英検1級の合格率

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

目的別スクール

英検1級の合格率を解説|合格率を上げるための学習方法は?

2023年12月12日

こんにちは。

当記事では、英検1級の合格率を解説いたします。

また、最新の合格率について、英検が公式で発表している内容もご紹介します。

併せまして、英検1級の合格を短期間で達成できるおすすめの英語スクールについてもご紹介しますので、本気で英検1級の合格を目指したい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

  

1.英検1級の基本情報

英検1級 基本情報

 

まずは、英検1級の基本情報を確認しましょう。

   

 英検1級
利用目的英語能力の証明など
開発国日本
スコア1次試験:2,550点満点
2次試験:   850点満点
合計    :3,400点満点
合格点
(目安)
1次試験:2,028点
2次試験:   602点
合計   :2.630点
技能リスニング・リーディング
スピーキング・ライティング
傾向日常・ビジネス・専門分野
費用11,700円
(2023年度)
受験人数約25,000人 / 年
実施回数約4回 / 年
期限半永久的

  

英検全体の受験者数は年間で約400万人ですが、その中で英検1級を受験する人はわずか25,000人と、受験する人すらほとんどいない最難関資格となります。

 

2.英検1級の最新の合格率

 

早速ですが、英検1級の最新の合格率についてご紹介します。

 

2-① 英検1級の正確な合格率は不明

結論としては、英検1級の合格率は2016年以降は公開されていません。

こちらの英検公式サイトには「この解答は、日本国内で実施された試験のものになります。合格率、採点などに関するお問い合わせにはお答えできません。あらかじめご了承ください」と記載されています。

公式サイトから公開されていない以上、英検の合格率は内部の人しか知らない情報となります。

そして、英検の内部の人も機密情報を洩らすことはあり得ませんので、「2016年以降の英検1級の合格率は分からない」というのが正式な情報となります。

 

2-② 英検1級の合格率はなぜ非公開になった?

英検1級の合格率が2016年から非公開になった理由は、2016年から英検の採点基準が変更になったためです。

2015年までは、日本の英検は日本基準の採点方式でした。

しかし、世界のグローバル化に伴い、日本で開発された英検、アメリカで開発されたTOEFL、イギリスで開発されたIELTSなど、世界各国の英語試験の国際的な統一基準が必要になってきたのです。

そこで、日本の英検は「英検CSEスコア」というグローバルスタンダードに沿った採点方式に変更された結果、採点基準や合格率が非合格になったのです。

 

2-③ 現在の英検の採点基準

ちなみに、現在の英検の各スコアは受験者の全答案を採点後、統計的にスコアが算出されています。

たとえば、みんなの正答率が悪い時は、1問あたりの配点が高くなるため、正答率が低くてもスコアが高くなります。

逆に、みんなの正答率が良い時は、1問あたりの配点が低くなるため、正答率が高くてもスコアが低くなってしまうのです。

このように、その時に受験した回の難易度や受験者の英語レベルによってスコアが左右されるため、事前に1問あたりのスコアが分かりません。

他の人が正解できる問題は必ず正解し、さらに、他の人が落としてしまうような難問をいかに正解するかが大切となってくるわけです。

ただ、英検1級の受験者は基本的に英検準1級を合格している猛者であり、非常に英語力が高い人の中でも更に高い英語力を示す必要があるため、英検1級は超難関資格と言われているわけですね。

 

3.英検1級の過去の合格率

英検1級の過去の合格率

 

現在の英検1級の合格率は不明ですが、2015年以前の合格率については一部公開されています。

 

3-① 英検1級の過去の合格率と今の合格率はさほど変わらない

英検1級はグローバルスタンダードに合わせて英検CSEというスコア基準を採用するようになりましたが、全体的な合格率はさほど変わっていないはずです。(合格率を大きく変えると、英検1級の価値が大きく変わってしまいますので)

そのため、普通に考えれば、過去の合格率と現在の合格率はあまり変わっていない可能性が高いです。

そこで、ここからは過去の英検1級の合格率について確認していきましょう。

 

3-② 過去の英検1級の合格率

早速ですが、過去の英検1級の合格率を表にまとめましたので、参考にしてください。

 

  

年度受験者数合格者合格率(%)
2015---12.0%
2014
 
 
3 -10.4%
27,938人898人11.3%
18,590人834人9.7%
2013
 
 
38,836人865人9.8%
28,403人930人11.1%
19,215人943人10.2%
2012
 
 
38,838人865人9.8%
28,236人875人10.6%
19,444人904人9.6%
2011
  
38,627人798人9.3%
28,355人932人11.2%
19,017人757人8.4%
2010
  
38,576人680人7.9%
28,479人838人9.9%
19,421人800人8.5%

  

