英検準一級 裏ワザ

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

目的別スクール

英検準一級に裏ワザはある?合格するために知るべきこと

こんにちは。

当記事では、英検準一級に裏技があるのか、確実に合格するために知るべきことについて解説していきます。

結論としては、英検準一級に「裏技」はありません。

もちろん、合格率を高めるために知っておきたいテクニックなどはありますが、そのようなテクニックがないと英検準一級の合格が不安に感じる人は、そもそも本質的な英語学習が不足しています。

つまり、裏技に頼ろうとしている時点で、まだ英語力が足りていない証でもあるわけです。

この記事では、英検準一級を受ける上で覚えておきたいテクニックをご紹介しつつ、素直に実力で英検準一級や英検一級に合格できる英語力を身に付けられる英語スクールもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

1.英検準一級の基本情報・問題構成

  

まずは、英検準一級の概要を確認しましょう。

 

1-① 英検準一級の基本情報

こちらが英検準一級の基本的な情報です。

   

 英検準1級
利用目的英語能力の証明など
開発国日本
スコア1次試験:2,250点満点
2次試験:   750点満点
合格点1次試験:1,792点
2次試験:   512点
合格率約16%
技能リスニング・リーディング
スピーキング・ライティング
傾向日常・ビジネス・専門分野
費用9,700円
(2023年度)
受験人数約7万人 / 年
合格者数約1万人 / 年
実施回数約4回 / 年
期限半永久的

 

英検準一級は合格率16%、年間合格者数が約1万人という難関資格です。

英検は全ての等級を合計すると年間で約360万人の受験者がいますが、準一級を受ける人はたったの7万人。しかも合格する人は年間約1万人と、非常に難易度が高い資格と言えます。

英検はTOEICと比較すると専門的な英語の知識を求められることも多く、リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの4技能の力を総合的に測定する試験のため、対策にも時間がかかります。

難関資格なので裏技を知りたくなる気持ちもとても良くわかりますが、裏技を知っているだけでは太刀打ちでいない資格であるということをまずは意識しましょう。

 

1-② 英検準一級の問題構成

次に英検準一級の問題構成を確認しましょう。

  

 問題内容問題数時間配分
リーディング


語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択25問15分
文語句問題長文問題内にある空所の語句を埋める6問20分
長文内容問題長文の内容に関する質問に対する答えを選択肢から選択10問25分
ライティング英作文質問に対する答えを英作文する1問20分
リスニング


会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択12問30分
文の内容確認聞いた文の情報と一致するものを選択12問
形式の内容確認日常的なシーンのリスニング内容と一致するものを選択5問

 

英検準一級は一次試験がリーディング・ライティング合わせて90分・リスニング30分で、二次試験がスピーキング(面接)となります。

英検準一級は時間配分が厳しく、全ての問題をじっくりと解いている暇はありません。

いかに効率よく解いていくかが一次試験通過の鍵を握りますので、単語量を増やす・複雑な文法を一度読んだだけで理解するといった英語力の底上げが必須となります。

  

2.英検準一級が裏技を知りたくなるほど難しい理由

 

続いて、英検準一級が難しい理由について解説いたします。

 

2-① 専門的な語彙を学ぶ必要がある

日本でメジャーな英語試験はTOEICと英検ですよね。

TOEICと英検の大きな違いの一つは、登場する語彙やトピックにあります。

TOEICは日常シーンやビジネスシーンなど比較的身近な話題が多いのに対して、英検は科学・教育・社会・医学など専門的なトピックや研究関連のテーマが頻繁に登場します。

つまり、普段は聞き馴染みのない英単語が頻出するため、英検はリーディングもリスニングも非常に難易度が高いわけです。

英検準一級に合格するためには、専門分野をカバーする語彙を身に付ける必要があることが英検準一級の難しさの一つとなります。

 

2-② 準一級合格に必要な英単語数は東大合格以上

英検準一級に合格するためには、7,500語~9,000語の英単語を覚える必要があると言われています。

  

