本コンテンツは一部にPRが含まれています。

英会話

英語のブレイクスルーの前兆は?ブレイクスルーに必要な勉強時間

こんにちは。

当記事では英語学習のブレイクスルーの前兆や必要な勉強時間について解説していきます。

一般的に、英語学習は勉強時間に比例して能力が向上するわけではありません。

勉強を続けてもなかなか学習効果が表れない時間が続いたのち、ある時から急に英語を聞き取れるようになったり、話せるようになったという実感を持つ方も多いです。

あともう少し勉強すれば英会話能力が大きく伸びるのに、その直前で英語学習を辞めてしまってはもったいないですよね。

そこで、当記事ではブレイクスルーの前兆についてや、英語が話せるようになる = ブレイクスルーに必要な英語学習についても解説していきますので、本気で英語を話せるようになりたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

目次

1.英語のブレイクスルーの前兆とは

英語のブレイクスルーの前兆とは

 

まずは、英語のブレイクスルーの前兆について詳しく見ていきましょう。

 

1-① 聞き取れる英語が急激に増える

これまでは中学校レベルの簡単な英語さえ聞き取れなかったのが、英語のニュースやラジオの意味を理解できるようになったり、英語のドラマや映画のセリフもわかるようになった自分に気が付く時があります。

英語の自然な発音の知識を身に付けたり、単語や表現のボキャブラリーを増やすことで起こるブレイクスルーの前兆であり、ここまでくると実際の英会話でも、日常的な内容や自分の仕事に関わる内容であれば自然と聞き取れるレベルのリスニング力が身に付いているでしょう。

 

1-② 言いたいことがパッと英語で言える

これまでは言いたいことを頭の中で日本語で考えて、英語でどのように言えばいいか頭の中で翻訳して話していたのが、言いたいことをイメージすると同時にパッと英語が口から出るようになってきます。

この時、頭の中で日本語の文章を作ってから英語に翻訳するというプロセスが省略されており、言いたいことをそのまま英語で話せる「英語脳」が養われていることがわかります。

日本語と英語は全く異なる言語である以上、英語を話せるようになるためには「英語を英語のまま理解して、英語で話す」という英会話の一連の流れを全て英語で完結する必要がありますが、ブレイクスルーが起こると自然な英語を話せるようになります。

 

1-③ 英語の夢を見る

ブレイクスルーの前兆として「英語の夢を見た」という話は非常に多いです。

科学的な論拠はありませんが、英語学習に日常的に身を投じることで英語で思考する時間が増え、脳が日本語を介さずに英語で思考できるようになることで英語の夢を見るようになったと考えられます。

論拠はないものの、英語ができるようになる少し前から英語の夢を見るようになったという統計データもあり、英語の夢と英語の上達の関連性が指摘されることはよくあります。

 

1-④ ブレイクスルーの前兆は英語学習の積み重ね

ある日を境に英語がいきなり話せるようになると聞くと、そんな魔法のような現象が起きるのかと疑いたくなりますよね。

実際のところ、全く英語学習をしていない人間がいきなり英語を話せるようになるということはありません。

ブレイクスルーと言うのは、これまでの英語学習で積み重ねてきた知識が頭の中でバラバラだった状態から線で繋がれて網羅的にまとまった時に起こります。

つまり、前提として知識を積み重ねる英語学習が非常に大切であり、なんとなく英語を聞き流していたらブレイクスルーが起きるとか、英語の映画やドラマをいっぱい見ていたらブレイクスルーが起きるというものではありません。

あくまで、結果が出なくても焦らず、日頃からしっかりと英語学習を続けてきた人の努力が実る時がブレイクスルーということです。

 

2.英語のブレイクスルーに必要な勉強時間

英語のブレイクスルーに必要な勉強時間

英語のブレイクスルーが起こるまでの目安の勉強時間ですが、正直に言えば人によるとしか言えません。

英語力の伸びは勉強時間×勉強効率で決まるため、これまでの勉強の積み重ねやこれからどのような勉強を進めていくかで、必要な勉強時間は大きく変わるからです。

ただし、一応の目安となる勉強時間がありますので、参考にしてみましょう。

  