このように、回によって多少の変動はありますが、英検1級の合格率は10%前後で推移していることがハッキリとわかります。

現在の英検1級の合格率が過去の合格率と変わらなければ、今でも合格率は10%前後と考えられます。

1年間で25,000人の受験者の中で合格率10%ということは、合格者数は年間約2,500人前後と、英検1級は非常に難易度が高い資格であることが分かりますね。

 

4.英検1級の合格率が異常に低い理由

英検1級の合格率が低い理由

 

前述の通り、英検1級は相当な英語力を持っている実力者でも合格率10%という超難関資格です。

なぜ、英検1級がここまで難しいのか、その理由に付いて解説していきます。

 

4-① 語彙が難しすぎる

最も大きな理由が、英検1級に登場する語彙は普段使わないような難しい単語ばかりだからです。

問題のテーマは非常に専門的で、生物、科学、医学、政治などかなり難関な分野を取り扱いますので、初めて見るような単語ばかり登場することも珍しくありません。

たとえば、英検1級には次のような単語が出てきます。

 

enzyme酵素
counterfeit偽造する
dread恐れる
tyranny専制政治
barren実を結ばない
tacit暗黙の
vault丸天井
pastoral羊飼いの
veto拒否権
bane悩みの種

  

このような聞き馴染みがない英語がリーディング・リスニング・ライティング問題などで登場するため、内容が分からずに焦って問題を落としてしまうのです。

英検1級に合格するためには、およそ13,000~15,000語の英単語を覚える必要がありまして、これは東大合格レベルの2倍以上の英単語量となります。

このように、そもそも問題に登場する英単語が難しすぎるのが、英検1級を難しくしている一つの要因となります。

 

4-② ライティング問題のテーマが難解

英検1級ではライティング問題で200~240単語の分量を書くことが求められ、かなりしっかりと文章を作成する必要があります。

しかも、準1級ではあらかじめピックアップされたポイントから2つ選べば良いのですが、1級ではポイントが提示されません。

しかも、理由が3つ求められますので、ネタが浮ばずに求められる文章量を満たせないことが良くあります。

さらに、テーマが専制主義・化石燃料・フェミニズム・宇宙開発など専門的かつ多岐にわたるため、普通に生活していたら日本語でも対応できないようなテーマに関する県が求められます。

英検1級に合格するためには英語の勉強だけでは足らず、常に様々なテーマに興味関心を持ち、一般常識を超えた知識が必要になってくるのです。

 

4-③ リアルな英会話を聞き取る力が必要

英検1級はリスニングのスピードも速く、自然な英語ネイティブの英会話を聞き取る力が必要になってきます。

しかも、社会学・生物学・医学・歴史などテーマが非常に広いので、どのようなテーマが来ても問題を聞き取り、理解できる力が求められるのです。

付け焼刃のリスニング力では太刀打ちできませんので、早いスピードの英語を聞き取り、その内容を瞬間的に理解できるまでリスニング力を高める必要があります。

 

4-④ 2分間スピーチが求められる

英検1級では、最初にトピックが記載されているカードが5つ渡されます。

1分間で渡されたカードの中から1つ選んで内容を考え、その後に2分間でスピーチを行います。

専門分野のトピックから自分が答えやすいものを瞬時に判断し、2分間のスピーチの内容を1分で考えるのは非常に難しいです。

しかも、2分間スピーチの後には面接官がスピーチ内容に基づいて質問をしてくるため、その場で考えて臨機応変に対応するスピーキング力が必要になってきます。

このレベルの英会話力は一朝一夕で身に付くものではありませんので、しっかりとスピーキング対策をしましょう。

  

5.英検1級の合格率を上げるための学習方法

英検1級の合格率を上げる

  

英語ができる人でも合格率10%の英検1級に短期間で合格するためには、効果的な英語学習を毎日継続する必要があります。

結論として、本質的な英語力を身に付けられる英語コーチングスクールの受講をおすすめします。

 

5-① 英語4技能を効率よく向上

英検1級は1次試験でリスニング・リーディング・ライティングを、2次試験の面接でスピーキングの実力を測定する4技能テストです。

合格するためにはすべてのスキルが必要なため、苦手な分野・弱点があれば克服する必要があります。

特にライティングやスピーキングは独学での勉強は非常に難しいため、英文を添削してくれたり、正しい文法で会話できているか確認してくれるプロの英語講師にサポートしてもらうことが非常に大切です。

