英語の聞き流しは意味ない?聞き流しの効果を解説

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

英会話

英語の聞き流しは意味ない?聞き流しの効果を解説

2024年6月24日

こんにちは。

当記事では、英語の聞き流しは意味ないのか、聞き流しという英語学習方法の効果について解説していきます。

結論として、限定的な効果はあるかもしれませんが、少なくとも初心者~初級者レベルの方が英語を聞き取れるようになる効果や英語を話せるようになる効果は全くないと言えます。

もっとハッキリ言いますと、英語を聞き流すだけで英語が身に付くことはありません。

この記事では英語の聞き流しが意味ない理由とリスニング力や英会話力が伸びる英語学習方法を理屈を基に解説しますので、本気で英語を話せるようになりたい英語初心者~初級者の方はぜひ参考にしてみてください。

 

目次

1.英語の聞き流しという英語学習方法が存在する理由

英語の聞き流しという英語学習方法が存在する理由

 

まず、英語の聞き流しという英語学習方法がなぜ存在するのか、その理由について考えましょう。

 

1-① 楽をして英語を身に付けたい

英語の聞き流しという英語学習法に興味がある最も大きな理由は「楽をして英語を身に付けたい」からではないでしょうか。

通学中・通勤中や家事や仕事など作業をしている時などに英語を聞き流すだけで英語を聞き取れるようになるなら嬉しいですよね。

人間は楽をしたい生き物ですし、努力の積み重ねが苦手な人も多いです。

そんな方が英語を聞き流すという楽な勉強法を選びたくなってしまうのも無理はありません。

しかし、正直に言えば、英語学習に近道はありません。

特に英語とかけ離れた日本語を母国語に持つ日本人が「英語を聞き流すだけ」という楽な方法で第二言語として英語を習得できるわけがないのです。

英語が聞き取れるようになったり話せるようになったりするには、勉強の順番があります。その勉強の順番の中に「英語の聞き流し」という学習内容は含まれていません。

なぜなら、英語を聞き流すだけでは、英語を聞き取れない原因や話せない原因を解決できないからです。

英語学習に限らず、勉強は自分が何かをできない「原因」を理解することと、その原因を解決する「適切なアプローチ」をすることが大切です。

英語の聞き流しは、英語を聞き取れない特定の原因を解決する適切なアプローチではないため、少なくとも初心者~初級者の段階では全く効果が出ないと言えます。

 

1-② 楽な英語学習は儲かる

前述の通り、楽をしたい人間や努力が苦手な人間はとても多いです。

そのような方は「英語を聞き流すだけで英語ができるようになる!」という宣伝文句に引っ掛かりやすいと言えます。

たとえば、一時期スピードラーニングという教材が流行ったことを覚えている方も多いと思います。芸能人やスポーツ選手を広告塔に起用して、英語を聞き流すだけで英語が上達すると宣伝すれば、それだけで教材がたくさん売れてしまいます。

ですが、結局、スピードラーニングのサービスは終了してしまいました。

その理由は簡単で、英語を聞き流すだけでは学習効果が表れなかったからと言えます。もちろん、スピードラーニングを実施した全員が全く効果がなかったのかと言えばそれは違うかもしれません。

ですが、少なくとも初心者や初級者の方が「英語を聞き流すだけで英語を聞き取れるようになる」という期待した効果が表れなかったからサービスが終了したわけです。

「効率的に英語を身に付ける正しい勉強法」は存在しますが、「努力をせずに楽して簡単に英語が身に付く方法」は存在しないということに注意しましょう。

 

1-③ スキマ時間を利用して勉強したい

英語を聞き取れるようになりたいし、話せるようになりたい。

けれど、仕事・家事・子育て・勉強などで忙しくて、なかなか英語学習の時間を確保できない。

そのような方が移動中や作業中に英語を聞き流すことで、少しでも英語に触れる時間を増やしたいと考えている場合もあると思います。

少しでも英語に触れる時間を増やしたいという姿勢はとても重要ですし、英語学習に対する意欲があることはとても素晴らしいことです。

ですが、この場合でもハッキリと言えるのは「英語学習の手段が異なる」ということです。

隙間時間を利用して英語学習をするにしても、英語の聞き流しではなく、他の有効な勉強法を選んだ方がしっかりと英語が身に付きます。

これから解説していきますが、英語を聞き取れない原因と解決法を理解した上で、スキマ時間を利用して言語学に基づく正しい英語学習方法に取り組みましょう。

 

2.英語の聞き流しをするデメリット

 

次に英語の聞き流しという学習方法を実施するデメリットを見ていきましょう。

 

2-① 英語学習を頑張った気分になる

英語の聞き流しを効果的な勉強だと考えている場合、「今日は2時間も英語を聞いた」「毎日英語を聞いている」などと、英語学習を頑張っている気分になってしまいます。

毎日英語の勉強をするという目標を設定して、毎日英語の聞き流しをすることで目標達成していると満足してしまう方も多いですが、残念ながら、英語を勉強した気分になっているだけで、学習効果はほとんど出ていません。

