TOEIC350点はやばい

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

英語コーチングスクール

TOEIC350点はやばい?TOEIC350点のレベルを解説

こんにちは。

当記事では、TOEIC350点がやばいかどうか、TOEIC350点のレベルについて解説していきます。

結論から言えば、TOEIC350点は就職や転職の際に履歴書に書かない方が良いレベルです。

TOEIC350点は平均よりも英語力が低いと評価されるため、もし就職や転職で少しでも評価を上げたいのであれば、最低限TOEIC600点、できれ700点以上を目指したいところです。

この記事では、TOEICのスコアが短期間で大きく伸びるおすすめの英語スクールもご紹介しますので、併せて参考にしてみてください。

  

TOEIC対策におすすめのスクール

 

1位「Liberty English Academy」

【公式サイト】https://www.liberty-e.com/

米国アイビー・リーグのコロンビア大学が認めた「グラマーテーブル」により、英語ネイティブの教養人が感覚的に身に付けている英語の構造や規則を完璧に身に付ける。

短期間でTOEIC 900点以上を目指すことも可能。

 

2位「ENGLISH COMPANY」

公式サイト:https://englishcompany.jp

言語習得のプロフェッショナル集団による科学的手法に基づくパーソナルトレーニングにより、1日1~1.5時間の学習で英語を身に付ける。

少人数トレーニングのセミパーソナルコースなら最安月額44,000円とコスパも◎。

 

3位「トライズ

【公式サイト】https://toraiz.jp/

日本人の専属コンサルタントと英語ネイティブの専属レッスン講師のサポートを受けて、2ヶ月集中でスコアアップを目指す。

TOEIC350点レベルの人は最低200点アップのスコア保証制度があるため、確実にスコアを伸ばしたい方におすすめ。

 

予算が少ない方におすすめ「スタディサプリパーソナルコーチング」

【公式サイト】https://eigosapuri.jp/toeic/personal-coach/

6ヶ月プログラムなら月額2万円以内で高品質なパーソナルコーチングを受けられる。

予算が厳しい方に◎。

 

 

1.TOEIC350点はやばい=受講者の下位6%レベル

一般教育訓練給付制度

 

TOEIC350点がどれくらいのレベルか、全体のスコア分布から見ると分かりやすいので見てみましょう。

TOEICを開発しているETS(Educational Testing Service)というテスト開発機関が受講者のデータを公表していますので、2022年最新版のデータを引用いたします。(各画像の引用元:【公式】TOEIC Program

 

1-① 受験者の平均スコア

平均データ

  

受験者の平均スコアですが、1年間の受験者数が約90万人で、平均スコアが611点となっています。

社会人の方が学生よりもスコアが少し高い傾向があり、社会人の平均スコアが640点、学生の平均スコアが586点という結果です。

 

1-② 受講者全体のスコア分布

平均スコア

 

次に、受験者全体のスコア分布は上のグラフの通りです。

最も多いスコア帯が595点~645点で10.7%を占めていて、545点~695点のスコア帯で1/3を占めています。

つまり、だいたい550点~700点くらいがTOEIC受講者のメイン層ということですね。

もう少しわかりやすくするために、スコア帯を偏差値に換算してみましょう。

  

 

上位%

偏差値 

895点~4.2%67以上
845点~9.1%63以上
795点~15.9%60以上
745点~24.0%57以上
695点~33.3%54以上
645点~43.6%51以上
595点~54.3%48以上
545点~64.7%46以上
495点~74.2%43以上
445点~82.3%40以上
395点~89.0%37以上
345点~94.1%34以上

  

TOEIC350点以上は、全受講者の下位5.9%にあたります。

偏差値換算すると34程度なので、正直に言えば、英語レベルは非常に低いと評価されるでしょう。

TOEIC350点が「やばい」かどうかは主観的なイメージではありますが、少なくともTOEIC受験者の中では最低レベルの英語力の持ち主であることは間違いありません。

