英単語を覚えられないでストレス?【暗記で泣くのを止める方法】

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

英会話スクール

英単語を覚えられないでストレス?【暗記で泣くのを止める方法】

こんにちは。

当記事では、英単語を覚えられないでストレスを抱えている方に、暗記で泣くのはもうおしまいにする方法をご紹介します。

結論として、英単語を覚えられない方は「効率良く暗記する方法を身に付ける」「暗記に頼りすぎない英語学習をする」という2つのアプローチを実践するのがおすすめです。

勉強法一つで英語学習の効率は大きく変わってきますので、英単語の覚え方や英語の勉強法について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

1.英単語を覚えられないでストレスを感じる原因

 

まずは、英単語をなかなか覚えられなくてストレスを感じてしまう原因について確認しましょう。

 

1-① 英単語を1回で完璧に覚えようとする

英単語の暗記が苦手な方は、1回で完璧に覚えようとしているのではないでしょうか。

結論から言えば、1回で英単語を完璧に覚えるのはとても難しいです。

それは、「記憶力が悪い」「頭が悪い」といった問題とは全く関係がなく、脳の性質に起因しています。

たとえば、通勤や通学の際に電車で1時間ずっと前の座席に座っていた人の顔を思い出すのは難しいですよね。ですが、毎朝、通勤や通学の際に必ず道ですれ違う人がいたら、その人の顔を見るのは1日たった数秒だとしても思い出せるでしょう。

あるいは、仕事で1回だけ会議に同席した人の顔を忘れてしまい、次にその人に会った時に「以前に会ったかどうか鮮明に思い出せない」「名前を完全に忘れてしまった」なんて経験がある方もいるのではないでしょうか。

一方で、毎朝立ち寄るコンビニの店員さんであれば、レジの時に数秒だけ顔を見るだけでも、いつの間にか覚えてしまうと思います。

このように、私たちの脳は1回だけ長い時間出会った情報よりも、ほんの一瞬でも繰り返し何度も出会う情報の方が記憶に残りやすいという性質があります。

英単語の暗記も同じで、1日で5個の単語を何十分もかけてその時は完璧に覚えたとしても、その後に復習しなければ数日もすれば忘れてしまう可能性が高いのです。

 

1-② 記憶を思い出す勉強が不足している

英単語を覚えるということは「①暗記する」「②記憶を脳に留める」「③記憶を思い出す」「④記憶を思い出して使いこなす」という4段階に分類することができると思います。

たとえば、appleという英単語を覚えるということは、「①appleはリンゴという意味を暗記する」「②appleはリンゴという記憶を脳に留める」「③テストでappleの意味を聞かれた時、リンゴという意味を思い出して解答用紙に記載できる」「④英会話でリンゴが好きと伝えたい時、リンゴはappleと思い出したうえで、I like appleと言葉にして発することができる」といった段階があるわけです。

さて、英単語を覚えるというプロセスで大切なのは「③思い出す」や「④使いこなす」勉強をすることです。

なぜなら、英単語の意味を思い出す時や意味を思い出して使いこなす時に「②記憶が脳に留まる」からです。

暗記した記憶を何度も何度も思い出したり、何度も何度も自分で使ってみることで、記憶が脳に定着するわけですね。

先ほどの英単語を1回で完璧に覚えようとする勉強法は「①暗記する」だけで「③思い出す」や「④使いこなす」といった勉強が全くできていません。

だから、その時は完璧に覚えたと思っても、記憶が脳に留まらずに忘れてしまうわけです。

 

1-③ 自分は記憶力が悪い・頭が悪いと思い込んでしまう

英単語をなかなか覚えられないでストレスを抱えている方は、記憶力が悪い・頭が悪いから英単語を覚えられないと落ち込んでしまっているかもしれません。

ですが、暗記が苦手なのは記憶力や頭の良さ悪さといった問題ではないので安心しましょう。

暗記が苦手なのは能力の問題ではなく、勉強法の問題です。

やり方が間違っているから覚えられないのです。

逆に言えば、効率の良い暗記法で英単語学習をすれば、今よりも英単語を覚えられるようになるはずです。

自分には能力が足りていないと思い込んでしまうと、本当はできるのに自分にはできないと諦めてしまったり、英語学習に挫折する原因となってしまいます。

英単語の正しい勉強法を実践すれば覚えられるようになると前向きに英語学習に取り組むようにしましょう。

 

