TOEIC 500点はやばい

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

目的別スクール

TOEIC500点はやばい?500点のレベルや高スコアを取る方法を解説

2023年10月19日

こんにちは。

当記事では、TOEIC500点はやばいのか、500点の英語レベルや高スコアを取る方法について解説していきます。

結論から言えば、TOEIC 500点は平均点以下です。やばいわけではありませんが、TOEIC 500点は履歴書に書いてもほとんど評価されないか、逆に書かない方が良いレベルとも言えます。

この記事ではTOEIC 500点以上を目指すべき理由や効率よく高スコア取ることができるスクールも紹介していきますので、本気でTOEICの高スコアを目指したい方はぜひ参考にしてみたください。

 

TOEIC対策におすすめのスクール

 

1位「Liberty English Academy」

【公式サイト】https://www.liberty-e.com/

米国アイビー・リーグのコロンビア大学が認めた「グラマーテーブル」により、英語ネイティブの教養人が感覚的に身に付けている英語の構造や規則を完璧に身に付ける。

短期間でTOEIC 900点以上を目指すことも可能。

 

2位「ENGLISH COMPANY」

公式サイト:https://englishcompany.jp

言語習得のプロフェッショナル集団による科学的手法に基づくパーソナルトレーニングにより、1日1~1.5時間の学習で英語を身に付ける。

少人数トレーニングのセミパーソナルコースなら最安月額44,000円とコスパも◎。

 

3位「トライズ

【公式サイト】https://toraiz.jp/

日本人の専属コンサルタントと英語ネイティブの専属レッスン講師のサポートを受けて、2ヶ月集中でスコアアップを目指す。

最大200点アップのスコア保証制度があるため、確実にスコアを伸ばしたい方におすすめ。

 

予算が少ない方におすすめ「スタディサプリパーソナルコーチング」

【公式サイト】https://eigosapuri.jp/toeic/personal-coach/

6ヶ月プログラムなら月額2万円以内で高品質なパーソナルコーチングを受けられる。

予算が厳しい方に◎。

 

 

目次

1.TOEIC500点はやばい?500点のレベルとは

TOEIC 500点はやばい

 

TOEICの公的機関であるETS(Educational Testing Service)が、受講者のスコア分布などのデータを提供しています。

ETSは1947年に設立されたアメリカの企業で、TOEIC・TOEFL・SAT(全米大学入学共通試験)を含む様々なテストを開発している世界最大のテスト開発機関です。

ETSが毎年公表しているTOEIC受験に関するデータが参考になりますので、詳しく見ていきましょう。(各画像の引用元:【公式】TOEIC Program

なお、当記事で使用しているデータは2023年に公表された2022年度の総括データ(TOEIC Program DAA2023)となります。平均スコアやスコア分布は各年度ごとに多少は変わりますので、一つのデータとして参考にしてくださいね。

   

1-① 受験者の平均スコア

平均データ

  

まず受験者の平均スコアを見てみますと、受験者数が約90万人・平均スコアは611点です。

社会人の方が学生よりも若干スコアが高い傾向があり、社会人の平均スコアが640点、学生の平均スコアが586点という結果となっています。

TOEIC 500点は平均より100点以上下回っているため、英語力が高い方とは言えませんね。

 

1-② 全体のスコア分布

平均スコア

 

受験者全体のスコア分布は上のグラフの通りです。

最も多いスコア帯が595点~645点で10.7%を占めていて、545点~695点のスコア帯が全体の31.4%を占めています。

スコア帯を偏差値で換算すると、およそ次のようになります。

  

 

上位%

偏差値

895点~4.2%67以上
845点~9.1%63以上
795点~15.9%60以上
745点~24.0%57以上
695点~33.3%54以上
645点~43.6%51以上
595点~54.3%48以上
545点~64.7%46以上
495点~73.2%43以上

  

TOEIC 500点は全体の上位73.2%を占めており、偏差値換算で43以上となります。

  

