ENGLISH COMPANYは失敗する・悪い

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

コーチングスクール

ENGLISH COMPANYは失敗する・悪いという評判を解説|イングリッシュカンパニー

2024年2月18日

当記事では、ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)は失敗する・悪いという評判について解説いたします。

まず結論として、ENGLISH COMPANYは全ての英語スクールの中で最もおすすめのスクールです。(参考:【超本音で語る】英語コーチングおすすめ22社比較ランキング

英語スクールのサービスはそれぞれ特徴がありますし、人によって合う合わないもありますので、ENGLISH COMPANYのやり方が合わなかったり、受講しても効果が薄かった人がいるのも事実です。

ですが、ENGLISH COMPANYには大学や大学院で言語習得を専門的に学んだプロのトレーナーが集まっており、講師とトレーニングの質という点において、あらゆるスクールの追随を許しません。

ENGLISH COMPANYのやり方が自分に合うのか合わないのか、失敗した・後悔したというような悪い評判を鵜呑みにするのではなく、無料体験を受けてみて、自分にとってENGLISH COMPANYの手法が合うかどうか確認し、自分で納得して受講するか、他の英語スクールを検討するか決めるのがおすすめです。

この記事ではENGLISH COMPANYになぜ悪い評判があるのか、その背景について解説していきますので、ENGLISH COMPANYの受講を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

    

公式サイト 

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

  

\無料カウンセリング実施中/

公式サイトはこちら

    

1.ENGLISH COMPANYの概要・基本料金

  

ENGLISH COMPANYは「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されている超高密度学習が特徴的なスクールです。

日本最大の教育事業を運営するベネッセホールディングスのグループ会社なので、教材開発やカリキュラムの質が高く、企業の信用度はあらゆるスクールの中でも非常に高いです。

結果よりも努力を重視。頑張ればいつかは報われる。楽をしては成果を得られない。

必死になって頑張ることが美徳とされる日本の風潮に待ったをかけ、「最小限の努力」で「最大の成果」を引き出すのがENGLISH COMPANYの最大の魅力と言えるでしょう。

ENGLISH COMPANYに取材したところ、担当者の方がこう言ってくれました。

「1日に3時間の学習をすれば、誰だってそれなりに英語ができるようになりますよ。でも、仕事で忙しい人のどれだけが1日3時間の学習時間を毎日、捻出できるのでしょうか。かりに1日3時間の学習を3ヶ月頑張れたとしても、燃え尽きてしまったり、集中できなかったりで、思うように結果が出ない人も多いです。

私たちENGLISH COMPANYは、少ない学習時間で英語を話せるようになってもらうのが英語コーチングの本質だと考えています。だって、できるなら少ない時間で英語を習得できた方が絶対に良いですよね?」

この言葉の通り、1日3時間の自主学習を設定しているコーチングスクールも多い中、ENGLISH COMPANYの学習時間がはせいぜい1日1~1.5時間。とにかく短い時間で最高の結果を出すトレーニングを受けられます。

  

 

ENGLISH COMPANYの学習効果が高い大きな理由の一つは、専属トレーナーのレベルの高さにあります。多くのトレーナーが国内外の大学や大学院で言語習得論・言語心理学・認知言語学・応用言語学などの学士・修士を卒業。

まさに言語習得のプロフェッショナル集団であり、英語を身に付ける方法を受講生に再現させるのがENGLISH COMPANYの手法なのです。

休み時間はトレーナー同士で英語について議論ばかりしている「英語オタク」が多いとのこと。

時間を大切にしてくれるINGLISH COMPANYのコーチングは、仕事で忙しい社会人にこそ本当におすすめしたいスクールです。

セミパーソナルコースでは、少人数制のグループトレーニングを実施。最安月額44,000円という圧倒的にリーズナブルな価格で最高峰のトレーニング & コーチングを受けることができ、同じ目標を持つ仲間とお互いのレベルを高め合うことがもできます。