2.英単語を覚えられないストレスを解決する暗記法

英単語を覚えられないストレスを解決する暗記法

 

続いて、英単語を覚えられなくてストレスを抱えている方の1つ目のアプローチである「正しい英単語の勉強法」について解説していきます。

 

2-① 英単語に出会う頻度を多くする

結論から言えば、効率的な英単語の暗記法は「大量の英単語と毎日繰り返し出会うこと」です。

前述の通り、記憶は「①暗記する時」ではなく、「③記憶を思い出す時」や「④記憶を思い出して使いこなす時」に脳に定着するという性質があります。

この性質を最大限に活かすためには、思い出す回数をできるだけ増やす勉強をするのが良いです。

たとえば、100個の英単語を暗記する場合を考えましょう。

当然ながら、たった1回だけ英単語を見て覚えようとしても100個の英単語を暗記するのは不可能に近いです。

なぜなら、「③記憶を思い出す」や「④記憶を思い出して使いこなす」というプロセスが全くないからです。

そこで、たとえば30分で100個の英単語を3周すれば、100個の英単語を「①暗記しようとして」「③思い出そうとする」という記憶のプロセスを3回繰り返すことができるわけです。

もちろん、100個の英単語を3周してその日はそれなりに英単語を記憶できたとしても、次の日には大半の英単語を忘れてしまっていることでしょう。

そこで、次の日も同じ100個の英単語を30分で3周するわけです。すると、再び「①暗記しようとして」「③思い出そうとする」というプロセスを繰り返すことができます。

あるいは、朝に100個の英単語を30分で3周して、夜に改めて100個の単語を30分で3周するのでも良いでしょう。

重要なのは、覚えたい情報に出会う頻度をできるだけ多くすることです。忘れかけたり、忘れてしまった記憶を何度も何度も思い出す行為を繰り返すことで自然に記憶は脳に定着していきます。

毎日立ち寄るコンビニの店員さんの顔は覚えようとしなくても、自然に覚えてしまいますよね。それと同じです。覚えようとしなくても、何度も何度も同じ情報に出会うことで、脳は自然と覚えてしまうのです。

この脳の性質を利用して、覚えたい英単語に出会う頻度をできるだけ多くするという勉強法をまずは意識してみましょう。

 

2-② 覚えた英単語もしっかり復習する

次に大切なのは、覚えた英単語も思い出す機会を何回も作ってあげることです。

たとえば、100個の英単語を毎日繰り返し3周していたら、次第に20個、30個と暗記量が増えていくことでしょう。

この時、20個暗記したら毎日繰り返すのは覚えていない80個だけにする、30個暗記したら毎日繰り返すのは70個に減らすというった暗記法はNGです。

一度しっかり覚えたとしても、思い出す機会が減ってしまうと、そのうち記憶を忘れてしまうものです。

100個の英単語を長期的に暗記するためには、覚えた英単語も含めて毎日繰り返し100個の英単語を思い出して、記憶の定着を強化することが大切です。

そして、100個の英単語をしっかり覚えたとしても、1週間後や1ヶ月後など定期的に100個の英単語を復習して思い出すことで、記憶を脳に留めることができます。

 

2-③ 発音しながら覚える

英単語を覚える時は、発音しながら覚えることを意識してみましょう。

電車の中や図書館など声に出せない時は、頭の中で発音したり、周りには聞こえないくらいの小さな声で呟くといったやり方もオーケーです。

発音しながら覚える理由は、脳に与える情報を多角化することです。

ただ英単語を読んで覚えるだけでは、視覚からの情報しかありません。

しかし、発音しながら暗記することで、口を動かして発声するという「運動」、発声した音を聴くという「聴覚」、英単語を読むという「視覚」など脳の様々な部位を刺激することができます。

たとえば、好きだった香りを嗅いだ時や、よく聴いていた音楽が流れてきた時などに昔の記憶をふと思い出す時がありますよね。このように、脳の感覚器官は記憶と結びついています。

暗記をする時も発音することで、感覚器官や運動器官など脳を全体的に使いながら覚えるようにしてみてください。

 