たとえば、学校や塾の授業のノートをとって、自主学習の時に1時間かけてボールペンや蛍光ペンで綺麗にノートを装飾したとします。1時間勉強を頑張った気分になるかもしれませんが、ただノートを装飾しているだけで、勉強内容はほとんど頭に入りませんよね。

英語の聞き流しは、ノートを装飾するだけの「ほとんど学習効果のない時間」のようなものです。

もっとハッキリ言ってしまえば、勉強から逃げているだけです。

内容が身に付く勉強は脳を使うので疲れます。新しい物事を学ぶのですから、脳に負担がかかるのは当然ですよ。毎日続けていると大変だと感じる時もあるかもしれません。

スポーツも同じですよね。たくさん練習すると身体に負担がかかって疲れてしまいます。ですが、毎日頑張るからこそ身体機能が向上して、できないことが段々と出来るようになってくるわけです。

勉強ができるようになりたいのに、ずっとノートを装飾していて勉強が身に付くでしょうか。サッカーが上手くなりたいのに、ずっとスパイクを磨いているだけで上手くなるでしょうか。ピアノが上手くなりたいのに、ずっとピアノの演奏を聴いているだけで上手くなるでしょうか。

答えは違いますよね。

英語の聞き流しも同じで、英語を聞き取れるようになりたい・話せるようになりたいのに、努力から逃げて「英語の聞き流しという楽な勉強法」を選ぼうとしているだけと言えます。

 

2-② 作業効率が落ちる

読書をしている時に英語の聞き流しをしたり、仕事でメールや報告書を書いている時に英語の聞き流しをして、少しでも英語に触れる時間を増やしたいと考えている方もいるかもしれません。

ですが、読む・書く・話す・聞くという言語を使う活動と英語の聞き流しを並行することで、作業に集中できずに効率が落ちてしまう可能性が非常に高いです。

たとえば、2人を相手に別々の会話をする場合、どちらの会話にも集中できず、相手が何を話しているかも自分が何を話しているかもわからなくなってしまいますよね。

読書をしているはずが音楽に集中してしまい、本の内容が全く頭に入っていないといった経験がある方も多いと思います。

日本語と日本語の組み合わせでも2つ以上の言語活動を並行するのは難しいのに、日本語と英語の組み合わせで言語活動を並行するのはもっと難しいのは当たり前ということです。

 

3.英語の聞き流しが意味ない理由【聞き取りができない原因】

英語の聞き流しが意味ない理由【聞き取りができない原因とは?】

 

さて、ここからは英語の聞き流しが意味ない理由について詳しく解説していきます。

まずはリスニングができない「原因」をについて見ていきましょう。

 

3-① 英語は単語・文法・発音で構成されている

英語に限りませんが、言語は大きく単語・文法・発音という3つの要素で構成されています。

どれほど複雑で長い文章でも、単語・文法・発音がしっかり身に付いていれば読むことができますし、聞き取ることもできます。

逆に言えば、単語・文法・発音のどれかの要素が欠けていると、英語を聞き取れない可能性が高くなります。

この単語・文法・発音という3つの要素が英語の聞き取りにどのように関わっているのか、具体的に解説していきます。

 

3-② 英語を聞き取きとるプロセス

英語を聞き取るプロセスは大きく2つに分かれています。

非母国語を第二言語として効率的に身に付ける学問の第二言語習得論では、「音声知覚」と「意味理解」という言葉が使われています。

1つ目のプロセスは英語の音を聞き取ること。これが音声知覚にあたります。

2つ目のプロセスは聞き取った音を理解すること。これが意味理解にあたります。

英語が聞き取れないということは、この2つのプロセスのどちらか、または両方ができていないことが原因になります。

 

3-③ 英語を聞き取れない原因①音を聞き取れない

英語を聞き取れない原因の1つ目が、英語の音を聞き取れないことです。

なぜ、日本人は英語の音を聞き取ることが苦手なのか。

それは、発音の勉強が不足しているからです。

たとえば、「I can't agree with them」という文章を発音する時、多くの人は「アイ キャント アグリー ウィズ ゼム」と1つ1つハッキリと発音すると思います。

ところが、ネイティブの自然な発音だと「アイ キャン アグリー ウィゼム」とcan'tのtの音が発音されなかったり、withのthの音が省略されてthemと音が連結するといった音声変化が起こります。

このような音声変化がが英語では頻発するため、単語一つひとつの自然な発音や単語が組み合わさって起こる様々な音声変化をしっかりと勉強する必要があるわけです。

具体的な音声変化のルールを見てみましょう。

 

 内容
音の連結
(リンキング)
2つの音が繋がるwhat I :「ワット アイ」
⇒ 「ワッタイ」
音の同化
(アシミレーション)
2つの音が繋がり、
音声変化する
want to:「ウォント トゥ」
⇒ 「ワナ」
音の脱落
(リダクション)
発音が省略されるgood morning:「グッド モーニング」
⇒ 「グッ モーニン」
フラップのt
(ら行化)
tの音が「ラ行」や
「ダ行」に変化
get out:「ゲット アウト」
⇒ 「ゲッラウト」
弱形弱く発音されるhim:「ヒム」
⇒ 「ィム」

 

英語の聞き取りで発音学習が非常に重要なのは、音声変化する英語の音を聞き取るためということです。

 

