専門実践教育訓練給付金 働きながら

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

割引・キャンペーン

専門実践教育訓練給付金は働きながら利用できる?

2023年12月27日

こんにちは。

当記事では、専門実践教育訓練給付金は働きながらでも利用できるか解説していきます。

結論として、専門実践教育訓練給付金は働きながらでも利用できます。

また、離職中の人はアルバイトやパートをしながらでも利用することができますが、場合によっては損をする可能性があります。

在職中と離職中で受給できる金額も変わってきますので、専門実践教育訓練給付金に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

 

目次

1.専門実践教育訓練給付金は働きながら利用可能

 

教育訓給付制度は「専門実践教育訓練」「特定一般教育訓練」「一般教育訓練」の3種類があります。

まずは、教育訓練給付金の概要を確認しましょう。

 

1-① 教育訓練給付制度は3種類

教育訓練給付制度は、レベル順に対象講座が3つに分類されています。

  

 専門実践教育訓練特定一般教育訓練一般教育訓練
支給金額受講費用の50%
(年間上限40万円)
受講費用の40%
(上限20万円)
受講費用の20%
(上限10万円)
支給のタイミング6ヶ月ごと教育訓練修了後教育訓練修了後
追加支給受講費用の20%
(年間上限16万円)
なしなし
追加支給の条件訓練終了後、
1年以内に雇用
なしなし
最大年数3年間
(上限168万円)
1回限り1回限り
資格例看護師
調理師
美容師
MBA修了
法科大学院修了
など
社会保険労務士
電気主任技術者
宅地建物取引士資格
など
TOEIC
英検
日商簿記
Webクリエイター
など

 

レベルが高い順に「専門実践教育訓練」「特定一般教育訓練」「一般教育訓練」に分類されており、専門実践教育訓練は長期間・高難易度の資格・スキルが対象の代わりに給付金額が最大で受講金額の70%になります。

 

1-② 専門実践教育訓練給付金の主な講座

こちらは、厚生労働省が発表した専門実践教育訓練給付金の受講者数ランキングです。

  

引用:第6回雇用保険制度研究会資料

   

 令和3年受講人数受講期間
1位 介護福祉士約10,500人-
2位 キャリアコンサルタント約7,300人-
3位 看護師約3,800人3年
4位 社会福祉士約3,700人1年
5位 第四次産業革命スキル約1,700人4ヵ月~1年

 

第四次産業革命スキルとは、AIやデータサイエンスなどの高度なスキルの習得を目指す講座です。

専門実践教育訓練給付金は基本的に長期間の職業訓練が多いですが、第四次産業革命スキルのように半年前後で習得可能な講座もあります。

短期間で何かスキルを身に付けたい場合は、IT系のスキルを狙うのも良いでしょう。

 

1-③ 専門実践教育訓練給付金の利用条件

専門実践教育訓練給付金の利用条件について、厚生労働省の規定を引用いたします。

 

次の①または②に該当し、厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練を修了する見込みで受講している方と修了した方

①雇用保険の被保険者等
専門実践教育訓練の受講を開始した日に雇用保険の被保険者の方のうち、支給要件期間が3年以上ある方

  

②雇用保険の被保険者であった方
受講開始日に被保険者でない方のうち、被保険者資格を喪失した日以降、受講開始日までが1年以内であり、かつ支給要件期間が3年以上ある方

※上記①、②とも、当分の間、初めて教育訓練給付の支給を受けようとする方については支給要件期間が2年以上あれば可。

引用元:専門実践教育訓練の給付金の案内

 

こちらを噛み砕いて説明すると、専門実践教育訓練給付金の利用条件は以下の4パターンに分類できます。

 

専門実践教育訓練
①初めての利用(在職中)雇用保険に2年以上加入
②初めての利用(離職中)雇用保険に2年以上加入かつ離職後1年以内
③2回目以降の利用(在職中)最後の教育訓練給付制度の受講日以降、
雇用保険に3年以上加入
④2回目以降の利用(離職中)最後の教育訓練給付制度の受講日以降、
雇用保険に3年以上加入かつ離職後1年以内

