オンライン英会話

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

英語

【オンライン英会話】全く話せない人におすすめのスクール7選

2023年3月18日

こんにちは。

当記事では、オンライン英会話で全く話せない人におすすめのスクールを7校に厳選してご紹介します。

結論から言うと、英語が全く話せない人は専属コンサルタントがついて丁寧に英語学習をサポートしてくれる「英語コーチングスクール」のオンライン受講をおすすめします。(通学受講もあり)

ネイティブキャンプ・DMM英会話・レアジョブ英会話などの格安のオンライン英会話が有名ですが、ハッキリ言ってしまえば、英語が全く話せない人がオンライン英会話を受講しても大半の人が挫折します。

月額が安いオンライン英会話を選んでも「安物買いの銭失い」の上、時間も無駄にしてしまう可能性が非常に高いので、本気で英語を話せるようになりたい人は、最初から高品質なサービスを提供しているコーチングスクールを選ぶようにしましょう。

この記事では、人気のオンライン英会話を選ばない方が良い理由と、コーチングスクールをすすめる理由を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

【超本音で語る】英語コーチングおすすめ22社比較ランキング

   

目次

1.全く話せない人にオンライン英会話をおすすめしない3つの理由

オンライン英会話で全く話せない理由

 

まずは、オンライン英会話で全く話せないで悩んでいる人や、英語が全く話せないからオンライン英会話の受講を検討している方に、なぜ初心者はオンライン英会話が難しいのか、その理由について解説していきます。

 

1-① 全く話せない人にオンライン英会話は難しい(挫折率96%)

まず結論として、オンライン英会話で全く話せない大きな要因は、英語を話せない人にとってオンライン英会話が難しすぎることです。

ネイティブキャンプ・DMM英会話・レアジョブ英会話などのオンライン英会話は月額1万円以内で毎日レッスンを受けられることから、一見すると非常にお得に思えます。

事実、これらのオンライン英会話は累計登録者数が100万人を突破している超人気スクール。お手軽に始めやすいですし、みんなが受けているなら、自分も受けてみようという気持ちになるでしょう。

ですが、市場調査のデータを公開している機関のMMD研究所が実施した調査では、オンライン英会話の挫折率が94%であることが判明しています。

 

3ヶ月未満25.6%
3ヶ月以上6ヶ月未満44.8%
6ヶ月以上9ヶ月未満20.0%
9ヶ月以上1年未満3.6%
1年以上6.0%

参考:オンライン英会話に関する利用実態調

 

なぜほぼ全ての日本人がオンライン英会話に挫折するのかといえば、フリートークがメインのオンライン英会話は、英語を話せることが前提のサービスだからです。

オンライン英会話とは、英語を話す知識を持っている人が、実践的な環境でその知識をアウトプットする場所です。

英語を話せない人は、そもそも英語を話す知識が不足しているので、オンライン英会話で効果的なレッスンを受けられるはずがありません。

つまり、英語を話せない人がオンライン英会話に挑戦するのは順番が間違っていて、まずは知識を身に付けるインプット学習が必要になるわけです。

インプット学習を飛び越えてオンライン英会話に挑戦しても「自己紹介と今日あった出来事をカタコトの英語で話すだけ」「なんとか単語を並べて言いたいことを伝える」「講師の話に愛想笑いを浮かべて相槌を打つだけ」といったレッスンで終わってしまいます。

なんとなく英語学習を頑張った気持ちになりますが、このようなレッスンを何十回も何百回も繰り返しても、英語を聞き取れるようにも英語を話せるようにもなりません。

そして、学習効果を感じられずにモチベーションが落ちて、数ヶ月もすれば挫折してしまう。

これが格安のオンライン英会話を選ぶ人の大半が陥ってしまう問題となります。

 

1-② 効果的な学習ができない

格安のオンライン英会話では、ほぼ効果的な英語学習ができません。

多くの人が誤解していますが、英語はたくさん聞いても聞き取れるようにはなりませんし、たくさん話せば話せるようになるわけでもないのです。

つまり、オンライン英会話を100回したから英語を話せるようになるとか、1年間続けたから英語を話せるようになるということは全くありません。

ネイティブの英語を聞き取ったり、自然な英語を話せるようになったりするためには、自分が英語ができない原因を一つずつ解決する適切な英語学習が必要になります。

たとえば、英語を聞き取れないといっても、ネイティブの発音が身に付いていないのか、単語や文法の知識が不足しているのか、長い文章を英語の語順で理解する力が不足しているかなど、様々な原因があります。

もし、ネイティブの発音が身に付いていないのであれば、まずは英語の音声変化・アクセント・イントネーション・リズムなどを丁寧に学んでいく必要があります。

このように、英語を話せるようになるためには、目的意識を明確にした英語学習が欠かせません。

オンライン英会話はフリートークがメインであり、もし何か学習内容を決めて勉強したいのであれば、自分からその内容を講師に提案する必要があります。

ですが、英語を話せない人はそもそも自分が英語を話せない原因が分からないため、自分にとって最適な学習内容を提案することができません。

このように、なにを勉強したら良いのか明確ではない人が、オンライン英会話を繰り返しても効果が出ないため、英語を全く話せない人にオンライン英会話はおすすめではないのです。

 