2-④ 接頭語の意味を覚える

英単語の意味を覚えるコツの一つは、接頭語の意味を覚えることです。

たとえば、「dis」には反対や否定のニュアンスが含まれており、日本語で表わすと「離れて」「~ではない」「~を欠いている」といったイメージが含まれています。

いくつか例を挙げてみましょう。

  

 接頭語組み合わせ単語
dis + easedis(ではない)ease(安心)disease(病気)
dis + appeardis(ではない)appear(現れる)disappear(消滅)
dis + agreedis(ではない)agree(意見が合う)disagree(意見が合わない)
dis + coverdis(ではない)cover(隠す)discover(発見する)
dis + contentdis(ではない)content(満足)discontent(不満)
dis + infectiondis(ではない)infection(感染)disinfection(消毒)

 

接頭語のdisが後に続く単語の意味を否定していることが分かりますね。

このように、接頭語の意味を覚えると2つのメリットがあります。

1つ目のメリットは、少ない労力で多くの英単語を覚えられるようになるということ。たとえば、「ease = 安心」という意味を暗記すれば「disease = 安心ではない = 病気」とdiseaseのニュアンスをすぐに捉えられるようになります。

2つ目のメリットは、初見でも英単語の意味を推測できることです。資格試験やテストの読解問題で知らない英単語が出てきたとしても、disが否定でeaseが安心という意味さえ知っておけば、diseaseは「安心ではない状態や状況」というイメージはできます。

diseaseが病気という意味は覚えていなかったとしても、「安心ではない」というニュアンスさえ捉えれば、英文全体の意味は掴めるでしょう。

 

2-⑤ 興味をもって語源を深掘りしてみる

英単語を覚えるのが苦手な理由の一つとして、単純な暗記作業がつまらないからという方も多いのではないでしょうか。

単語の暗記という労力がかかる単純作業がつまらないからモチベーションが上がらないし、頑張って覚えようとしても忘れてしまうという方もいると思います。

そのような方におすすめなのは、英単語学習をただの暗記作業ではなく、英単語に興味をもって取り組むことです。

興味を持つ勉強の一つが、英単語の語源を調べてみることです。

たとえば、「disappear」は「dis(否定)」+「appear(現れる)」で消滅という意味でしたね。ここからさらにappearの語源を遡ってみると、ラテン語の「ad(方向を表すtoのイメージ)」と「parere(見える)」という組み合わせであることがわかります。

見える方向にあるというイメージでappearは現れるという意味になるわけです。

adの語源を持つ英単語を探してみると、「advent」は「ad(方向のイメージ)」と「vent(来る)」という組み合わせで、「~方から来る = 出現」という意味になります。

今度はventの語源を持つ英単語を探してみると、「prevent」は「pre(前)」と「vent(来る)」という組み合わせで、来る前に出るイメージから「防ぐ」という意味になるわけです。

「invent」は「in(中に)」と「vent(来る)」という組み合わせで、頭の中に新しい考えが来るイメージから「発明する」という意味になります。

このように、英単語を細かく分解していくと、語源の組み合わせで英単語が成り立っていることがわかります。

頭の中でどんどん英単語の語源を繋げていくと英語を網羅的に理解することができて、英単語学習もただの暗記作業ではなく、自分で調べて、自分で意味を理解するという面白い作業になります。

勉強とは本来、自分自身で知的好奇心を満たし、興味を広げていくという非常に楽しいものですよね。

本当の勉強は楽しいのです。

楽しいから興味を広げたくなるし、もっと様々なことを知りたくなるのです。

それが、「学校で勉強しなければならない」「仕事で使うために覚えなければならない」「テストで良い点を取らなければならない」「TOEICの高スコアを取得しなければならない」と作業を強制されているように感じてしまうから、やる気がでなかったり、上手く覚えられなくなってしまうのです。

英単語学習が暗記作業でつまらない・辛いと感じている方は、語源を調べるなどして英語に対する興味を広げて、英単語一つとっても広く深く勉強してみるのものおすすめとなります。

 

3.英単語を覚えられないストレスを解決する英語学習

英単語を覚えられないストレスを解決する英語学習

 

