目的別スクール

【IELTS対策】おすすめ英語コーチングスクール2選【オンライン対応】

2022年4月26日

こんにちは。

当記事ではIELTS対策におすすめの英語コーチングスクールを紹介します。

イギリスで開発された英語四技能テスト「IELTS」。海外留学や海外での就労、移住などに必要な資格試験ですが、日本ではTOEICやTOEFLと比べて馴染みが薄く、市販の参考書やスクール選びにお悩みの方もいると思います。

結論から言うと、IELTSのスコアを短期間で飛躍的にアップさせるスクールとして「Liberty English Academy」をおすすめします。

IELTSは「リスニング」「リーディング」「スピーキング」「ライティング」という4技能の側面から「本質的な英語力」を図るテストであり、LLIBERTYのIELTS対策コースは本質的な英語の理解を可能とするスクールだからです。さらに、LIBERTYは確かな実績を持っています。

これがIELTS対策にLIBERTYをおすすめする理由です。

IELTSは独学で対策できる簡単な試験ではありません。短期間でスコアをアップさせるならば、LIBERTYを含めたIELTS対策コースがある英語コーチングスクールで、本質的な英語力を身に付けることが鍵を握ると言えます。

それでは、IELTS対策におすすめのスクールを理由とともにご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

        

1.IELTS対策に英語コーチングスクールをおすすめする理由

IELTS対策になぜ英語コーチングをおすすめするのか、その理由をご説明します。

  

1-① IELTS対策に特化したコースがある

先ほども言いましたが、IELTSは日本で馴染みが薄い試験であるため、IELTS対策に特化したコースがある英語スクールは非常に少ないです。

「海外留学」「就職」「移住」といった明確な目的がある以上、IELTSのスコアを目標レベルまで上げることが最も大切なのは言うまでもありませんよね。

そのためにはIELTSのスコアを上げるための「試験対策」や「実績の有無」がスクール選定するにあたり大切なファクターとなります。

これからご紹介するコーチングスクールはIELTS対策に特化したコースがあり、受講生のスコアを伸ばしてきた確かな実績があります。

   

1-② 英語4技能を効率よく上達させる

IELTSは「リスニング」「リーディング」「スピーキング」「ライティング」の4技能すべてのスキルが必要となります。

IELTSのスコアを上げるためには、これら4技能を満遍なくレベルアップさせ、特に苦手な分野・弱点があれば克服する必要はあります。

「じゃあ、スピーキングだけ苦手だから、英会話スクールでも良いかな」

「正しい文法を学びたいから、市販の教材でライティングを重点的に学習しよう」

そう考えてしまいがちですが、実はこれ、とても非効率的な学習方法となります。

その理由は「リスニング」「リーディング」「スピーキング」「ライティング」は独立したスキルではないからです。

それぞれの英語スキルは枝葉のようなもので、英語の「核」すなわち幹から枝分かれしているにしか過ぎません。

この英語の「核」となる部分を身に付ければ、枝葉のスキルの向上速度が飛躍的に高まります。

それが、本質的な英語力の習得を意味するわけです。

しかし、一般的な英語スクールや市販の教材は、試験対策のために4技能をどう上げるか? という視点しかありません。

それでは、見たことがある問題は解けるけれど、見たことがないような問題は解けない、という状態になりかねません。

本質的な英語力が身に付いているからこそ、どのような問題にも対応でき、結果としてスコアが上昇する。

これが英語コーチングをおすすめする理由の二つ目です。

    

2.IELTS対策におすすめの英語コーチングスクール

それぞれのスクールのコンセプトやサービス内容を検証し、当記事では二つのスクールを厳選しました。

   

2-① IELTS対策に圧倒的におすすめ「Liberty English Academy」

概要

英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」生み出した藤川恭宏氏が創設したLIBERTY。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドが、受講生の本質的な英語力の向上を可能とします。

「グラマーテーブル」はTESOL教育(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、大学で英語を教える教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達します。

実績

公式サイトに載っている一部の実績をご紹介します。

  • 5.0 ⇒ 7.5 (M氏・6ヵ月)
  • 6.0 ⇒ 7.0 (K氏・4ヵ月)
  • 5.5 ⇒ 7.0 (O氏・2ヵ月)
  • 5.5 ⇒ 7.0 (H氏・5ヵ月・ジョージ・ワシントン大学合格)
  • エディンバラ大学大学院合格 (Y氏)
  • エディンバラ大学大学院合格 (K氏)
  • etc.

