英語コーチング

英語

英語コーチングとは? 効果を説明します【英語を科学的に習得】

2022年4月24日

こんにちは。

当記事では、英語コーチングの効果とおすすめの英語コーチングスクールを紹介します。

結論から言うと、「英語初心者の方」「ビジネス英会話を短期間で身に付けたい方」「TOEICやTOEFLのスコアを大幅に伸ばしたい方」はオンライン英会話ではなく、英語コーチングスクールがおすすめ。特に、独学やオンライン英会話スクールで伸び悩んでいたり、英語学習の挫折経験がある方は、英語コーチングスクールの受講が非常におすすめです。

英語が苦手な方の大半は英会話に必要な知識が不足していますが、英語コーチングスクールは正しい知識を効果的に身に付けるサポートを提供してくれるので、短期間でも英語力が伸びます。

オンライン英会話スクールでは効果が出ない原因と英語コーチングの効果について解説しますので、短期間で英語を身に付けたい方はぜひ最後まで読んでみてください。

  

関連記事

英語初心者こそ英語コーチングスクールを選ぶべき理由とは?

なぜ初心者はオンライン英会話で撃沈するのか? 失敗する本当の理由

   

1.なぜオンライン英会話スクールは効果が出ない?

悩み

  

オンライン英会話スクールの受講が無駄とは言いませんが、多くの方がオンライン英会話で挫折経験があるのも事実。言語習得を科学的に追求した第二言語習得論において、英語初心者の英会話レッスンの非効率性とインプット学習の重要性を明確に指摘しています。

「英語を話せるようになるためには、外国人と積極的に話すべき」「毎日英語を話していればそのうち慣れる」

このような考えで格安のオンライン英会話スクールを選ぶ方は非常に多いです。学生の頃に英語学習してきたから、インプット学習は十分。必要なのは英語を話すアウトプット学習と考えてしまいますよね。

ですが、たとえばLightとRightの発音方法を舌の動き方や息の吐き出し方まで正確に説明できる方は少ないと思います。あるいは、英語ネイテイィブがsome of usをどのように発音するか、リエゾン(音の連結)やリダクション(音の脱落)を含めて理論的に説明できる方も少ないでしょう。

このような実際に使われる英語の知識を正確に知らなければ、英語は聞き取れないし、話せません。英会話に必要な知識が圧倒的に足りていないのが現状の日本の英語学習であり、「知っている英語」から「使える英語」にするためにはインプット学習が必要となります。

         

1-① 正しい文法で話さなければ英語は伝わらない

英語コーチング

  

欧州の方は第二言語として英語をすぐに話せるようになりますが、日本人はなかなか英語が上達しません。

アメリカ国務省附属機関が実施した英語を母国語とするアメリカ人の第二言語習得の難易度調査の結果によると、日本語習得にかかる時間はおよそ2,200時間。カテゴリーは「習得最難関」レベルで"super-hard languages"と認定されているほどです。

出典 : Foreign Language Training - United States Department of State

 

一方、アルファベットを使用するオランダ語やフランス語、スペイン語、イタリア語などは英語と親和性があり、600~750時間で習得できると言われています。日本語と約3倍の学習時間の差があるわけですが、原因は文章の構造が根本的に違う点にあります。

英語は句構造文法、いわゆる「語順支配型」の言語で、欧州の言語も「語順支配型」に該当します。アルファベットは音の発音を示す記号でしかなく、アルファベットで構築された単語を並べる順番に意味があり、順番が正確でなければ意味が成立しないのが英語の特徴なのです。

たとえば、「I love you」という言葉を「You I love」「You love I」「Love I you」と並べ替えると意味は通じません。主語、述語、目的語の語順が崩れると、意味が成立しなくなるのが英語なのです。

  

地球儀

  

一方、日本語は依存文法、いわゆる「てにをは支配型」と呼ばれます。日本語は漢字をルーツに持ち、漢字はその文字自体に意味を持ちます。なので、語順を崩しても助詞の「てにをは」さえしっかりしていれば、意味が伝わる言語構造になっています。