3-④ 英語を聞き取れない原因②意味を理解できない

英語の音を聞き取れたとしても、聞き取った音を単語や熟語と認識できなければ意味を理解できません。

つまり、シンプルな語彙不足が聞き取った意味を理解できない原因となります。

たとえば、鹿児島弁で「アイガトサゲモシタ」という言葉があります。

この言葉の音を聞き取れたとしても、言葉の意味を知らなければ意味を理解できませんよね。

「アイガトサゲモシタ」は標準語で「ありがとうございました」の意味です。

こんな簡単な意味の短い文章でも、意味を知らなければ理解はできません。

つまり、英語を聞き取って理解できるとうになるためには、語彙量を増やす勉強が非常に重要になるわけです。

 

3-⑤ 英語を聞き取れない原因③英語の語順で理解できない

短い会話やシンプルな文章は聞き取ることができても、長い文章の聞き取りが苦手な方も多いと思います。

長い文章を聞き取れない原因は、英語の語順で理解できないことに起因しています。

たとえば、英語のリーディング問題で長文になると何度も読み返さないとなかなか意味が頭に入ってきませんよね。

英文を何度も何度も読み返す「返り読み」をしないと意味が理解できないのは、英語を日本語の語順で理解しようとしているからです。

英語は主語・述語・目的語という語順ですが、日本語は主語・目的語・述語という語順です。

英文を日本語に翻訳するためには、一文全部を読まないといけないわけです。

例えば、次の文章で考えてみましょう。

The most widely accepted explanation is the nebular hypothesis, which argues that the solar system began as a massive cloud of interstellar gas and debris that collapsed under immense gravitational forces.

この英文を日本語に訳すと「太陽系は星間ガスや塵の巨大な雲から始まり、巨大な重力によって崩壊したとする星雲説である」となります。

英文では最初に来る「the most widely accepted explanation is the nebular hypothesis」は、日本語に翻訳すると「巨大な重力によって崩壊したとする説である」と文章の締めになります。

語順が入れ替わっているため、英文全体を日本語に翻訳して理解しようとすると、英語の後半部分を読んで、日本語に翻訳して、また英語の前半部分に戻って、日本語に翻訳するという「返り読み」をする必要性が出てくるわけです。

リーディング問題であれば、時間が許されている限り、何度も返り読みすることができます。

しかし、リスニングは一回で聞き取らなければなりませんよね。英会話はもちろん、英語の会議や電話でも、英語のニュースや映画でも、基本的に相手は一回しか英語を話してくれません。

英語の聞き取りは一発で意味を理解する必要があるため、リーディングでは可能な「何度も英文を確認して理解する」という作業ができないわです。

結果として、長文の聞き取りになると日本語の語順に翻訳して理解するということができないため、聞き取りに失敗してしまうわけですね。

 

4.英語の聞き流しが意味ない理由【聞き取りができるようになる勉強】

英語の聞き流しが意味ない理由【聞き取りができるようになる勉強】

 

次に英語が聞き取れない原因を解決する勉強法を解説いたします。

 

4-① 発音の勉強をする

英語の音を聞き取るために必要なのは発音を勉強することです。

たとえばIPAという発音の基礎を丁寧に学ぶ勉強があります。

英語の辞書を調べると「ǽ」「ə」といった発音記号が記載されていますよね。

このような発音記号と発音をする際の「舌の動き」「唇の形」「息の吐き出し方」など学びぶことで正しい発音を学び、正しい発音を知ることで英語の音を聞き取れるようになります。

また、英語スクールを受講して正しい方法でシャドーイングなどの音声変化を身に付けるトレーニングをすることで、ネイティブの自然な発音を身に付けることも有効です。

逆に、英語をただ聞き流したところで、正しい発音や音声変化が身に付くとは思いませんよね。

音を聞き取るためのリスニング学習として英語を聞くならば、しっかりと英語の音に意識を向ける必要があるわけです。

 

4-② 単語の語彙を増やす

聞き取った音を理解するためには、とにかく語彙量を増やすことです。

単語や熟語の暗記学習や英語の独特な表現を覚えるなど、ボキャブラリーを増やす勉強が大切です。

語彙量を増やす勉強にしても、英語を聞き流すだけで語彙が増えるはずがありませんよね。

知らない単語があれば一つ一つ意味を調べて、意味を理解できるようにするという地道な基礎学習がリスニングの精度を高めるには重要なのです。

 

4-③ 英語の語順で理解できるようにする

英語の語順で理解できるようになると、長文でも一回聞いただけで意味を理解できるようになります。

英語の語順で理解できるようになるためには、実はリーディングの勉強が有効です。

先ほど、長文を読む時に一回では意味を理解できず、何度も何度も英文を読み返す「返り読み」をしている人が多いという話をしました。

長文読解の際も「返り読み」をせずに一回読んだだけで意味を理解できるようになれば、英語を聞き取る際も一回で意味を理解できるようになるわけです。

さて、英語の語順で理解できるようになるためには、たとえば「チャンクリーディング」と「サイトトレンスレーション」という勉強法が効果的です。

チャンクリーディングは、英語をチャンク(意味のかたまり)で捉えるトレーニングです。

先ほどの英文で言えば「The most widely accepted explanation」「is the nebular hypothesis,」「which argues that」「the solar system」「began as a massive cloud of 」「interstellar gas and debris」「 that collapsed 」「under immense gravitational forces. 」