1-③ TOEIC 500点のレベルについて

TOEIC開発機関のETSは、TOEICのスコア帯に応じたコミュニケーション能力レベルについて公表しています。

  

コミュニケーション能力レベル

 

TOEIC 500点はレベルCに該当し、日常生活やビジネスで限定的な英語のやり取りはできるものの、コミュニケーション能力としては心もとないレベルと言えます。

英語力が全くなくてやばいというわけではありませんが、仕事で英語を使うには物足りません。

TOEIC 730点からレベルBに該当し、一定の英語コミュニケーション能力が身に付いたと評価されますので、TOEIC500点の人は、まずはTOEIC 730点を目指してみるのがおすすめです。

  

1-④ TOEIC 500点とCEFRの比較

CEFRは「Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment」の頭文字をとった略称で、2001年に欧州議会で発表された「言語能力の共通の国際標準規格」です。

簡単に言えば、世界中の人と話す時に、母国語以外で学んでいる外国語がどのくらい通じるかを判定するために設けられた指標となります。

CEFRとTOEICのレベル比較表も掲載されているので、こちらも参考にしてみましょう。

 

CEFR比較表

 

CEFRとの比較表において、TOEIC 500点はA2レベルとなっています。

CEFR A2レベルは、「慣れ親しんだ内容であれば単純なやりとりができる程度」と評価されています。

片言でようやく英語が話せるくらいで、ビジネスの電話対応やメール対応などの基本業務や、簡単な打ち合わせも難しいかもしれません。

CEFR基準で考えると、ビジネスで通用するレベルとしてはB2レベルの785が目安となります。

 

2.TOEIC500点レベルの大学は?

TOEIC500点レベルの大学

 

続いて、参考としてTOEIC 500点レベルの大学はどれくらいか見ていきましょう。

 

2-① 出身大学別スコアランキング

実際に出身大学別の平均スコアがデータとして出ています。

日系転職版の最新調査によると、出身大学別のTOEIC平均スコアは以下の通りとなります。

  

順位

大学

平均スコア

順位

大学

平均スコア

1位国際基督教大学889.0点21位立教大学724.4点
2位東京大学848.2点22位九州大学722.3点
3位東京外国語大学847.7点23位獨協大学717.3点
4位上智大学827.9点24位関西学院大学715.8点
5位一橋大学813.9点25位大阪市立大学714.6点
6位慶應義塾大学799.1点26位同志社大学710.9点
7位京都大学795.7点27位明治学院大学709.7点
8位早稲田大学784.7点28位立命館大学708.8点
9位関西外国語大学781.3点29位中央大学708.5点
10位
大阪大学772.6点30位明治大学703.8点
11位青山学院大学771.0点31位法政大学700.6点
12位筑波大学761.4点32位千葉大学698.5点
13位南山大学757.6点33位広島大学694.5点
14位名古屋大学754.6点34位東京理科大学687.2点
15位東京工業大学752.1点35位成蹊大学682.7点
16位神戸大学744.4点36位関西大学676.3点
17位学習院大学742.5点37位神奈川大学649.0点
18位横浜国立大学729.7点38位専修大学644.2点
19位北海道大学729.0点39位日本大学642.3点
20位東北大学726.6点40位東洋大学626.8点

(参考:TOEICスコア調査2022

 

データによると、TOEICの平均スコア600点を上回っているのは、国立大学と私立大学を含めて約40校でした。

日本には約800校の大学がありますが、だいたい上位40校の出身者がTOEIC平均600点を突破していると考えると、平均TOEICスコア600点を超えている大学は優秀であることがわかります。

TOEICの平均スコアは611点なのに、TOEICの平均点である611点を超えているのは40校しかないのは、TOEICはある程度英語を勉強している人しか受けないからです。