「私はあなたを愛しています」「あなたを私は愛しています」「あなたを愛しています、私は」「愛しています。私はあなたを」

どれも意味が伝わりますし、自然にニュアンスが伝わりますよね。

日本人は言語の特徴から、語順に関する意識が相当低い。文法構造を意識せず、知っている単語をなんとなく並べるだけだから英語が伝わらないし、スムーズに話せるようにもならないのです。

欧州の言語は言語支配型で共通のアルファベットを使用し、単語のルーツも英語と似ています。だから、あっという間に話せるようになる。最初から英語を話すための知識がインプットされている状態なので、アウトプット学習メインで良いのです。

ですが、日本語と英語は言語のルーツが違います。単語や文法を一から正確に身に付ける必要があるので、欧州人とは英語学習のスタート地点が全く違うのです。オンライン英会話スクールでは、話すのに必死で正しい英文法を意識しなことが、英語力が伸びない大きな原因なのです。

   

1-② 自分が発音ができない言葉を脳は聞き取れない

英語を聞き取れない

 

英語を聞き取れない理由ですが、リスニングの際の脳内処理は、音を聞き取る「音声知覚」と聞き取った音声を理解する「意味理解」のプロセスがあります。

日本人は特に「音声知覚」が苦手。独学だとリスニング教材を解くとか、英語のニュースやドラマを聞くって学習をしがちですが、実は英語を聞く学習ではリスニング力は伸びません。というのも、「音声知覚」ができないのは脳内で単語と発音が紐づいていないことが原因。正しい発音を身に付けなければ英語は聞き取れないのです。

先ほど例にあげた「some of us」は中学校で習う簡単な英語ですが、多くの方は「サム オブ アス」という発音と結びついていると思います。ですが、実際の英会話では「サマヴァス」と発音されます。of は「オブ」ではなく「アブ」と発音。someとofが、ofとusがそれぞれリエゾン(音の連結)して発音されるのですが、この発音が脳内にインプットされていないと「サマヴァス? なに? どういう意味?」とパニックに。こういう音の連結やら変化やら脱落が頻繁に発生するのが英会話です。

聞き取るためには「some of us」という英語が「サマヴァス」という発音とリンクしている必要があります。中学校レベルの簡単な英語でさえ全く聞き取れないのは、正しい発音が身に付いていないからなのです。

発音に関する意識も日本人は相当薄い。英語をたくさん聞けば、脳が英語に慣れるわけでもありません。大切なのは「実際の英会話の発音」を正しく覚えることなのです。

でも、オンライン英会話スクールでは正しい発音を丁寧に教えてくれませんよね。これがオンライン英会話では英語が話せるようにならない原因の二つ目です。

   

1-③ 英会話をするための準備ができていない

白紙

  

「今から英語で自己紹介してください」と尋ねられて、すらすらと英語が出てくる方は多くありません。

そもそも英会話の引き出しが少ない状態なので、オンライン英会話スクールでアウトプットの練習をしても、効果が非常に薄いのです。会話に使える知識が身に付いていないのだから当然ですよね。

「アウトプットしながら覚えれば良いじゃん?」と思うかもしれませんが、それはかなり非効率な学習です。

サッカーに例えると、単語・文法・発音・表現方法などのインプット学習は、ドリブル・パス・トラップ・シュートなど基礎トレーニングにあたります。

オンライン英会話はインプットした知識を正しくアウトプットする場所で、サッカーで言えば練習試合。イメージすれば分かりますが、基礎トレーニングを積んでいない選手がいきなり練習試合に出て活躍することはできませんよね。練習試合に何度も出場したところで、サッカーがなかなか上達しないのは明白です。

毎日の基礎トレーニングこそが大切で、トレーニングの成果を発揮するのが練習試合。そして、練習試合で経験を積んで、実際の英会話という公式試合に挑むわけです。

    

サッカー

   