 

2.TOEIC350点はやばい?350点のレベルを解説

TOEIC350点はやばい?350点のレベル

  

TOEIC350点がTOEIC受験者層の下位6%というデータが分かったところで、もう少し具体的にTOEIC350点のレベルについて解説していきます。

  

2-① TOEIC350点の英単語は中学生レベル

TOEIC 350点を取るために必要な英単語の量は、2,500~3,000語程度です。

この語彙量は中学生レベルであり、高校受験を経験した人であれば、すでにTOEIC350点に必要な英単語は記憶していると言えます。

イメージとして、各スコア帯の必要な英単語量はこんな感じです。

  

TOEIC単語数
990点13,000語以上
900点10,000語以上
800点8,500語以上
700点7,000語以上
600点5,000語以上
500点4,000語以上
400点3,500語以上

 

TOEIC350点レベルの人が600点や700点を目指す場合、暗記している英単語量が圧倒的に不足しているため、まずは高校レベルの英単語を覚えていく必要があります。

 

2-② TOEIC350点の文法は中学生レベル

TOEIC350点は、中学生レベルの文法も完璧ではありません。

たとえば、リーディングセクションのパート5とパート6はかなり文法の知識が求められますが、TOEIC350点レベルの人は文法の問題を多く落としてしまうため、スコアが低くなる傾向があります。

英単語の語彙を増やし、中学生レベルの文法がしっかりと身に付けば、それだけでもTOEIC500~600点は目指せますので、まずは英単語と文法という英語の基礎をしっかりと勉強するのが肝心です。

 

2-③ TOEIC350点は英検3級レベル

TOEIC350点は英検に換算するとおよそ3級レベルです。

英検3級中学卒業レベルのため、やはり350点は高校レベルにも満たない英語力と評価されます。

   

2-④ TOEIC350点は英会話能力が非常に低い

TTOEICの公式サイトは、「スコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表」を公表しています。

 

コミュニケーション能力レベル

 

TOEIC350点は「レベルD」に分類され、通常の会話で最低限のコミュニケーションができるレベルと評価されます。

たとえば、日常会話で天気や趣味などの非常に簡単な内容ならば、途切れ途切れになんとか会話できるでしょう。

ただ、ビジネスにおける電話対応や会議などには全く対応できません。そのため、英語を使う会社ではTOEIC350点は全く評価されないどことか、マイナス評価される可能性が高いです。

 

3.TOEIC350点はやばい?350点のデメリット

TOEIC350点のデメリット

 

次に、TOEIC350点のデメリットについて見ていきましょう。

  

3-① TOEIC350点は就職や転職に全く使えない

TOEICの公式サイトが調査した結果では、日本の企業は新入社員に平均535点、海外部門の社員に平均690点というスコアを求めています。

 

平均スコア

 

企業が新卒採用する際には、その人の人間性・将来性を含めて総合的に判断するため、多少英語力が低くても採用されることも多々あります。

ですが、TOEIC350点レベルとなると、新入社員に最低限求めたいスコアを大きく下回るため、就職においてかなりのデメリットになるのは間違いありません。

なお、転職の場合は即戦力として採用するため、英語を使う会社であれば、ある程度の英語力があるのはマストです。そのある程度の英語力が690点なので、350点の場合は書類選考の時点で落とされる可能性が濃厚です。

つまり、TOEIC350点レベルの人は、新卒採用でも転職でも、英語を使う会社に入るのは非常に厳しいと言わざるを得ません。

基本的に大企業は海外との取引があるため、TOEIC350点レベルの人は大企業への就職・転職はなかなか厳しいのが現実です。

 

3-② TOEIC350点は年収がやばい

TOEIC350点レベルの人が大企業=年収が高い企業への就職・転職が難しいのは、データからも明らかとなっています。

日系転職版が調査した「大卒年収調査2022」のTOEICのスコアと平均演習の相関性を表すグラフをご参照ください。 

  