独学で何ヶ月も何年間も非効率な英語学習を続けるのではなく、質の高い講師が英検対策をサポートしてくれるスクールを受講するのをおすすめします。

 

5-② 日本語と言語のルーツが異なる英語を身に付ける

そもそも、日本人が英語が苦手な理由は、英語と日本語が根本的に遠く離れた言語であることにあります。

アメリカ国務省附属機関の調査において、アメリカ人にとって日本語は習得最難関レベルの「super-hard languages」と認定されているほどです。(出典 : Foreign Language Training - United States Department of State

英語ネイティブにとって日本語が習得最難関の言語ということは、日本語ネイティブにとっても英語が習得最難関の言語ということになります。

英検1級に合格するということは、日本語と親和性がない言語を身に付けるということですから、間違った勉強法や効率の悪いやり方で頑張っても、一向に英語が上達することはありません。

そこでコーチングスクールを受講すると、専属コンサルタントが「英語習得者の学習方法の再現性」がある指導をしてくれます。

本来、英語は誰でも話せるもの。学び方さえ正しければ、英検一級の合格は十分に可能です。

学校教育から続く非効率的な勉強とは異なり、英語習得者が英語を身に付けた方法を受講生に再現させるのが英語コーチングの最大の魅力です。

    

5-③ 英語の核を身に付ける

英語を勉強する多くの人は、「スピーキングが苦手だから、安いオンライン英会話スクールで会話の練習をしよう」「ライティングを伸ばすために、市販の教材で英作文を練習すればいいか」など、独学に近いやり方で学習しようとします。

ですが、実はこういう勉強方法はとても非効率的な学習方法です。

その理由はリスニング・リーディング・スピーキング・ライティングは独立したスキルではないからです。

それぞれの英語スキルは枝葉のようなもので、幹から枝分かれしているにしか過ぎません。

木の幹の部分、すなわち、英語の「核」となる部分を身に付ければ、枝葉のスキルの向上速度が飛躍的に高まります。これこそが、本質的な英語力の習得を意味するわけです。

たとえば、Liberty English Academyの「グラマーテーブル」のように、最初に英語の「核」を身に付けてから英検対策に移ることで、効率的なスコアアップが実現します。

一般的な英語スクールや市販の教材は、「試験対策のために4技能をどう上げるか?」という視点しかありません。

それでは「見たことがある問題は解けるけれど、見たことがない問題は解けない」とい状態になりかねません。

本質的な英語力が身に付いているからこそ、どのような問題にも対応でき、結果として英検一級に合格できる実力が身に付くのです。

  

6.短期間で英検1級の合格率を高めるスクール

英検1級を取得できるスクール

 

最後に、英検1級に短期間で合格できる実力が身に付く英語スクールをご紹介します。

おすすめ1位のLIBERTYには英検対策コースはありませんが、英検対策も可能です。無料カウンセリングの際に「英検一級目的」と伝えて、具体的なカリキュラムについて相談するようにしてください。

また、おすすめ2位のENGLISH COMPANYはパーソナルトレーニングが少人数グループトレーニングかの違いで受講料金が大きく変わります。学生向けの英検対策も実施しており、英検対策が可能なスクールなので、こちらも無料体験を受ける際に英検一級目的と伝えるようにしましょう。

気になるスクールがあれば、ぜひ無料カウンセリングを受けてみてください。

英語スクールのサービス内容や雰囲気を確認した上で、独学で英検1級合格を目指すのか、格安の英会話スクールを受講するのか、英語コーチングでしっかりと英語学習をするのか、自分に最も合うと感じた勉強方法で進めていきましょう。

  

1位 圧倒的におすすめ「Liberty English Academy」

   

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
アドバンス:792,000円
期間ショート :3ヶ月
ベーシック:6ヶ月
アドバンス:9ヶ月
コーチング週1回
レッスン週2回
校舎三田(東京都港区)
オンラインオンライン受講対応

  

英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL教育(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは実績が圧倒的で、短期間の受講でもTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上達成者が続出してます。

ハーバードやコロンビア、イエール、スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることが実績として証明済み。

受講料は6ヶ月間のコースで入会金を含めて約60万円。働いている方は一般教育訓練級金制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてくださいね。入会金が最大で無料になります。

入会金無料キャンペーンを利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。この金額が出せるのであれば間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐにでも取り返せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

リバティはこちら

      