もし、英語を勉強していない人も含めて日本人全員がTOEICを受験したら、TOEIC平均スコアは400~450点程度になるでしょう。

つまり、TOEIC600点は「英語を勉強している人の中で平均レベル」であり、日本人全体で見ると一定の英語力があると評価されます。

TOEIC 500点に関しても英語学習者の中では英語レベルは低いですが、日本人全体で考えれば普通レベルと言えます。

  

2-② TOEIC 500点の単語量は高校卒業レベル

TOEIC500点の英語力の指標の一つとして英単語の語彙で表わすと、TOEIC500点は約4,000単語が目安と言われています。

   

スコア

単語数

900点10,000語
800点8,500語
700点7,500語
600点5,000語
500点4,000語
400点3,500語

 

高校時代にしっかりと英語を勉強していた人や大学受験対策として英語を勉強していた人であれば、比較的に楽にTOEIC 500点は取得できるでしょう。

ちなみに、TOEIC 600点レベルを目指すならば目安の単語量は5,000語で大学受験レベル。

TOEIC 700点~800点を目指すであれば8,000語以上は必要で、これは日常英単語をマスターしているレベルとなります。

TOEICの高スコアを目指している方は、まずはしっかりと英単語の対策から進めていきましょう。

 

3.TOEIC500点は就活・転職に有利?

 

結論として、TOEIC 500点は就活・転職においてほぼ効果はありません。

マイナス効果になることもないでしょうが、履歴書に記載するのであれば、最低限、TOEIC 600点は欲しいところです。

 

3-① 日本企業の半数が採用時にTOEICを利用

TOEIC採用

  

TOEICの公式アンケート調査によると、日本の企業・団体の半数が採用時にTOEICのスコアを参考にしていることが判明しています。

新入社員に期待するスコアは平均500~600点台ですが、採用後は社員に対してTOEICのスコアアップを求める企業も少なくありません。

グローバル企業が社員に求めているのは「英語で議論ができるレベル」なので、採用時の基準が600点台だとしても、採用後の目標となる英語力は700点~800点以上が理想となります。

TOEIC 500点は本当に最低ラインなので、受けてないよりはマシ程度なのが現実的な評価でしょう。

   

3-② 採用に800点以上が「必須」な場合あり

言ってしまえば、英語力はただのコミュニケーションツールです。

その人が仕事にどう向き合うのか、組織でどのような役割を果たすのかと英語力は、直接的な関係性はありません。

とはいえ、就職時に英語力が高いことは大きな強みとなりますし、特に転職の場合は即戦力として採用するため、TOEIC 700点~800点以上を必須条件としている企業も少なくありません。

一部、例を挙げて見てみましょう。

 

 TOEIC参考URL
三菱商事
総合素材グループ
TOEIC 800点以上必須三菱商事キャリア採用
三井物産
鉄鋼製品セグメント
TOEIC 800点以上目安三井物産キャリア採用
TOYOTA
海外営業
TOEIC 730点以上必須トヨタ自動車キャリア
ソニー
新規ビジネス戦略
TOEIC 800点以上必須 ソニーキャリア採用
三菱UFJ銀行
FIGセクター
TOEIC 860点以上必須三菱UFJ銀行キャリア
楽天
コーポレート財務
TOEIC 800点以上必須楽天キャリ採用
AMAZON
キッチン事業部
TOEIC 800-900点目安アマゾンキャリア採用

 

グローバル企業では、キャリア採用の募集要項でTOEIC800点以上を必須にしている企業も多く見つかります。

特に社員にTOEIC 800点を要求する企業は年収も桁違いで、20代後半から30代前半で年収1,000万円以上、役職が付けば軽く1,500万以上となる超一流企業ばかりとなります。

TOEIC 600点だと一流の大手企業の就職や転職にはスコアが足りない場合も多くありますので、英語を使う会社で活躍したい場合や年収が高い会社の就職を希望する場合は、TOEIC 800点以上を目指すのが良いでしょう。

   

4.TOEICのスコアが高いほど年収が高くなる

TOEIC 500点年収

 