1-③ 日々の学習サポートが全くない

英語を全く話せない日本人が英語を身に付けるためには、約1,000時間の英語学習が必要と言われています。

アメリカ国務省附属機関の調査では、アメリカ人にとって日本語は習得最難関レベルの「super-hard languages」と認定されています。

   

 必要な学習時間言語
Category I600-750時間デンマーク語・ドイツ語・フランス語
イタリア語・ノルウェー語。ポルトガル語
ルーマニア語・スペイン語・スウェーデン語
Category II900時間ドイツ語・ハイチ語・インドネシア語
マレー語・スワヒリ語
Category III1,100時間その他の言語
Category IV2,200時間日本語・アラビア語・中国語
広東語・韓国語

(出典 : Foreign Language Training - United States Department of State

  

英語ネイティブにとって日本語が習得最難関ということは、日本語ネイティブにとっても英語が習得最難関であることに他なりません。

2,200時間から学生時代の学習時間の1,200時間を差し引くと1,000時間となり、社会人で英語が全く話せない人は、これから1,000時間の英語学習が必要になります。

仮に毎日2時間の英語学習をした場合、1,000時間÷2時間=500日かかる計算となるわけですが、オンライン英会話を毎日25分受けたとしても、残りの1時間35分は自主的に勉強しなければなりません。

つまり、1年や2年で英語を話せるようになるためには、レッスン時間よりも自主学習時間の方が圧倒的に長くなるわけです。

言い換えれば、自主学習の質が英語を話せるようになるかどうかを大きく左右します。

オンライン英会話は月額1万円前後と格安な分、レッスンを提供するだけで、自主学習のサポートが全くありません。

英語を全く話せない人は、そもそも英語を話せるようになるための効率的な勉強方法がわからないのに、なんとなくオンライン英会話のレッスンを受けるだけで、しかも最も大切な自主学習のサポートもない状態では、効率的に英語を話せるようになるのは非常に難しいのです。

 

2.全く話せない人がオンライン英会話を選ぶ間違った5つの基準

オンライン英会話

 

次に、オンライン英会話を選ぶ間違った基準について解説していきます。

他のサイトではオンライン英会話を選ぶ基準として紹介されていますが、本気で英語を話せるようになりたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

2-① 月額料金が安いか

英語を全く話せない人は、英会話に慣れるために「月額料金が安いスクールを選びましょう」と推奨している人もいます。

ですが、前述の通り、月額料金が安いオンライン英会話はレッスンのみの提供で自主学習のサポートがないうえ、英語が全く話せない人はそもそも効果的なレッスンを受けることができません。

むしろ、英語が全く話せない初心者だからこそ、受講料金が高くてもサポートがしっかりとしているスクールを選んだ方が、英語を話せるようになる可能性が断然高くなります。

英語が話せないからこそ、質が高いスクールを選ぶべきというのを一つの基準にしましょう。

 

2-② 無料体験があるか

今現在、ほぼ全ての英会話スクールで無料体験を実施しているので、無料体験があるかどうかはスクール選びの基準には全くなりません。

そもそも、英会話スクールに入会するためにはほぼ必ず「無料体験の受講」 ⇒ 「納得したら入会」という流れになるので、興味があるスクールはそれぞれ無料体験を受けることをおすすめします。

無料体験を受けても入会を強制されることは全くありえないので、自分でしっかりと無料体験を受けて、自分で納得したスクールを受講するのが間違いない方法です。

 

2-③ 講師の質と在籍数を確認

講師の質と在籍数の確認をしても、あまり効果があるとは言えません。

その理由は、格安のオンライン英会話の講師は非正規雇用のアルバイトであることが大半だからです。

様々なスクールで「厳しい採用基準」「充実した研修」などとアピールしていますが、結局、良い講師に合うかどうかは運次第という側面が大きいです。

もちろん、非常に優秀な講師もいますし、逆にやる気がなかったり、嫌味をいってくるような講師もいます。

ただ、問題となるのは、多くのオンライン英会話では優秀な講師はすぐに予約が埋まってしまうことです。

優秀な講師を予約しようとすると、毎回1,000円の予約料がかかるなどして、結果的に月額が3万円にも4万円にもなってしまう可能性もあります。

つまり、いくらそのスクールに多くの講師が在籍していても、非常に質の高い講師がいても、その講師からレッスンを受けるためには高い予約料を支払う必要があるため、それなら、最初からサポートが充実している高品質なスクールを選んだ方が圧倒的に良いサービスを受けられます。

  

2-④ 日本語ができる講師やサポートがあるか

全く英語が話せない人は、日本人から英語指導を受けた方が良いという基準自体は正解だと思います。

前述の通り、英語が全く話せない人は、英語を話すというアウトプットの段階に至っていないため、まずは単語・文法・発音などのインプット学習が必要です。

効率的なインプット学習を実施するためには、同じく日本人として英語を勉強して英語を身に付けた人から指導してもらうことで、効率良く英語を話せるようになるために知識が身に付きます。

ただし、日本人で英語を話せる人の中でも英語指導の経験が豊富な人もいれば浅い人もいますし、言語習得に関する知識がある人もいればない人もいます。

つまり、スクールを選ぶ基準は日本語ができる講師やサポートがあるかではなく、英語指導のプロフェッショナルである日本人講師がいるかどうかです。

 