英語学習も同じで、基礎トレーニングが疎かな人が英会話レッスンを繰り返すだけでは英語は身に付かないということです。

もう一つ例え話をしますと、言語のルーツが同じである欧州の方はフットサルが上手いイメージです。フットサルが上手いから、似た競技のサッカーが上達するのも早い。単語や文法といった基礎スキルが英語と似ているからです。一方、日本人が英語を覚えるのは、野球が上手い人がサッカーを覚えるようなもの。競技が全く違うので、必要なインプット学習量がフットサル選手と比べて段違いに多い。

だから、欧州の方と違って、日本人は基礎スキルのトレーニングをしっかりこなさなければなりません。

「オンライン英会話スクールが悪い」と言っているわけではありません。オンライン英会話という練習試合=アウトプットは、各スキルのトレーニング=インプット学習という土台の上に積み重ねる必要があるのです。

これがオンライン英会話では英語を話せるようにならない三つ目の理由です。

   

1-④ 脳内で日本語と英語の変換を繰り返している

英語コーチング

 

次に英語を話せない理由について。

英語を話す際の脳内処理は、話したいことをイメージする「概念化」、イメージを文章化する「文章化」、文章化された言葉を話す「言語化」の三つのプロセスに分類できます。

英語初心者がつまづきやすいのは「文章化」。話したいことを上手く英語の文章にできないもどかしさってありますよね。こういう時、頭の中でまず日本語の文章を作り、それから英語に翻訳しようとしてしまいますが、それだと正しい英語は話せません。

例えば、熱心に働いている同僚が昇進する知らせを聞いて「おめでとう! あなたは昇進するに相応しいよ!」と伝えたかったとします。「あなたは昇進するに相応しい」という英語を話そうとする時、脳内でこのように日本語から英語に翻訳する方が多いと思います。

「あなたは = You」「昇進する = be promoted」「相応しい? 相応しいって英語でなんて言うんだろう。suitかな?」「You were promoted suitably??」

このように日本語を無理やり英語に変換すると、英語ネイティブにとって違和感が強い言葉になります。

 

昇進する

 

英語で「相応しい」と表現する時、「You deserve it」とお決まりの慣用句があります。直訳すれば「あなたはそれに値するよ」といったニュアンスですね。

こういう表現は日本語から英語の翻訳では出てきません。英会話で使われる英語をインプットするしかないのです。

英会話で大切なことの一つが、「英語を聞き」「英語のまま理解し」「英語を発話する」と、一連のプロセスを全て英語で完結させること。英語を話す時、英語で満たされた脳しか存在しないイメージです。脳内に日本語が入ってくると、英語⇔日本語の変換で時間がかかりますし、違和感がある「日本語直訳」の英語となって、伝わらなくなってしまいます。

オンライン英会話では「話そうとすること」を目的にしてしまいがち。講師の英語を聞き取って、脳内で日本語に変換し、意味を理解して、言いたいことを日本語で構築し、英語に変換してなんとか伝える。これではいつまで経っても本物の英語力は身に付きません。

「英語のまま理解する」「英語として発話する」ために、英会話に必要な正しい知識をインプット学習で習得することが大切なのです。

        

1-⑤ 【結論】オンライン英会話はインプット学習が疎か

怠惰な女性

  

「正しい文法」「正しい発音」「練習のためのトレーニング」「英語を英語のまま理解すること」

これらはすべて、英会話に必要な正しい知識をインプットすべきという結論に至ります。

はっきり言ってしまえば、英語初心者にとってオンライン英会話は難しすぎます。サッカーの素人がいきなり練習試合に出場して、活躍しろと言われても無理な話ですよね。

逆に、正しい知識が身に付いていれば、オンライン英会話はスムーズに話せるようになります。

ここで英語コーチングスクールが登場します。なぜなら、英語コーチングスクールは「英会話に必要な正しい知識を短期間で効率的に習得すること」を目指すスクールだからです。

従って、どのスクールでもインプット学習に非常に力を入れます。1日に2~3時間の学習で徹底的に知識をインプット。それも、受講生一人ひとりに専属コーチが付いて、レベルや目標に合わせて最適な学習カリキュラムを組んでくれるので、自分に合った効率的な学習を通して短期間で英語力を伸ばすことが可能となります。

       

2.英語コーチングの効果を解説

英語コーチングの魅力

  