TOEICのスコアと平均年収に相関性があることが様々なデータから明らかになっています。

  

4-① TOEICスコアと平均年収の相関性

まずは日系転職版が調査した「大卒年収調査2022」のグラフをご参照ください。 

  

(参考:日経転職版の大卒年収調査2022

 

こちらの調査結果は日経転職版の会員を対象にした大卒者の平均年収なので、日本全体の平均年収である約443万円を大きく超える結果となっています。

結果として、TOEIC 500点台で734万円、TOEIC 600点台で平均年収751万円、700点台で805万円、800点台で855万円、900点台で904万円です。

TOEIC 700点台から平均年収800万円を超えてくるので、より大手企業を狙えるTOEIC 700点以上は狙いたいですね。

     

4-② TOEICのスコアは年収の差に直結する

こちらは、同年代のTOEICスコア別の年収を表したグラフとなります。

  

(参考:日経転職版の大卒年収調査2022

 

たとえば30代のグラフを見ると、TOEIC 500点台のスコア保持者の平均年収は623万円である一方、TOEIC 900点台の人は平均年収が791万円と、168万円もの差が出ています。

平均年収の差は年代が上がるごとに開いていき50代でTOEIC 500点台とTOEIC 900点台の人の年収差は286万円も開いてきます。

仮に20代の時にTOEIC 500点台の人と900点台の人が、そのままのスコアでキャリアを過ごした場合、退職金や年金などの福利厚生などを考慮すれば、一生涯で得られる賃金は1億以上の差が生まれる可能性があります。

新卒採用や転職時にTOEIC 800~900点を持っていれば、年収が高い一部上場企業に就職・転職できる可能性が高くなり、20代後半~30代前半で年収1,000万円、30代後半~40代で軽く年収1,500万円を突破してくるでしょう。

TOEICのスコアが高くなるほど平均年収も高くなる傾向は間違いなくありますので、就職や転職などで理想のキャリアを実現するため、TOEICの高スコアを狙うのは十分に価値があります。

  

5.TOEIC 500点取得に必要な勉強時間

  

続いてTOEIC 500点に到達するための勉強時間の目安について解説していきます。

 

5-① 学習目安時間の算出表

Oxford University Press(オックスフォード大学出版局)が、現在のスコアと目標スコアからおおよその学習時間を割り出した表を作成しています。

 

 

縦軸のCurrent score(現状スコア)と横軸のTarget score(目標スコア)の交差点が、あなたが目標スコアを達成するための勉強時間となります。

たとえば、現在350点の人が500点を目指す場合、およそ338時間の学習時間が必要となってきます。

 

5-② 英語初心者から500点まで563時間

上の表を参考にすると、完全な英語初心者からTOEIC 500点に到達するためには、約563時間の学習が必要なことがわかります。

ただ、日本人は学校教育や受験勉強でそれなりに英語を勉強するため、TOEIC未受験者でも初期スコアが450点くらいはある人も多いでしょう。

初期スコアが450点の方が500点に到達するためには、表から計算すると約113時間となります。

TOEICを50点上げるだけでも、毎日1時間の英語学習で約4ヶ月の時間がかかります。基本的に、TOEICのスコアを伸ばすのはそれ相応の時間が必要であると認識しましょう。

  

5-③ 毎日、英語学習を継続する覚悟が大切

TOEIC 500点のみならず、さらに600点、700点、800点とスコアを伸ばしていくためには、毎日の継続的な英語学習は欠かせません。

人間の記憶力はエピングハウスの忘却線により、1日で約70%の記憶が失われると言われています。

たとえば、英単語帳を頑張って1ページ分覚えても、翌日にはほとんど忘れてしまってますよね。記憶を脳に定着させるためには、何度も英単語帳に目を通して、忘却を防がなければなりません。

英語学習を数日でも欠かせば、覚えかけの学習内容はすぐに忘れてしまうので、TOEICで高スコアを取得するためには、とにかく毎日英語に触れ続けることが重要です。

 