英検単語数
1級12,000~15,000語
準1級7,500~9,000語
2級約5,100語
準2級約3,600語
3級約2,100語
4級800~1,300語
5級約600語

 

東大に合格するために必要な語彙量の目安が6,000語~7,000語なので、英検準一級に合格するためには、東大に合格する以上の英単語の量が必要になってくるのです。

英単語は英語4技能全てに関わってくる基礎学習のため、まずは地道に英単語を記憶する学習が非常に大切となってきます。

 

2-③ スピーキングとライティング能力が求められる

日本の学校教育は、ほぼリーディングとリスニングに偏った英語教育を実施しますが、英検ではスピーキングとライティングを含めた英語4技能の総合的なスキルが求められます。

スピーキングとライティングは覚えた知識をアウトプットする能力であり、正確な文法で伝えたいことを伝えるにはそれなりの訓練が必要です。

スピーキングとライティングを独学で英検準一級合格レベルまで引き上げるのは非常に難しいため、短期間での英検準一級の合格や英検一級合格を見据えているのであれば、格安のオンライン英会話スクールではなく、本質的な英語の知識を学べるスクールを受講するのがおすすめとなります。

 

3.英検準一級の裏技について

 

英検準一級に受かるには英語4技能の総合的な力を身に付けることが必要不可欠です。

基本的には素の実力を上げて裏技なんて必要ないという自信が付くような英語学習をすべきですが、合格率を少しでも上げるための裏技的なテクニックがありますので、ここでご紹介します。

  

3-①【リーディングの裏技】語彙問題も長文問題も同じ1点

まずはリーディングセクションの裏技ですが、語彙問題も長文問題も同じ1点だということを知らない人が多いです。

語彙問題は知っていれば10秒もあれば解けます。一方、長文読解はしっかりと問題を読んでから解答する必要があるため、語彙問題と比べると遥かに時間がかかります。

労力を考えると長文読解の方がスコアが高く思えますが、語彙問題も長文問題も等しく1点のため、簡単にスコアを取れる語彙問題を落とさないように単語や熟語の知識を優先的に身に付けることが効率的なスコアアップに繋がると言えます。

 

3-②【リーディングの裏技】設問から確認する

長文問題は専門的な内容が多く、難易度が高いセクションです。

このセクションをスムーズに解くためには、先に設問を読んで「何を問われるのか」を把握してから読解を進めることで、設問の答えを見つけやすくなります。

長文全体を読む→設問を読む→長文を読み直して答えを見つける、という順番で解くのではなく、設問を読む→長文の中から答えを見つけるという順番で時短することを意識しましょう。

 

3-③【ライティングの裏技】テンプレを身に付けておく

結論として、ライティングを制する者は英検準一級を制すると言えます。

英検準一級合格者のライティングセクションの得点率は9割とも言われており、ライティングでほぼ満点を取ることができれば、リーディングやリスニングで多少スコアを落としても、一次試験に合格することができるのです。

では、どのようにライティング問題で効率よくスコアを取ればいいのかと言えば、英作文のテンプレートを身に付けておくのがおすすめです。

ライティングの基本形は「導入→理由①→理由②→結論」です。

たとえば、テンプレートは次のようになります。

 

 問題
導入
Some people say that (反対意見), However, I think that (自分の意見) for the following two reasons.
理由①The first reason is that (理由①).
理由②The second reason is that (理由②).
結論To conclude, I think (結論).