といったように英語をかたまりで捉えます。

サイトトランスレーションは、短く区切った英文を瞬間的に訳して英語の語順のまま理解するトレーニングです。

先ほどのチャンクリーディングで区切った意味のかたまりを、

「The most widely accepted explanation / 一般的に受け入れられている説は」「is the nebular hypothesis, / 星雲説である」「which argues that / 主張する」「the solar system / 太陽系は」「began as a massive cloud of  / 巨大な雲から始まり」「interstellar gas and debris / 星間ガスや塵の」 「that collapsed / 崩壊したとする」「under immense gravitational forces. / 巨大な重力によって」

とチャンクごとに日本語に訳すトレーニングを積むことで返り読みをせずにどんどん英語を読み解けたり、英語を一度聞いただけで意味を理解できる力が身に付きます。

このように英語の語順で意味を理解できる能力が、英語の聞き流しをするだけで身に付くとは思えませんよね。原因を解決する適切な英語学習をすることで、英語の語順で意味を理解できるようになり、長い文章の英語でも聞き取れるようになるのです。

 

5.英語の聞き流しを効果的なものにするためには?

英語の聞き流しを効果的なものにするためには?

 

英語の聞き流しは、英語を聞き取れない原因を解決する勉強法ではないため、特に初心者~初級者の方が英語を聞き取れるようになるための勉強としては全く効果がないという解説をしてきました。

それでも、作業時間や移動時間を利用して「英語を聞く」という勉強法にこだわりたい人は、次のようなことを意識してみるのが良いでしょう。

 

5-① 理解可能な音源を聞く

最も大切なのは、英語を聞き流すなら「聞いて意味を理解できる音源」を聞くことです。

たとえば、90%以上の内容が理解できる音源であれば、知らない単語や聞き取れない音があっても前後の文脈から推測して意味を理解できるでしょう。

つまり、単語・文法・発音の基礎ができていて、ある程度は英語の聞き取りができる人がリスニングの精度を上げるために英語を聞き流すというのであれば学習効果はあると言えます。

逆に言えば、単語・文法・発音の基礎ができていない初心者~初級者が英語を聞き流しても、英語の音も聞き取れないし、意味も理解できないということで、ただ英語のBGMを聞き流しているようなものになり、効果が出ないわけですね。

 

5-② 復習をしっかりする

90%以上は理解できる英語の聞き流しをしたとして、残りの10%の英単語の意味がわからなかったり、音が聞き取れなかった部分がありますよね。

その残り10%の分からない部分の復習、つまり、知らなかった英単語の意味を調べたり、聞き取れなかった英語の発音や音声変化を調べたりすることで、自分の弱点や課題を発見・克服する勉強がとても大切です。

一つ一つ理解できる単語を増やし、聞き取れる発音を増やしていくことで、英語が少しづつ聞き取れるようになります。

英語を聞き流しているだけでは、わからない単語はわからないまま。

聞き取れない発音は聞き取れないまま。

これで高い学習効果が表れるはずがありませんよね。

英語を聞き流すという時間を作ったら、その聞き流した音源で聞き取れなかった部分をしっかり復習することで、知識を一つ一つ増やしていきましょう。

 

5-③ 言語活動とは並行しない

前述の通り、「読書をしながらリスニング」「メールを書きながらリスニング」「家族と話しながらリスニング」など、言語を使う作業を並行して行っても、どちらも集中できずに作業効率が落ちてしまいます。

英語を聞き流すという勉強をする場合は、通勤や通学の電車の中で聞く、朝のランニングの際に聞く、家の掃除をしながら聞くなど、言語を使わない作業と並行するようにしましょう。

 

6.効果的な英語の聞き流し方法【具体的な勉強法】

効果的な英語の聞き流し方法【具体的な勉強法】

 

英語の聞き流すという英語学習の具体的な方法の一つはディクテーションです。

厳密には英語の聞き流しではなく、英語の聞き取りという勉強法を効果的に実施する方法となります。

 

6-① まずは英語を聞く

まず音源の英語を聞きましょう。

この際、できれば30秒~1分程度の短い英文が望ましいです。

また、いきなり難易度が高い学術的な論文やニュースを教材に利用するのではなく、ある程度は理解できる「自分のレベルに合った教材」を選ぶようにしましょう。

大切なのは難しい教材に挑戦することではなく、現在の自分が英語ができない弱点や課題を発見して、弱点克服・課題解決のための英語学習を実施することです。

 

6-② 聞き取った英語を正確に書き起こす

次に、聞いた音源を正確に書き起こしてみてください。

パソコンに英文を打つのでも、ノートに英文を書くのでも、どちらでも構いません。

可能な限り正確に聞き取った音源を書き起こすことが大切です。

 