ここまで英単語を効率良く覚える暗記法についてご紹介してきました。

英単語を覚えることは非常に大切な作業です。

単純な暗記作業ではないといっても、やはりある程度は意味を覚える作業は必要になってきます。

ただし、その暗記作業を少し角度を変えて行うことで、少ない労力でも英単語の意味を捉える力を養うことが可能になります。

ここからは、英単語の意味が覚えられなくてストレスを抱えてしまっている方に、暗記に頼りすぎない英語学習という2つ目のアプローチについて解説していきます。

 

3-① 英語と日本語は異なる言語

英語と日本語は根本的に言語のルーツが異なります。

英語はアルファベットで構築され、主語・述語・目的語という語順ですが、日本語は平仮名や漢字で構築され、主語・目的語・述語と使用する文字も語順も全く異なります。

英語と日本語は言語としての互換性が全くないのです。

言語としての互換性がないということは、英単語が持つニュアンスと日本語が持つニュアンスが異なり、意味の幅も異なってくるということに他なりません。

たとえば、「wear」という英単語で考えてみましょう。

「服を着る」という概念において、日本語は「服を着るという動作」も「服を着ている状態」も「着る」という動詞を使いますよね。

ところが、英語では服を着る「動作」は「put on」、服を着ている「状態」は「wear」で表わします。

つまり、日本語では「着る」でまとめられる動詞が、英語では「put on」という動作と「wear」という状態の2つに分類されるわけです。

逆に、wearは身に付けている状態を表すため、靴にもメガネにも帽子にも香水にも使えます。

一方で、日本語では「靴を履く」「メガネをかける」「帽子を被る」「香水をつける」と言葉が変化しますよね。

靴を着る。メガネを着る。帽子を着る。香水を着る。全て日本語表現としてはおかしいです。着るは服を身に付けるという狭い使い方しかできないわけです。

 

3-② 単純な暗記作業にすると労力が膨大になる

さて、「wear」と「着る」は一見すると同じ意味を表す単語ですが、含有している意味の幅が異なることがわかりましたね。

この時、暗記学習に頼る勉強法だと、wearは「着る」「履く」「かける」「被る」「つける」と5つの意味を暗記しなければなりません。

しかし、このように英語に対応する日本語をいちいち暗記していては、何百、何千、何万という英単語を覚えるために大量の勉強時間が必要になってしまいます。

ここで、大切なのは英語のコアイメージを掴む勉強法です。

wearは「何かを身に付けている」というコアイメージを捉えれば、着る・履く・かける・被る・つけるという日本語を全て暗記しなくても、wearという単語が表す意味を自然に掴むことができるわけです。

そうすると、wearに対応する5つの日本語をバラバラに暗記する作業をしていたのが「何かを身に付けている状態」と1つのイメージだけ暗記する作業と労力が1/5に減ります。

これが、暗記に頼りすぎない英語学習法です。

 

3-③ 単語や熟語はコアイメージを掴む

たとえば、「take off」という熟語の暗記方法を考えてみましょう。

take offを調べると、以下のような日本語訳が出てきます。

   

(飛行機・宇宙船などが)離陸する
(~に向けて)出発する
(~に)取り掛かる
(事が)うまくいき始める、
(~を物・場所から)取り去る
(衣服を)脱ぐ
(売り上げが)急に伸びる
休みを取る

 

他にもtake offは日本語訳が30個くらい出てきます。

そして、take on、take in、take outにもそれぞれ数十個の意味があります。ようはtakeから派生する熟語だけでも軽く100個は日本語訳があるわけです。

こんな膨大な量の意味を短期間で全て暗記するのは不可能に近いですよね。

そこで、たとえばtake offは「今いる場所から離れる」というコアイメージだけ抑えてみましょう。

すると、今いる場所 = 地上から離れることで「離陸する」。

今いる場所 = 家などから「出発する」。

今いる場所 = 仕事や学校などのルーティンから離れることから「休みを取る」。

今いる場所 = 肌に身に付けているものから離れることから「服を脱ぐ」。

今いる場所 = 売れ行きが悪い状態から離れることから「(売り上げが)急に伸びる」。

このように、現在地点から離れるというコアイメージさえ掴んでおけば、前後の単語や文脈からtake offの意味を理解することができるわけです。

結局のところ、英単語や熟語が含有している意味が文脈で様々な日本語に変換されているだけで、その英単語や熟語が持っているコアイメージはシンプルなものなのです。

つまり、その変換された日本語をいちいち暗記すると膨大で労力がかかる単純な暗記作業になる効率が悪い英語学習となってしまいますが、コアイメージさえ掴んでおけば、後はその時その時でコアイメージに合う日本語を当てはめてあげるだけで英文を理解できるようになるわけですね。