 

このようなテンプレートを叩き込んでおくことで、どんなトピックでも反対意見、自分の意見、理由①、理由②、結論を考えるだけですぐに英文を作成できるようになります。

 

3-④【リスニングの裏技】過去問と同じ問題が出る可能性あり

リーディングセクションのpart1では、過去問と全く同じ問題が出る場合があります。

「リサイクル問題」と呼ばれており、似ている問題ではなく全く同じ内容で、選択肢の並びまで同じパータンがあるのです。

イメージとしては5年前前後の問題が出るケースが多く(たとえば2023年に受験する場合、2018年前後のリサイクル問題が出る)、多い時で4~5問もリサイクル問題が出る時もあります。

リスニングがどうしても苦手な場合、リスニングの過去問を10年分くらい解いておけば、それだけで正答率が飛躍的に高まるでしょう。

 

3-⑤【リスニングの裏技】問題を先読みをする

リーディングとライティングの裏技を駆使して少し早めに終わらせたら、余った5分程度でリスニングパートの設問を先読みしておきましょう。

長文読解と同じく、先に設問を読んでおくことで出題されるリスニング問題のトピックをイメージできますし、答えを見つけやすくなります。

設問を全く読まない状態と、サッとでも設問を読んでからリスニングを聞き取るのでは難易度が全く異なりますので、リーディングとライティングで90分間みっちり使うのではなく、少し時間をリスニングに回すことで、リスニングの正答率を高めましょう。

 

4.英検準一級に合格するために必要なこと

英検準一級に合格するために必要なこと

 

ここからは、英検準一級に合格するために必要な勉強方法について解説します。

 

4-① 語彙問題に力を入れる

まずは、英検準一級の合格の目安となる7.500~9,000語の英単語の記憶を優先しましょう。

前述の通り、長文読解も語彙問題も同じ点数のため、簡単に得点できる語彙を強化するのがおすすめです。

語彙問題をサクッと終わらすことができれば、長文読解やライティングに時間を回すことができ、全体的に余裕を持って問題を解くこともできます。

特に英語の勉強が追い付いていない方や実力不足を自覚している人は、語彙問題に強くなることを優先するのが効率的です。

 

4-② 過去問題を解く

過去問を解いて問題の傾向を把握しておくことで、英検準一級の試験に慣れておくことも大切です。

特にリスニング問題は過去の問題がそっくりそのまま出題されるパターンがあるため、過去問を多く解いておけば、それだけで得点率がアップします。

時間が許す限り、過去問は少なくとも5年分くらいは解いておくようにしましょう。

 

4-③ ライティングとスピーキング対策を丁寧に行う

ライティングのパターン化という裏技はあるものの、やはりライティングやスピーキングは受験者の力の差が大きく出るセクションです。

ライティング・スピーキングという英語のアウトプット能力は独学で鍛えるのは非常に難しいため、できれば英語スクールを受講することをおすすめします。

特に、これから英検一級の合格やTOEICの高スコア取得を目指すのであれば、早い段階で英語スクールに通っておいた方が、英語力の伸びが遥かに早くなります。

もし、英検準一級に合格する目的として、英語に関わる仕事をしたかったり、海外留学や移住など海外での生活を視野に入れているのであれば、小手先のテクニックで合格を目指すのではなく、英語を話せるようになることを目指して本質的な英語力を身に付けることを目指しましょう。

結局、英検準一級に合格すること自体にそれほど価値はなく、英検準一級に合格することで、大企業で活躍したり、海外で勉強や生活をするなど経験を積むことで人生が豊かになるのですから。

 

5.裏技なしで英検準一級・一級の合格を目指せるスクール

英語スクール

 

最後に英検準一級や英検一級の合格におすすめの本質的な英語力が身に付く英語スクールをご紹介します。

それぞれのスクールで無料体験体験を受けることができますので、気になるスクールがあればぜひ無料体験を受けてみてください。

それぞれのスクールのサービス内容や雰囲気などを確認した上で、最終的に独学を選ぶのか、格安のオンライン英会話スクールを選ぶのか、コーチングスクールを選ぶのかを決めましょう。

やっぱり、自分で納得した学習方法で英検対策を進めるのが、効率もモチベーションも一番高くなりますから。

   

1位 圧倒的におすすめ「Liberty English Academy」

    

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
料金

ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
アドバンス:792,000円

期間ショート :3ヶ月
ベーシック:6ヶ月
アドバンス:9ヶ月
コーチング週1回
レッスン週2回
校舎港区(三田)
オンラインオンライン受講対応

 