2-⑤ 全く英語が話せない初心者向けの教材やコースがあるか

この基準は半分正解と言えます。

たしかに、現在の英語レベルによって学習内容は変わってきますから、初心者コースや初心者向けの教材があれば、初心者帯のレベルに沿った英語学習をできるという点で基準の一つとなります。

しかし、これも前述の通り、英語を話せるようになるためには、その人が英語が話せない原因の特定と、その原因を解決するための最適な英語学習を実施することが必要不可欠です。

つまり、ただ初心者向けの教材を使ってオンライン英会話を受けるだけでは、その教材を使ったレッスンが自分にとって最適な学習であるとは限りませんし、初心者コースを受けたとしても、決められた学習内容を学ぶだけでは、人によっては効果があるけれど、人によっては効果がないといった可能性があります。

全く英語が話せない人がスクールを選ぶ基準としては、ただ初心者向けの教材やコースがあるだけではなく、講師がしっかりと付いてくれて、英語ができない原因の発見や解決をサポートしてくれるかどうかを重視しましょう。

   

3.英語を全く話せない人がオンライン英会話を続けるデメリット

化石化

  

月額料金の安さに惹かれて格安のオンライン英会話を受講した場合、次の3つのデメリットを受ける可能性があります。

 

3-① 英語が嫌いになる・英語に挫折する

本来、英語は誰にでも身に付けられるものです。もちろん、すぐにネイティブレベルに到達するのは難しいですが、正しい順番で適切な英語学習をすれば、コミュニケーションが問題ないレベルには誰でも到達できます。

ところが、いきなり格安のオンライン英会話に挑戦して挫折すると、その人には英語に対する強い苦手意識が残ります。

心理学の用語で「メンタルブロック」と言い、英語を話すことに対して心のブレーキが生じてしまうのです。

自分には英語は話せない。英語なんて習得できるわけがない。英語を話すのが怖い。

このような精神状態になると、英語学習を続ける気は失せてしまいます。

オンライン英会話を続けても「上手く話せなかった」「講師と気まずい雰囲気になった」「嫌味を言われた」というトラウマが、英語を勉強しようという気持ちを妨げてしまうのです。

英語学習の順番を間違えていきなりオンライン英会話に挑戦すると、英語学習に挫折して諦めるという大きなデメリットがあるわけです。

 

3-② 英語の化石化(Fossilization)が起きる

英語を全く話せない状態で英会話を続けていると、英語の化石化(Fossilization)が起きます。

脳の性質上、間違った表現が定着してしまうと、なかなか誤りを修正できなくなってしまうのです。

たとえば、間違った発音やめちゃくちゃな文法など、講師になんとか言葉を伝えようと繰り返し何度も話しているうちに、そのまま間違った英語のクセが染みついてしまいます。

全く英語が話せない受講生を相手にする場合、いちいち間違いを指摘していたらキリがないので、講師側は気を遣ってまずは英会話を続けようとしてくれます。

その気遣い自体はありがたいかもしれませんが、そうすると受講者はいつまでも間違いに気が付かないため、誤った英語の表現が定着してしまうリスクがあるのです。

   

3-③ 時間を無駄にする

英語を全く話せない人が月額1万円のオンライン英会話を選んだり検討したりする主な理由は「料金が安いから」です。 

ですが、本来、受講料金の安さは基準にはなりません。英語を話せるようになることが目的なのに、料金を基準にしてスクールを選ぶのは、根本的に優先順位が間違っています。

もちろん、人によって予算が違いますし、受講料金が高ければ良い、安ければ悪いというわけではありません。受講料金が高すぎるスクールは避けるべきですし、スクールのコスパの比較はとても大切です。

ですが、月額料金がきつくても、多くのスクールは分割払いで月額1~2万円で受講できます。

また、英語を話せるようになれば就職・転職・昇格・異動・海外駐在などで年収が一気に上がる可能性があります。たとえすぐには年収が上がらないとしても、英語ができるようになって人生の選択肢は大きく広がりますし、得られる経験も増えていきます。

格安のオンライン英会話を受講しても、なかなか英語が話せるようにはならず、時間を非常に無駄にしてしまう可能性があります。

ゆっくりと何年もかけて英語学習をする気だったり、趣味レベルの英会話力を身に付けたいのであれば、格安のオンライン英会話を選ぶのも良いと思いますが、もし、ビジネスでも通用する英語力を数ヶ月~半年の短期間で身に付けたいのであれば、サポートの質が高い英語コーチングスクールの受講を検討しましょう。

  

4.オンライン英会話で全く話せない人の良くある勘違い

英語 順番

 

次に、オンライン英会話を選ぼうとしてしまう人の良くある勘違いについて解説していきます。

 

4-① 英語にたくさん触れれば英語は話せるようになる

前述の通り、英語を話せない状態でいくら英会話レッスンに挑戦しても、英語を話せるようにはなりません。

月額1万円以内で毎日レッスンが受けられるのは「レッスンの量」だけ見ればお得かもしれませんが、そのレッスンが英語ができない原因の解決という効果的なものでない限り、英会話力は伸びません。

  

4-② 恥ずかしがらずにハキハキ話せば効果がある

英語を話すことに恥ずかしさを持たないことは大切ですが、恥ずかしがらずに間違った英語を話していると、化石化が起きて間違った発音や文法が定着し、正しい英語を話せなくなる恐れがあります。