マンツーマンのトレーニングを受けるならパーソナルトレーニングコースを、予算抑えめでリーズナブルに少人数のトレーニングを受けるならセミパーソナルコースを選べるのもENGLISH COMPANYの魅力となります。

  

 パーソナルトレーニング
(通常コース or IT英語コース)
セミパーソナル
90日間180日間初級中級上級
入会金55,000円
受講料561,000円679,800円264,000円231,000円240,900円
スタイルマンツーマン最大5人最大5人最大4人
トレーニング
頻度
週2回
(全48コマ)
週1回
(全48コマ)
週1回
(全24コマ)
週1回
(全12コマ)
週1回
(全12コマ)
トレーニング
時間
1回45分間
(1日2コマ = 90分間)
1回120分間
受講期間3ヶ月6ヶ月6ヶ月3ヶ月3ヶ月
講師の国籍日本人
対象レベル全レベル全レベルTOEIC500点
未満
TOEIC500
~700点台
TOEIC
730点以上
校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田          
【兵庫】神戸          
【京都】四条烏丸        
営業時間平日:10:00~22:00
休日:09:30~22:00
オンラインオンライン受講可能
  • 税込み価格

   

公式サイト 

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

  

\無料カウンセリング実施中/

公式サイトはこちら

    

2.ENGLISH COMPANYは失敗する・悪いという評判

ENGLISH COMPANYは失敗する・悪いという評判

 

早速、ENGLISH COMPANYの失敗談や悪いという評判について解説していきます。

 

2-① 受講料金が高い

ENGLISH COMPANYの受講料金が高いという評判があるのは事実です。

最も人気の90日間パーソナルトレーニングコースを受講する場合、入会金の55,000円と受講料金の561,000円を合わせて、約60万円の料金が発生するため、料金だけ見ると高いと感じる人が多いと思います。

確かに3ヶ月・60万円と聞くと高額ですが、実は他の大手英語スクールと比較してもトータルの受講料金はそれほど変わりません。

また、2024年4月よりパーソナルトレーニングコースが一般教育訓練給付制度の対象講座に認定されたため、社会人は実質的に10万円割引となりましたので、実は以前よりもお得に受講することが可能となりました。(参考:イングリッシュカンパニーの割引・入会金無料キャンペーンについて

一般教育訓練給付制度の10万円割引を考慮すると、他のスクールとの料金比較表は次の通りとなります。

  

 入会金受講料金レッスン回数期間
ENGLISH COMPANY516,000円(入会金込み)24回×90分3ヶ月
プログリット55,000円544,500円なし3ヶ月
トライズ1,199,100円(入会金込み)144回×25分1年
ベルリッツ33,000円541,200円60回×40分9ヶ月
GABA33,000円481,800円60回×40分8か月
シェーン英会話22,000円356,400円48回×40分1年

 

全国展開している大手英会話教室に申し込む場合、レッスン60回分などまとめて料金を払うことになりますが、表のように40万円〜50万円の受講料金がかかることがザラにあります。

また、ENGLISH COMPANYと同じコーチング系のスクールは、ENGLISH COMPANYよりも受講料金が高いスクールがいくらでもあるのです。

ここで重要なポイントは、ENGLISH COMPAMYは他の英会話スクールが1年かけてやる分を3ヶ月に短縮して学ぶことを可能とするサービスを提供していることです。

実際に、ENGLISH COMPANYは公式サイトでも「高密度学習」をコンセプトに掲げており、短期間でいかに効率よく英語を身に付けるかをを追求した指導をしてくれます。

つまり、3ヶ月で60万円だから高い、1年で50万円だから安いという考え方ではなく、本来なら1年かけて学ぶ量を3ヶ月に凝縮するという時間の節約にお金をかけるかどうか、という点に価値を見出すかどうかということです。