英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL教育(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは実績が圧倒的で、短期間の受講でもTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上達成者が続出してます。

ハーバードやコロンビア、イエール、スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることが実績として証明済み。

受講料は6ヶ月間のコースで入会金を含めて約60万円。働いている方は一般教育訓練級金制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてくださいね。入会金が最大で無料になります。

入会金無料キャンペーンを利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。この金額が出せるのであれば間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐにでも取り返せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

リバティには英検対策コース自体はありませんが、英検対策が可能なので無料カウンセリングを受ける際に「英検目的」と伝えるようにしましょう。

   

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

リバティはこちら

         

2位 言語習得のプロフェッショナル集団「ENGLISH COMPANY」

入会金55,000円
コース・期間【パーソナルトレーニング】
  90日間集中プログラム
180日間集中プログラム

【セミパーソナル】
初級:6ヶ月
中級:3ヶ月
上級:3ヶ月

料金【パーソナルトレーニング】
  90日:561,000円
180日:679,800円

【セミパーソナル】
初級:264,000円
中級:231,000円
上級:240,900円

コーチング・
トレーニング
【パーソナルトレーニング】
  90日:週2回
180日:週1回

【セミパーソナル】
初級:週1回
中級:週1回
上級:週1回

校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田
【兵庫】神戸
【京都】四条烏丸
オンラインオンライン受講対応

 

教育事業の大手企業「ベネッセホールディングス」のグループ会社であり、企業としての信用度が非常に高い「ENGLISH COMPANY」。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されている、超効率的な英語学習を実現したコーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYはスパルタな英語学習ではなく、科学的根拠に基づく効率的な学習を掲げています。1日3時間の自主学習を求めるスクールが多い中、ENGLISH COMPANYの目安の学習時間は1日1~1.5時間。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出せるのが魅力です。

「1日3時間の学習をすれば、誰だってそれなりに英語ができるようになりますよ。ですが、私たちENGLISH COMPANYは、少ない学習時間で英語を身に付けてもらうのが英語コーチングの本質だと考えています。だって、できるなら少ない時間で英語を習得できた方が絶対に良いですよね?」

このように話すENGLISH COMPANYのトレーナー陣は、第二言語習得論、認知言語学、応用言語学、言語心理学など「言語習得」の専門知識を国内外の大学・大学院で修めており、トレーナーの言語に関する専門性は他のスクールの追随を許しません。

セミパーソナルコースでは、少人数制のグループトレーニングを実施。最安月額44,000円という圧倒的にリーズナブルな価格で最高峰のトレーニング & コーチングを受けることができますし、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨しお互いのレベルを高め合うことがもできますよ。

3ヶ月でTOEICのスコアが300点以上伸びている口コミも多数あり、実績も申し分なし。

がっつりとマンツーマンのトレーニングを受けるならパーソナルトレーニングコースを、予算抑えめでリーズナブルに少人数のトレーニングを受けるならセミパーソナルコースを選びましょう。

ENGLISH COMPANYも英検コース自体はありませんが、英検対策が可能です。無料体験を受ける際に英検目的であることを伝えれば、英検に対応できる専門家が専属トレーナーについてくれますよ。

 

関連記事

【取材】ENGLISH COMPANYは効果なし?|イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーの割引・入会金無料キャンペーンについて

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料カウンセリング実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

  

3位 毎年英検1級合格者50人以上「ウィリーズ英語塾」

ウィリーズ

    

入会金無料
コース英検1・準1級準備コース
料金【レッスン1回25分】
週1回:3,630円
週2回:6,380円
週3回:8,993円
週4回:11,605円
週5回:13,805円

【レッスン1回50分】
週1回:5,830円
週2回:10,368円
週3回:14,768円
週4回:19,580円
週5回:24,393円

期間月額制
レッスン1回25分 or 50分
オンラインオンライン完結

   