ハキハキと大声で話せば英語が身に付くのではなく、正しい発音、正しい文法で正確な英語を話すことが重要であり、そのためには前提として英語を話せるようになるために基礎知識を身に付ける学習が必要不可欠です。

精神論で何とかなるという思い込みは捨てましょう。

 

4-③ オンライン英会話が辛くても続けていれば話せるようになる

英語が全く話せない人にとって、オンライン英会話の一回一回のレッスンは辛いでしょうし、ストレスが溜まるものだと思います。

それでも、苦しさを乗り越えて頑張って続ければ、いつかは英語が話せるようになると信じてるかもしれませんが、効果が薄いレッスンをいくら続けても英語は話せるようになりません。

オンライン英会話が辛い・苦しいと感じてしまう原因は、そもそも英語が話せないからであり、英語が話せないのに英語をたくさん話すというレッスンを受ける事自体が間違っています。

まずは、英語を話せるようになるための知識が身に付くインプット学習を優先して実施しましょう。

   

5.全く話せない人におすすめは英語コーチング

英語コーチング

   

英語が全く話せない人におすすめなのは、日本人の専属コンサルタントがついて英語学習を丁寧にサポートしてくれるコーチングスクールの受講です。

コーチングスクールは近年ではビジネスパーソンを中心に人気を集めており、仕事が忙しい中、短期集中で英語を話せるようになりたい人に適したサービスを提供しています。

ここからは、コーチングスクールの受講をおすすめする理由について解説していきますので、引き続き参考にしてみてください。

  

5-① 英語習得の「再現性」がある指導

2024年時点、英語コーチングスクールは通学型・オンライン完結型を含めて30社以上存在します。

それぞれのスクールに特色がありますが、共通するのは最短1ヶ月、最長でも1年という短期間で英語習得を目標とすることです。

そもそも、日本人が英語が壊滅的に苦手な理由は、英語と日本語が根本的に遠く離れた言語であることにあります。

アルファベットを使用する英語と漢字や平仮名を使用する日本語は根本的に言語のルーツが異なります。言語の親和性が全くないため、単語・文法・発音などの基礎から勉強する必要があるわけです。

日本語と親和性がない言語を身に付けるわけですから、間違った勉強法や効率の悪いやり方で頑張っても、一向に英語は上達しません。言い換えれば、ほとんどの日本人は学校教育からずっと非効率的な勉強をしているから、いつまでも英語が話せないのです。

それでいきなりオンライン英会話スクールに挑戦しても挫折するのは当然です。

そこでおすすめなのが、英語指導のプロフェッショナルである専属コンサルタントが、「英語習得者の学習方法の再現性」がある指導をしてくれるコーチングスクールです。

学校教育から続く非効率的な英語学習とは異なり、英語習得者が英語を身に付けた方法を受講生に再現させるため、誰でも習得可能な言語を正しい方法で効率的に身に付けることができるのが大きな魅力となります。

   

5-② PDCAサイクルを回して効率よく学習

コーチングスクールでは、専属コンサルタントのサポートのもと、適切なPDCAサイクルを回すことで効率的に英語を話せるようになることを目指します。

  

PLANレベルや目標に合わせて、最適な学習計画を策定
DO学習計画をベースに自主学習や英会話レッスンを実施
CHECK定期カウンセリングや定期テストで進捗状況の確認
課題や弱点の発見・検証
ACT発見された課題解決・弱点克服のために学習計画を修正

  

英語が話せないといっても、受講生によって「単語の知識不足」「文法の理解不足」「発音が苦手」など弱点や課題が異なります。

そこで、コーチングスクールではカウンセリングやテストで受講生の弱点や課題を分析。専属トレーナーが目標達成に最適なオリジナルカリキュラムを作成してくれます。

そして、カリキュラムに沿ってインプット学習を実施して、定期カウンセリングや定期テストで常に進捗状況を確認。弱点克服・課題解決のために学習計画を修正し、日々の学習に落とし込んでいくのです。

このように適切なPDCAサイクルを回しつつ、英語学習にかんする疑問や悩みにもいつでも対応してくれるため、モチベーションを保ちながら効率的に英語を身に付けることが可能となります。

     

5-③ 科学的理論に基づいた学習メソッド

英語コーチングスクールの特徴は、第二言語習得論に基づいた科学的なアプローチで英語の効率的な習得を目指すことです。

     

第二言語習得論

人間がどのように第二言語を習得していくのか、言語学・心理学・認知科学などの科学的観点から追求する学問。

「聞く」「読む」というインプット学習を実施した上で、「書く」「話す」というアウトプット学習を進めることで、効率的な英語習得を実現する。

   

言語学者のスティーブン・クラッシェンが提唱した第二言語習得論の仮説の中にインプット仮説というものがあります。

インプット仮説とは、現在よりも一段階レベルの高いインプット学習を実施することで、自然に第二言語が進歩するという説です。

英語を話せるようになるのは、単語や文法などのインプット学習の結果であり、インプット学習のレベルを段階的に上げていけば、自然と英語を話せるようになる言います。

この仮説によれば、アウトプット学習を重視するオンライン英会話をいくらこなしても、英語習得には近づきません。

仮説なので本当にアウトプット学習が必要ないのか議論は残っていますが、少なくともインプット学習が非常に重要なのは明らかとなっています。

コーチングスクールでは第二言語習得論をベースに、一人ひとりに最適な学習カリキュラムを作成しているため、科学的にも効果が高いインプット学習を実施できます。   

「知っている英語」を「会話で使える英語」に落とし込み、正確な英語が自然と出てくるようになるまで、徹底的に単語・文法・発音などのインプット学習を継続。

言語習得のプロフェッショナルである専属コーチのサポートを受けて、英会話に必要な正しい知識を習得し、短期間で英語を身に付けることを可能とするのがコーチングスクールなのです。