仕事で忙しい方は、毎日仕事で疲れているし、勉強にそれほど時間をかけたくないけど、英語はすぐにでも話せるようになりたいという悩みがあると思います。

このような時間がない方ができるだけ効率よく短期間で英語を身に付けることを可能とするのがENGLISH COMPANYのサービスのため、「時間をお金で買うこと」や「自己投資にお金をかけること」が価値だと思える方にとっては、ENGLISH COMPANYはむしろコスパが非常に良いスクールと言えます。

 

2-② トレーナー(講師)の教え方が下手・合わない

結論として、ENGLISH COMPANYのトレーナーの指導が下手であるという評判は、「学習効果が薄かった = 指導が下手であった」と結びつけた卒業生の感想だと推測できます。

当サイトでは、ENGLISH COMPANYの岡代表に直接インタビューさせて頂いたことがありますが、ENGLISH COMPANYは人材の雇用に非常に力を入れています。

その証拠として、ENGLISH COMPAYはトレーナー全員の顔写真と経歴を公式サイトで公開しており、その責任の所在を明確にしています。

トレーナーのみならず、受講生と直接的に関わる機会が少ない広報など、バックオフィスまで海外留学経験者など英語学習に関する知見が深い人材を採用しているため、英語を学ぶ環境やサポート体制も万全です。

口コミや評判においても、トレーナーの指導が悪いという声は非常に少ないです。

ただし、トレーナーとの相性が悪かった・合わなかったという評判は散見されます。これは、マンツーマン指導という対人ビジネスにおいて、性格や相性がありますから、十分にあり得ます。

「相性の良いトレーナーと勉強することができたが、校舎内で遠目から見て合わないと感じるトレーナーも在籍していた」

「講師との相性もあるかもしれないが、上から目線の感じがした」

このような評判がありますので、やはり相性の問題は避けられません。

マンツーマントレーニングにおいて相性の悪い講師から3ヶ月間指導を受けることはストレスでしかなく、モチベーションが下がって、英語学習に失敗してしまう原因になりかねません。

ENGLISH COPMANYでは専属トレーナーの変更が可能ですので、何か違和感を覚えたり、この講師は嫌だなと感じたら、悩まずに講師の変更のお願いを申し出るようにしましょう。

約60万円の受講料を支払っているのに、我慢する必要は全くありません。

   

2-③ ネイティブ講師とレッスンできない

ENGLISH COMPANYは、ネイティブ講師から英語を学ぶことができないため効果が薄い・悪いという評判があります。

しかし、この考え方は、根本的に英語学習を誤解している典型例です。

日本人が非母国語である英語を効率よく身に付ける第二言語習得論により、英語を話せるようになるためには「大量のインプット学習」と「少量のアウトプット学習」が必要であることが明らかになっています。

つまり、日本語とは言語構造が異なる英語の単語・文法・発音を身に付けるために、シャドーイング・チャンクリーデング・速読・多読などの適切なインプット学習を行い、まずは英語を話せるようになるための知識を身に付けることが非常に重要になります。

ネイティブとのレッスンは、英語を話せるようになるための知識を十分に身に付けた状態で行うことで初めて大きな効果が表れますから、ネイティブとのレッスンがないからサービスの質が悪い・失敗するといった理論を持っている人は、いつまで経っても英語を話せるようにはなりません。

岡代表も「レッスンメインのオンライン英会話は、アウトプットを確保するために補助的に利用するもの」と明言されています。

ENGLISH COMPANYで言語習得の専門家から3ヶ月集中で英語を話せるようになるための知識を徹底的に身に付けるトレーニングを受けた後に、ネイティブとのオンライン英会話レッスンなどで、身に付けた英語をアウトプット。

言語習得論において、このステップが洗練された英語を話せるようになるための正しい順番となります。

   