2-① 日本人の英語習得までの目安は1,000時間

アメリカ国務省附属機関の調査において、アメリカ人にとって日本語は習得最難関レベルの「super-hard languages」と認定されています。

   

 必要な学習時間言語
Category I600-750時間デンマーク語・フランス語・イタリア語
ノルウェー語・ポルトガル語・スペイン語
ルーマニア語・スウェーデン語
Category II900時間ドイツ語・ハイチ語・インドネシア語
マレー語・スワヒリ語
Category III1,100時間その他の言語
Category IV2,200時間日本語・アラビア語・中国語
広東語・韓国語

(出典 : Foreign Language Training - United States Department of State

  

英語ネイティブにとって日本語が習得最難関ということは、日本語ネイティブにとっても英語が習得最難関であることに他なりません。

これは、英語と日本語は言語のルーツが全く異なり、言語の構造も全く親和性がないことに起因しています。

日本人が英語を習得するのに必要な目安の時間は約2,200時間。日本人は学生時代に約1,200時間の英語学習を行いますから、差し引き1,000時間の英語学習がブレイクスルーに必要という計算です。

 

2-② 英語力の伸びは「勉強時間」×「勉強効率」

ブレイクスルーが起こるまでの目安の勉強時間は1,000時間。

1,000時間の勉強時間を達成するためには、1日3時間の英語学習を続けても約1年かかります。

1年と聞くと長く感じてしまうかもしれませんが、実際の英語力の伸びは勉強時間と勉強効率に依存します。

つまり、できるだけ効率の良い勉強を実施すれば、ブレイクスルーが起きるまでの勉強時間を1,000時間よりも短くすることが可能なわけです。

逆に言えば、独学で非効率的な勉強をしたり、勉強時間を稼いでいるだけのような無駄な英語学習を続けていては、1,000時間勉強しても2,000時間勉強してもブレイクスルーが起きない可能性が高いです。

前述の通り、ブレイクスルーは頭の中でバラバラだった知識が紡がれてまとまった時に起こるため、英語を話せるようになるための知識を蓄積する正しい勉強が必要となります。

 

2-③ 伸び悩んでいる時期に英語を諦めない

英語学習を始めた当初や中級レベルに差し掛かった時など、英語に伸び悩む時期は誰にでも来ます。

その理由は明確で、知識を蓄積している期間では、直接的な学習効果を実感しづらいからです。

たとえば、英単語テストや文法テストで高得点を取るための暗記学習であれば、勉強時間に比例して点数が上がっていくでしょう。

しかし、単語や文法を覚えたからといって、すぐに英語を話せるようにはなりません。

単語や文法を幅広く身に付けた上で、頭の中の知識を引き出す勉強を続けることでブレイクスルーが起きて英語を話せるようになるため、知識を身に付けている段階では伸び悩んでいると感じてしまっても仕方がないのです。

正しい英語学習を続けていればブレイクスルーは必ず起きるので、英語に伸び悩む時期があっても、焦らずにしっかりと勉強を継続しましょう。

 

3.英語のブレイクスルーを起こすために必要な勉強

英語のブレイクスルーを起こすために必要な勉強

 

次にブレイクスルーに必要な具体的な勉強を見ていきましょう。

 

3-① 大量のインプット学習と少量のアウトプット学習

非母国語を習得するプロセスを研究する学問「第二言語習得論」によると、大人が第二言語を効率的に習得するためには大量のインプット学習と少量のアウトプット学習を実施するのが大切であることが明らかになっています。

インプット学習とアウトプット学習は7:3~8:2の比率で実施するのが良いとされ、ブレイクスルーが起きるためには特にインプット学習が欠かせません。

英語を話せるようになるためには、知識を身に付けるインプット学習にかける時間 = 学習効果を実感しづらい時間が長くなるため、ブレイクスルーの前兆が起きるまで根気強く勉強しなければならないのは必然的とも言えます。

