本コンテンツは一部にPRが含まれています。

割引・キャンペーン

専門実践教育訓練給付金の申請が間に合わない場合の対処法

こんにちは。

当記事では、専門実践教育訓練給付金の申請が間に合わない場合の対処法について解説いたします。

専門教育訓練給付金の申請期限は「受講開始1ヶ月前までの確認申請期限」と「6ヶ月毎の支給申請期限」の2つの期限があります。

それぞれ、規則として期限が定められており、期限内に申請手続きを済ませないと支給金を受給できない恐れがあります。

そこで、当記事ではそれぞれの申請期限について詳しく解説しますので、専門教育訓練給付金の申請が間に合わないと焦ってしまっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.専門実践教育訓練給付金の申請 & 受給の流れ

専門実践教育訓練給付金の申請 & 受給の流れ

 

まずは、専門実践教育訓練給付金を利用する際の一連の手続きの流れを確認しましょう。

 

1-① 申請方法の全体像

参照:教育訓練給付等について

 

専門教育訓練は講座を受講する前にハローワークで訓練前キャリアコンサルティングを受ける必要があります。

そして、訓練前キャリアコンサルティングとは別で受給資格の確認を「講座の受講開始日の一ヶ月前まで」にハローワークで実施する必要があります。

また基本的に専門実践教育訓練の講座は6ヶ月~3年間かかりますが、6ヶ月毎に給付金申請の手続きが必要であり、こちらも「6ヶ月の支給単位期間の末日から1ヶ月以内」と申請期限が定められています。

それでは、更に詳しく見ていきましょう。

 

1-② 受講したい講座を調査

取得したい資格やスキルを調べて、受講したい講座を見つけましょう。

当記事では、おすすめの教育訓練給付制度の資格一覧をこちらの記事(教育訓練給付制度の資格一覧)でご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

また、オンラインで講座を検索できるシステム(教育訓練給付制度検索システム)もありますので、こちらも活用してみましょう。

興味がある講座を見つけたら、無料説明会や無料体験を受けてスクールの雰囲気やサービス内容を確認するのがおすすめです。

  

1-③ 訓練前キャリアコンサルティング

受けたい講座が見つかっても、受講開始日を確認せずにすぐに受講を申し込むと、手続きがスムーズにいかない可能性があります。

講座に正式に申し込む前にハローワークで訓練前キャリアコンサルティングを受けないと、基本的には受講前申請手続きができないため、必ず早めに訓練前キャリアコンサルティングを受けるようにしましょう。

訓練前キャリアコンサルティングは、「このような仕事がしたい」という目標や、その仕事にどのような能力が必要になるのか確認・相談して、キャリアのビジョンを明確にするものです。

訓練前キャリアコンサルティングを受けるためにはハローワークに事前予約する必要があるので、受講したい講座を探すのと並行して、早めにハローワークに予約を申し込んでおきましょう。

訓練前コンサルティングを受けても、最終的に専門実践教育訓練の講座を受講しなくても問題ありません。早めに行動しておくのが安心です。

訓練前キャリアコンサルティングを受けると、専用の「ジョブ・カード」が発行されます。

このジョブ・カードが専門実践教育訓練の申請手続きに必要になりますので、必ず受講前に訓練前キャリアコンサルティングを受けるようにしてくださいね。

 

1-④ 受給資格の確認

訓練前キャリアコンサルティングでジョブ・カードの交付を受けたら、実際に講座に申し込みをしましょう。

講座に申し込む際は、専門実践教育訓練を利用する旨を必ずスクール側に伝えるようにしてください。スクール側も手続きに必要な書類の準備などが必要なため、事前に制度を利用する意思疎通をしておかないと、手続きに不備が出てくる可能性があります。

受講が正式に決まったら、受講開始日の1ヶ月前までに必要書類をハローワークに提出して、受給資格の確認手続きを忘れずに行いましょう。

 