2-④ 3ヶ月で英語を完璧に話せるようにならない

3ヶ月でスラスラと英語を完璧に話せるようになることを期待して受講する場合、その目標が達成できずに失敗した・サービスの質が悪かったと感じる可能性があります。

結論として、ENGLISH COMPANYのみならず、どの英語スクールを受講しても、どのような勉強方法を実践しても、3ヶ月で英語を完璧に話せるようになるのは非常に難しいのが現実です。

そもそも、3ヶ月で英語を話せるようになるような人は、独学で物事を学ぶのが上手な脳の持ち主であり、大半の人は一人でスムーズに勉強することができないから、誰かに教えてもらう必要があるわけです。

一般的な人は、海外留学して英語漬けの環境で真面目に勉強しても、英語をスラスラと話せるようになるまで半年ほどはかかります。

なぜなら、前述の通り、英語を話せるようになるためには膨大なインプット学習が必要であり、そのインプット学習を3ヶ月で完了させるのが難しいからです。

ただし、ENGLISH COMPANYでは、言語習得の理論に従った高密度トレーニングにより、普通なら1年かかるインプット学習を3ヶ月に短縮することが可能です。

つまり、ENGLISH COMPANYのサービスは、3ヶ月で英語がスラスラと話せるようになる魔法をかけることではなく、英語を話せるようになるために必要な学習時間を約3.7倍短縮させることで、超短期間で英語を話せるようになる知識を習得することです。

それだけでも、ある程度は英語を話せるようになりますが、補助的にオンライン英会話レッスンなどを受けることで、英語を話せるようになるまでの期間を更に短縮することが可能となります。

   

2-⑤ 人気過ぎて自習室が混雑

ENGLISH COMPANYは入会待ちが発生することもある人気スクールのため、自習室が混んでいて利用できない・集中できないという悪い評判があります。

こればかりは、ENGLISH COMPANYの人気が高いため仕方がない側面があります。

ただし、2023年には新しく恵比寿スタジオが新設され、入会待ちの解消や自習室のスペース確保の動きがすすんでいます。

それでも、平日の夜など人が集まりやすい時間帯は混雑する可能性はありますので、オンライン受講を活用して、外には出ずに家で勉強する時間を増やしたり、スタジオの近くに図書館やお気に入りのカフェなどを見つけて、集中して勉強できる環境を探すのもおすすめです。

 

3.ENGLISH COMPANYは失敗する・悪い評判の解決手段

 

ここまでの解説で、高品質なサービスを提供するENGLISH COMPANYでも失敗した・悪いと感じたなどのリスクがあることがわかりました。

そこで、次にこれらのリスクを回避するための具体的な解決手段についても解説していきます。

 

3-① 複数の英語スクールの無料体験を受ける

万人に効果がある英語スクールは存在しません。

ENGLISH COMPANYは週2回の高密度トレーニングが特徴的なスクールですが、ENGLISH COMPANYよりもアウトプットの機会が多いレッスン重視のスクールや、逆に自主学習のみでインプット学習の質を上げるコンサルティング特化型のスクールもあります。

人によって最も勉強しやすいと感じるサービスは異なるため、できれば興味があるスクールの無料体験を複数受けて、サービス内容や雰囲気が最も自分にマッチすると感じたスクールを受講するのがおすすめです。

近年はどの英語スクールもオンラインで無料体験を受講できますので、そこまで負担にならないはずです。

この記事の最後に、ENGLISH COMPANYの他にもおすすめできる英語スクールをご紹介しますので、興味があるスクールがあればぜひそれぞれの無料体験を受けてみてください。

  

関連記事

超本音で語る】英語コーチングおすすめ22社比較ランキング

 

3-② 専属トレーナーが合わない場合は変更する

マンツーマンで高品質な指導を受けるENGLISH COMPANYにおいて、3ヶ月間サポートしてくれる専属トレーナーと相性が合わないのは致命的です。

トレーナーの変更を申し出るのは、相手に悪い・気まずい・申し訳ない・傷つけてしまうかもといった感情があるかもしれませんが、お金を払って受講するこちら側が変に気を遣う必要はありません。