6-③ 書き起こした英文と音源のスクリプトを比べる

続いて、自分で書き起こした英文と音源の英文を見比べてみましょう。

すると、聞き取れなかった単語や抜けている単語が見つかるはずです。また、聞き取れはしたけど意味が曖昧な表現があるかもしれません。

その聞き取れなかった発音や理解できなかった単語や表現が、あなたの現在の弱点部分です。

英語の聞き流しという勉強法は、自分が聞き取れていない・意味が理解できない弱点を発見するために実施することで、効果を発揮するわけです。

 

6-④ 発音や意味を調べる

聞き取れなかった発音や理解できなかった単語や表現を一つ一つ調べて、全て理解できるようにしましょう。

音が連結している部分が聞き取れなかったのか。音が省略されていたから聞き取れなかったのか。なぜ音が連結したり省略されたりするのか。それはどのような音声変化のルールに従っているのか。

一つ一つ分からない部分を解決して新しい知識を得ること。これが現在の自分の弱点や課題を一つ解決する勉強法です。

そして、「分からない部分が分かるようになる」という勉強を毎日積み重ねることで、英語がわかるようになる、つまり、英語を少しずつ聞き取れるようになるわけです。

英語を聞き流すだけというのは、分からない部分を分からないまま放置するだけなので、全く学習効果がないことがよく分かると思います。

 

6-⑤ 実際に自分で音源を発音してみる

少しレベルの高い勉強法としては、聞き取れなかったり理解できなかった部分を全て調べて理解できるようになったら、音源を真似して自分で発音してみることです。

オーバーラッピングやシャドーイングという勉強法であり、音源を正確に真似して話す練習をすることで、自分で発音できるようになる = 自然な発音が身に付きます。

ただし、オーバーラッピングやシャドーイングという勉強法は英語を正確に発音しなければ効果が出ないため、初心者~初級者の方が独学で実践するのはおすすめしません。

第二言語習得論に基づくトレーニングを実施しているスクールはシャドーイングを採用しているところも多いため、より高い学習効果を得たい場合は専門的な英語スクールの受講をおすすめします。

 

7.短期間で英語を身に付けたい方はコーチングがおすすめ

短期間で英語を身に付けたい方はコーチングがおすすめ

 

もし本気で英語を話せるようになりたい場合は、英語指導のプロフェッショナルから専門的な指導を受けられる英語コーチングスクールの受講をおすすめします。

 

7-① 英語コーチングスクールとは

一般的な英会話教室や近年では人気のオンライン英会話は「英語を話す」というアウトプット学習に焦点を当てた学習を実施します。

一方で、コーチングスクールは専属のコンサルタントが学習プランの作成・弱点や課題の発見・課題解決のレッスンやトレーニング・毎日の自主学習の管理など、主にインプット学習のサポートを重視します。

英語の聞き流しという勉強を実践しようとしていたり、興味を持っていたりした方は、そもそも正しい英語学習方法が分かっていませんよね。

そのような英語初心者~初級者の方が独学で英語を勉強しようとしても、「ラクな勉強法」「無料でできる勉強法」「再生数が多い英語学習系のYoutubeを見る」「英語のドラマや映画を見るなど楽しそうな勉強法」など、非効率的で学習効果が出ない勉強法を選んでしまう方が非常に多いです。

そのような独学で英語学習をしても1年、2年と時間を無駄にするだけで、結局は英語学習に挫折してしまう可能性が高いです。

本当に英語ができるようになりたいならば、素直に英語指導のプロフェッショナルに専門的な指導してもらうのがおすすめです。

 

7-② 言語学に基づく勉強の実施

コーチングスクールはそれぞれの学習メソッドがありますが、共通しているのは「言語学に基づいた英語学習」を実施することです。

日本人が非母国語の英語を第二言語として習得する第二言語習得論などに基づいた英語学習を実施することで、短期間で効率良く英語を身に付けることが可能になります。

たとえば、おすすめ1位としてご紹介するENGLISH COMPANYでは、国内外の大学や大学院で言語学に関連する学問領域を修了した専門家から英語トレーニングを受けることができます。

おすすめ2位のLiberty English Academyでは、英語ネイティブが感覚的に身に付けている文法を体系化したグラマーテーブルを学ぶことで、完璧な文法を習得することが可能です。

なんとなく英語の勉強をするのではなく、言語学という理論に基づいて「英語を話せるようになるための知識」を学ぶことで、短期間で英語を話せるようになることを目指すのがコーチングスクールの特徴となります。

 

7-③ 英語指導の専門家に教えてもらう

英語に限らず何かを学ぶ際には、その道の専門家に指導してもらうのが最も効率的に上達するのは言うまでもありません。

独学では「何を勉強すればいいのか」「どのように勉強すればいいのか」「どれくらい勉強すればいいのか」など適切な英語学習を実施するのはとても難しいです。

一般的な英会話教室やオンライン英会話でも、言語学を学んだプロ講師はなかなか在籍していないのが現状ですが、コーチングスクールでは第二言語習得論などの専門的な知識を持っている講師から直接的な指導を受けることが可能となります。

この記事では、特に言語習得に関する知識が深い講師が揃っているスクールをご紹介しますので、短期間で高い目標を達成したい方は受講を検討してみてください。

 

8.短期間で英語力を伸ばしたい方におすすめの英語スクール

短期間で英語力を伸ばしたい方におすすめの英語スクール

  