  • 教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格確認票
  • ジョブ・カード
  • 本人・住所確認書類
  • 個人番号(マイナンバー)確認書類・身元確認書類
  • 写真2枚(6か月以内の写真、正面上半身、縦3.0cm×横2.4cm)
  • 払渡希望金融機関の通帳またはキャッシュカード
  • 専門実践教育訓練給付及び特定一般教育訓練給付再受給時報告
    (過去に制度を利用したことがある場合)

  

必要書類については、訓練前キャリアコンサルティングを受ける際に確認しておくのがおすすめです。

 

1-⑤ 講座をしっかりと受講

専門実践訓練は支給単位期間である6ヶ月ごとに給付金が支給される制度であり、受講料金の割引制度ではありません。

従って、最初は受講料金を全額自己負担で支払う必要があるので注意しましょう。

なお、給付金が支給される条件として、講座ごとに定められた出席率や成績などの条件があります。

講座を何度もサボってしまうと給付金の受給資格が喪失する可能性がありますので、受講期間中はしっかりと講座を受けて勉強に取り組みましょう。

 

1-⑥ 給付金の申請手続き

専門実践教育訓練の場合は6ヶ月ごとに給付金が支給されますので、受講期間中は6ヶ月ごとの支給申請手続きが必要です。

具体的には、6ヶ月が修了した末日の翌日から1ヶ月以内にハローワークに給付金の申請手続きを実施する必要があります。

また、受講期間が全て修了した時は、受講修了日の翌日から1ヶ月以内の申請手続きが必要です。

原則としては、1ヵ月以内の申請手続き期間が過ぎてしまうと、受給資格を喪失するため、必ず1ヶ月以内に申請するようにしましょう。

  

1-⑦ 追加20%の申請

「資格試験に一発合格」「登録が必要な資格は登録」「受講修了日から1年以内に就職」などの追加給付の条件を満たした場合は、受講金額の20%の追加給付を受けることができます。

次の職場で雇用保険の被保険者として雇用された翌日から1ヶ月以内の追加給付の申請手続きが必要になりますので、専門実践教育訓練の修了後に就職・転職をした際は、早めに追加給付の申請手続きを行いましょう。

 

2.専門実践教育訓練給付金の申請が間に合わない【受給資格確認】

専門実践教育訓練給付金の申請が間に合わない【受給資格確認】

 

まずは、専門実践教育訓練給付金の「受給資格確認」の申請が間に合わない場合の対処法を見ていきましょう。

 

2-① スクールに講座開始日の変更をお願いする

まず1つ目の手段は、受講するスクール側に受講開始日を遅らせることが可能か変更をお願いしてみましょう。

原則として、受給資格の確認手続きは受講開始日の1ヶ月前までに済ませる必要がありますが、1ヶ月前の手続きが間に合わなかった場合、受講開始日を後ろにズラすことで申請手続きの猶予を確保できる可能性があります。

ただし、入学日が4月1日と決まっているなど、受講開始日を変更することができない可能性も高いので、無理のない範囲で可能かどうか問い合わせるようにしましょう。

 

2-② 受講開始日よりも前に訓練前キャリアコンサルティングを受ける

参考:kyouiku2yer

スクール側に問い合わせても受講開始日を遅らせられなかった場合、受講開始日の1ヶ月前までに受給資格の確認ができないため、諦めた方が良いのかと言えば、そうではありません。

もちろん、「原則」としては受講開始日の1ヶ月前までに受給資格の確認が必要なのですが、救済措置として受講開始日よりも前に訓練前キャリアコンサルティングを受けていれば、受講開始日以降でも確認申請が可能です。

従って、受講開始日の1ヶ月前までの確認申請が間に合わなくても、受講開始前までに訓練前キャリアコンサルティングさえ受けておけば、専門実践教育訓練給付制度が利用できることになっています。

たとえば、受講開始の1週間前などの講座に直前で申し込んでも、受講開始日の前に訓練前キャリアコンサルティングだけ受けておけば、受給資格の確認は後回しにしても問題ないということです。