むしろ、約60万円という受講料を受け取る側のENGLISH COMPANYが、最大限、受講生に合う専属トレーナーをマッチする努力をするべきですし、言語習得の専門家であるからこそ、受講生のモチベーションの管理も含めてサポートするべきと考えましょう。

専属トレーナーがどうしても合わないと感じた時に変更を申し出ることができるのは受講生側の正当な権利ですので、英語を話せるようになるという目標を達成するためにも、必要な場合は遠慮せずにお願いしましょう。

 

3-③ 補助的にオンライン英会話を利用する

ENGLISH COMPANYの3ヶ月集中プログラムは、単語・文法・発音の基礎を徹底して学び、トレーニングによりリーディングとリスニングというインプット学習のスキルが大きく伸びます。

これらは、「英語を話す = 知識のアウトプット」のために必要な知識を身に付けるための学習であり、実践的な英会話レッスンによるスピーキング能力の向上の前段階の学習となります。

インプット学習を続ければある程度は英語を話せるようになるものの、英語をスラスラと話せるようになるという目標を達成するためにも、ENGLISH COMPANYで身に付けた知識をアウトプットする英会話レッスンも受けるとより効果的となります。

これは、ENGLISH COMPANYの受講期間中に英会話レッスンも追加するか、受講期間中はプログラムに集中して、インプット学習を終えてから英会話レッスンを取り入れた方が良いのかは、現在レベルや英語を話せるようになるための目標期限によって変わってきますから、専属トレーナーと相談した上で決めるのがおすすめです。

 

3-④ 効果が出なくても焦らない

もし3ヶ月の受講期間で学習効果があまり出ずに英語があまり話せるようにならなかったとしても、焦る必要はありません。

なぜなら、ENGLISH COMPANYのトレーニングで身に付ける知識は、英語を話せるようになる上で必ず必要になる知識だからです。

独学で勉強するにせよ、他の英会話スクールを通うせよ、単語・文法・発音の基礎知識を身に付け、リーディングとリスニングのインプットスキルを学習し、スピーキングとライティングのアウトプットスキルを向上させるという順番は基本的に変わりません。

ENGLISH COMPANYでは、単語・文法・発音の基礎知識とインプットスキルの向上が主なトレーニング内容であり、実践的な英会話や英作文などのレッスンは重視していません。

普通なら、単語・文法・発音などの基礎知識を身に付け、リーディングとリスニングをしっかりと学習するまでに1年かかるところを、3ヶ月で完了させるというのがENGLISH COMPANYのサービスです。

そのため、ENGLISH COMPANYの受講が完了したタイミングではアウトプットの機会が少ないため、英語をスラスラ話せないとか、完璧に話せるようにならないなど、期待していた効果を実感できないのはある意味では自然なことです。

ただし、ENGLISH COMPANYを受講したことで英語を話せるようになるための知識が十分に身に付いているため、そこからオンライン英会話などの実践的な英会話を取り入れてアウトプットの機会を増やすことで、その後の学習効果が遥かに大きくなります。

結論として、ENGLISH COMPANYでは、英語を話すために必ず必要になる知識を習得するプログラムであるため、すぐに効果を実感できないとしても、その学習は必ず必要であり、どこかで効果を実感するタイミングがあるはずですので、焦らずに英語学習を継続するようにしましょう。

 

4.ENGLISH COMPANYで失敗しない・悪いとならないコツ

PDCAサイクル

 

次に、ENGLISH COMPANYの学習効果を高めるコツについても解説します。 

 

4-① トレーニングに集中する

ENGLISH COMPANYは週2回の高密度トレーニングを実施することで、効率良くインプット学習を進めていきます。

無料体験を受けると分かりますが、トレーニングは脳を使うため、90分受けると非常に頭が疲れます。

他のサイトで、ENGLISH COMPANYのトレーニングは楽だと説明している場合があります、そのサイトはおそらくENGLISH COMPANYのトレーニングを体験していません。