ウィリーズ英会話は「繰返しトレーニング」をベースに、理論的なトレーニングで英語力を身に付けるオンライン英会話スクールです。

音声認識・文章認識・意味理解・要約・発話・文章という6つの力を意識した「WiLLiesメソッド」により、英語4技能の苦手分野や伸ばしたい領域を戦略的に効率よく伸ばすことが可能に。

常に目的意識を明確にしたトレーニングを積んでいくので、英検1級という難関資格でも一歩ずつ着実に合格に近づくことができます。

半年以上の継続率87%・英検1級合格は毎年50人以上と高い実績を誇っており、大手航空会社や証券会社など多数の大企業とも提携している信頼度抜群のスクールとなります。

お気に入りの講師が担任となって英検1級合格まで併走してくれるため、最後まで諦めずに挑戦することができるでしょう。

一般的なオンライン英会話スク―ルとは異なり、科学的な理論をベースにしっかりとしたプログラムを組んで英検1級対策を進めていくため、高い合格率を誇るおすすめのスクールとなります。

受講料金も月額1万円前後とリーズナブルなので、まずは無料体験レッスンを受けてみて、ウィリーズ英会話のサービス内容や雰囲気を確かめてみてください。

  

公式サイト

ウィリーズ英語塾

 

\ 無料体験実施中/

ウィリーズ英会話はこちら

   

4位 短期集中・直前対策「ECC外語学院」

ECC

   

入会金22,000円
コース英検直前対策
料金【グループレッスン】
1次対策:33,000円
2次対策:16,500円

【マンツーマン】
22,000円~

レッスン1回80分~
オンラインオンライン受講可能

  

ECC外語学院は2022年に創業60周年を迎え、国内に約150ヵ所の校舎がある日本でも最大手の英会話スクールです。

長く日本の英語教育をリードしてきた老舗のスクールで、その信用と実績は他の英語教室の追随を許しません。子どもからシニア世代まで幅広い年齢層の様々なニーズに対応したコースが用意されていて、数多くの受講生が英語力の伸ばしています。

ECC外語学院の特徴は、ECCの独自メソッドにあります。

基本的にはグループレッスン主体で、初心者は人前で大きな声を出すことで英語を話すのが恥ずかしい・英語が怖いという「メンタルブロック」を外し、自信を持って話せるようになっていく手法を取ります。

英検対策としては、日本人バイリンガル講師か外国人講師かを選ぶことができ、担任制で一人ひとりの語学力向上に合わせた弱点補強をしてくれるため、英語に自信がない人でも安心して受講できるでしょう。

試験のタイミングに合わせた無駄のない短期集中型なので、試験直前のスキルアップ対策としても優秀なコースとなります。

    

公式サイト

ECC外語学院

  

\無料体験実施中/

ECC外語学院はこちら

  

5位 スキル対策におすすめ「スモールワールド」

  

入会金無料
料金3,300円~45,100円
期間特になし(ポイント制度)
レッスン1回25分
オンラインオンライン完結

   

スモールワールドオンライン英会話は、英語専門のオンライン塾のようなスタイルで、目的やライフスタイルに合わせて講師やレッスン内容を決めることができる利用しやすいスクールです。

格安でフィリピン人講師とレッスンするスクールが多い中、スモールワールドは日本人講師や英語ネイティブ講師がメインなのが特徴的。

日本人講師であれば海外在住でネイティブに近い英語レベルにあり、英語ネイティブ講師であれば日本語を話せるなど、かなりハイレベルなレッスンを受講できます。

料金はポイント制で、月に10~15回のレッスンを受ける場合は月額料金が1万5千円くらいのイメージ。レッスンのレベルを考えるとコスパは非常に良いと言えるでしょう。

一般的なオンライン英会話スクールは目的が曖昧になりがちで、「自己紹介や雑談だけで終わる」「なんとなく英単語を並べてコミュニケーションする」「講師ばかり話している」といった感じで、効果的な英語学習ができていないことが良くあります。

ですが、スモールワールドは「英検対策」「発音特化」「リスニング特化」「スピーキング特化」など、目的がハッキリしたレッスンを受講できるので、レッスンの目的を明確化することが可能に。