ただし、これは「原則」を外れた例外的な措置のため、必ず前もってハローワークとやり取りをして、時間的な猶予を持って専門実践教育訓練の利用手続きを進めるのが安心と言えます。

 

3.専門実践教育訓練給付金の申請が間に合わない【給付金の支給手続き】

 

続いて、給付金の申請手続きが6ヶ月ごとの申請手続き期間や受講修了後の1ヶ月以内に間に合わないケースを見ていきましょう。

 

3-①【結論】時効は2年 = 2年以内の申請であれば可能

まず結論として、雇用保険の給付金は2年の時効の期間内であれば、支給申請が可能と定められています。

たとえば、就業手当・再就職手当・育児休業給付金・介護休業給付金などの雇用保険にかかる給付金は2年の時効が適用され、専門実践教育訓練給付金の給付金も該当します。

つまり、原則としては定められた日から1ヶ月以内の申請手続きが必要ですが、もし1ヶ月以内の手続きが間に合わないとしても、2年以内に手続きをすれば給付金を受給できるということです。

 

3-② 給付金も追加給付も時効上の申請期限は2年以内

具体的に給付金と追加給付の「原則の申請期限」と「時効上の申請期限」を確認しましょう。

   

 原則の申請期限時効上の申請期限
給付金ハローワークが通知する支給単位期間
の末日の翌日から起算して1ヶ月以内
ハローワークが通知する支給単位期間
の末日の翌日から起算して2年を経過する日
追加給付訓練を終了の上、資格取得などをし、
一般被保険者として雇用された日の
翌日から起算して1ヶ月以内
訓練を終了の上、資格取得などをし、
一般被保険者として雇用された日の
翌日から起算して2年を経過する日

参考:kyouiku2yer.pdf

 

それぞれ原則は1ヶ月以内ですが、時効上は2年を経過する日まで申請が可能です。

ただし、原則の1ヶ月以内の期限以内に申請をしないと給付金の受給が遅れたり、他の雇用保険の給付金が返還になるケースもあると注意書きがあるため、よほどのことがない限りは原則の申請期限を守るようにしましょう。

 

3-③ 手続きが遅れた理由は不要

昔は雇用保険の迅速な給付を行うために申請期限を厳守することが必須であり、「天災その他やむを得ない理由がある場合」を除いて、申請期限を過ぎると時効とは関係なく申請が受理されなかったようです。

しかし、2015年4月1日の雇用保険法施行規則の改正により、原則の申請期限を過ぎた場合でも、2年間の時効が終わるまでは給付金の申請が可能となりました。

この改正により、特に理由がなくても2年間の時効以内であれば手続きが可能となり、万が一ハローワークで理由を聞かれたとしても、特に理由を言わなかったからといって断られることはありません。

 

3-④ 受講前の訓練前キャリアコンサルティングは必須

給付金の申請は2年の時効がありますが、この時効が適用される前提条件として、講座の受講前に訓練前キャリアコンサルティングを受けることが必須です。

つまり、講座の受講前に訓練前キャリアコンサルティングを受けていない場合は、そもそも専門実践教育訓練給付金を受給する資格を得られないため、そもそも2年間の時効も存在しなくなるわけですね。

従って、講座の受講前に必ず訓練前キャリアコンサルティングを受けて、専門実践教育訓練給付金を受ける資格を得ることを忘れないようにしましょう。

 

4.専門実践教育訓練給付金のおすすめ講座

専門実践教育訓練給付金のおすすめ講座

 

最後に、専門実践教育訓練給付制度の中でも近年人気を集めているキャリアコンサルタントや第四次産業革命スキルの講座をご紹介します。

興味があるスクールがあれば、ぜひ無料体験などを受けてみてくださいね。

 