公式サイトでも「無駄をなくす」「効率的に」「高密度のトレーニング」という言葉を使っていますが、楽に英語を身に付けるとは一言も説明されていません。

通常なら1年かかる英語学習を3ヶ月で完了させるわけですから、学習時間を大幅に短縮できる分、それだけ密度の高い学習に集中して取り組む必要があります。

ただし、その疲れたという感覚は、たとえばネイティブキャンプやレアジョブ英会話などの英会話レッスンを受けた時に、英語が話せないことに起因するメンタル的な疲れではありません。

専門的なトレーニングを受け、短期記憶を繰り返したり、正しい発音で話す練習を何度もしたりと、脳に負荷がかかることを実感できるトレーニングを積むため、高い集中力が必要になるのです。

この時、仕事で疲れているからと力を抜いてトレーニングを受けたり、頭を使わずになんとなくトレーニングを受けてしまうと、せっかくの高密度トレーニングの効果を最大限に活かすことができません。

週2回の90分のトレーニングは集中して取り組むことを強く意識して、学習効果を高めましょう。

それだけで、非常に高い学習効果を得られるはずです。

 

4-② 予習と復習を丁寧に実施する

ENGLISH COMPANYでは、毎日1~1.5時間の英語学習をする必要があり、主にトレーニングの予習や復習が中心の宿題が出ます。

高密度トレーニングの効果を最大限に高めるために必要な宿題なので、3ヶ月の受講期間中は、仕事が忙しかったり予定があったりしても、予習と復習は必ず実施するようにしましょう。

実際、ENGLISH COMPANYでは3ヵ月間で他の英語スクールの1年分の学習をすることを目標にするわけですから、一度学んだことは身に付けている前提でトレーニングが進みます。

ただし、人間は一度では完璧に記憶できず、日にちが経つとどんどん覚えた知識を忘れてしまいます。その記憶の忘却を防ぐために、予習、トレーニング、復習と少なくとも3回勉強することで、記憶の定着を促すわけです。

人間の脳は繰り返し学習するほど記憶が定着するという性質がありますから、トレーニング効果を高めるためにも、予習と復習は必ず集中して取り組むようにしましょう。

 

4-③ 専属トレーナーの指導に素直に従う

前述の通り、ENGLISH COMPANYの専属トレーナーは言語習得の専門家であり、日本人が英語を身に付けるための最適なトレーニングを、受講生一人ひとりのレベルや適性に合わせて実施してくれます。

ただし、そのインプット学習を短期間継続しただけでは、英語をスラスラと完璧に話せるようにはならないのも解説した通りです。

ここで、ENGLISH COMPANYのトレーニングは効果がない・トレーナーの指導の質が低いとやる気をなくしたり、自己流のやり方をしようとすると、遠回りをするだけで、英語を話せるようになるという目標から増々遠のいてしまいます。

自己流でやりたいのなら、最初から独学で進めれば良いわけですから、受講期間中に顕著な学習効果がもし出なかったとしても、ENGLISH COMPANYで身に付けた英語の知識は、英語を話せるようになるためには必ず必要であり、先で効果が出ると理解した上で、素直にトレーニングを受けて、予習復習をしっかりするのがおすすめです。

 

5.ENGLISH COMPANYの他におすすめの英語スクール

ENGLISH COMPANYの他におすすめの英語スクール

 

最後に、ENGLISH COMPANYの受講を迷っている方におすすめの英語スクールについてご紹介します。

興味があるスクールがあれば、それぞれ無料体験を受けて、スクールのサービス内容や雰囲気を確かめてみてください。

自分で体験した上で、最も納得できたスクールを受講するようにしましょう。

   

5-① TOEIC・TOEFL・IELTSで圧倒的な実績「Liberty English Academy」

   