      

6.英語が全く話せない人におすすめのオンライン英会話

オンライン英会話スクール

  

ここからは具体的におすすめのコーチングスクールをランキング形式でご紹介していきます。

興味があるスクールがあれば、ぜひそれぞれ無料カウンセリングを受けてみてください。

無料カウンセリングを受ければスクールのサービス内容や雰囲気がよく分かりますので、最も自分に合うと感じたスクールを受講するようにしましょう。

やっぱり、自分が納得したスクールを受講するのが最もモチベーションが高まりますから。

なお、この記事で紹介する全てのコーチングスクールはオンライン受講に対応しています。通学受講も可能なスクールもありますので、自分に合う受講スタイルを選ぶようにしましょう。

   

1位 言語習得の専門家によるトレーニング「ENGLISH COMPANY」

    

入会金55,000円
コース・期間・料金【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :561,000円
180日間集中:679,800円

【セミパーソナル】
初級(6ヶ月):264,000円
中級(3ヶ月):231,000円
上級(3ヶ月):242,000円

コーチング・
トレーニング
【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :週2回×90分(計24回)
180日間集中:週1回×90分(計24回)

【セミパーソナル】
初級:週1回×120分(計24回)
中級:週1回×120分(計12回)
上級:週1回×120分(計12回)

校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田
【兵庫】神戸
【京都】四条烏丸
オンラインオンライン受講対応

       

日本の教育業界の最大手「ベネッセホールディングス」のグループ企業であり、企業としての信用度が非常に高い「ENGLISH COMPANY」。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されている、超効率的な英語学習を実現したコーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYはスパルタな英語学習ではなく、科学的根拠に基づく効率的な学習を実施します。1日3時間の自主学習を求めるコーチングスクールが多い中、ENGLISH COMPANYの目安の学習時間は1日1~1.5時間。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出せるため、仕事で忙しい方にこそ非常におすすめなスクールです。

「1日3時間の学習をすれば、誰だってそれなりに英語ができるようになります。ですが、私たちENGLISH COMPANYは、少ない学習時間で英語を身に付けてもらうのが英語コーチングの本質だと考えています。だって、できるなら少ない時間で英語を習得できた方が絶対に良いですよね?」

このように話すENGLISH COMPANYのトレーナー陣は、第二言語習得論・認知言語学・応用言語学・言語心理学などの学問領域を国内外の大学で修めており、トレーナーの言語習得に関する専門性は他のスクールの追随を許しません。

最も人気なコースはパーソナルトレーニング90日間ですが、予算が厳しい方はセミパーソナルコースもおすすめ。

セミパーソナルコースは最安月額44,000円という圧倒的にリーズナブルな価格で最高峰のトレーニングを受けることができるほか、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨してレベルを高め合うこともできます。

3ヶ月でTOEICのスコアが300点以上伸びている受講生も多く、実績も申し分なし。

短期集中でマンツーマンのトレーニングを受けるならパーソナルトレーニングコースを、予算抑えめでリーズナブルに少人数のトレーニングを受けるならセミパーソナルコースを選びましょう。

 

関連記事

【取材】ENGLISH COMPANYは効果なし?|イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーの割引・入会金無料キャンペーンについて

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料カウンセリング実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

    

2位 圧倒的な実績「Liberty English Academy」

   

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
アドバンス:792,000円
期間ショート :3ヶ月(計24回レッスン)
ベーシック:6ヶ月(計48回レッスン)
アドバンス:9ヶ月(計72回レッスン)
コーチング週1回
レッスン週2回×90分
校舎三田(東京都港区)
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと並んでおすすめなスクールが、英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは特に資格試験の実績が圧倒的で、短期間の受講でもTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上の達成者が続出してます。

ハーバード・コロンビア・イエール・スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることが実績として証明済み。英会話目的の受講ももちろん可能です。

受講料は6ヶ月間のコースで入会金を含めて約60万円。社会人は一般教育訓練級金制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてください。

入会金最大無料キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。

この金額が出せるのであれば、間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐに取り戻せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

リバティはこちら

    

3位 高品質なコンサルティング「STRAIL(ストレイル)」

    

入会金55,000円
コースビジネス英語コース
TOEIC L&R TESTコース
初級者コース
料金297,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回×60分
校舎【東京】新宿・銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと同じ経営母体を持つコンサルティング特化型スクール「STRAIL(ストレイル)」。

ENGLISH COMPANYがコーチングとトレーニングの両輪で英語力を伸ばすのに対し、ストレイルは言語習得の専門家によるコンサルティングを受けながらの自主学習がメインとなります。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトも変わらず、毎日の自主学習時間が1~1.5時間の超高密度学習により、3ヶ月集中で英語力を伸ばすことが可能です。