2位 言語習得のプロフェッショナル集団「ENGLISH COMPANY」

入会金55,000円
コース・期間【パーソナルトレーニング】
  90日間集中プログラム
180日間集中プログラム

【セミパーソナル】
初級:6ヶ月
中級:3ヶ月
上級:3ヶ月

料金【パーソナルトレーニング】
  90日:561,000円
180日:679,800円

【セミパーソナル】
初級:264,000円
中級:231,000円
上級:240,900円

コーチング・
トレーニング
【パーソナルトレーニング】
  90日:週2回
180日:週1回

【セミパーソナル】
初級:週1回
中級:週1回
上級:週1回

校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田
【兵庫】神戸
【京都】四条烏丸
オンラインオンライン受講対応

   

教育事業の大手企業「ベネッセホールディングス」のグループ会社であり、企業としての信用度が非常に高い「ENGLISH COMPANY」。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されている超効率的な英語学習を実現したコーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYでは「量重視」の英語学習ではなく、科学的なメソッドに基づいた効率的な学習方法を掲げ、言語習得に関して専門的な知識を持つパーソナルトレーナーがマンツーマン指導。行動科学マネジメントによるモチベーション維持効果とあわせて、最短期間で本質的な英語力を身に付けることを可能とします。

1日3時間の自主学習を設定しているコーチングスクールも多い中、ENGLISH COMPANYの目安の学習時間は1日1~1.5時間。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出すことが最大の魅力です。

セミパーソナルコースでは少人数制のグループトレーニングを実施。圧倒的にリーズナブルな受講料で質の高いトレーニングを受けられるだけでなく、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨し、濃密な学習を継続することもできます。

スマートに効率的な学習で英検1級を習得したい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

【取材】ENGLISH COMPANYは効果なし?|イングリッシュカンパニー

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料カウンセリング実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

   

3位 毎年合格50人以上「ウィリーズ英語塾」

ウィリーズ

    

入会金無料
コース英検1・準1級準備コース
料金【レッスン1回25分】
週1回:3,630円
週2回:6,380円
週3回:8,993円
週4回:11,605円
週5回:13,805円

【レッスン1回50分】
週1回:5,830円
週2回:10,368円
週3回:14,768円
週4回:19,580円
週5回:24,393円

期間月額制
レッスン1回25分 or 50分
オンラインオンライン完結

   

ウィリーズ英会話は「繰返しトレーニング」をベースに、理論的なトレーニングで英語力を身に付けるオンライン英会話スクールです。

音声認識・文章認識・意味理解・要約・発話・文章という6つの力を意識した「WiLLiesメソッド」により、英語4技能の苦手分野や伸ばしたい領域を戦略的に効率よく伸ばすことが可能に。

常に目的意識を明確にしたトレーニングを積んでいくので、英検1級という難関資格でも一歩ずつ着実に合格に近づくことができます。

半年以上の継続率87%・英検1級合格は毎年50人以上と高い実績を誇っており、大手航空会社や証券会社など多数の大企業とも提携している信頼度抜群のスクールとなります。

お気に入りの講師が担任となって英検1級合格まで併走してくれるため、最後まで諦めずに挑戦することができるでしょう。

一般的なオンライン英会話スク―ルとは異なり、科学的な理論をベースにしっかりとしたプログラムを組んで英検1級対策を進めていくため、高い合格率を誇るおすすめのスクールとなります。

受講料金も月額1万円前後とリーズナブルなので、まずは無料体験レッスンを受けてみて、ウィリーズ英会話のサービス内容や雰囲気を確かめてみてください。

  

公式サイト

ウィリーズ英語塾

 

\ 無料体験実施中/

ウィリーズ英会話はこちら

   

4位 短期集中・直前対策「ECC外語学院」

ECC

   

入会金22,000円
コース英検直前対策
料金【グループレッスン】
1次対策:33,000円
2次対策:16,500円

【マンツーマン】
22,000円~

レッスン1回80分~
オンラインオンライン受講可能

  

ECC外語学院は2022年に創業60周年を迎え、国内に約150ヵ所の校舎がある日本でも最大手の英会話スクールです。

長く日本の英語教育をリードしてきた老舗のスクールで、その信用と実績は他の英語教室の追随を許しません。子どもからシニア世代まで幅広い年齢層の様々なニーズに対応したコースが用意されていて、数多くの受講生が英語力の伸ばしています。

ECC外語学院の特徴は、ECCの独自メソッドにあります。

基本的にはグループレッスン主体で、初心者は人前で大きな声を出すことで英語を話すのが恥ずかしい・英語が怖いという「メンタルブロック」を外し、自信を持って話せるようになっていく手法を取ります。