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
アドバンス:792,000円
期間ショート :3ヶ月(計24回レッスン)
ベーシック:6ヶ月(計48回レッスン)
アドバンス:9ヶ月(計72回レッスン)
コーチング週1回
レッスン週2回×90分
校舎三田(東京都港区)
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと並んでおすすめなスクールが、英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは特に資格試験の実績が圧倒的で、短期間の受講でもTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上の達成者が続出してます。

ハーバード・コロンビア・イエール・スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることが実績として証明済み。英会話目的の受講ももちろん可能です。

受講料は6ヶ月間のコースで入会金を含めて約60万円。社会人は一般教育訓練級金制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてください。

入会金最大無料キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。

この金額が出せるのであれば、間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐに取り戻せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

LIBERTYはこちら

    

5-② 高品質なコンサルティング「STRAIL(ストレイル)」

    

入会金55,000円
コースビジネス英語コース
TOEIC L&R TESTコース
初級者コース
料金297,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回×60分
校舎【東京】新宿・銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと同じ経営母体を持つコンサルティング特化型スクール「STRAIL(ストレイル)」。

ENGLISH COMPANYがコーチングとトレーニングの両輪で英語力を伸ばすのに対し、ストレイルは言語習得の専門家によるコンサルティングを受けながらの自主学習がメインとなります。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトも変わらず、毎日の自主学習時間が1~1.5時間の超高密度学習により、3ヶ月集中で英語力を伸ばすことが可能です。

ストレイルでは英語力をフェーズごとに捉え、該当するフェーズごとに最適な学習を実施するストレイルメソッドを採用。

第二言語習得論に基づいた段階的なインプット学習でリーディングとリスニングを強化し、フェーズが上がってきたらスピーキングとライティングを鍛えていくことで、効率的に英語力を伸ばしていきます。

また、国内外の大学で言語習得の学問を専攻した専門知識を持つコンサルタントが揃っていて、医師が症状から病気の原因を特定して処方箋を決めるように、受講生の英語が苦手な原因をピンポイントで特定し、課題解決に最適な学習方法を提示。

常に最適な学習を継続することで、最短期間で本質的な英語力を身に付けることができるのが大きな魅力です。

コンサルティングに特化している分、月額約10万円と平均的な受講料である上、ビジネス英語コースとTOEICコースは教育訓練給付制度の利用で70,400円の給付金が支給されるため、総額281,600円という格安料金でコーチングを受けることができます。

予算を抑えつつ、効率的にビジネス英語を身に付けたり、TOEICのスコアを伸ばしたい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

【英語コーチング特化】STRAIL(ストレイル)の効果や評判を紹介

ストレイル(STRAIL)の割引キャンペーンについて

公式サイト

STRAIL

 

\無料カウンセリング実施中/

ストレイルはこちら

 

5-③ 1年間で本物の英語力を身に付ける「トライズ」

   

入会金55,000円
コース英語コーチング本科
英語初心者
ビジネス英語上級
TOEIC対策プログラム
TOEFL対策
IELTS対策
英語プレゼン/学会発表
実践ファシリテーション
発音クリニック
インターナショナルスクール対策
ワーホリ準備英語
料金299,900~1,580,100円
期間3ヶ月~12ヶ月
コーチング毎週 / 隔週
レッスンプライベート:週0~5回
グループ  :受け放題
校舎【東京】 六本木・東京丸の内・新宿
     銀座・日本橋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋
【大阪】 梅田
【福岡】 福岡天神
【沖縄】 沖縄
オンラインオンライン受講可能

    

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「トライズ」。

英語コーチング本科は1日3時間、1年間で1,000時間の英語学習を目安に設定し、求める学習量はコーチングスクールの中でも随一です。

商社・外資系コンサル・IT・メーカー・製薬・医療・金融など幅広い業種のビジネスパーソンが受講しており、ビジネス英語やTOEIC・TOEFL・IELTSなどの試験を集中して学ぶ最高の環境が整っています。