ストレイルでは英語力をフェーズごとに捉え、該当するフェーズごとに最適学習を実施するストレイルメソッドを採用。

第二言語習得論に基づいた段階的なインプット学習でリーディングとリスニングを強化し、フェーズが上がってきたらスピーキングとライティングを鍛えていくことで、効率的に英語力を伸ばしていきます。

国内外の大学で言語習得の学問を専攻した専門知識を持つコンサルタントが揃っていて、医師が症状から病気の原因を特定して処方箋を決めるように、受講生の英語が苦手な原因をピンポイントで特定し、課題解決に最適な学習方法を提示。

常に最適な学習を継続することで、最短期間で本質的な英語力を身に付けることができるのが大きな魅力です。

コンサルティングに特化している分、月額約10万円と平均的な受講料である上、ビジネス英語コースは教育訓練給付制度の利用で70,400円の給付金が支給されるため、総額281,600円という格安料金でコーチングを受けることができます。

予算を抑えつつ、効率的にビジネス英語を身に付けたり、TOEICのスコアを伸ばしたい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

【英語コーチング特化】STRAIL(ストレイル)の効果や評判を紹介

ストレイル(STRAIL)の割引キャンペーンについて

公式サイト

STRAIL

 

\無料カウンセリング実施中/

ストレイルはこちら

   

4位 予算重視なら「フライト英会話」

    

入会金通学プラン   :33,000円
オンラインプラン:  5,500円
コース・料金【通学プラン】
ライト  :14,300円
レギュラー:26,180円
プレミアム:54,780円

【オンラインプラン】
ライト:   7,150円
レギュラー:12,650円
プレミアム:21,890円

レッスンライト  : 月4回×25分
レギュラー: 月8回×25分
プレミアム: 1日1回×25分
期間月額制
カウンセリング定期的
校舎【東京】恵比寿
オンラインオンライン受講対応

 

フライト英会話は恵比寿に校舎を構えるマンツーマンレッスンを主体とする英会話スクールです。

恵比寿駅から徒歩1分と立地が良いため通いやすく、仕事帰りに気軽に通えるのもポイント。通学プランよりも安いオンラインプランも用意されていますので、恵比寿校に通えない方もフライト英会話を受講することが可能となります。

フライト英会話の最大の特徴は、日本人のカウンセラーとフィリピン人の講師がチームを組んで英語学習をサポートしてくれる点です。

ネイティブキャンプ・レアジョブ英会話・DMM英会話などの格安のオンライン英会話はフリートークのレッスンを繰り返すだけで、受講者の悩みや不安を解消してくれるサポートがありません。レッスンのみ提供するサービスでは、「英語を話せるようにならない」「英会話レッスンが怖い」「英語学習が続かない」という悩みが解決されないので、大半の人は挫折してしまいます。

ですが、フライト英会話は日本人カウンセラーが丁寧にサポート。カウンセリングで英語学習における目標・悩み・学習経験などのヒアリングが行われ、あなた専用のカリキュラムを作成してくれるため、英語が話せるようになるまでの道筋がハッキリします。

さらに、いつでもカウンセラーに学習相談ができたり、英文の添削などをお願いすることができますので、高いモチベーションを保って英語学習を続けることが可能です。

正確に言えば、フライト英会話はコーチングスクールではありません。他のおすすめのコーチングスクールと比較するとサポート量は少なめでが、その分、最安料金で7,150円とコスパは抜群。

高品質なサービスを受けたいけど予算が限られているという方は、ぜひフライト英会話の受講を検討してみてください。カウンセラーがいるかいないかで、英語力の伸びは全く異なってくるはずです。

  

関連記事

フライト英会話の口コミや評判は?|恵比寿の英会話スクール

公式サイト

PHLight(フライト)英会話

 

\無料体験レッスン実施中/

フライト英会話はこちら

   

5位 1年間で本物の英語力を身に付ける「トライズ」

   

入会金55,000円
コース英語コーチング本科
英語初心者
ビジネス英語上級
TOEIC対策プログラム
TOEFL対策
IELTS対策
英語プレゼン/学会発表
実践ファシリテーション
発音クリニック
インターナショナルスクール対策
ワーホリ準備英語
料金299,900~1,580,100円
期間3ヶ月~12ヶ月
コーチング毎週 / 隔週
レッスンプライベート:週0~5回
グループ  :受け放題
校舎【東京】 六本木・東京丸の内・新宿
     銀座・日本橋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋
【大阪】 梅田
【福岡】 福岡天神
【沖縄】 沖縄
オンラインオンライン受講可能

    

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「トライズ」。

英語コーチング本科は1日3時間、1年間で1,000時間の英語学習を目安に設定し、求める学習量はコーチングスクールの中でも随一です。

商社・外資系コンサル・IT・メーカー・製薬・医療・金融など幅広い業種のビジネスパーソンが受講しており、ビジネス英語やTOEIC・TOEFL・IELTSなどの試験を集中して学ぶ最高の環境が整っています。

トライズは専属のネイティブ講師によるマンツーマン英会話レッスンを受けられるのも魅力的。ネイティブ講師は大学や省庁で指導実績もあるプロフェッショナルなので、ハイレベルなレッスンを1年間継続することで英語力の向上が見込めます。