(参考:日経転職版の大卒年収調査2022

 

たとえば30代のグラフを見ると、700点台のスコア保持者の平均年収は687万円である一方、500点以下の人は平均年収が599万円と、88万円もの万円の差が出ています。

平均年収の差は年代が上がるごとに開いていき、50代で700点台と500点以下の人の年収差は201万円も開いてきます。

800点台や900点台の人との年収差はさらに大きくなり、生涯賃金で言えば軽く1億円以上の差があるのです。

新卒採用や20代の転職でTOEIC800~900点を持っていれば、年収が高い一部上場企業に就職できる可能性が高くなり、20代後半~30代前半で年収1,000万円を突破。30代後半~40代前半で課長以上の役職が付いたり、海外駐在に任命されたりすれば、軽く年収1,500万円を突破します。

逆に、TOEIC350点レベルの人は大手企業に就職できなかったり、出世のタイミングが遅れたりして、同年代と比べると最終的に平均年収が350万円以上の格差が生まれてしまうのです。

年収だけを見てTOEIC350点がやばいとは必ずしも言えませんが、350点は英語ができる人よりも明確に平均年収が低くなるということを覚えておきましょう。

 

4.TOEIC350点の人が700点を達成するまでの勉強時間

TOEIC350点の勉強時間

 

参考として、TOEIC350点の人が700点を達成するために必要な勉強時間を確認しましょう。

 

4-① TOEIC350点から700点までは約825時間

University Press(オックスフォード大学出版局)が、現在のスコアと目標スコアから目安の学習時間を割り出した表を作成しています。

 

 

縦軸のCurrent score(現状スコア)と横軸のTarget score(目標スコア)の交差点が、あなたが目標スコアを達成するための勉強時間となります。

TOEIC350点レベルの人のだいたいの目安の勉強時間は下の表となります。

  

現在スコア勉強時間
600点575時間
700点825時間
800点1,088時間

  

TOEIC350点から日本人平均スコアの600点を目指す場合でも、約575時間の勉強が必要となります。

毎日1時間勉強しても1年半かかることから、TOEICのスコアを大きく伸ばすのにはそれなりの時間がかかることがわかりますね。

  

4-② 英語は毎日継続して勉強しよう

TOEIC350点レベルの英語力の人は、日本人の平均スコアの600点に到達するまでに575時間かかり、企業から評価される700点を達成するためには約825時間もの英語学習が必要となってきます。

つまり、TOEIC350点レベルの人が短期間で就職や転職に使えるスコアを達成するためには、毎日2~3時間の学習が必要です。

毎日勉強をすることは、エピングハウスの忘却線の観点からも非常に大切です。

心理学者のエビングハウスが提唱した忘却線において、人間の記憶は一時間後には56%忘れ、一日後には66%忘れると言われています。

たとえば、英単語を頑張って10個覚えても、翌日にはほとんど忘れてしまってますよね。記憶を脳に定着させるためには、毎日覚えたい単語に目を通して、忘却を防がなければなりません。

英語学習を数日でも欠かせば覚えかけの学習内容は忘れてしまうので、TOEICのスコアを伸ばすためには毎日英語に触れ続けることが重要なのです。

    

5.TOEIC350点レベルの人にはコーチングがおすすめ

TOEIC350点 コーチング

 

TOEIC350点は平均スコアより250点低く、下位6%の英語力です。

中学生レベルの英語力の人が独学でスコアを伸ばすことは容易ではありませんが、英語コーチングスクールを受講することで、短期間でも200~300点以上のスコアアップが可能となります。

英語コーチングとは、受講生一人ひとりに英語指導のプロフェッショナルな専属コーチが付いて、英語学習を丁寧にサポートしてくれるサービスです。

忙しい社会人でも、数ヶ月間でTOEICのスコアを200~300点伸ばすことが可能なため、近年ではビジネスパーソンを中心に人気を集めているタイプの英語スクールとなります。