トライズは専属のネイティブ講師によるマンツーマン英会話レッスンを受けられるのも魅力的。ネイティブ講師は大学や省庁で指導実績もあるプロフェッショナルなので、ハイレベルなレッスンを1年間継続することで英語力の向上が見込めます。

マンツーマンレッスンのほか、グループレッスンは受け放題で、実践形式のアウトプット学習が非常に多いのも特徴です。日本人専属コンサルタントが毎日の英語学習を丁寧にサポートしてくれるため、初心者でも1年間でネイティブと会話できるレベルまで成長することが可能となります。

割引キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、英語コーチング本科の12ヶ月プランは月額10万円以下と平均的な料金で受講できます。しかも、専属コンサルタントのサポートと専属ネイティブコーチのマンツーマンレッスンを含んだ料金なので、コスパは非常に高いです。

初心者でもネイティブと会話できるまで成長することが可能なスクールなので、本気で英語を話せるようになりたいという強い意志を持っている方は、ぜひトライズを検討してみてくださいね。

  

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

     

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

  

5-④ コスパ最高「マネーイングリッシュ」

     

入会金無料
コースベーシックプラン
プレミアムプラン
料金【ベーシックプラン】
月額:54,780円(6ヶ月契約)
月額:65,780円(単月契約)

【プレミアムプラン】
月額:109,780円(6ヶ月契約)
月額:120,780円(単月契約)

期間月額制
コーチングベーシックプラン:隔週×40分
プレミアムプラン:週2回×40分
レッスンベーシックプラン:週3回×40分
プレミアムプラン:週5回×40分
オンラインオンライン完結

 

マネーイングリッシュは「英語で未来を強くする」という独自のコンセプトを持ち、英語を身に付けることで自分の価値と年収を上げ、未来をより豊かにすることを目標としています。

年収と英語力の相関性を指摘し、自己投資としての英語学習をサポートするなど現実主義的な視点を持っており、未来の人生も含めてサポートする意識をコーチ側も共有している点が大きな特徴と言えます。

人気のベーシックプランは月額54,780円と、コーチングスクールの中では最安の部類。

週3回の外国人講師によるマンツーマンレッスンで発音や文法を丁寧に学ぶことができます。また、日本人講師による文法・語法のグループレッスンも毎週あり、基礎的なインプット学習を通して「使える英語の知識」を身に付けることが可能。

料金に対してレッスン内容が非常に充実しているスクールで、コスパは非常に優秀です。

日本人コンサルタントは英語学習経験や豊富な海外経験を持ち、特に採用条件の一つとしている発音はネイティブレベルという特徴もあります。さらに、外国人講師はフィリピンの老舗の語学学校から優秀な人材を雇用しているので、講師の質も担保されています。

ちなみに、専属コンサルタントはモチベーションが上がるからと異性の方が付くことが多く、その辺りも含めて現実主義的であり、本当に裏表のないサービスを提供してくれます。

  

関連記事

【体験談】MONEY ENGLISH (マネーイングリッシュ)の効果は? 口コミ・評判も紹介

公式サイト

【マネーイングリッシュ】

    

\無料カウンセリング実施中/

マネーイングリッシュはこちら

       

6.まとめ:ENGLISH COMPANYで失敗しない英語学習をしよう

留学サポート

 

当記事では、ENGLISH COMPANYは失敗する・悪いという評判について解説しました。

パーソナルトレーニングというサービスを提供している以上、どうしても講師との相性の問題はありますし、ENGLISH COMPANYのやり方が合わないと感じる方もいるでしょう。

この記事を読んだうえで、興味のある英語スクールの無料体験をそれぞれ受けてみて、最終的に最も自分に合うと感じたスクールを受講するようにしましょう。

やっぱり、自分が納得したスクールを受講するのが、最もモチベーションが高まりますから。

    -コーチングスクール