マンツーマンレッスンのほか、グループレッスンは受け放題で、実践形式のアウトプット学習が非常に多いのも特徴です。日本人専属コンサルタントが毎日の英語学習を丁寧にサポートしてくれるため、初心者でも1年間でネイティブと会話できるレベルまで成長することが可能となります。

割引キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、英語コーチング本科の12ヶ月プランは月額10万円以下と平均的な料金で受講できます。しかも、専属コンサルタントのサポートと専属ネイティブコーチのマンツーマンレッスンを含んだ料金なので、コスパは非常に高いです。

初心者でもネイティブと会話できるまで成長することが可能なスクールなので、本気で英語を話せるようになりたいという強い意志を持っている方は、ぜひトライズを検討してみてくださいね。

  

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

     

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

    

6位 ビジネス英語習得におすすめ「スマートメソッド」

  

入会金無料
料金594,000円
期間16週間
コーチング合計5回
レッスン週5回×50分(計80回)
オンラインオンライン完結

 

大手オンンライン英会話スクールのレアジョブが提供する英語コーチングサービス「スマートメソッド」。

TOEICの点数はそこそこ高かったり、英語の読み書きはある程度できるのに英会話が絶望的に苦手という方が、ビジネスで不自由なく英語を話せるレベルまで英会話力を伸ばすことが可能なスクールです。ビジネス英語特化型のプログラムで、マンツーマンの英会話レッスンをメインに専属講師が受講生の英語力を徹底的に鍛えてくれます。

月額148,500円と受講料金は高めですが、1回50分間の英会話レッスンを週5回・合計で80回実施するので、レッスンの量は圧倒的。

レッスンはただ英語を話すのではなく「発話の質 6項目」を大事にし、表現の幅・議論の論理性・意見の一貫性など、ビジネス英語として重要な「自分の意見を論理立てて分かりやすく伝える能力」を強く意識します。

レアジョブの正社員である優秀な講師が弱点や課題を丁寧にフィードバックをし、次のレッスンではフィードバックを活かしたレッスンを実施できるので、段階的にビジネス英語を身に付けることができます。

とにかく実践的なレッスンで英会話力を伸ばすプログラムなので、ビジネス英語を習得したい方にスマートメソッドが非常におすすめです。

  

関連記事

【体験談】レアジョブ スマートメソッドの口コミや評判は?|SMART Method

公式サイト    

【レアジョブ英会話】オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

   

\無料カウンセリング実施中/

スマートメソッドはこちら

  

7位 コスパ最強「マネーイングリッシュ」

     

入会金無料
コースベーシックプラン
プレミアムプラン
料金【ベーシックプラン】
月額:54,780円(6ヶ月契約)
月額:65,780円(単月契約)

【プレミアムプラン】
月額:109,780円(6ヶ月契約)
月額:120,780円(単月契約)

期間月額制
コーチングベーシックプラン:隔週×40分
プレミアムプラン:週2回×40分
レッスンベーシックプラン:週3回×40分
プレミアムプラン:週5回×40分
オンラインオンライン完結

 

マネーイングリッシュは「英語で未来を強くする」という独自のコンセプトを持ち、英語を身に付けることで自分の価値と年収を上げ、未来をより豊かにすることを目標としています。

年収と英語力の相関性を指摘し、自己投資としての英語学習をサポートするなど現実主義的な視点を持っており、未来の人生も含めてサポートする意識をコーチ側も共有している点が大きな特徴と言えます。

人気のベーシックプランは月額54,780円と、コーチングスクールの中では最安の部類。

週3回の外国人講師によるマンツーマンレッスンで発音や文法を丁寧に学ぶことができます。また、日本人講師による文法・語法のグループレッスンも毎週あり、基礎的なインプット学習を通して「使える英語の知識」を身に付けることが可能。

料金に対してレッスン内容が非常に充実しているスクールで、コスパは非常に優秀です。

日本人コンサルタントは英語学習経験や豊富な海外経験を持ち、特に採用条件の一つとしている発音はネイティブレベルという特徴もあります。さらに、外国人講師はフィリピンの老舗の語学学校から優秀な人材を雇用しているので、講師の質も担保されています。

ちなみに、専属コンサルタントはモチベーションが上がるからと異性の方が付くことが多く、その辺りも含めて現実主義的であり、本当に裏表のないサービスを提供してくれます。

  

関連記事

【体験談】MONEY ENGLISH (マネーイングリッシュ)の効果は? 口コミ・評判も紹介

公式サイト

【マネーイングリッシュ】

    

\無料カウンセリング実施中/

マネーイングリッシュはこちら

     

7.英語を全く話せない人がオンライン英会話を選ぶポイント

ポイント

 

初心者だからこそ、スクール選びはとても大切となります。

最も自分に適したスクールを受講するためにも、スクール選びの基準を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

   

7-① 専属トレーナーと講師の国籍

まずは、専属で付いてくれるトレーナーやレッスン講師の国籍が選ぶポイントになります。

     

スクール
専属トレーナーレッスン講師
ENGLISH
COMPANY
日本人日本人
リバティ日本人日本人
ストレイル日本人-
フライト英会話日本人
(カウンセラー)
フィリピン人
トライズ 日本人英語本科:ネイティブ
初心者:日本人
スマートメソッド日本人フィリピン人
マネー
イングリッシュ
日本人フィリピン人

   