 

3-② 網羅的なインプット学習

大量のインプット学習を実施する上で重要なのは、知識を網羅的に身に付けることです。

リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの英語4技能は、独立したスキルではありません。

どれほど複雑で難しい構文の英語でも、英語は単語・文法・発音の3要素で構成されます。

そして、単語・文法・発音という土台に4技能が乗っており、基礎がしっかり身に付いていれば4技能のスキルは自然に伸びていきます。

逆に言えば、単語・文法・発音のどれか一つでも欠けてしまうと、英語のブレイクスルーはいつまでも起きません。

たとえば、単語が不足していれば、いくら発音が良くても話せませんし、文法が分からなければ、豊富な語彙力があっても正しい英語を話すことはできません。

単語を10,000語覚えていても、発音の知識がなければ英語は聞き取れませんし、発音の知識があっても、文法が身に付いていなければ聞き取った英語を理解することができません。

このように、単語・文法・発音という基礎知識を網羅的にしっかりと身に付けることで、初めて英語のブレイクスルーが起きる準備が整うのです。

 

3-③ 独学でブレイクスルーを起こすのは難しい

日本は非英語ネイティブ113ヵ国中、英語能力が87位と非常に英語レベルが低い国です。

これは、日本人の頭が悪いとか英語の才能がないというわけではなく、単純に英語と日本語の言語の親和性が全くないことに起因しています。

たとえば、中国語の漢字を読むと、全く中国語を勉強したことがなくても、なんとなく文章の意味がわかりますよね。意味を正確に掴むことは難しくても、内容の雰囲気くらいは分かるはずです。

それは、中国語の漢字と日本語のルーツが似ているからであり、言語の親和性が高いからとなります。

オランダ・ドイツ・ノルウェー・フィンランド・イタリアなどヨーロッパの人々が第二言語の英語を簡単に話せるようになるのは、母国語が同じアルファベットを使用する親和性の高い言語であるからというわけです。

日本語は英語と言語構造が全く異なる以上、英語の基礎である単語・文法・発音の基礎知識をゼロからインプットする必要があります。

しかも、ただ単語・文法・発音を暗記するだけでなく、「英語を話せるようになるための知識」として身に付けなければなりません。

さらに、英語を話せるようになるための知識を頭の中から引き出すための実践的なアウトプット学習も必要です。

オンライン英会話レッスンを繰り返す・英語のニュースやラジオをたくさん聴くといった英語学習はほとんと効果がなく、あくまで英語を話せるようになるために必要な適切なインプット学習とアウトプット学習をバランスよく継続することが重要なのです。

そして、このような本当に必要な英語学習を独学で続けられる日本人は非常に少ないです。

だからこそ、日本は英語能力が非常に低い国であり、大半の日本人が英語を話せないわけです。

 

4.最短で英語のブレイクスルーを起こすならコーチング

最短で英語のブレイクスルーを起こすならコーチング

 

もし短期間でブレイクスルーを起こして本気で英語を話せるようになりたいのであれば、コーチングスクールの受講をおすすめします。

その理由は、コーチングスクールではブレイクスルーを起こすために必要な英語学習を適切に実施してくれるからです。

 

4-① コーチングスクールはインプット学習を重視

一般的な英会話教室やオンライン英会話は、レッスンで英語を話すというアウトプット学習を実施します。

ですが前述の通り、第二言語習得論に基づけば、英語のブレイクスルーを起こすためにはインプット学習とアウトプット学習を8:2程度の比率で実施する必要があります。

英語初心者や英語を話せない人は、まずは英語の知識を身に付けるインプット学習が必要なのに、知識が不足している状態で知識を引き出すアウトプット学習を続けても英語が話せるようにはならないのは明らかですよね。