4-① キャリアコンサルタント養成講習

入会金無料
受講料金297,000円
専門実践教育訓練
給付金
50%:148,500円
20%:  59,400円
最大:207,900円
総額
(給付金込み)
89,100円
講習土・日・月コース   :8時間×10日間
夜間(月水金)コース :2時間×40日間
夜間(火木土)コース :2時間×40日間
午前(火水木金)コース:2時間×40日間
午後(火木)コース  :4時間×20日間
総学習時間講習(ZOOM):80時間
自宅学習課題 :70時間
合計     :150時間 
オンラインオンライン完結

 

キャリアコンサルタント養成講習は、オンライン完結型の講座です。

講習・課題添削・習得度確認試験など全てオンライン対応のため、仕事や子育てで忙しくて通学が難しい方や、地方在住の方でも無理なく受講することが可能です。

受講料金はすべて込みで297,000円で、専門実践教育訓練を利用すれば最大70%の給付金が支給されるため、実質89,100円でキャリアコンサルタント国家試験の受験資格を得ることが可能に。

オンライン完結のため受講料金が安く抑えられており、業界でも最安の部類なのがキャリアコンサルタント養成講習の魅力です。

通常コースは約3 カ月で修了しますが、土・日・祝日コースは計10 回・約1.5カ月でプログラムを修了することができるため、急いで資格取得したい方や短期集中で勉強したい方にもおすすめです。

  

公式サイト

キャリアコンサルタント養成講習

   

           

4-② DMM WEBCAMPエンジニア転職

入会金110,000円
受講料金就業両立コース:779,350円
専門技術コース:800,800円
専門実践教育訓練
給付金
50%:400,000円
20%:160,000円
最大:560,000円
総額
(入会金・給付金込み)
就業両立コース:329,350円
専門技術コース:350,800円
学習期間就業両立コース:24週間
専門技術コース:12週間
オンラインオンライン完結

 

DMM WEBCAMPエンジニア転職は、経済産業省の「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」の認定講座であり、近年で注目を集めている第四次産業革命スキル習得講座となります。

特徴はプログラミングスキルを身に付けるだけでなく、ITエンジニアへの転職をサポートしてくれる点で、将来のキャリアを見据えてプログラミングを勉強したい方におすすめ。

受講者の97%がプログラミング未経験者でありながら学習完走率92%と9割以上の人が脱落することなくプログラムを修了しており、初心者でも安心して受講することが可能です。

ITエンジニアへの転職に興味がある方は、無料カウンセリングを受けてみて、サービス内容やスクールの雰囲気を確認してみましょう。

  

公式サイト

未経験からIT業界へ転職なら【DMM WEBCAMP】

  

\無料相談実施中/

DMM WEBCAMPはこちら

  

4-③ Aidemy Premium(アイデミー)

入会金無料
受講料金AIアプリ開発(3ヶ月)  :528,000円
AIアプリ開発(6ヶ月)  :858,000円
データ分析講座(3ヶ月) :528,000円
データ分析講座(6ヶ月) :858,000円
自然言語処理講座(3ヶ月):528,000円
自然言語処理講座(6ヶ月):858,000円
E資格対策講座(3ヶ月)   :327,800円
専門実践教育訓練
給付金
3ヶ月コース:最大369,300円
6ヶ月コース:最大560,000円
総額
(給付金込み)
AIアプリ開発(3ヶ月)  :158,400円
AIアプリ開発(6ヶ月)  :298,000円
データ分析講座(3ヶ月) :158,400円
データ分析講座(6ヶ月) :298,000円
自然言語処理講座(3ヶ月):158,400円
自然言語処理講座(6ヶ月):298,000円
E資格対策講座(3ヶ月)   :  98,340円
学習期間3~6ヶ月
オンラインオンライン完結

 

アイデミーは最短3ヶ月間集中でAIプログラミングを習得するオンラインコーチングサービスです 。

通常のプログラミングスクールとは異なり、専属のメンターが受講者の学習進捗管理を徹底して行い、短期間でAIスキルを身に付けることを可能とするのが特徴となります。

画像認識などのAI技術やアプリ開発に興味がある方はもちろん、AIエンジニア・データサイエンティストなどAIスキルを活かした職種にキャリアチェンジしたい方におすすめ。