5-④ 独学でTOEIC高スコアを達成できる人

独学でTOEICの高スコアを取得できる人は、自分自身で学習計画を立てて自主学習に取り組むことができます。

英語学習を継続するといっても、非効率的なやり方では時間が無駄になってしまいます。

独学でスコアを伸ばすためには、自分の英語ができない弱点や課題などの原因を発見し、その原因を解決するための適切な学習を実施することで、段階的・継続的に英語力を伸ばしていかなければなりません。

たとえば、受験勉強をイメージしてみてください。

多くの人は塾や予備校に通いますが、たまに独学で東大や京大に合格する人がいます。そういう人は、自分はどの分野のなにが苦手で、どのように勉強すれば苦手分野を克服して、点数が伸びていくのか理解して勉強ができています。

ようは、自己分析能力に秀でている人であれば、独学でもTOEIC 700点~800点を十分達成できるでしょう。

ただ、大半の人は自分の弱点や苦手分野を正確に把握することや、弱点や苦手分野を克服するための正しい勉強をすることがなかなかできません。そのためTOEIC平均スコアは600点程度ですし、いつまでも英語が話せない人も多いのです。

 

5-⑤ 短期間でスコアを伸ばしたいならコーチングを受けよう

独学で東大や京大などの一流大学に合格できた人ならば、独学でも短期間でTOEICの高スコアを目指すことができるでしょうが、独学で結果を出したことがない人や独学に自信がない人であれば、英語指導のプロフェッショナルにサポートしてもらうのがおすすめです。

近年では、専属コーチがついて英語学習をサポートしてくれる「英語コーチングスクール」がキャリアップを目指すビジネスパーソンに人気を集めています。

コーチングスクールでは、TOEIC満点取得者や英語を深く理解している優れたコーチが毎日の英語学習を手助けしてくれるため、3ヶ月~半年でTOEICスコア200~300点アップを狙えます。

就職や転職が近かったり、昇進のタイミングが迫っている人や海外転勤の希望を出す締め切りが近い人など、今すぐにでもTOEICのスコアを伸ばしてキャリアを良いものにしたいという目標があれば、ぜひコーチングスクールの受講を検討してみてください。

英語コーチングスクールについて興味がある方は、こちらの記事(【超本音で語る】英語コーチングおすすめ22社比較ランキング)も参照してみてくださいね。

 

6.TOEIC高スコアを目指す人向けのおすすめ英語スクール

おすすめの英語スクール

  

最後にTOEICのスコアを大きく伸ばしたい方におすすめの英語スクールをご紹介します。

当記事で紹介するのは英語コーチングスクールと呼ばれる、専属コーチがついて丁寧に学習サポートをしてくれるタイプのスクールです。

一般的な英語スクールと比較すると高額ですが、就職や転職のためなど、すぐにでも200点~300点以上のスコアアップを達成したい方におすすめです。

気になるスクールがあれば、無料カウンセリングを受けてみてください。

コーチングスクールのサービス内容や雰囲気を確認した上で、独学でTOEIC対策を進めるのか、格安のオンライン英会話スクールを選ぶのか、コーチングを受けてガッツリと英語学習をするのか、自分に最も合うやり方でTOEIC対策を進めていきましょう。

やっぱり、自分で納得した学習方法を選ぶのが、効率もモチベーションも一番高くなりますから。

なお、英語コーチングスクールについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事(【超本音で語る】英語コーチングおすすめ22社比較ランキング)も参照してみてくださいね。

 

1位 圧倒的実績「Liberty English Academy」

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
期間ショート :3ヶ月
ベーシック:6ヶ月
コーチング週1回
レッスン週2回
校舎港区三田
オンライン通学かオンラインの選択可

     

英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川代表が創設したLIBERTY。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドが、受講生の本質的な英語力の向上を可能とします。