ここからは、コーチングスクールをおすすめする理由について説明していきますので参考にしてみてください。

 

5-① 原因の正確な分析と適切な解決は難しい

TOEIC350点レベルの英語力の人が本格的に英語学習する場合、独学で最適なTOEIC対策を実施することはかなり難しいです。

ほとんどの人が、「こういう勉強方法の方が楽そう」「こっちの方がお金がかからない」「とりあえずYOUTUBEを見て勉強しよう」といったように、感情に流されてなんとなくの勉強方法を選びがちで効率的な学習ができません。

ですが、TOEICで高スコアを取得できる英語力を身に付けるためには、英語ができない原因を正確に分析して、その原因を解決するための最適なトレーニングが必要です。

そして多くの場合、まずは単語・文法・発音などの基礎学習が必要であり、めんどうで地道な学習から逃げずに毎日継続しなければなりません。

「スコアを伸ばすためには大切だけど、地味で辛い学習」を独学で継続できる人は少ないため、コーチングスクールを受講してプロフェッショナルの指導を受けることで、必要な学習を適切に実施する習慣を身に付けることが大切となります。

 

5-② 英語コーチングは専属コーチがサポート 

英語コーチングスクールでは専属コーチが付いてくれて、専用の学習カリキュラムの作成から日々の学習アドバイスまで丁寧にTOEIC対策のサポートをしてくれます。

専属コーチはTOEIC満点取得者など英語指導のプロフェッショナルで、自身が英語学習を通して英語を身に付けた経験から「英語習得者の学習方法の再現性」があるやり方でサポートしてくれます。

カウンセリングやチャットサポートを通して、TOEICのスコアが伸ばすためのトレーニングを効果的に実施してくれるため、短期間でもTOEICのスコアが数百点伸びるレベルで英語力が身に付くでしょう。

英語コーチングスクールは受講料金が一般的なスクールよりも高くなりますが、数十万円の自己投資で短期間でTOEICのスコアが伸びた方が人生の選択肢が広がり、理想のキャリアを実現できるチャンスも生まれます。

理想のキャリアを実現したいという気持ちが強い人や、TOEICのスコアを伸ばしたい理由が明確な人は、コーチングスクールの受講を検討してみてくださいね。

コーチングスクールについてさらに詳細を知りたい方は、こちらの記事(【超本音で語る】英語コーチングおすすめ22社比較ランキング)も参考にしてみてください。

 

6.TOEIC350点でやばい人と感じている人におすすめのスクール

TOEIC350点におすすめのスクール

  

最後にTOEICのスコアを大きく伸ばしたい方におすすめの英語スクールをご紹介します。

当記事で紹介するのは英語コーチングスクールと呼ばれる、専属コーチがついて丁寧に学習サポートをしてくれるタイプのスクールです。

一般的な英語スクールと比較すると高額ですが、就職や転職のためなど、すぐにでも200点~300点以上のスコアアップを達成したい方におすすめです。

気になるスクールがあれば、無料カウンセリングを受けてみてください。

コーチングスクールのサービス内容や雰囲気を確認した上で、独学でTOEIC対策を進めるのか、格安のオンライン英会話スクールを選ぶのか、コーチングを受けてガッツリと英語学習をするのか、自分に最も合うやり方でTOEIC対策を進めていきましょう。

やっぱり、自分で納得した学習方法を選ぶのが、効率もモチベーションも一番高くなりますから。

 

1位 圧倒的実績「Liberty English Academy」

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
期間ショート :3ヶ月
ベーシック:6ヶ月
コーチング週1回
レッスン週2回
校舎港区三田
オンライン通学かオンラインの選択可

     

英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川代表が創設したLIBERTY。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドが、受講生の本質的な英語力の向上を可能とします。

「グラマーテーブル」はTESOL教育(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、国際弁護士、外交官、英語専門の教授などがLIBERTYに学びに来るほど。