英語コーチングについて、「学習目標」「学習スタイル」「学習理論」の三要素を軸に説明します。

      

2-① 英語コーチングの目標は「短期間の英語習得」

2022年時点、英語コーチングスクールは通学型・オンライン完結型を含めて30社以上存在します。それぞれのスクールに特色はありますが、共通するのは短期間の英語習得を目標とすること。

「オンライン英会話スクールを何ヶ月続けても効果が薄かったのに、本当に短期間で話せるようになるの?」と疑問を持つ方もいると思いますが、オンライン英会話で効果が出ないのは前述のとおり。

英語コーチングスクールでは、短期間の徹底的な自主学習で英会話やTOEICなどのスコアアップに必要な知識を習得します。つまり、インプット学習が英語コーチングの本質となります。

短ければ2~3ヶ月、長くても1年間の契約で、どのコーチングスクールでも英語力は大きく伸びますが、短期間で目標を達成するには相応の学習時間が求められます。

英語ネイティブにとって日本語が習得最難関に認定されていることは、裏を返せば、日本語ネイティブが英語を習得するのも最難関レベルということ。ネイティブと渡り合える本物の英語力を身に付けるために必要な学習時間の目安は2,200時間にのぼります

   

英語コーチングスクールの学習時間

   

日本人は大学卒業までに約1,200時間の英語学習をしているので、残りの1,000時間の学習が目安になります。そのため、1日1~3時間の英語学習を数ヶ月~1年間継続することになります。

「そんなに学習しても効果が出なかったらどうしよう」「忙しくて毎日勉強できる自信がない」「モチベーションが続かなそう」

このような心配や不安があるかと思いますが、そこは安心。英語コーチングスクールでは、担当の専属コーチがつきます。英語指導のプロである専属コーチは学習効果を最大化するために適切に指導し、学習進捗状況を把握・管理。毎日のチャットや音声サポートでモチベーションを維持してくれる存在です。

専属コーチによる親身な学習サポートが、短期間で英語を身に付けることを可能するのがコーチングスクールの特色です。

   

2-② 英語コーチングの学習スタイルはPDCAサイクルに基づく

PDCAサイクル

 

英語コーチングスクールでは専属コーチのサポートのもと、適切なPDCAサイクルを回すことで効率的に英語を話せるようになることを目指します。

  

PLAN

レベルや目標に合わせて、最適な学習計画を策定

DO学習計画をベースに自主学習や英会話レッスンを実施
CHECK定期カウンセリングや定期テストで進捗状況の確認
課題や弱点の発見・検証
ACT発見された課題解決・弱点克服のために学習計画を修正

  

受講生一人ひとりによって、「覚えている単語やボキャブラリーが少ない」「発音が苦手」「文法を理解していない」など弱点や課題は異なります。

英語コーチングスクールでは、初回カウンセリングや診断テストで苦手分野や弱点、課題を分析。専属コーチが目標達成に最適な学習計画を作成してくれます。

オリジナルの学習計画に沿って、単語や発音、文法を徹底的に学習し、定期カウンセリング・テストで進捗状況を確認。弱点克服・課題解決のために学習計画を修正し、日々の学習に落とし込んでいく。

 

英語コーチングの講師

  

このように適切なPDCAサイクルを回しつつ、毎日の学習で生じた質問や疑問などはチャットや音声で専属コーチがいつでも対応してくれるので、効率的な学習が可能となります。

また、英語コーチングスクールには高い英語力を備え、豊富な英語指導実績を持つ経験者や英語教授法の資格取得者、英語を使ったビジネス経験者など、一流のコーチが揃っています。専属コーチも日本語ネイティブで、第二言語として英語を習得しているからこそ、効果的な学習方法や、受講生の悩み・不安を理解しているのです。

オンライン英会話スクールは英語を話す環境を提供しているだけで、実は独学に近い。一方、英語コーチングスクールでは、カウンセリングを通して受講生の現状や目標を理解している専属コーチのサポートのもと、常に正しい学習方法で効率的に英語を学べるのが特徴です。

   

2-③ 英語コーチングは科学的理論に基づいて英語を習得する

英語コーチング

  