「グラマーテーブル」はTESOL教育(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、国際弁護士、外交官、英語専門の教授などがLIBERTYに学びに来るほど。

TOEIC対策ランキング1位として紹介している通り、実績はダントツのスクールで、900点以上を達成した受講生も多くいます。

1回完結型のレッスンを好きなタイミングで受講できるので、忙しい社会人や学生でもライフスタイルに合わせてTOEIC対策に取り組むことが可能。詰め込み式の学習スタイルではないので、1日に1.5時間程度の学習でスコアが大幅にアップするのも大きな魅力です。

受講料は6ヶ月間のコースで入会金を含めて約60万円。社会人は一般教育訓練級金制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてくださいね。入会金が最大で無料になります。

入会金無料キャンペーンを利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。この金額が出せるのであれば間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐにでも取り返せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

 

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

リバティはこちら

         

2位 言語習得のプロフェッショナル集団「ENGLISH COMPANY」

入会金55,000円
コース・期間【パーソナルトレーニング】
  90日間集中プログラム
180日間集中プログラム

【セミパーソナル】
初級:6ヶ月
中級:3ヶ月
上級:3ヶ月

料金【パーソナルトレーニング】
  90日:561,000円
180日:679,800円

【セミパーソナル】
初級:264,000円
中級:231,000円
上級:240,900円

コーチング・
トレーニング
【パーソナルトレーニング】
  90日:週2回
180日:週1回

【セミパーソナル】
初級:週1回
中級:週1回
上級:週1回

校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田
【兵庫】神戸
【京都】四条烏丸
オンラインオンライン受講対応

 

教育事業の大手企業「ベネッセホールディングス」のグループ会社であり、企業としての信用度が非常に高い「ENGLISH COMPANY」。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されている、超効率的な英語学習を実現したコーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYはスパルタな英語学習ではなく、科学的根拠に基づく効率的な学習を掲げています。1日3時間の自主学習を求めるスクールが多い中、ENGLISH COMPANYの目安の学習時間は1日1~1.5時間。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出せるのが魅力です。

「1日3時間の学習をすれば、誰だってそれなりに英語ができるようになりますよ。ですが、私たちENGLISH COMPANYは、少ない学習時間で英語を身に付けてもらうのが英語コーチングの本質だと考えています。だって、できるなら少ない時間で英語を習得できた方が絶対に良いですよね?」

このように話すENGLISH COMPANYのトレーナー陣は、第二言語習得論、認知言語学、応用言語学、言語心理学など「言語習得」の専門知識を国内外の大学・大学院で修めており、トレーナーの言語に関する専門性は他のスクールの追随を許しません。

セミパーソナルコースでは、少人数制のグループトレーニングを実施。最安月額44,000円という圧倒的にリーズナブルな価格で最高峰のトレーニング & コーチングを受けることができますし、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨しお互いのレベルを高め合うことがもできますよ。

3ヶ月でTOEICのスコアが300点以上伸びている口コミも多数あり、実績も申し分なし。

がっつりとマンツーマンのトレーニングを受けるならパーソナルトレーニングコースを、予算抑えめでリーズナブルに少人数のトレーニングを受けるならセミパーソナルコースを選びましょう。

 

関連記事

【取材】ENGLISH COMPANYは効果なし?|イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーの割引・入会金無料キャンペーンについて

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料カウンセリング実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

     

3位 2ヶ月でTOEIC平均150点アップ「トライズ」

入会金入会金無料(キャンペーン実施中)
コースTOEIC対策プログラム
料金337,580円
期間2ヶ月
コーチング週1回
レッスン週2回
校舎【東京】 六本木・東京丸の内・新宿
     銀座・日本橋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋
【大阪】 梅田
【博多】 福岡天神
【沖縄】 沖縄
オンライン通学かオンラインの選択可

     