最後におすすめの英語スクールをご紹介します。

短期間でビジネスでも通用するような英語力を身に付けたい方や、本気で英語を話せるようになりたい方は、ぜひ気になるスクールの無料体験を受けてみてください。

無料体験を受ければスクールの雰囲気やサービス内容が確認できますので、色々と話を聞いてみて、納得できたスクールを受講するようにしましょう。

やっぱり、自分が最も納得できた勉強法で英語学習を進めるのが、最も効率もモチベーションも高まりますから。

  

1位 言語習得の専門家によるトレーニング「ENGLISH COMPANY」

    

入会金55,000円
コース・期間・料金【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :561,000円
180日間集中:679,800円

【セミパーソナル】
初級(6ヶ月):264,000円
中級(3ヶ月):231,000円
上級(3ヶ月):242,000円

コーチング・
トレーニング
【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :週2回×90分(計24回)
180日間集中:週1回×90分(計24回)

【セミパーソナル】
初級:週1回×120分(計24回)
中級:週1回×120分(計12回)
上級:週1回×120分(計12回)

校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田
【兵庫】神戸
【京都】四条烏丸
オンラインオンライン受講対応

       

日本の教育事業の最大手「ベネッセ」のグループ企業であり、「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されているENGLISH COMPANY。

ビジネス英語を超効率的に習得するという点において、全ての英語スクールの中で圧倒的におすすめです。

ENGLISH COMPANYはスパルタな英語学習ではなく、科学的根拠に基づく効率的な学習を実施します。1日3時間の自主学習を求めるコーチングスクールが多い中、ENGLISH COMPANYの目安の学習時間は1日1~1.5時間。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出せるため、仕事で忙しい方にこそ非常におすすめなスクールです。

「1日3時間の学習をすれば、誰だってそれなりに英語ができるようになります。ですが、私たちENGLISH COMPANYは、少ない学習時間で英語を身に付けてもらうのが英語コーチングの本質だと考えています。だって、できるなら少ない時間で英語を習得できた方が絶対に良いですよね?」

このように話すENGLISH COMPANYのトレーナー陣は、第二言語習得論・認知言語学・応用言語学・言語心理学など言語習得の学問領域を国内外の大学で修めており、トレーナーの言語習得に関する専門性は他のスクールの追随を許しません。

なお、2024年4月よりパーソナルトレーニングコースが一般教育訓練給付制度の対象講座に認定されたため、社会人は実質的に10万円割引とお得に受講できるようになりました。

また、予算が厳しい方は1クラス最大5人のセミパーソナルコースもおすすめ。最安月額44,000円でENGLISH COMPANYの最高峰のトレーニングを受けられるほか、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨してレベルを高め合うこともできます。

ぜひ無料体験を受けてみて、ENGLISH COMPANYのトレーニングのレベルの高さを実感してみてください。

 

関連記事

【取材】ENGLISH COMPANYは効果なし?|イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーの割引・入会金無料キャンペーンについて

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料体験実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

    

2位 TOEIC・TOEFL・IELTSで圧倒的な実績「Liberty English Academy」

   

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/ITP対策コース
IELTS対策コース
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
アドバンス:792,000円
期間ショート :3ヶ月(計24回レッスン)
ベーシック:6ヶ月(計48回レッスン)
アドバンス:9ヶ月(計72回レッスン)
コーチング週1回
レッスン週2回×90分
校舎三田(東京都港区)
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと並んでおすすめなスクールが、英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

TOEIC・TOEFL・IELTSのスコアを伸ばしたい方であれば、ENGLISH COMPANY以上におすすめしたいスクールです。もちろん、ビジネス英会話目的の受講も可能です。

LIBERTYでは、英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは特に資格試験の実績が圧倒的で、短期間の受講でTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上の達成者が続出してます。

ハーバード・コロンビア・イエール・スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることを実績として証明済み。

受講料は6ヶ月間のベーシックコースで入会金を含めて約60万円。社会人は一般教育訓練給付制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてください。

入会金最大無料キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。

この金額が出せるのであれば、間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐに取り戻せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

LIBERTYはこちら

    

3位 高品質なコンサルティング「STRAIL(ストレイル)」

    

入会金55,000円
コースビジネス英語コース
TOEIC L&R TESTコース
初級者コース
料金297,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回×60分
校舎【東京】新宿・銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと同じ経営母体を持つコンサルティング特化型スクール「STRAIL(ストレイル)」。

ENGLISH COMPANYがコーチングとトレーニングの両輪で英語力を伸ばすのに対し、ストレイルは言語習得の専門家によるコンサルティングを受けながらの自主学習がメインとなります。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトも変わらず、毎日の自主学習時間が1~1.5時間の超高密度学習により、3ヶ月集中で英語力を伸ばすことが可能です。

ストレイルでは英語力をフェーズごとに捉え、該当するフェーズごとに最適な学習を実施するストレイルメソッドを採用。

第二言語習得論に基づいた段階的なインプット学習でリーディングとリスニングを強化し、フェーズが上がってきたらスピーキングとライティングを鍛えていくことで、効率的に英語力を伸ばしていきます。