お気に入りの講師を見つけやすいシステムとなっていますので、相性の良い講師と英検1級合格という目標に向かって進んでいきましょう。

 

関連記事

スモールワールドオンライン英会話の口コミや評判を紹介

公式サイト

スモールワールドオンライン英会話

 

\ 無料体験実施中/

スモールワールドはこちら

   

6位 バイリンガルから学ぶ「ワールドトーク」

 

入会金無料
料金お手軽 :3,300円
基本  :5,500円
イチ押し:6,600円
集中  :11,000円
徹底  :22,000円
期間月額制
レッスン1回25分
オンラインオンライン完結

  

ワールドトークは講師経験・海外経験が豊富な日本人講師がメインのオンライン英会話スクール。

講師の97%が日本人で、発音や文法などの細かいスキルから英語の理論的な部分まで日本語で丁寧に説明してくれるので、特に英語初心者・初級者レベルの方におすすめです。

日本人とはいえバイリンガル講師が非常に多く、帰国子女や海外在住の方も多数在籍。ネイティブレベルの質の高いレッスンを受けることが可能であり、英語の知識が深い講師から本質的な英語を学べるので、間違いなく実力が身に付くスクールとなります。

オンライン英会話レッスンは目的が曖昧になりがちで効果的な英語学習をできない場合が多いですが、ワールドトークでは「発音」「文法」「英作文」など目的がハッキリしたレッスンを受講できます。

英検1級の合格に足りないスキルを中心に教えてもらうことで、目的意識を明確にした英検対策を行うことができるでしょう。

日本人講師が学習カリキュラムの作成や目標設定の相談に乗ってくれたり、英語の勉強方法そのものをアドバイスしてくれますので、日々の英語学習の質も向上します。

6,600円のイチ押しプランでは月に約10回ほどレッスンを受けられますので、格安で日本人講師から学びたい方はワールドトークの受講を検討してみましょう。

 

関連記事

ワールドトークの評判について紹介|オンライン英会話スクール

公式サイト

オンライン英会話スクール「ワールドトーク」

 

\ 無料体験実施中/

ワールドトークはこちら

    

6.まとめ:最高の環境で化け物レベルの英検1級に合格しよう

まとめ

 

当記事では、英検準一級に合格する裏技や本質的な英語力が身に付くスクールについて解説いたしました。

英検準一級や一級を取得すればキャリアが充実する・海外留学も視野に入る・英語関連の副業で収入を得られるなど、様々なメリットを享受できます。

本気で英検準一級や一級を取得したいのであれば、この記事でご紹介したスクールの無料体験を色々と受けてみてください。

せっかく英語を勉強する気持ちがあるのであれば、最高の環境で最高の結果を出した方が、その後の人生の広がりがまるで違うものになりますから。

 

おすすめの英語スクール

 

本気で英語を話せるようになりたいなら「Liberty English Academy」

【公式サイト】https://www.liberty-e.com/

米国アイビー・リーグのコロンビア大学が認めた「グラマーテーブル」により、英語ネイティブの教養人が感覚的に身に付けている英語の構造や規則を完璧に身に付ける。短期間でTOEIC 900点以上を目指すことも可能。

全ての英語スクールの中で圧倒的におすすめ。

 

言語習得の専門家から学ぶ「ENGLISH COMPANY」

【公式サイト】https://englishcompany.jp

言語習得論のプロフェッショナル集団による科学的手法に基づくパーソナルトレーニングにより、1日1~1.5時間の英語学習で英語を身に付ける。少人数トレーニングのセミパーソナルコースなら最安月額44,000円とコスパも◎。

 

予算&実績重視なら「ウィリーズ英語塾」

【公式サイト】https://williesenglish.jp

英検1級合格者を毎年50人以上輩出している高い実績を誇るオンライン英会話スクール。多数の大企業とも提携しており信頼度も抜群。受講料金も月額1万円前後とリーズナブルなので、予算&実績重視の人におすすめ。

  

    -目的別スクール