これでもほんの一部の実績にしか過ぎません。

LIBERTYの受講生は他にも、ハーバード大学・コロンビア大学・イエール大学・マサチューセッツ工科大学など、世界でトップ・オブ・トップの大学・大学院に合格する英語レベルの習得を達成しています。

英語の本質を習得する学習メソッドがいかに効果的かを、実績が証明していると言えますね。

   

コース・料金

<通常コース>

  ショート ベーシック アドバンス
授業回数 24回 48回 72回
授業時間 90分 90分 90分
1回当り 12,000円(税抜) 10,000円(税抜) 9,800円(税抜)
受講料 288,000円(税抜) 480,000円(税抜) 705,600円(税抜)
入会金 50,000円(税抜) 50,000円(税抜) 50,000円(税抜)

 <プライベートコース>

  ベーシック アドバンス
授業回数 24回 48回
授業時間 50分 50分
1回当り 35,000円(税抜) 35,000円(税抜)
受講料 840,000円(税抜) 1,680,000円(税抜)
入会金 50,000円(税抜) 50,000円(税抜)

 

受講回数は変更可能・成果保証制度の導入により、納得ができなければ授業を無料で延長可能。

    

総評

正直に言えば、IELTSのスコアを目標レベルまで伸ばしたいなら、私は間違いなくLIBERTYをおすすめします。

実績が積み上がっているのはもちろん、根本的かつ実用的な英語を学べるので、IELTSのスコアアップの実現だけではなく、その先で使える本物の英語を習得できるからです。

毎回一回完結型のレッスンを好きなタイミングで受講することができるので、忙しい社会人や学生でもライフスタイルに合わせて英語学習に取り組むことも可能。

詰め込み式のスタイルではないので、1日に1.5時間程度の英語学習でIELTSが大幅にスコアアップします。

LIBERTYの根幹である「グラマーテーブル」について、こちらの記事で詳しく説明しているので、あわせてご参照ください。

Liberty English Academyの魅力について

また、サービス内容や雰囲気を知るには無料カウンセリングがおすすめですので、ぜひLIBERTYの魅力を体験してみてください。

 

公式サイト

Liberty English Academy

 

\今なら入会金最大無料/

リバティの公式サイトはこちら

    

2-② IELTSのスコアを伸ばしたいなら「PTOGRIT」

概要

「短期」集中で英語力を飛躍的に向上させ、「長期」的な成長へと繋げるコーチングサービスを提供する「PROGRIT」。

英語コーチングスクールの中でも圧倒的な学習量を設定しており、専属コンサルタンとのサポート・進捗管理のもと、短期間の「詰め込み型」の学習方法と思われがちですが、その本質は別のところにあります。

プログリットの学習カリキュラムは科学的な理論に基づいており、第二言語習得論を応用した独自理論「英語の5ステップ」が学習のベースにあります。

音声知覚・意味理解・概念化・文章化・音声化という5つの脳内処理のプロセスを鍛えることで、英語4技能すべてのレベルが満遍なく向上するのです。

   

実績

<受講期間3~6ヵ月の実績>

  • 最大:5.5⇒6.5
  • 平均:約0.625点アップ

LIBERTYほどではありませんが、短期間でも着実なスコアアップを実現しています。

   

コース・料金

<TOEFL iBT®/IELTSコース>

  3ヵ月コース 6ヵ月コース
コーチング回数 12回 24回
授業時間 60分 60分
1回当り 43,750円(税抜) 41,675円(税抜)
受講料 525,000円(税抜) 1,000,200円(税抜)
入会金 50,000円(税抜) 50,000円(税抜)

 

専属コンサルタントによる1週間に1回のコーチングの他、毎日のチャットサポート・音声添削があります。

   

総評

英語コーチングスクールの特徴である「受講生1人ひとりに最適な学習カリキュラムの作成」「1日に3時間の自主学習」「進捗管理・毎日の学習サポート」「モチベーション維持」といったスタイルはプログリットのサービスの一面でしか過ぎません。

短期間でのIELTSのスコアアップに必要な学習量はもちろん求められますが、本質的な英語力を身に付けること=英語脳の養成のための「英語の5ステップ」が根幹にあります。

例えば、専属コンサルタンとの毎日の音声添削を通して、徹底的なシャドーイングを実施。

シャドーイングをすれば「音声知覚」が養われますが、これは、自分が発音できる音でないと聞き取ることが難しいという脳の特性に基づいたレッスンです。

正確なシャドーイングを毎日繰り返すことで、スピーキングはもちろん、リスニング力も並行して鍛えられる。

同時に英語を「意味理解」し「文章化」しているのだから、リーディングにもライティングにも繋がる。

このように、それぞれのスキルは紐づいているので、本質的な部分を徹底してトレーニングを積むことで、各スキルの学習効果がより表れやすくなるのです。

PROGRITについての詳細記事もありますので、こちらもご参照ください。

  

関連記事

PROGRIT(プログリット)の特徴は?口コミ・評判を紹介

PROGRIT(プログリット)の無料カウンセリング体験談

公式サイト

PROGRIT(プログリット)

    

\無料カウンセリング実施中/

プログリットの公式サイトはこちら

     

3.まとめ

IELTS対策におすすめの英語コーチングスクールを二つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

どちらのスクールも英語学習の哲学があり、その上でIELTS対策コースがあります。

英語を完璧にマスターしたいならLIBERTYを、専属コンサルタントに徹底的にサポートして欲しいならPROGRITがおすすめと言えます。

どちらのスクールも無料カウンセリングを実施していますので、サービス内容やスクールの雰囲気をぜひ実感されてみてください。

      

-目的別スクール