英会話教室やオンライン英会話に挑戦しても大半の人が英語学習に挫折してしまうのは、英語学習の順番が明確に間違っているからなのです。

このような従来の日本の英語教育の問題点を解決するために登場したのがコーチングスクールです。

コーチングスクールでは、専属コンサルタントが受講生一人ひとりについて、弱点や課題を解決するために必要なインプット学習を具体的にアドバイスしてくれます。

そして、適切な方法でインプット学習を続けることで知識が蓄積され、少量のアウトプット学習を実践すればブレイクスルーが起きるという効率的な英語学習をサポートしてくれるため、短期間でも英語を話せるようになります。

 

4-② コーチングスクールのコンセプト

コーチングスクールはそれぞれ異なる学習コンセプトを掲げていますが、共通しているのはインプット学習を重視している点です。

具体的に、当記事でおすすめするコーチングスクールのコンセプトをご紹介します。

   

スクール内容
ENGLISH
COMPANY
・言語習得論の専門家による週2回のパーソナルトレーニング
・課題や弱点を解決する最適なインプット学習で3.8倍のスピードで英語を習得
LIBERTY・受講前半:「グラマーテーブル」で完璧な文法を身に付ける
・受講後半:Speaking & Writingレッスンでネイティブの教養人が使うレトリックや
      英米人が好む表現・ボキャブラリーを実践形式で習得
STRAIL言語習得論の専門家が苦手な原因をピンポイントで特定し、
課題解決に最適なインプット学習のプランを提示
トライズ日本人コンサルタントとネイティブコーチのサポートで1日3時間の
インプット学習を1年間継続
スマートメソッド80回のレッスンで英語を話す際に一貫性・流暢さ・音韻・表現の幅・
やりとり・正確性の6項目を身に付ける
マネーイングリッシュ・週3回のマンツーマンレッスンで発音学習
・週1回のグループレッスンで文法学習

 

このように、コーチングスクールは英会話レッスンを実施するのではなく、弱点や課題を解決するための適切なインプット学習を実施して「英語を話せるようになるための知識」を効率的に身に付けることを重視します。

 

4-③ ブレイクスルーを起こすためには毎日の英語学習

コーチングスクールを受講することで効率的なインプット学習を実施できるうえで、それぞれのスクールは1日1.5~3時間の自主学習を目安に設定しています。

そして、毎日1.5~3時間の英語学習を最低3ヶ月、目安としては6ヶ月ほど継続することで、ブレイクスルーが起きるまで英語の知識が身に付きます。

コーチングスクールは英語指導の専門家が在籍していますから、非常にレベルの高い英語学習を実施できます。

コーチングスクールを受講して勉強効率を最大限に高めた上で、ブレイクスルーが起きるまでに3~6ヶ月はかかるわけですから、独学で勉強すれば2年、3年と長い時間が必要人なるのは言うまでもありません。

もし本気で英語を話せるようになりたいのであれば、素直に英語のプロフェッショナルに指導してもらえるスクールを受講するのが最もおすすめです。

  

5.短期間で英語のブレイクスルーが起きる英語スクール

短期間で英語のブレイクスルーが起きる英語スクール

  

最後に、短期間で英語のブレイクスルーが起きるおすすめのスクールをご紹介します。

仕事のキャリアアップや英語に関わる仕事に就いている方など、本気で英語を話せるようになりたい方は、ぜひ気になるスクールの無料体験を受けてみてください。

無料体験を受ければスクールの雰囲気やサービス内容が確認できますので、色々と話を聞いてみて、納得できたスクールを受講するようにしましょう。

やっぱり、自分が最も納得できた勉強法で英語学習を進めるのが、最も効率もモチベーションも高まりますから。

  

1位 言語習得の専門家によるトレーニング「ENGLISH COMPANY」

    

入会金55,000円
コース・期間・料金【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :561,000円
180日間集中:679,800円

【セミパーソナル】
初級(6ヶ月):264,000円
中級(3ヶ月):231,000円
上級(3ヶ月):242,000円

コーチング・
トレーニング
【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :週2回×90分(計24回)
180日間集中:週1回×90分(計24回)