アイデミーは受講生の86%がプログラミング未経験者なので、今からでも何かスキルを身に付けたいという初心者の方も安心して受講することができます。

  

公式サイト

AIを学ぶならアイデミープレミアム

   

\無料相談実施中/

アイデミーはこちら

    

4-④ tech boost(テックブースト)

入会金ブーストコース (Ruby・PHP)  :219,780円
ブーストコース (JavaScript+PHP):308,770円
ブーストコース (Java)      :675,400円
受講料金ブーストコース (Ruby・PHP)  :405,240円
ブーストコース (JavaScript+PHP):607,860円
ブーストコース (Java)      :528,000円
専門実践教育訓練
給付金
ブーストコース (Ruby・PHP)  :最大437,514円
ブーストコース (JavaScript+PHP):最大560,000円
ブーストコース (Java)      :最大560,000円
総額
(給付金込み)
ブーストコース (Ruby・PHP)  :187,506
ブーストコース (JavaScript+PHP):356,630
ブーストコース (Java)      :523,720
学習期間3~12ヶ月
校舎渋谷
オンラインオンライン対応

 

フリーランスのエンジニアや、エンジニアとして就職・転職などのキャリアアップを目指す方におすすめのプログラミングスクール「tech boost」。

現役エンジニアが1回1時間のマンツーマンサポートをしてくれるtech boost独自の「メンタリング制度」により、初心者でも挫折することなくプログラミングスキルを学ぶことが可能となります。

他のプログラミングスクールと比較して習得可能なプログラミング言語が多い上、卒業後のITエンジニアとしての就職・転職支援やフリーランスの独立支援の評判も良く、プログラミングの基礎から就職まで一気通貫でサポートしてほしい方におすすめのスクールです。

  

公式サイト

tech boost

   

\無料カウンセリング実施中/

tech boostはこちら

          

4-⑤ RUNTEQ(ランテック)

入会金無料
受講料金550,000円
専門実践教育訓練
給付金
最大385,000円
総額
(給付金込み)
165,000円
学習期間短期集中 :5ヶ月
働きながら:9ヶ月
校舎なし
オンラインオンライン完結

 

ランテックは、オンライン専門のプログラミングスクールです。

離職中の方は5ヶ月集中で、働きながらプログラミングスキルを身に付けたい方は最大9ヶ月間で、1,000時間という圧倒的なカリキュラムをこなして高いスキルを身に付けるのが特徴です。

「JavaScript」「Ruby」「HTML CSS」など複数にわたるWeb系技術を学習することができ、学習期間から面談を重ねて、転職サポートまでしてくれるのも魅力的。

実践的なプログラミングスキルを身に付けるだけでなく、転職も見据えてキャリアアップをサポートして欲しい方におすすめのスクールです。

  

公式サイト

RUNTEQ(ランテック)

   

\無料カウンセリング実施中/

RUNTEQはこちら

      

5.まとめ:専門実践教育訓練給付金の申請が間に合わなくても落ち着いて対処

専門実践教育訓練給付金の申請が間に合わない場合は落ち着いて対処

 

当記事では、専門実践教育訓練給付金の申請が間に合わない場合の対処法について解説いたしました。

教育訓練給付制度は厚生労働省が管轄している国の制度であり、原則の確認申請や支給申請の期限がきっちりと定められています。

ただし、法令に基づいて時効が定められており、原則の期限に間に合わない場合でも受給資格を得られる場合もありますので、落ち着いてハローワークに手続きの手順を問合せするなど対処するようにしましょう。

基本的には期限内に申請した方が手続きがスムーズに進むため、できるだけ早めの行動を心がけるようにするのがおすすめです。

    -割引・キャンペーン