TOEIC対策ランキング1位として紹介している通り、実績はダントツのスクールで、900点以上を達成した受講生も多くいます。

1回完結型のレッスンを好きなタイミングで受講できるので、忙しい社会人や学生でもライフスタイルに合わせてTOEIC対策に取り組むことが可能。詰め込み式の学習スタイルではないので、1日に1.5時間程度の学習でスコアが大幅にアップするのも大きな魅力です。

受講料は6ヶ月間のコースで入会金を含めて約60万円。社会人は一般教育訓練級金制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてくださいね。入会金が最大で無料になります。

入会金無料キャンペーンを利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。この金額が出せるのであれば間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐにでも取り返せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

 

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

リバティはこちら

         

2位 言語習得のプロフェッショナル集団「ENGLISH COMPANY」

入会金55,000円
コース・期間【パーソナルトレーニング】
  90日間集中プログラム
180日間集中プログラム

【セミパーソナル】
初級:6ヶ月
中級:3ヶ月
上級:3ヶ月

料金【パーソナルトレーニング】
  90日:561,000円
180日:679,800円

【セミパーソナル】
初級:264,000円
中級:231,000円
上級:240,900円

コーチング・
トレーニング
【パーソナルトレーニング】
  90日:週2回
180日:週1回

【セミパーソナル】
初級:週1回
中級:週1回
上級:週1回

校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田
【兵庫】神戸
【京都】四条烏丸
オンラインオンライン受講対応

 

教育事業の大手企業「ベネッセホールディングス」のグループ会社であり、企業としての信用度が非常に高い「ENGLISH COMPANY」。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されている、超効率的な英語学習を実現したコーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYはスパルタな英語学習ではなく、科学的根拠に基づく効率的な学習を掲げています。1日3時間の自主学習を求めるスクールが多い中、ENGLISH COMPANYの目安の学習時間は1日1~1.5時間。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出せるのが魅力です。

「1日3時間の学習をすれば、誰だってそれなりに英語ができるようになりますよ。ですが、私たちENGLISH COMPANYは、少ない学習時間で英語を身に付けてもらうのが英語コーチングの本質だと考えています。だって、できるなら少ない時間で英語を習得できた方が絶対に良いですよね?」

このように話すENGLISH COMPANYのトレーナー陣は、第二言語習得論、認知言語学、応用言語学、言語心理学など「言語習得」の専門知識を国内外の大学・大学院で修めており、トレーナーの言語に関する専門性は他のスクールの追随を許しません。

セミパーソナルコースでは、少人数制のグループトレーニングを実施。最安月額44,000円という圧倒的にリーズナブルな価格で最高峰のトレーニング & コーチングを受けることができますし、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨しお互いのレベルを高め合うことがもできますよ。

3ヶ月でTOEICのスコアが300点以上伸びている口コミも多数あり、実績も申し分なし。

がっつりとマンツーマンのトレーニングを受けるならパーソナルトレーニングコースを、予算抑えめでリーズナブルに少人数のトレーニングを受けるならセミパーソナルコースを選びましょう。

 

関連記事

【取材】ENGLISH COMPANYは効果なし?|イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーの割引・入会金無料キャンペーンについて

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料カウンセリング実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

     

3位 2ヶ月でTOEIC平均150点アップ「トライズ」

入会金入会金無料(キャンペーン実施中)
コースTOEIC対策プログラム
料金337,580円
期間2ヶ月
コーチング週1回
レッスン週2回
校舎【東京】 六本木・東京丸の内・新宿
     銀座・日本橋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋
【大阪】 梅田
【博多】 福岡天神
【沖縄】 沖縄
オンライン通学かオンラインの選択可

     

