高い英語力を備え、豊富な英語指導実績や英語指導の資格取得者、英語を使ったビジネス経験を持ちコミュニケーションスキルが身に付いている方など、一流のコーチが揃っています。コーチも日本語ネイティブで、第二言語として英語を習得しているからこそ、受講生にとって最適な学習方法や悩み・不安を理解しているのです。

オンライン英会話スクールは英語を話す環境を提供しているだけで、実は独学に近い。一方、英語コーチングスクールでは、専属コーチのサポートのもと、常に正しい学習方法で効率的に英語を学べるのが特徴です。

   

2-③ 英語コーチングは科学的理論に基づいて英語を習得する

オンライン英会話では効果が出ないのは、「インプット学習が圧倒的に不足している」というお話でしたね。英語習得にあたりインプット学習を重要視するのは、第二言語習得論に基づいたアカデミックなアプローチです。

   

第二言語習得論

人間がどのように第二言語を習得していくのか、言語学・心理学・認知科学などの科学的観点から追求する学問。「聞く」「読む」というインプット学習を実施した上で、「書く」「話す」というアウトプット学習を進めることで、効率的な英語習得を実現します。

   

言語学者のスティーブン・クラッシェンが提唱した第二言語習得論の仮説の中にインプット仮説があります。インプット仮説は現在レベルよりも一段階高いレベルのインプットを理解することで、自然的に第二言語能力が進歩するという説。会話で第二言語を話せるようになるのはインプットによる言語習得の結果に過ぎず、理解可能なインプットを継続すれば第二言語は自然と話せるようになる、ということです。

この理論によれば、アウトプットを重視するオンライン英会話をいくらこなしても、英語習得には近づきません。アウトプットが必要ないのか、という点は議論が必要ですが(あくまで仮説なので)、少なくともインプットが非常に重要なのはここまで述べてきたとおり。

各英語コーチングスクールでは第二言語習得論ないし、第二言語習得論を独自メソッドに落とし込んだ科学的理論に基づいて学習カリキュラムを作成します。

     

  

科学的な独自メソッド

  

各スクールの独自メソッドはそれぞれの記事で説明してますが、どのスクールにも共通するのは、科学理論に基づいてインプットを重視していることです。

「知っている単語」「知っている文法」を「使える単語」「使える文法」に落とし込み、正しい英語が自然と出てくるようになるまで、徹底的にインプット学習を継続。英語学習を知り尽くした専属コーチのサポートを受け、英会話に必要な正しい知識を習得し、短期間で英語力を身に付けることを可能とするのが英語コーチングスクールです。

     

3.目的別のおすすめ英語コーチングスクール

オンライン英会話スクールよりも英語コーチングの方スクールの方が遥かに英語習得に適している、というお話をしました。最後に目的別におすすめの英語コーチングスクールを紹介しますね。

    

3-① 初心者コースがある英語コーチングスクール

英語初心者の方に特におすすめの初心者コースがあるコーチングスクールです。

コーチングスクールでは「正しい英語の学習方法」を身に付けることができるので、受講後に自分で英語学習を継続する時、その効率が受講前とはまるで違うものになります。英語初心者だからこそ、最初に英語の本質的な部分を身に付けることがおすすめです。

初心者コースがある英語コーチングスクール5選【オンライン対応】

   

3-② ビジネス英語におすすめなコーチングスクール

英語習得の目的は様々ですが、特にビジネス英語を学びたい方は多いですよね。就職、転職、海外転勤、昇格試験、英語を使う部署に異動。本当に様々なシチュエーションでビジネス英語は必要です。

こちらの記事で紹介しているコーチングスクールはビジネス英語を学べるコースが用意されていて、専属コーチも様々なビジネス業界出身の方が揃っています。目的やニーズに合わせたビジネス英語の習得が可能ですし、ミーティングやプレゼンの模擬演習もできるので、実践練習ができるのも魅力的です。

【ビジネス英会話】おすすめ英語コーチングスクール4選【オンライン対応】

    

3-③ TOEIC対策におすすめのコーチングスクール

就職や転職、昇格にあたってTOEICのスコアが必須の企業も多くありますよね。こちらの記事では、2~4ヶ月でTOEICのスコアが飛躍的に上昇することが可能なコーチングスクールを紹介してます。

インプット学習を重視するコーチングサービスに、TOEIC満点レベルの専属コーチのサポートが組み合わされば、短期間でも着実にスコアの上昇が期待できます。

【TOEIC対策】おすすめ英語コーチングスクール5選【オンライン対応】

   

3-④ 安いのに高品質な英語コーチングスクール

オンライン英会話スクールと比較すると、コーチングスクールの料金が高めなのは事実。

しかし、短期間で英語力が身に付けば、就職やキャリアアップ転職、昇格、海外転勤などですぐに元が取れますし、長期的に見れば遥かに高い年収を得ることができたり、人生の幅が広がったりします。

とはいえ、できることなら節約したいと思う方も多いでしょう。こちらの記事ではリーズナブルで高品質なコーチングスクールを紹介しています。

安いのに高品質な英語コーチングスクール7選【オンライン対応】

   

3-⑤ 英会話レッスンも提供しているコーチングスクール

英語習得に当たってインプットの重要性を説明してきましたが、正しいインプット学習=トレーニングの成果を英会話レッスンというアウトプット学習=練習試合で発揮することはもちろん大きな効果があります。

また、目的意識を持ってインプット学習を念頭に置いた英会話レッスンも効果的で、例えば発音練習。レッスンで「Light」と「Right」の発音を舌の動きから丁寧に教えてもらうことで、LとRの発音を習得できる、聞き分けることも可能となります。

アウトプットの機会を多く確保したい方や発音練習をレッスンで学びたい方におすすめです。

【英会話】おすすめ英語コーチングスクール6選【オンライン対応】

   

4.まとめ:英語コーチングスクールで本質的な英語を

英語コーチングすくーるまとめ

当記事では英語コーチングの効果を説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

英語を話せるようになるために、英語コーチングスクールがおすすめの理由が伝わったかな、と思います。

せっかく同じ期間、勉強するならば、結果が出るサービスを利用した方が良いですよね。何ヶ月も何年も間違った学習方法を続けても英語が全く伸びない。それでは時間がもったいないですし、人生単位で考えても損失が大きすぎますから。

英語を本気で話せるようになりたい方は、ぜひ最新の科学理論に基づいた英語コーチングサービスを検討してみてくださいね。

   

-英語