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「TORAIZ」。

TOEIC対策のスペシャリストが過去の実績データを分析して学習方法を構築。短期間でスコアを大幅に上げることを目的としたTOEIC対策コースが用意されています。

週1回のコンサルティングで弱点や苦手分野を分析して、オリジナルの学習プランを作成。週2回の個人レッスンでは、英文法やシャドーイングを中心に本質的な英語力を身に付ける指導を実施します。

自主学習時間を1日3時間に設定し、「正しい学習方法で」「必要な量の英語学習を」することにより、受講生は2ヶ月間で平均150点ものスコアアップを達成しています。

自信があるからこそ、トライズは最大200点のスコアアップ保証制度を導入

受講前のスコアに応じてスコアアップ目標が設定され、万が一規定スコアに到達しなかった場合は無料で受講期間を1ヵ月延長する保証が付いているのも魅力です。

TOEIC対策に熟知した専属コンサルタントと専属コーチの複数人体制によるサポートにより、効果的かつ圧倒的な学習量をこなすことで、短期間でもスコアを上げることが可能なコーチングスクールです。

 

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の無料カウンセリング体験談

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

  

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

            

4位 高品質なコンサルティング「STRAIL(ストレイル)」

入会金55,000円
コースTOEIC L&R TESTコース
料金297,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回
校舎【東京】新宿・銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講対応

      

ENGLISH COMPANYと同じ経営母体を持つ、コンサルティング特化型スクール「STRAIL(ストレイル)」。

ENGLISH COMPANYがコーチングとトレーニングの両輪で英語力を伸ばすのに対し、STRAILはコンサルタントのコーチングサポートを受けての自主学習がメインとなります。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトは変わらず、毎日の自主学習時間は1~1.5時間の超高密度学習により、3ヶ月集中でTOEICのスコアを伸ばすことが可能となります。

ストレイルでは英語力をフェーズごとに捉え、該当するフェーズごとに最適学習を実施するストレイルメソッドを採用。

第二言語習得論に基づいた科学的アプローチによる英語学習でリーディング・リスニングを強化し、TOEIC完全対応のオリジナル教材を利用して、小手先のテクニックに頼らない本質的な英語スキルを鍛えます。

国内外の大学・大学院で言語習得領域を修了した専門知識を持つコンサルタントが揃っていて、たとえば医師が症状から病気の原因を特定して処置方法を決めるように、受講生の英語が苦手な原因を特定し、課題解決に最適な学習方法=処方箋を提示。

常に最適な学習を継続することで、最短期間でスコアを伸ばすことを可能とします。

コンサルティングに特化している分、料金は月額約10万円とコーチングスクールの中では平均的な部類。スマートに効率的な学習でTOEICのスコアを伸ばしたい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

【英語コーチング特化】STRAIL(ストレイル)の効果や評判を紹介

ストレイル(STRAIL)の割引キャンペーンについて

公式サイト

STRAIL

 

\無料カウンセリング実施中/

ストレイルはこちら

          

5位 TOEIC対策特化型スクール「テック英語」

入会金無料
料金248,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回
校舎なし
オンラインオンライン受講対応

 

テック英語は、TOEIC専門のオンライン完結型の英語コーチングスクールです。

3ヶ月集中でTOEICのスコアを大きく伸ばすことを目的としたスクールで、講師全員がTOEIC 950点以上取得者とTOEIC対策に精通しているのが大きな特徴となります。

受講生一人ひとりに最適な特別カリキュラムを作成し、週1回のレッスンと毎日のチャットサポートで徹底的に英語学習を実施。最短期間でスコアを伸ばすことを可能にします。

テック英語は完全オンラインのサービスを提供しているため、受講料金が比較的リーズナブル。総額248,000円で丁寧なコーチングを受けられるのは、テック英語ならではの魅力です。

独学での英語学習に挫折した経験がある方、どれだけ勉強してもスコアが伸びない方、今すぐにでもスコアを伸ばしたい方など、本気でTOEICのスコアをアップさせたい気持ちがある方は、ぜひテック英語の受講を検討してみてください。