一般的なオンライン英会話スクールで効果が出ないのは、「インプット学習が圧倒的に不足している」という話でしたが、英語習得にあたりインプット学習を重要視するのは、第二言語習得論に基づいたアカデミックなアプローチとなります。

   

第二言語習得論

人間がどのように第二言語を習得していくのか、言語学・心理学・認知科学などの科学的観点から追求する学問。「聞く」「読む」というインプット学習を実施した上で、「書く」「話す」というアウトプット学習を進めることで、効率的な英語習得を実現する。

   

言語学者のスティーブン・クラッシェンが提唱した第二言語習得論の仮説の中にインプット仮説があります。インプット仮説は現在レベルよりも一段階高いレベルのインプットを理解することで、自然的に第二言語能力が進歩するという説。会話で第二言語を話せるようになるのはインプットによる言語習得の結果に過ぎず、理解可能なインプットを継続すれば第二言語は自然と話せるようになるという説です。

この理論によれば、アウトプットを重視するオンライン英会話をいくらこなしても、英語習得には近づきません。仮説なのでアウトプットが必要ないのか議論はありますが、少なくともインプットが非常に重要なのはここまで述べてきたとおりです。

各英語コーチングスクールでは第二言語習得論ないし、第二言語習得論を独自メソッドに落とし込んだ科学的理論に基づいて学習カリキュラムを作成しているので、科学的にも効果が高い英語学習を実施できます。   

「知っている単語・文法」を「使える単語・文法」に落とし込み、正確な英語が自然と出てくるようになるまで、徹底的にインプット学習を継続。英語学習を知り尽くした専属コーチのサポートを受け、英会話に必要な正しい知識を習得し、短期間で英語力を身に付けることを可能とするのが英語コーチングスクールなのです。

     

3.おすすめの英語コーチングスクール

英語コーチングスクール

  

英語コーチングスクールは大きく「コーチング + レッスン型」か「コーチング特化型」に分類できます。さらにマンツーマンかグループかなど細かく分けることができます。

 

コーチング
+
レッスン型
マンツーマンコーチング
+
マンツーマンレッスン
校舎で対面受講
or
オンライン受講
ミライズ英会話 ビジネス英会話
ライザップビジネス英会話
TOEIC対策
バークレーハウスTOEFL・IELTS対策
オンライン完結スマートメソッドビジネス英会話
ビズメイツコーチングビジネス英会話
産経オンライン英会話ビジネス英会話
スタディサプリTOEIC対策
ハツオン発音矯正
マンツーマンコーチング
+
マンツーマンレッスン
+
グループレッスン
校舎で対面受講
or
オンライン受講
TORAIZ(トライズ)ビジネス英会話
TOEIC対策
オンライン完結マネーイングリッシュビジネス英会話
TOEIC対策
マンツーマンコーチング
+
グループレッスン
校舎で対面受講
or
オンライン受講
LIBERTY ACADEMYビジネス英会話
TOEIC・TOEFL・IELTS対策
コーチング特化型マンツーマンコーチング校舎で対面受講
or
オンライン受講
プログリットビジネス英会話
TOEIC・TOEFL・IELTS対策
オンライン完結イングリードビジネス英会話
TOEIC対策
スピークバディビジネス英会話
フラミンゴオンラインビジネス英会話
東大式イングリッシュTOEIC対策
グループコーチング校舎で対面受講
or
オンライン受講
PRESENCE(プレゼンス)ビジネス英会話
TOEIC・TOEFL対策

  

この表の中のスクールでも、特におすすめする英語コーチングスクールを紹介するので参考にしてみてくださいね。

     

TOEIC・TOEFL・IELTS対策に圧倒的におすすめ「Liberty English Academy」

    

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
料金

ショート :316,800円
ベーシック:528,000円
アドバンス:776,160円

期間ショート :3ヶ月
ベーシック:6ヶ月
アドバンス:9ヶ月
コーチング週1回
レッスン週2回
校舎港区(三田)
オンラインオンライン受講対応

 