【セミパーソナル】
初級:週1回×120分(計24回)
中級:週1回×120分(計12回)
上級:週1回×120分(計12回)

校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田
【兵庫】神戸
【京都】四条烏丸
オンラインオンライン受講対応

       

日本の教育事業の最大手「ベネッセ」のグループ企業であり、「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されているENGLISH COMPANY。

ビジネス英語を超効率的に習得するという点において、全ての英語スクールの中で圧倒的におすすめです。

ENGLISH COMPANYはスパルタな英語学習ではなく、科学的根拠に基づく効率的な学習を実施します。1日3時間の自主学習を求めるコーチングスクールが多い中、ENGLISH COMPANYの目安の学習時間は1日1~1.5時間。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出せるため、仕事で忙しい方にこそ非常におすすめなスクールです。

「1日3時間の学習をすれば、誰だってそれなりに英語ができるようになります。ですが、私たちENGLISH COMPANYは、少ない学習時間で英語を身に付けてもらうのが英語コーチングの本質だと考えています。だって、できるなら少ない時間で英語を習得できた方が絶対に良いですよね?」

このように話すENGLISH COMPANYのトレーナー陣は、第二言語習得論・認知言語学・応用言語学・言語心理学など言語習得の学問領域を国内外の大学で修めており、トレーナーの言語習得に関する専門性は他のスクールの追随を許しません。

なお、2024年4月よりパーソナルトレーニングコースが一般教育訓練給付制度の対象講座に認定されたため、社会人は実質的に10万円割引とお得に受講できるようになりました。

また、予算が厳しい方は1クラス最大5人のセミパーソナルコースもおすすめ。最安月額44,000円でENGLISH COMPANYの最高峰のトレーニングを受けられるほか、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨してレベルを高め合うこともできます。

ぜひ無料体験を受けてみて、ENGLISH COMPANYのトレーニングのレベルの高さを実感してみてください。

 

関連記事

【取材】ENGLISH COMPANYは効果なし?|イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーの割引・入会金無料キャンペーンについて

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料体験実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

    

2位 TOEIC・TOEFL・IELTSで圧倒的な実績「Liberty English Academy」

   

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/ITP対策コース
IELTS対策コース
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
アドバンス:792,000円
期間ショート :3ヶ月(計24回レッスン)
ベーシック:6ヶ月(計48回レッスン)
アドバンス:9ヶ月(計72回レッスン)
コーチング週1回
レッスン週2回×90分
校舎三田(東京都港区)
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと並んでおすすめなスクールが、英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

TOEIC・TOEFL・IELTSのスコアを伸ばしたい方であれば、ENGLISH COMPANY以上におすすめしたいスクールです。もちろん、ビジネス英会話目的の受講も可能です。

LIBERTYでは、英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは特に資格試験の実績が圧倒的で、短期間の受講でTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上の達成者が続出してます。

ハーバード・コロンビア・イエール・スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることを実績として証明済み。

受講料は6ヶ月間のベーシックコースで入会金を含めて約60万円。社会人は一般教育訓練給付制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてください。

入会金最大無料キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。

この金額が出せるのであれば、間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐに取り戻せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

LIBERTYはこちら

    

3位 高品質なコンサルティング「STRAIL(ストレイル)」

    

入会金55,000円
コースビジネス英語コース
TOEIC L&R TESTコース
初級者コース
料金297,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回×60分
校舎【東京】新宿・銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと同じ経営母体を持つコンサルティング特化型スクール「STRAIL(ストレイル)」。

ENGLISH COMPANYがコーチングとトレーニングの両輪で英語力を伸ばすのに対し、ストレイルは言語習得の専門家によるコンサルティングを受けながらの自主学習がメインとなります。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトも変わらず、毎日の自主学習時間が1~1.5時間の超高密度学習により、3ヶ月集中で英語力を伸ばすことが可能です。