英検対策としては、日本人バイリンガル講師か外国人講師かを選ぶことができ、担任制で一人ひとりの語学力向上に合わせた弱点補強をしてくれるため、英語に自信がない人でも安心して受講できるでしょう。

試験のタイミングに合わせた無駄のない短期集中型なので、試験直前のスキルアップ対策としても優秀なコースとなります。

    

公式サイト

ECC外語学院

  

\無料体験実施中/

ECC外語学院はこちら

  

5位 スキル対策におすすめ「スモールワールド」

  

入会金無料
料金3,300円~45,100円
期間特になし(ポイント制度)
レッスン1回25分
オンラインオンライン完結

   

スモールワールドオンライン英会話は、英語専門のオンライン塾のようなスタイルで、目的やライフスタイルに合わせて講師やレッスン内容を決めることができる利用しやすいスクールです。

格安でフィリピン人講師とレッスンするスクールが多い中、スモールワールドは日本人講師や英語ネイティブ講師がメインなのが特徴的。

日本人講師であれば海外在住でネイティブに近い英語レベルにあり、英語ネイティブ講師であれば日本語を話せるなど、かなりハイレベルなレッスンを受講できます。

料金はポイント制で、月に10~15回のレッスンを受ける場合は月額料金が1万5千円くらいのイメージ。レッスンのレベルを考えるとコスパは非常に良いと言えるでしょう。

一般的なオンライン英会話スクールは目的が曖昧になりがちで、「自己紹介や雑談だけで終わる」「なんとなく英単語を並べてコミュニケーションする」「講師ばかり話している」といった感じで、効果的な英語学習ができていないことが良くあります。

ですが、スモールワールドは「英検対策」「発音特化」「リスニング特化」「スピーキング特化」など、目的がハッキリしたレッスンを受講できるので、レッスンの目的を明確化することが可能に。

お気に入りの講師を見つけやすいシステムとなっていますので、相性の良い講師と英検1級合格という目標に向かって進んでいきましょう。

 

関連記事

スモールワールドオンライン英会話の口コミや評判を紹介

公式サイト

スモールワールドオンライン英会話

 

\ 無料体験実施中/

スモールワールドはこちら

   

6位 バイリンガルから学ぶ「ワールドトーク」

 

入会金無料
料金お手軽 :3,300円
基本  :5,500円
イチ押し:6,600円
集中  :11,000円
徹底  :22,000円
期間月額制
レッスン1回25分
オンラインオンライン完結

  

ワールドトークは講師経験・海外経験が豊富な日本人講師がメインのオンライン英会話スクール。

講師の97%が日本人で、発音や文法などの細かいスキルから英語の理論的な部分まで日本語で丁寧に説明してくれるので、特に英語初心者・初級者レベルの方におすすめです。

日本人とはいえバイリンガル講師が非常に多く、帰国子女や海外在住の方も多数在籍。ネイティブレベルの質の高いレッスンを受けることが可能であり、英語の知識が深い講師から本質的な英語を学べるので、間違いなく実力が身に付くスクールとなります。

オンライン英会話レッスンは目的が曖昧になりがちで効果的な英語学習をできない場合が多いですが、ワールドトークでは「発音」「文法」「英作文」など目的がハッキリしたレッスンを受講できます。

英検1級の合格に足りないスキルを中心に教えてもらうことで、目的意識を明確にした英検対策を行うことができるでしょう。

日本人講師が学習カリキュラムの作成や目標設定の相談に乗ってくれたり、英語の勉強方法そのものをアドバイスしてくれますので、日々の英語学習の質も向上します。

6,600円のイチ押しプランでは月に約10回ほどレッスンを受けられますので、格安で日本人講師から学びたい方はワールドトークの受講を検討してみましょう。

 

関連記事

ワールドトークの評判について紹介|オンライン英会話スクール

公式サイト

オンライン英会話スクール「ワールドトーク」

 

\ 無料体験実施中/

ワールドトークはこちら

  

7.まとめ:最高の環境で英検1級に合格しよう

まとめ

 

当記事では、英検1級の合格率について解説いたしました。

英検1級は合格率10%の超難関資格ですが、取得できれば間違いなくキャリアップに繋がりますし、様々な場面で高い英語力を証明することができる有用な資格です。

本気で英検1級を取得したい人は、ぜひこの記事でご紹介した中で興味があるスクールの無料体験を受けてみて、自分に最も合うスクールを受講してみてください。

せっかく英語を勉強する気持ちがあるのですから、最高の環境で最高の結果を出しましょう。

    -目的別スクール