英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。「グラマーテーブル」はTESOL教育(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは実績が圧倒的で、短期間の受講でもTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上達成者が続出してます。ハーバードやコロンビア、イエール、スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることが実績として証明済み。英会話目的の受講ももちろん可能です。

受講料は6ヶ月間のコースで入会金を含めて約55万円。働いている方は一般教育訓練級制度が利用可能で、国から10万円が支給されます。従って合計金額は約45万円・月額7~8万円程度なので、この金額が出せるのであれば私は間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐにでも取り返せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

ちなみに、無料カウンセリング受ける際には「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と伝えてみてくださいね。入会金が通常より安くなると思います。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

リバティはこちら

    

コスパ最強「マネーイングリッシュ」

     

入会金無料
コースフルサポートプラン
コーチングプラン
個別レッスンプラン
料金

フルサポート:44,800~79,800円 / 月
コーチング :34,800円 / 月
個別レッスン:14,800~47,120円 / 月

期間1ヶ月単位
コーチング隔週
レッスンプライベート:月8~40回
グループ  :週1回
オンラインオンライン完結

 

マネーイングリッシュは「英語で未来を強くする」という独自のコンセプトを持ち、英語を身に付けることで自分の価値と年収を上げ、未来をより豊かにすることを目標としています。年収と英語力の相関性を指摘し、自己投資としての英語学習をサポートするなど現実主義的な視点を持っており、未来の人生も含めてサポートする意識をコーチ側も共有している点が大きな特徴と言えます。

入会費無料。一番人気のフルサポートプラン・月12回の個別レッスンコースは月額49,800円と、英語コーチングスクールの中では最安の部類。週に3回、1回40分間の外国人講師によるマンツーマンの英会話レッスンで発音や文法を丁寧に学ぶことができます。また、日本人講師による文法・語法のグループレッスンも毎週あり、基礎的なインプット学習を通して「使える英語の知識」を身に付けることが可能。料金に対してレッスン内容が非常に充実しているスクールで、コスパは最高レベルです。

日本人コンサルタントは英語学習経験や豊富な海外経験を持ち、特に採用条件の一つとしている発音はネイティブレベル。外国人講師はフィリピンの老舗語学学校から優秀な人材を雇用しているので、講師の質も担保されています。専属コンサルタントはモチベーションが上がるからと異性の方が付くことが多く、その辺りも含めて現実主義的と言いますか、本当に裏表のないサービスを提供してくれますよ。

基礎から徹底して学習するので、間違いなく本質的な英語力を身に付けられるスクールで、LIBERTYに次いで私はマネーイングリッシュをおすすめします。

  

関連記事

【体験談】MONEY ENGLISH (マネーイングリッシュ)の効果は? 口コミ・評判も紹介

公式サイト

【マネーイングリッシュ】

    

\無料カウンセリング実施中/

マネーイングリッシュはこちら

 

ビジネス英語習得におすすめ「スマートメソッド」

  

入会金無料
料金550,000円
期間16週間
コーチング合計5回
レッスン週5回・合計80回
オンラインオンライン完結

 

オンンライン英会話スクールのレアジョブが、新しくスタートした英語コーチングサービス「スマートメソッド」。

簡単な英会話ならできる方や、英語の読み書きならある程度はできるけれどスピーキングが苦手な方が、ビジネスで不自由なく英語を話せるレベルまで英会話力を伸ばすことが可能なスクールです。ビジネス英語特化型のプログラムで、マンツーマンの英会話レッスンをメインに専属講師が受講生の英語力を徹底的に鍛えてくれます。

入会金無料。月額137,500円とやや高めですが、1回50分間の英会話レッスンを週5回、合計で80回実施するので、英会話レッスンの量は圧倒的。

レッスンはただ英語を話す、聞くのではなく「発話の質 6項目」というベースがあり、単語や文法、発音といった基礎スキルから表現の幅、議論の論理性、意見の一貫性など、ビジネス英語として重要な自分の意見を論理立てて分かりやすく伝える能力を強く意識。専属講師が弱点や課題を指摘・フィードバックを丁寧にしてくれ、次のレッスンではフィードバックを活かしたレッスンとなるので、効率的にビジネス英語を身に付けることができます。