また、国内外の大学で言語習得の学問を専攻した専門知識を持つコンサルタントが揃っていて、医師が症状から病気の原因を特定して処方箋を決めるように、受講生の英語が苦手な原因をピンポイントで特定し、課題解決に最適な学習方法を提示。

常に最適な学習を継続することで、最短期間で本質的な英語力を身に付けることができるのが大きな魅力です。

コンサルティングに特化している分、月額約10万円と平均的な受講料である上、ビジネス英語コースとTOEICコースは教育訓練給付制度の利用で70,400円の給付金が支給されるため、総額281,600円という格安料金でコーチングを受けることができます。

予算を抑えつつ、効率的にビジネス英語を身に付けたり、TOEICのスコアを伸ばしたい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

【英語コーチング特化】STRAIL(ストレイル)の効果や評判を紹介

ストレイル(STRAIL)の割引キャンペーンについて

公式サイト

STRAIL

 

\無料カウンセリング実施中/

ストレイルはこちら

   

4位 1年間で本物の英語力を身に付ける「TORAIZ(トライズ)」

   

入会金55,000円
コース英語コーチング本科
英語初心者
ビジネス英語上級
TOEIC対策
TOEFL対策
IELTS対策
英検対策(停止中)
英語プレゼン特化
実践ファシリテーション
発音クリニック
インターナショナルスクール対策
ワーホリ準備英語
料金337,580~1,695,100円
期間3ヶ月~12ヶ月
コーチング毎週 / 隔週
レッスンプライベート:週0~5回
グループ  :受け放題
校舎【東京】 六本木・東京丸の内・新宿
     銀座・日本橋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋
【大阪】 梅田
【福岡】 福岡天神
【沖縄】 沖縄
オンラインオンライン受講可能

    

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「トライズ」。

一番人気の英語コーチング本科は1日3時間・1年で1,000時間の学習が目安であり、求める勉強量はコーチングスクールの中でも随一です。

商社・外資系コンサル・IT・メーカー・製薬・医療・金融など幅広い業種のビジネスパーソンが受講しており、ビジネス英語やTOEIC・TOEFL・IELTSなどの試験を集中して学ぶ環境が整っています。

トライズは専属ネイティブ講師によるマンツーマンレッスンを受けられるのも魅力的。ネイティブ講師は大学や省庁で指導実績もあるプロフェッショナルなので、ハイレベルなレッスンを1年間継続することで英語力の向上が見込めます。

また、グループレッスンは受け放題で、実践形式のアウトプット学習が非常に多いのも特徴です。日本人専属コンサルタントが毎日の英語学習を丁寧にサポートしてくれるため、初心者でも1年間でしっかりと英語を話せるレベルまで成長することが可能となります。

割引キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、英語コーチング本科の12ヶ月プランは月額約10万円と平均的な料金で受講できます。しかも、日本人の専属コンサルタントとネイティブの専属コーチのサポートを含んだ料金なので、コスパは非常に高いです。

初心者でもネイティブと会話できるまで成長することが可能なスクールなので、本気で英語を話せるようになりたいという強い意志を持っている方は、ぜひトライズを検討してみてください。

  

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

     

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

  

5位 予算重視なら「フライト英会話」

    

入会金通学プラン   :33,000円
オンラインプラン:  5,500円
通学プラン
(月額)
ライト(25分)  :14,300円
ライト(50分)  :26,180円
レギュラー(25分):26,180円
レギュラー(50分):43,780円
プレミアム(25分):54,780円
プレミアム(50分):65,780円
オンラインプラン
(月額)
ライト(25分)  :  7,150円
ライト(50分)  :12,650円
レギュラー(25分):12,650円
レギュラー(50分):19,800円
プレミアム(25分):21,890円
プレミアム(50分):27,390円
レッスンライト  : 月4回
レギュラー: 月8回
プレミアム: 1日1回
カウンセリング定期的
校舎【東京】恵比寿
オンラインオンライン受講対応

 

フライト英会話は、恵比寿に校舎を構えるマンツーマンレッスンを主体とする英会話スクールです。

恵比寿駅から徒歩1分と立地が良いため通いやすく、仕事帰りに気軽に通えるのもポイント。通学プランよりも安いオンラインプランもありますので、予算を抑えたい方や恵比寿に通えない方もフライト英会話を受講することが可能です。

フライト英会話の最大の特徴は、日本人のカウンセラーとフィリピン人の講師がチームを組んで英語学習をサポートしてくれる点です。

ネイティブキャンプ・レアジョブ英会話・DMM英会話などの格安のオンライン英会話はフリートークのレッスンを繰り返すだけで、受講者の悩みや不安を解消してくれるサポートがありません。レッスンのみ提供するサービスでは、「英語を話せるようにならない」「英会話レッスンが怖い」「英語学習が続かない」という悩みが解決されないので、大半の人は挫折してしまいます。

ですが、フライト英会話は日本人カウンセラーが丁寧にサポート。カウンセリングで英語学習における目標・悩み・学習経験などのヒアリングが行われ、受講者専用のカリキュラムを作成してくれるため、英語が話せるようになるまでの道筋がハッキリします。