 

関連記事

テック英語(TEC英語)|TOEIC専門コーチングの評判や魅力

公式サイト

テック英語

  

\無料説明会に参加でAmazon券プレゼント/

テック英語はこちら

   

予算重視なら「スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン」

入会金無料
コースパーソナルコーチプラン
料金・期間3ヶ月:  74.800円
6ヶ月:107,800円
コーチング週1回
レッスンなし
オンラインオンライン完結

      

スタディサプリは英語学習アプリをベースに様々なプランを提供している英語スクールです。

日常英会話、TOEIC対策、ビジネス英語など様々なコースを展開している中、パーソナルコーチングプランはTOEIC対策に特化。コーチング内容や教材はTOEIC専用となりますので、TOEICのスコアを上げたい方には間違いないサービスとなります。

アプリをベースに学習を進めていくので、受講料が非常に安いのが魅力的。コストパフォーマンスで言えば非常に高いスクールです。

また、TOEIC満点を取っているコーチが複数在籍し、コーチ陣がTOEIC対策に熟知しているのも魅力の一つ。英語教育経験やTESOL(英語教授法)を修了しているなど、英語指導の実績も豊富です。

その知見を活かしてスコアアップのコツはもちろん、本質的な英語をアドバイスしてくれるので、実力が着実に伸びるプログラムです。チャットツールを通して専属コーチが毎日サポートしてくれるので、日々の学習の質問や疑問はすぐに解消できますよ。

7日間無料体験を実施中なので、とりあえず無料体験を試してみて、サービスが合いそうならスタディサプリを続けてみるのがおすすめです。 

 

関連記事

【TOEIC対策】スタディサプリENGLISHパーソナルコーチプランの口コミ・評判

公式サイト

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン

  

\7日間の無料体験実施中/

スタディサプリはこちら

  

7.まとめ:最高の環境でTOEICの高スコアを目指そう

まとめ

 

当記事では、TOEIC 500点はやばいのかやTOEICのスコアが伸びるスクールについてご紹介しました。

TOEIC 500点は日本人全体で考えれば平均的な英語力を持っていると評価できますが、最高のキャリアを実現するためにも700点~800点を目指すのがおすすめです。

TOEICの高スコアを取得すれば、あなたが理想とするキャリアを実現できる可能性が高くなりますので、就職や転職などに向けてTOEICの高スコアを狙いたい方は、ぜひコーチングスクールの受講を検討してみてくださいね。

せっかく英語を勉強して理想を実現したいという気持ちがあるのですから、最高の環境で最高の結果を出しましょう。

  

TOEIC対策におすすめのスクール

 

1位「Liberty English Academy」

【公式サイト】https://www.liberty-e.com/

米国アイビー・リーグのコロンビア大学が認めた「グラマーテーブル」により、英語ネイティブの教養人が感覚的に身に付けている英語の構造や規則を完璧に身に付ける。

短期間でTOEIC 900点以上を目指すことも可能。

 

2位「ENGLISH COMPANY」

公式サイト:https://englishcompany.jp

言語習得のプロフェッショナル集団による科学的手法に基づくパーソナルトレーニングにより、1日1~1.5時間の学習で英語を身に付ける。

少人数トレーニングのセミパーソナルコースなら最安月額44,000円とコスパも◎。

 

3位「トライズ

【公式サイト】https://toraiz.jp/

日本人の専属コンサルタントと英語ネイティブの専属レッスン講師のサポートを受けて、2ヶ月集中でスコアアップを目指す。

最大200点アップのスコア保証制度があるため、確実にスコアを伸ばしたい方におすすめ。

 

予算が少ない方におすすめ「スタディサプリパーソナルコーチング」

【公式サイト】https://eigosapuri.jp/toeic/personal-coach/

6ヶ月プログラムなら月額2万円以内で高品質なパーソナルコーチングを受けられる。

予算が厳しい方に◎。

 

    -目的別スクール