ストレイルでは英語力をフェーズごとに捉え、該当するフェーズごとに最適な学習を実施するストレイルメソッドを採用。

第二言語習得論に基づいた段階的なインプット学習でリーディングとリスニングを強化し、フェーズが上がってきたらスピーキングとライティングを鍛えていくことで、効率的に英語力を伸ばしていきます。

また、国内外の大学で言語習得の学問を専攻した専門知識を持つコンサルタントが揃っていて、医師が症状から病気の原因を特定して処方箋を決めるように、受講生の英語が苦手な原因をピンポイントで特定し、課題解決に最適な学習方法を提示。

常に最適な学習を継続することで、最短期間で本質的な英語力を身に付けることができるのが大きな魅力です。

コンサルティングに特化している分、月額約10万円と平均的な受講料である上、ビジネス英語コースとTOEICコースは教育訓練給付制度の利用で70,400円の給付金が支給されるため、総額281,600円という格安料金でコーチングを受けることができます。

予算を抑えつつ、効率的にビジネス英語を身に付けたり、TOEICのスコアを伸ばしたい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

【英語コーチング特化】STRAIL(ストレイル)の効果や評判を紹介

ストレイル(STRAIL)の割引キャンペーンについて

公式サイト

STRAIL

 

\無料カウンセリング実施中/

ストレイルはこちら

   

4位 1年間で本物の英語力を身に付ける「TORAIZ(トライズ)」

   

入会金55,000円
コース英語コーチング本科
英語初心者
ビジネス英語上級
TOEIC対策
TOEFL対策
IELTS対策
英検対策(停止中)
英語プレゼン特化
実践ファシリテーション
発音クリニック
インターナショナルスクール対策
ワーホリ準備英語
料金337,580~1,695,100円
期間3ヶ月~12ヶ月
コーチング毎週 / 隔週
レッスンプライベート:週0~5回
グループ  :受け放題
校舎【東京】 六本木・東京丸の内・新宿
     銀座・日本橋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋
【大阪】 梅田
【福岡】 福岡天神
【沖縄】 沖縄
オンラインオンライン受講可能

    

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「トライズ」。

一番人気の英語コーチング本科は1日3時間・1年で1,000時間の学習が目安であり、求める勉強量はコーチングスクールの中でも随一です。

商社・外資系コンサル・IT・メーカー・製薬・医療・金融など幅広い業種のビジネスパーソンが受講しており、ビジネス英語やTOEIC・TOEFL・IELTSなどの試験を集中して学ぶ環境が整っています。

トライズは専属ネイティブ講師によるマンツーマンレッスンを受けられるのも魅力的。ネイティブ講師は大学や省庁で指導実績もあるプロフェッショナルなので、ハイレベルなレッスンを1年間継続することで英語力の向上が見込めます。

また、グループレッスンは受け放題で、実践形式のアウトプット学習が非常に多いのも特徴です。日本人専属コンサルタントが毎日の英語学習を丁寧にサポートしてくれるため、初心者でも1年間でしっかりと英語を話せるレベルまで成長することが可能となります。

割引キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、英語コーチング本科の12ヶ月プランは月額約10万円と平均的な料金で受講できます。しかも、日本人の専属コンサルタントとネイティブの専属コーチのサポートを含んだ料金なので、コスパは非常に高いです。

初心者でもネイティブと会話できるまで成長することが可能なスクールなので、本気で英語を話せるようになりたいという強い意志を持っている方は、ぜひトライズを検討してみてください。

  

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

     

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

 

5位 コスパ最高「マネーイングリッシュ」

     

入会金無料
コースベーシックプラン
プレミアムプラン
料金【ベーシックプラン】
月額:54,780円(6ヶ月契約)
月額:65,780円(単月契約)

【プレミアムプラン】
月額:109,780円(6ヶ月契約)
月額:120,780円(単月契約)

期間月額制
コーチングベーシックプラン:隔週×40分
プレミアムプラン:週2回×40分
レッスンベーシックプラン:週3回×40分
プレミアムプラン:週5回×40分
オンラインオンライン完結

 