さらに、いつでもカウンセラーに学習相談ができたり、英文の添削などをお願いすることができますので、高いモチベーションを保って英語学習を続けることが可能です。

正確に言えば、フライト英会話はコーチングスクールではありませんが、他のコーチングスクールと比較するとサポート量が少ない分、最安料金で7,150円とコスパは抜群。

高品質なサービスを受けたいけど予算が限られているという方は、フライト英会話の受講を検討してみてください。カウンセラーがいるかいないかで、英語力の伸びは全く異なってくるはずです。

  

関連記事

フライト英会話の口コミや評判は?|恵比寿の英会話スクール

公式サイト

PHLight(フライト)英会話

 

\無料体験レッスン実施中/

フライト英会話はこちら

   

6位 コスパ最高「マネーイングリッシュ」

     

入会金無料
コースベーシックプラン
プレミアムプラン
料金【ベーシックプラン】
月額:54,780円(6ヶ月契約)
月額:65,780円(単月契約)

【プレミアムプラン】
月額:109,780円(6ヶ月契約)
月額:120,780円(単月契約)

期間月額制
コーチングベーシックプラン:隔週×40分
プレミアムプラン:週2回×40分
レッスンベーシックプラン:週3回×40分
プレミアムプラン:週5回×40分
オンラインオンライン完結

 

マネーイングリッシュは「英語で未来を強くする」という独自のコンセプトを持ち、英語を身に付けることで自分の価値と年収を上げ、未来をより豊かにすることを目標としています。

年収と英語力の相関性を指摘し、自己投資としての英語学習をサポートするなど現実的な視点を持っており、未来の人生も含めてサポートする意識をコーチ側も共有している点が大きな特徴です。

人気のベーシックプランは月額54,780円と、コーチングスクールの中では最安の部類。

週3回の外国人講師によるマンツーマンレッスンで発音や文法を丁寧に学ぶことができるほか、日本人講師による文法・語法のグループレッスンも毎週あり、インプット学習を通して「使える英語の知識」を身に付けることが可能です。

料金に対してレッスンが充実しているスクールで、コスパは非常に優秀なスクールと言えます。

日本人コンサルタントは英語学習経験や豊富な海外経験を持ち、特に採用条件の一つとしている発音はネイティブレベルという特徴もあります。さらに、外国人講師はフィリピンの老舗の語学学校から優秀な人材を雇用しているので、講師の質も担保されています。

ちなみに、専属コンサルタントはモチベーションが上がるからと異性の方が付くことが多く、その辺りも含めて現実主義的であり、本当に裏表のないサービスを提供してくれます。

  

関連記事

【体験談】MONEY ENGLISH (マネーイングリッシュ)の効果は? 口コミ・評判も紹介

公式サイト

【マネーイングリッシュ】

    

\無料カウンセリング実施中/

マネーイングリッシュはこちら

     

7位 ビジネス英語習得なら「スマートメソッド」

  

入会金無料
料金594,000円
期間16週間
コーチング合計5回
レッスン週5回×50分(計80回)
オンラインオンライン完結

 

オンンライン英会話のレアジョブが提供する英語コーチングサービス「スマートメソッド」。

TOEICの点数は高かったり、英語の読み書きはできるのに英会話が苦手という方が、ビジネスで不自由なく英語を話せるレベルまで英会話力を伸ばすことが可能なスクールです。ビジネス英語特化型のプログラムで、マンツーマンレッスンをメインに専属講師が英語力を徹底的に鍛えてくれます。

月額148,500円と受講料金は高めですが、1回50分間の英会話レッスンを週5回・合計で80回実施するので、レッスンの量は圧倒的。

レッスンはただ英語を話すのではなく「発話の質 6項目」を大事にし、表現の幅・議論の論理性・意見の一貫性など、ビジネス英語として重要な「自分の意見を論理立てて分かりやすく伝える能力」を強く意識します。

レアジョブの正社員である優秀な講師が弱点や課題を丁寧にフィードバックし、次のレッスンではフィードバックを活かしたレッスンを実施できるので、段階的にビジネス英語を身に付けることができます。

とにかく実践的なレッスンで英会話力を伸ばすプログラムなので、ビジネス英語を習得したい方にスマートメソッドが非常におすすめです。

  

関連記事

【体験談】レアジョブ スマートメソッドの口コミや評判は?|SMART Method

公式サイト    

【レアジョブ英会話】オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

   

\無料カウンセリング実施中/

スマートメソッドはこちら

  

9.まとめ:英語を聞き流すだけでは意味がない

 

当記事では、英語の聞き流しは意味ないのか、聞き流しという英語学習方法の効果について解説しました。

結論として、ただ英語を聞き流すだけでは学習効果はありません。

特に、英語初心者~初級者の方が英語を聞き流しているだけでは、いつまでも英語が上達しないでしょう

英語を聞き取れるようになるためには、現在の弱点や課題を発見して、弱点や課題を解決する適切な勉強をするのが大切です。

この記事では、適切な英語学習を実施して短期間で英語力を伸ばせるスクールをご紹介しましたので、興味があるスクールがあればぜひ無料体験を受けてみてください。

自分でしっかりと英語学習の内容・サービス・スクールの雰囲気などを確認した上で、自分が最も納得できたスクールを受講するようにしましょう。

    -英会話