英単語の日本語訳をただ覚えるのではなく、英語と日本語は全く異なる言語であると理解した上で、英語が持つ本来の意味を掴む英単語学習をするようにしてみましょう。

 

4.英単語を覚えられないストレスを解決する英語スクール

英単語を覚えられないストレスを解決する英語塾

 

ここまで英単語の「効率的な暗記法」と「単純な暗記に頼らない英語学習」という2つのアプローチをご紹介しました。

次に、英語学習にストレスを抱えている方の対処法の一つとして、英語塾に通うメリットをご紹介していきます。

 

4-① 英単語学習は目的ではない

なぜ英単語を暗記する必要があるのか。

本来の目的を考えてみると、それは「小テストで良い点を取りたいから」「TOEICのスコアを伸ばしたいから」ではありませんよね。

英語学習の本当の目的は、英語を学ぶことで人生をより豊かにすることに他なりません。

「大学で○○を学びたい」「留学して改題で○○を勉強したい」「英語を使う仕事に憧れる」「海外で働いてみたい」「憧れの業界や会社に転職したい」「英語を話せるようになって、ビジネスで活躍したい」など、人生で自分なりの目標があるから英語を勉強する価値があるわけです。

そして、英語は人生の目的を達成する手段の一つでしかなく、その英語ができるようになるために、英語の最も基礎的な土台となる英単語学習が必要になってくるわけです。

ようは、英単語の暗記というのはテストで出るから・学校の成績に影響するから・就職や転職で必要だからといった目先の目標を達成するために行うのではなく、受験に合格したり、留学できたり、就職や転職できたりした結果として、豊かな人生を送るためにするものではないでしょうか。

このように考えると、英単語の暗記ができるようになるだけでは、まだまだ不十分です。

文法を学び、発音を学び、英文の読解やリスニングができるようになり、英語を話せるようになったりして理想のキャリアを実現するために、更なる英語学習が大切になります。

 

4-② 英語学習が苦手な人はプロの指導を受けるのがおすすめ

英単語学習に限らず、日本の英語学習は効率の悪い暗記重視の勉強に偏っています。

英語と日本語に互換性がないことを踏まえた本質的な英語学習ではなく、英語という言語を日本語で無理やり理解するような勉強を学校や塾で教えるため、日本人の大半が英語が苦手なままなのです。

この記事では英単語の勉強法についてご紹介しましがが、文法・発音などの基礎学習やリーディング・リスニング・スピーキング・ライティングなど、それぞれ正しい英語学習法というものがあります。

そのような英語学習法を知らずに、英語を単純な暗記学習としたり、オンライン英会話のような目的意識が不明瞭な「ただ英語を話そうとするだけ」という勉強をしても、なかなか英語は上達しません。

英語という言語を身に付けるためには、英語と日本語に互換性がないことを踏まえて、英語非ネイテイブの日本人が第二言語として英語を学ぶ第二言語習得論などの言語学に基づいた専門的な指導を受けるのがおすすめです。

言語学の専門知識がある指導者から英語を学ぶことで、英語を英語として理解することができ、英語を効率的に身に付けられます。

結果として、大学受験に合格・海外の大学や大学院に留学・英語を話せるようになって理想の会社に就職や転職といった目的を達成して、より豊かな人生を送ることができるようになると思います。

 

5.英単語を覚えられないストレスを解決するおすすめの英語スクール

 

最後に英語の本質的な力を身に付けられるおすすめの英語スクールをご紹介します。

興味があるスクールがあれば、ぜひ無料体験をうけてみてください。

無料体験を受ければ、その英語スクールの学習メソッド・サービス内容・雰囲気などを知ることができます。

色々と自分で体験してみて、自分が最も納得できる勉強法で英語学習をすすめていきましょう。

やっぱり、自分が納得した方法で勉強をするのが最もモチベーションも学習効果も高まりますから。

 

1位 言語習得の専門家の指導「ENGLISH COMPANY」(大学生・社会人)

    