マネーイングリッシュは「英語で未来を強くする」という独自のコンセプトを持ち、英語を身に付けることで自分の価値と年収を上げ、未来をより豊かにすることを目標としています。

年収と英語力の相関性を指摘し、自己投資としての英語学習をサポートするなど現実的な視点を持っており、未来の人生も含めてサポートする意識をコーチ側も共有している点が大きな特徴です。

人気のベーシックプランは月額54,780円と、コーチングスクールの中では最安の部類。

週3回の外国人講師によるマンツーマンレッスンで発音や文法を丁寧に学ぶことができるほか、日本人講師による文法・語法のグループレッスンも毎週あり、インプット学習を通して「使える英語の知識」を身に付けることが可能です。

料金に対してレッスンが充実しているスクールで、コスパは非常に優秀なスクールと言えます。

日本人コンサルタントは英語学習経験や豊富な海外経験を持ち、特に採用条件の一つとしている発音はネイティブレベルという特徴もあります。さらに、外国人講師はフィリピンの老舗の語学学校から優秀な人材を雇用しているので、講師の質も担保されています。

ちなみに、専属コンサルタントはモチベーションが上がるからと異性の方が付くことが多く、その辺りも含めて現実主義的であり、本当に裏表のないサービスを提供してくれます。

  

関連記事

【体験談】MONEY ENGLISH (マネーイングリッシュ)の効果は? 口コミ・評判も紹介

公式サイト

【マネーイングリッシュ】

    

\無料カウンセリング実施中/

マネーイングリッシュはこちら

     

6位 ビジネス英語習得なら「スマートメソッド」

  

入会金無料
料金594,000円
期間16週間
コーチング合計5回
レッスン週5回×50分(計80回)
オンラインオンライン完結

 

オンンライン英会話のレアジョブが提供する英語コーチングサービス「スマートメソッド」。

TOEICの点数は高かったり、英語の読み書きはできるのに英会話が苦手という方が、ビジネスで不自由なく英語を話せるレベルまで英会話力を伸ばすことが可能なスクールです。ビジネス英語特化型のプログラムで、マンツーマンレッスンをメインに専属講師が英語力を徹底的に鍛えてくれます。

月額148,500円と受講料金は高めですが、1回50分間の英会話レッスンを週5回・合計で80回実施するので、レッスンの量は圧倒的。

レッスンはただ英語を話すのではなく「発話の質 6項目」を大事にし、表現の幅・議論の論理性・意見の一貫性など、ビジネス英語として重要な「自分の意見を論理立てて分かりやすく伝える能力」を強く意識します。

レアジョブの正社員である優秀な講師が弱点や課題を丁寧にフィードバックし、次のレッスンではフィードバックを活かしたレッスンを実施できるので、段階的にビジネス英語を身に付けることができます。

とにかく実践的なレッスンで英会話力を伸ばすプログラムなので、ビジネス英語を習得したい方にスマートメソッドが非常におすすめです。

  

関連記事

【体験談】レアジョブ スマートメソッドの口コミや評判は?|SMART Method

公式サイト    

【レアジョブ英会話】オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

   

\無料カウンセリング実施中/

スマートメソッドはこちら

  

6.まとめ:英語のブレイクスルーの前兆は勉強の積み重ねで起きる

英語のブレイクスルーの前兆は勉強の積み重ねで起きる

 

当記事では、英語のブレイクスルーの前兆やブレイクスルーに必要な勉強時間について解説しました。

英語のブレイクスルーの前兆は、大量のインプット学習と少量のアウトプット学習をバランスよく適切に実施することで訪れます。

一般的な目安としてはブレイクスルーが起きるまでに1,000時間ほどの英語学習が必要になりますが、当記事でおすすめしたコーチングスクールを受講することで、ブレイクスルーが起きるまでの時間を短くすることが可能です。

興味があるスクールがあれば、ぜひ無料体験を受けてみてください。

無料体験を受ければスクールの雰囲気やサービス内容がわかりますので、自分が最も納得できたスクールを受講するようにしましょう。

    -英会話