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「TORAIZ」。

TOEIC対策のスペシャリストが過去の実績データを分析して学習方法を構築。短期間でスコアを大幅に上げることを目的としたTOEIC対策コースが用意されています。

週1回のコンサルティングで弱点や苦手分野を分析して、オリジナルの学習プランを作成。週2回の個人レッスンでは、英文法やシャドーイングを中心に本質的な英語力を身に付ける指導を実施します。

自主学習時間を1日3時間に設定し、「正しい学習方法で」「必要な量の英語学習を」することにより、受講生は2ヶ月間で平均150点ものスコアアップを達成しています。

自信があるからこそ、トライズは最大200点のスコアアップ保証制度を導入

受講前のスコアに応じてスコアアップ目標が設定され、万が一規定スコアに到達しなかった場合は無料で受講期間を1ヵ月延長する保証が付いているのも魅力です。

TOEIC対策に熟知した専属コンサルタントと専属コーチの複数人体制によるサポートにより、効果的かつ圧倒的な学習量をこなすことで、短期間でもスコアを上げることが可能なコーチングスクールです。

 

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の無料カウンセリング体験談

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

  

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

            

4位 高品質なコンサルティング「STRAIL(ストレイル)」

入会金55,000円
コースTOEIC L&R TESTコース
料金297,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回
校舎【東京】新宿・銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講対応

      

ENGLISH COMPANYと同じ経営母体を持つ、コンサルティング特化型スクール「STRAIL(ストレイル)」。

ENGLISH COMPANYがコーチングとトレーニングの両輪で英語力を伸ばすのに対し、STRAILはコンサルタントのコーチングサポートを受けての自主学習がメインとなります。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトは変わらず、毎日の自主学習時間は1~1.5時間の超高密度学習により、3ヶ月集中でTOEICのスコアを伸ばすことが可能となります。

ストレイルでは英語力をフェーズごとに捉え、該当するフェーズごとに最適学習を実施するストレイルメソッドを採用。

第二言語習得論に基づいた科学的アプローチによる英語学習でリーディング・リスニングを強化し、TOEIC完全対応のオリジナル教材を利用して、小手先のテクニックに頼らない本質的な英語スキルを鍛えます。

国内外の大学・大学院で言語習得領域を修了した専門知識を持つコンサルタントが揃っていて、たとえば医師が症状から病気の原因を特定して処置方法を決めるように、受講生の英語が苦手な原因を特定し、課題解決に最適な学習方法=処方箋を提示。

常に最適な学習を継続することで、最短期間でスコアを伸ばすことを可能とします。

コンサルティングに特化している分、料金は月額約10万円とコーチングスクールの中では平均的な部類。スマートに効率的な学習でTOEICのスコアを伸ばしたい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

【英語コーチング特化】STRAIL(ストレイル)の効果や評判を紹介

ストレイル(STRAIL)の割引キャンペーンについて

公式サイト

STRAIL

 

\無料カウンセリング実施中/

ストレイルはこちら

          

5位 TOEIC対策特化型スクール「テック英語」

入会金無料
料金248,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回
校舎なし
オンラインオンライン受講対応

 

テック英語は、TOEIC専門のオンライン完結型の英語コーチングスクールです。

3ヶ月集中でTOEICのスコアを大きく伸ばすことを目的としたスクールで、講師全員がTOEIC 950点以上取得者とTOEIC対策に精通しているのが大きな特徴となります。

受講生一人ひとりに最適な特別カリキュラムを作成し、週1回のレッスンと毎日のチャットサポートで徹底的に英語学習を実施。最短期間でスコアを伸ばすことを可能にします。

テック英語は完全オンラインのサービスを提供しているため、受講料金が比較的リーズナブル。総額248,000円で丁寧なコーチングを受けられるのは、テック英語ならではの魅力です。

独学での英語学習に挫折した経験がある方、どれだけ勉強してもスコアが伸びない方、今すぐにでもスコアを伸ばしたい方など、本気でTOEICのスコアをアップさせたい気持ちがある方は、ぜひテック英語の受講を検討してみてください。

 