入会金55,000円
コース・期間・料金【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :561,000円
180日間集中:679,800円

【セミパーソナル】
初級(6ヶ月):264,000円
中級(3ヶ月):231,000円
上級(3ヶ月):242,000円

コーチング・
トレーニング
【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :週2回×90分(計24回)
180日間集中:週1回×90分(計24回)

【セミパーソナル】
初級:週1回×120分(計24回)
中級:週1回×120分(計12回)
上級:週1回×120分(計12回)

校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田
【兵庫】神戸
【京都】四条烏丸
オンラインオンライン受講対応

       

日本の教育事業の最大手「ベネッセ」のグループ企業であり、「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されているENGLISH COMPANY。

ビジネス英語を超効率的に習得するという点において、全ての英語スクールの中で圧倒的におすすめです。

ENGLISH COMPANYはスパルタな英語学習ではなく、科学的根拠に基づく効率的な学習を実施します。1日3時間の自主学習を求めるコーチングスクールが多い中、ENGLISH COMPANYの目安の学習時間は1日1~1.5時間。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出せるため、仕事で忙しい方にこそ非常におすすめなスクールです。

「1日3時間の学習をすれば、誰だってそれなりに英語ができるようになります。ですが、私たちENGLISH COMPANYは、少ない学習時間で英語を身に付けてもらうのが英語コーチングの本質だと考えています。だって、できるなら少ない時間で英語を習得できた方が絶対に良いですよね?」

このように話すENGLISH COMPANYのトレーナー陣は、第二言語習得論・認知言語学・応用言語学・言語心理学など言語習得の学問領域を国内外の大学で修めており、トレーナーの言語習得に関する専門性は他のスクールの追随を許しません。

なお、2024年4月よりパーソナルトレーニングコースが一般教育訓練給付制度の対象講座に認定されたため、社会人は実質的に10万円割引とお得に受講できるようになりました。

また、予算が厳しい方は1クラス最大5人のセミパーソナルコースもおすすめ。最安月額44,000円でENGLISH COMPANYの最高峰のトレーニングを受けられるほか、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨してレベルを高め合うこともできます。

ぜひ無料体験を受けてみて、ENGLISH COMPANYのトレーニングのレベルの高さを実感してみてください。

  

関連記事

【取材】ENGLISH COMPANYは効果なし?|イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーの割引・入会金無料キャンペーンについて

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料体験実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

    

2位 圧倒的な実績「Liberty English Academy」(高校生・大学生・社会人)

   

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
アドバンス:792,000円
期間ショート :3ヶ月(計24回レッスン)
ベーシック:6ヶ月(計48回レッスン)
アドバンス:9ヶ月(計72回レッスン)
コーチング週1回
レッスン週2回×90分
校舎三田(東京都港区)
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと並んでおすすめなスクールが、英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

TOEIC・TOEFL・IELTSのスコアを伸ばしたい方であれば、ENGLISH COMPANY以上におすすめしたいスクールです。もちろん、ビジネス英会話目的の受講も可能です。

LIBERTYでは、英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは特に資格試験の実績が圧倒的で、短期間の受講でTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上の達成者が続出してます。

ハーバード・コロンビア・イエール・スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることを実績として証明済み。

受講料は6ヶ月間のベーシックコースで入会金を含めて約60万円。社会人は一般教育訓練給付制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてください。

入会金最大無料キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。

この金額が出せるのであれば、間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐに取り戻せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

LIBERTYはこちら

    

3位 難関大学受験におすすめ「ENGLISH COMPANY大学受験部」(高校生)

   

入会金55,000円(税込み)
コースパーソナルトレーニングコース
英検対策コース
受講料3ヶ月:396,000円(税込み)
6ヶ月:419,100円(税込み)
トレーニング
頻度
3ヶ月:週2回トレーニング(1日2コマ=90分)
6ヶ月:週1回トレーニング(1日2コマ=90分)
トレーニング
時間
3ヶ月:45分×48コマ=2,160分 
6ヶ月:45分×48コマ=2,160分
対象中学生・高校生・高校卒業生(浪人生)
受講スタイルマンツーマン
講師の国籍日本人
校舎【東京】銀座・恵比寿
【大阪】梅田    
営業時間平日:10:00~22:00
休日:09:30~22:00
オンラインオンライン受講可能