実践的なレッスンで英会話力を伸ばすプログラムなので、ビジネス英語を習得したい方にはスマートメソッドが非常におすすめです。

  

関連記事

【英語コーチング】レアジョブ英会話のスマートメソッドの口コミや評判

【体験談】レアジョブのスマートメソッド(SMART Method)を選ぶべき理由

公式サイト    

オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

   

\無料カウンセリング実施中/

スマートメソッドはこちら

 

1年間で本物の英語力を身に付ける「トライズ」

   

入会金55,000円
コース英語コーチング本科
英語初心者
ビジネス英語上級
TOEIC対策プログラム
英語プレゼン/学会発表
実践ファシリテーション
発音クリニック
インターナショナルスクール英語対策
料金299,900~1,580,100円
期間3ヶ月~12ヶ月
コーチング毎週 / 隔週
レッスンプライベート:週0~5回
グループ  :受け放題
校舎六本木・東京丸の内・新宿・銀座
横浜・名古屋・大阪梅田
オンラインオンライン受講可能

    

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「トライズ」。

英語コーチング本科は1日3時間、1年間で1,000時間の英語学習を目安に設定し、求める学習量は英語コーチングスクールの中でも随一です。商社・外資系・IT・メーカー・製薬会社・医療・金融・専門職など幅広い業種のビジネスパーソンが受講しており、ビジネス英語やTOEICテストを集中して学ぶ最高の環境が整っています。

トライズは専属のネイティブ講師によるマンツーマン英会話レッスンを受けられるのも魅力的。ネイティブ講師は大学や省庁での指導実績もあるプロフェッショナルなので、ハイレベルなレッスンを一年間継続することで確実に英語力の向上が見込めます。

マンツーマンレッスンの他、グループレッスンは受け放題で、実践形式のアウトプット学習が非常に多いのも特徴的。日本人専属コンサルタントが毎日の英語学習を徹底的にサポートしてくれるので、初心者でも1年間でネイティブと会話できるレベルまで成長することが可能ですよ。

割引キャンペーンと一般教育訓練給付制度を利用すれば、英語コーチング本科12ヶ月・週3回レッスンのプロフェッショナルコースでは月額10万円以下と、コーチングスクールの中でも平均的な部類となります。しかも、専属コンサルタントの徹底的なサポート・専属ネイティブコーチのマンツーマンレッスンを含んだ料金なので、コスパはかなり高いと言えます。

初心者でも1年間でネイティブと会話できるレベルまで成長することが可能なスクールなので、本気で英語を話せるようになりたいという強い意志を持っている方は、ぜひトライズを検討してみてくださいね。

  

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の無料カウンセリング体験談

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

     

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

  

2ヶ月完結のグループコーチングで結果を出す「プレゼンス」

 

入会金30,000円
コース英会話上級コース
英会話上級入門コース
英会話中級コース
英会話初級コース
英会話準備コース
TOEIC L&R TEST 900点コース
TOEIC L&R TEST 750点コース
TOEIC L&R TEST 600点コース
TOEIC L&R TEST 準備コース
TOEFL iBT TEST 105点コース
TOEFL iBT TEST 90点コース
TOEFL iBT TEST 70点コース
料金

英会話上級  :161.000円
英会話上級入門:151.000円
英会話中級  :141.000円
英会話初級  :131.000円
英会話準備  :71,000円
TOEIC900点  :161.000円
TOEIC750点  :151.000円
TOEIC600点  :141.000円
TOEIC準備    :71,000円
TOEFL105点  :202,000円
TOEFL90点    :192,000円
TOEFL70点    :182,000円

期間1~2ヶ月
コーチング週1回
校舎港区(表参道)
オンラインオンライン受講可能

  

日本で最初にできた語学コーチングスクールの「プレゼンス」。

プレゼンスでは5人前後のクラスを作って、クラスメイトと一緒にグループコーチングを受けます。同程度の英語レベルで、同じ目標を持つクラスメイトの存在は、お互いを刺激し合い、モチベーションを高め、時に不安や悩みも共有できる心強い仲間に。ビジネスパーソンが多く集まっているので、忙しいクラスメイトが頑張って学習しているのに、自分だけサボるわけにはいかないという意識がスコアアップに繋がったという口コミ・評判が多数あります。