関連記事

テック英語(TEC英語)|TOEIC専門コーチングの評判や魅力

公式サイト

テック英語

  

\無料説明会に参加でAmazon券プレゼント/

テック英語はこちら

   

予算重視なら「スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン」

入会金無料
コースパーソナルコーチプラン
料金・期間3ヶ月:  74.800円
6ヶ月:107,800円
コーチング週1回
レッスンなし
オンラインオンライン完結

      

スタディサプリは英語学習アプリをベースに様々なプランを提供している英語スクールです。

日常英会話、TOEIC対策、ビジネス英語など様々なコースを展開している中、パーソナルコーチングプランはTOEIC対策に特化。コーチング内容や教材はTOEIC専用となりますので、TOEICのスコアを上げたい方には間違いないサービスとなります。

アプリをベースに学習を進めていくので、受講料が非常に安いのが魅力的。コストパフォーマンスで言えば非常に高いスクールです。

また、TOEIC満点を取っているコーチが複数在籍し、コーチ陣がTOEIC対策に熟知しているのも魅力の一つ。英語教育経験やTESOL(英語教授法)を修了しているなど、英語指導の実績も豊富です。

その知見を活かしてスコアアップのコツはもちろん、本質的な英語をアドバイスしてくれるので、実力が着実に伸びるプログラムです。チャットツールを通して専属コーチが毎日サポートしてくれるので、日々の学習の質問や疑問はすぐに解消できますよ。

7日間無料体験を実施中なので、とりあえず無料体験を試してみて、サービスが合いそうならスタディサプリを続けてみるのがおすすめです。 

 

関連記事

【TOEIC対策】スタディサプリENGLISHパーソナルコーチプランの口コミ・評判

公式サイト

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン

  

\7日間の無料体験実施中/

スタディサプリはこちら

  

7.まとめ:最高の環境でTOEICの高スコアを目指そう

まとめ

 

当記事では、TOEIC350点はやばいのか、350点の英語レベルについて解説してきました。

TOEICの高スコアを取得するためには、英語が苦手な原因の分析と解決するための最適な学習を継続することが大切です。

そのような効果的なトレーニングは独学ではなかなか難しいため、短期間で確実に英語の実力を身に付けてスコアを伸ばしたい方は、ぜひコーチングスクールの受講を検討してみてくださいね。

受講料金が高いスクールも多いですが、なにより大切なのはあなたがTOEICの高スコアを取得して、あなたの理想や目標を達成することです。

せっかく英語を勉強する気持ちがあるのですから、最高の環境で最高の結果を出しましょう。

  

TOEIC対策におすすめのスクール

 

1位「Liberty English Academy」

【公式サイト】https://www.liberty-e.com/

米国アイビー・リーグのコロンビア大学が認めた「グラマーテーブル」により、英語ネイティブの教養人が感覚的に身に付けている英語の構造や規則を完璧に身に付ける。

短期間でTOEIC 900点以上を目指すことも可能。

 

2位「ENGLISH COMPANY」

公式サイト:https://englishcompany.jp

言語習得のプロフェッショナル集団による科学的手法に基づくパーソナルトレーニングにより、1日1~1.5時間の学習で英語を身に付ける。

少人数トレーニングのセミパーソナルコースなら最安月額44,000円とコスパも◎。

 

3位「トライズ

【公式サイト】https://toraiz.jp/

日本人の専属コンサルタントと英語ネイティブの専属レッスン講師のサポートを受けて、2ヶ月集中でスコアアップを目指す。

最大200点アップのスコア保証制度があるため、確実にスコアを伸ばしたい方におすすめ。

 

予算が少ない方におすすめ「スタディサプリパーソナルコーチング」

【公式サイト】https://eigosapuri.jp/toeic/personal-coach/

6ヶ月プログラムなら月額2万円以内で高品質なパーソナルコーチングを受けられる。

予算が厳しい方に◎。

 

    -英語コーチングスクール