         

日本最大手の教育事業「ベネッセ」のグループ会社であり、企業としての信用度が非常に高い「ENGLISH COMPANY」。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されている、超効率的な英語学習を実現したコーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYはスパルタな英語学習ではなく、科学的根拠に基づく効率的な英語習得を掲げています。部活・習い事や他の科目の勉強で忙しい学生でも付いていけるように毎日の英語学習の目安時間は1~1.5時間程度。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出すことを目的とします。

最大の特徴は専属で担当してくれるトレーナーが第二言語習得論・認知言語学・応用言語学・言語心理学など「言語習得」の専門家であること。言語習得の学問領域を国内外の大学や大学院で修めており、言語に関する専門性は他の英語塾の追随を許しません。

ENGLISH COMPANYはもともと京都の学習塾が前身であり、特に国内の難関大学の受験に非常に強い英語塾です。

第二言語習得論に基づく専門的な英語トレーニングを受けることができますので、国内最難関の大学受験を考えている方で英語に苦手意識を覚えている方は受講を検討してみましょう。

 

関連記事

ENGLISH COMPANY大学受験部の評判や特徴を解説

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料体験実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

  

4位 高品質なコンサルティング「STRAIL(ストレイル)」(社会人)

    

入会金55,000円
コースビジネス英語コース
TOEIC L&R TESTコース
初級者コース
料金297,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回×60分
校舎【東京】新宿・銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと同じ経営母体を持つコンサルティング特化型スクール「STRAIL(ストレイル)」。

ENGLISH COMPANYがコーチングとトレーニングの両輪で英語力を伸ばすのに対し、ストレイルは言語習得の専門家によるコンサルティングを受けながらの自主学習がメインとなります。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトも変わらず、毎日の自主学習時間が1~1.5時間の超高密度学習により、3ヶ月集中で英語力を伸ばすことが可能です。

ストレイルでは英語力をフェーズごとに捉え、該当するフェーズごとに最適な学習を実施するストレイルメソッドを採用。

第二言語習得論に基づいた段階的なインプット学習でリーディングとリスニングを強化し、フェーズが上がってきたらスピーキングとライティングを鍛えていくことで、効率的に英語力を伸ばしていきます。

また、国内外の大学で言語習得の学問を専攻した専門知識を持つコンサルタントが揃っていて、医師が症状から病気の原因を特定して処方箋を決めるように、受講生の英語が苦手な原因をピンポイントで特定し、課題解決に最適な学習方法を提示。

常に最適な学習を継続することで、最短期間で本質的な英語力を身に付けることができるのが大きな魅力です。

コンサルティングに特化している分、月額約10万円と平均的な受講料である上、ビジネス英語コースとTOEICコースは教育訓練給付制度の利用で70,400円の給付金が支給されるため、総額281,600円という格安料金でコーチングを受けることができます。

予算を抑えつつ、効率的にビジネス英語を身に付けたり、TOEICのスコアを伸ばしたい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

【英語コーチング特化】STRAIL(ストレイル)の効果や評判を紹介

ストレイル(STRAIL)の割引キャンペーンについて

公式サイト

STRAIL

 

\無料カウンセリング実施中/

ストレイルはこちら

    

5位 1年間で本物の英語力を「TORAIZ(トライズ)」(社会人)

   

入会金55,000円
コース英語コーチング本科
英語初心者
ビジネス英語上級
TOEIC対策
TOEFL対策
IELTS対策
英検対策(停止中)
英語プレゼン特化
実践ファシリテーション
発音クリニック
インターナショナルスクール対策
ワーホリ準備英語
料金337,580~1,695,100円
期間3ヶ月~12ヶ月
コーチング毎週 / 隔週
レッスンプライベート:週0~5回
グループ  :受け放題
校舎【東京】 六本木・東京丸の内・新宿
     銀座・日本橋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋
【大阪】 梅田
【福岡】 福岡天神
【沖縄】 沖縄
オンラインオンライン受講可能

    

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「トライズ」。

一番人気の英語コーチング本科は1日3時間・1年で1,000時間の学習が目安であり、求める勉強量はコーチングスクールの中でも随一です。

商社・外資系コンサル・IT・メーカー・製薬・医療・金融など幅広い業種のビジネスパーソンが受講しており、ビジネス英語やTOEIC・TOEFL・IELTSなどの試験を集中して学ぶ環境が整っています。