毎週の進捗テストの結果はクラスで共有・順位付けをされ、ライバル意識が刺激されて学習意欲が高まる仕組みに。常に高いモチベーションを維持できるスクールです。クラスメイトと交流が深まったという話もあり、新しい出会いがあるのも魅力的。

日本人コーチはニューヨークでのMBA取得者、英国大学のTESOL修士課程卒業者、海外留学経験者、マルチリンガル、大手企業で英語を使ったビジネスに携わっていたなど、生の英語を使ってきた経験が豊富。実績に基づく知見や、目指すキャリアにおいてどう英語を活かすかなどのアドバイスも貰える点も嬉しいですね。

様々なビジネス業界の受講生が集まっているので、新しい人間・新しい価値観との「出会い」が魅力的に感じる方は、ぜひプレゼンスの無料カウンセリングを受けて、スクールの雰囲気やサービス内容を確認してみてくださいね。

 

関連記事

PRESENCE(プレゼンス)の口コミ・評判|表参道の英語コーチングスクール

【体験談】PRESENCE(プレゼンス)の無料説明会と個別カウンセリングを受けてみた

公式サイト

PRESENCE(プレゼンス)

  

\無料カウンセリング実施中/

プレゼンスはこちら

     

圧倒的なレッスン量「MeRISE英会話」

 

入会金33,000円
コースコーチングプラン
スタンダードプラン
オンラインプラン
料金コーチング :55,000円 / 77,000円
スタンダード:27,500円
オンライン :11,000円
期間1ヶ月単位
コーチング毎週 / 隔週
レッスン受け放題
校舎東京八重洲・新宿・渋谷・横浜
オンラインコーチングプランはオンライン完結
(自習室は無制限で利用可能)

   

フィリピンの海外留学事業からスタートしたMeRISE株式会社が運営する英会話スクール「ミライズ英会話」。

自社でフィリピン人講師の研修・教育事業を手がけているので、圧倒的に質の高いフィリピン人講師が揃っているのが強みのスクールです。英会話レッスンは無制限で受け放題。全ての英語コーチングスクールの中で、最もアウトプットの機会が豊富です。

ミライズ英会話のフィリピン人講師は国際的な英語教授法である「TESOL」の資格を保有。MeRISEで研修・教育された英語指導のプロフェッショナルが英語習得のサポートをしてくれます。言語習得を科学的にアプローチする第二言語習得論の知見から、インプット学習とアウトプット学習を組み合わせたコーチングを提供してくれるので、実践的な英語力を鍛えることが可能なスクールです

また、月額が55,000円とコーチングスクールの中でも非常に安い料金体系なのも大きな魅力。無制限の英会話レッスンを含めた値段なので、コストパフォーマンスに優れています。リーズナブルな料金で、フィリピン人講師との英会話レッスンを中心に英語力を向上させたい方におすすめのスクールですよ。

 

関連記事

MeRISE英会話 (ミライズ)の特徴は? 口コミ・評判も紹介

ミライズ英会話(MeRISE)の無料体験を受けた感想|コーチングプラン

MeRISE英会話(ミライズ)に出会いはある?

公式サイト

無料体験実施中!【MeRISE英会話】

 

\無料体験実施中/

ミライズはこちら

     

4.まとめ:英語コーチングスクールで本質的な英語を

英語コーチングすくーるまとめ

  

当記事では英語コーチングの効果とおすすめのコーチングスクールをご紹介しました。

せっかく同じ時間、英語の勉強するならば、結果が出るサービスを利用した方が良いですよね。お金を出し惜しみして、何ヶ月も何年も間違った学習方法を続けて英語が全く伸びなかった。それでは時間がもったいないですし、人生単位で考えても損失が大きすぎますから。

英語を本気で話せるようになりたい方は、ぜひ最新の科学理論に基づいた英語コーチングサービスを検討してみてくださいね。

   

    -英語