英語学習をサポートしてくれる専属トレーナーはどのスクールも日本人なので、初心者の方でも安心ですね。ただ、レッスン講師は日本人・フィリピン人・ネイティブと違いがあります。

細かい部分まで日本語で説明してもらいたいならレッスン講師も日本人の方が良いですが、外国人との英会話に慣れたいのであればフィリピン人やネイティブ講師を選択するのもおすすめです。

自分がレッスンを受けてる姿を想像して、最もモチベーションが高まるレッスン形式を選択しましょう。

 

7-② コーチング・レッスン形式

次にマンツーマンで受講するスタイルか、グループで受講するスタイルかもポイントです。

   

スクール
コーチングマンツーマン
レッスン
グループ
レッスン
ENGLISH
COMPANY
少人数グループ-週1回
(120分)
マンツーマンマンツーマン週2回
(90分)
-
リバティマンツーマン-週2回
(90分)
ストレイルマンツーマン--
フライト英会話通学マンツーマン週1回
(25分)
-
オンラインマンツーマン週1回
(25分)
-
トライズ マンツーマン週3回
(25分)
受け放題
スマートメソッドマンツーマン週5回
(50分)
-
マネー
イングリッシュ
マンツーマン週3回
(40分)
週1回
(50分)

    

マンツーマンは受講生一人ひとりに沿った丁寧なレッスンを受けることができます。

一方、グループレッスンの場合は同じ英語レベル・同じ目標を持つクラスメイトと仲間意識・競争意識を持つことでモチベーションが高まるという魅力があります。

受講スタイルも自分に合う環境を選ぶようにしましょう。

 

7-③ 料金体系

料金面もスクール選びの基準になりますので、それぞれの受講料金をまとめました。

なお、各スクールの最もコスパが高いおすすめのプラン料金を紹介しています。

      

スクール
入会金受講料金備考
ENGLISH
COMPANY
少人数55,000円264,000円
(6ヶ月・初級)
ビジネス英語
TOEIC
マンツー
マン
55,000円561,000円
(3ヶ月)
リバティ55,000円
(最大無料)
476,000円
(4-6ヶ月)
ビジネス英語
TOEIC・TOEFL・IELTS
ストレイル281,600円
(入会金込み・3ヶ月)
ビジネス英語
TOEIC
フライト英会話通学33,000円14,300円
(月額)
英会話
オンライン5,500円7,150円
(月額)
トライズ 1,199,100円
(入会金込み・12ヶ月)
ビジネス英語
TOEIC・TOEFL・IELTS
スマートメソッド無料594,000円
(4ヶ月)
ビジネス英語
マネー
イングリッシュ
無料54,780円
(月額)
ビジネス英語
  • リバティ・ストレイル・トライズは教育訓練給付制度適用後の料金
  • 全て税込み価格

 

正直な意見としては、受講料金はスクール選定の大きな基準にすべきではないと思います。長い人生を考えれば、自分に適した最高の環境で英語学習をして、英語力を身に付けた方が良いに決まっていますから。

せっかく英語を勉強しようという気持ちがあるのなら、自己投資を節約してお金を浮かすよりも、納得できるスクールを受講する方がモチベーションも高まります。

ただ、もちろん金銭的な制限がある方もいると思いますので、受講料も参考にスクール選定をしてくださいね。

 

7-④ 保証制度

見落としがちですが、意外と大切なのは保証制度です。

   

スクール
保証制度内容
イングリッシュ
カンパニー
パーソナル30日間返金保証受講開始日30日以内にキャンセルの場合、全額返金
セミ
パーソナル
--
リバティ成果保証ベーシック:目標スコアに未到達の場合、無料6回レッスン追加
アドバンス:目標スコアに未到達の場合、無料9回レッスン追加
ストレイル30日間返金保証受講開始日30日以内にキャンセルの場合、全額返金
フライト英会話通学--
オンライン--
トライズ 30日間返金保証 受講開始日30日以内にキャンセルの場合、全額返金
スマートメソッド成果保証CEFR-Jの1レベルアップを保証
マネー
イングリッシュ
1週間返金保証受講開始日1週間以内にキャンセルの場合、全額返金

    

無料カウンセリングを受けて、スクールの雰囲気やサービス内容を確認してから受講することになりますが、実際にスクールを受講し始めてから違和感を覚えたり、思うように成績が伸びないケースもあります。

その時に成果保証や返金保証があると安心できますので、スクール選びに不安がある方は、とりあえず気になるスクールの無料カウンセリングは全て受けてみて、その上で保証制度も考慮に入れて受講するスクールを選びましょう。

  

8.まとめ:最高の環境で、最高の結果を

まとめ

 

当記事では、英語が全く話せない人におすすめのオンライン英会話スクールをご紹介しました。

英語学習は精神論ではありません。科学的に証明されている順番に従って学習すれば、誰でも必ず話せるようになります。

そして、英語コーチングスクールの魅力は「高コスト・高リターン」。3ヶ月後、半年後に英語を話せるようになっている理想の自分に辿り着きたい方は、自分への投資を節約するのではなく、むしろ積極的に投資してあげてください。

高い目標を達成し、選択肢の幅を広げてこそ、さらに豊かな人生を送れると私は思います。

気になるコーチングスクールがあれば、無料カウンセリングを体験してみたくださいね。そのスクールのサービス内容や雰囲気が良く分かりますから。

    -英語