トライズは専属ネイティブ講師によるマンツーマンレッスンを受けられるのも魅力的。ネイティブ講師は大学や省庁で指導実績もあるプロフェッショナルなので、ハイレベルなレッスンを1年間継続することで英語力の向上が見込めます。

また、グループレッスンは受け放題で、実践形式のアウトプット学習が非常に多いのも特徴です。日本人専属コンサルタントが毎日の英語学習を丁寧にサポートしてくれるため、初心者でも1年間でしっかりと英語を話せるレベルまで成長することが可能となります。

割引キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、英語コーチング本科の12ヶ月プランは月額約10万円と平均的な料金で受講できます。しかも、日本人の専属コンサルタントとネイティブの専属コーチのサポートを含んだ料金なので、コスパは非常に高いです。

初心者でもネイティブと会話できるまで成長することが可能なスクールなので、本気で英語を話せるようになりたいという強い意志を持っている方は、ぜひトライズを検討してみてください。

  

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

     

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

 

6位 コスパ最高「マネーイングリッシュ」(大学生・社会人)

     

入会金無料
コースベーシックプラン
プレミアムプラン
料金【ベーシックプラン】
月額:54,780円(6ヶ月契約)
月額:65,780円(単月契約)

【プレミアムプラン】
月額:109,780円(6ヶ月契約)
月額:120,780円(単月契約)

期間月額制
コーチングベーシックプラン:隔週×40分
プレミアムプラン:週2回×40分
レッスンベーシックプラン:週3回×40分
プレミアムプラン:週5回×40分
オンラインオンライン完結

 

マネーイングリッシュは「英語で未来を強くする」という独自のコンセプトを持ち、英語を身に付けることで自分の価値と年収を上げ、未来をより豊かにすることを目標としています。

年収と英語力の相関性を指摘し、自己投資としての英語学習をサポートするなど現実的な視点を持っており、未来の人生も含めてサポートする意識をコーチ側も共有している点が大きな特徴です。

人気のベーシックプランは月額54,780円と、コーチングスクールの中では最安の部類。

週3回の外国人講師によるマンツーマンレッスンで発音や文法を丁寧に学ぶことができるほか、日本人講師による文法・語法のグループレッスンも毎週あり、インプット学習を通して「使える英語の知識」を身に付けることが可能です。

料金に対してレッスンが充実しているスクールで、コスパは非常に優秀なスクールと言えます。

日本人コンサルタントは英語学習経験や豊富な海外経験を持ち、特に採用条件の一つとしている発音はネイティブレベルという特徴もあります。さらに、外国人講師はフィリピンの老舗の語学学校から優秀な人材を雇用しているので、講師の質も担保されています。

ちなみに、専属コンサルタントはモチベーションが上がるからと異性の方が付くことが多く、その辺りも含めて現実主義的であり、本当に裏表のないサービスを提供してくれます。

  

関連記事

【体験談】MONEY ENGLISH (マネーイングリッシュ)の効果は? 口コミ・評判も紹介

公式サイト

【マネーイングリッシュ】

    

\無料カウンセリング実施中/

マネーイングリッシュはこちら

 

6.まとめ:単純な暗記作業に頼らない英単語学習をしよう

単純な暗記作業に頼らない英単語学習をしよう

 

当記事では、英単語を覚えられないでストレスを抱えている方に「英単語を効率良く暗記する方法」と「暗記に頼りすぎない英語学習」の2つのアプローチをご紹介しました。

英単語学習は英語の全ての基礎であり、とても大切な勉強です。

単語を暗記すること自体は重要ですが、ただ闇雲に暗記するだけではなく、英語学習に興味をもって自分なりに深掘りしたり、英単語が持つイメージを捉えることで、効率的に英単語を身に付けるようになるでしょう。

また、英語学習は単語では完結しません。英語という言語を身に付けて人生の選択肢を広げたり、より豊かな人生を送るためにも、ぜひおすすめの英語スクールの受講も検討してみてください。

色々と自分で無料体験を受けてみて、自分が最も納得できる勉強法で英語学習を進めるようにしましょう。

    -英会話スクール