  

初めての利用の場合、社会人2年以上の経験があれば、在職中ならばいつでも専門実践教育訓練給付金を利用可能。また、離職後1年以内の方も利用できます。

 

2.専門実践教育訓練給付金を働きながら受講するメリット・デメリット

 

専門実践教育訓練は働きながら受講する場合と、離職中に受講する場合の2つのケースがあります。

ここでは、専門実践教育訓練を働きながら受講するメリットとデメリットを解説していきます。

 

2-①【メリット①】生活の不安がない

働きながら専門実践教育訓練を受ける大きなメリットの一つは、安定した収入を得られるため、生活の不安がなく資格やスキルの勉強ができることです。

働きながら勉強するのは大変なのは間違いありませんが、専門実践教育訓練給付金の基本支給額はあくまで「受講料金の50%」です(一定の条件を満たすと20%の追加給付あり)。

つまり、100万円の講座を受講する場合は、50万円は自己負担となります。

しかも、給付金は6ヶ月毎に支給されるため、最初の持ち出しは全額自己負担です。

いくら給付金が支給されると言っても、大きなが出費があるのは間違いないため、働きながら受講することで安定的な収入を確保した方が、精神的医に安心して勉強に取り組むことができると言えます。

 

2-②【メリット②】働きながら受講修了した場合、追加の20%の給付金を受給できる

専門実践教育訓練給付金は基本的に受講料金の50%ですが、一定の条件を満たすと追加の20%の給付金を受給することができます。

 

追加の20%の受給条件

①専門実践教育訓練を修了する

②資格試験に一発合格する

③登録が必要な資格は登録する

④就職する

 

追加の20%の給付金を受給するためには、これらの条件を全て満たす必要があります。

追加の20%の給付率は全体の受講者で40%前後と、実は過半数が支給されていません。それだけ、4つの条件を全て満たすのは難しい条件なのです。

しかし、働きながら専門実践教育訓練を受講修了した場合、「④就職する」という条件を予め満たしていることになります。

よくある勘違いとして、たとえば第四次産業革命スキルの講座を修了したら、IT関連の職種に就職しないと追加の20%の給付金が支給されないと思っている人が多いですが、実際は終了した講座と就職した職種の関係性は全く問われません。

つまり、在職中に専門実践教育訓練を修了すれば、自動的に「④就職する」という条件を満たせるので、かなり追加の支給条件が楽になるというメリットがあるのです。

 

2-③【デメリット①】昼間の講座を受講するのが難しい

専門実践教育訓練は1年~3年の長期的な講座が非常に多いです。

たとえば、看護師、調理師、法科大学院、MBA取得など、昼間に長時間の講座がある場合、時間的に働きながら受講するのはまず不可能です。

つまり、働きながら専門実践教育訓練を受講する場合は、17時以降の時間帯や土日に講座を受けられるプログラムに限定される点は注意しましょう。

 

2-④【デメリット②】教育訓練支援給付金を受給できない

専門実践教育訓練は「基本の受講料金の50%の給付金」と「追加の受講料金の20%の給付金」の他に、離職中の人に限り教育訓練支援給付金という失業手当の延長線のような給付金があります。

教育訓練支援給付金の詳細についてはこちらの記事(教育訓練支援給付金はなくなる?令和7年(2025年)以降の見通し)を参考にして頂きたいのですが、簡単に言えば、離職中で失業手当の支給期間が切れた後に、失業手当の8割が引き続き支給される仕組みです。

働きながら専門実践教育訓練の講座を受ける場合、「トータルで貰える給付金額」だけを基準にすると損に感じる可能性もありますので、在職中は教育訓練支援給付金を受ける資格がないことは理解しておきましょう。(働いてもらえる給料の方が失業手当や教育訓練支援給付金より全然高いため損をするということはあり得ませんが)

 

3.専門実践教育訓練を働きながら受けれる?【アルバイト・パート】

 

失業中に専門実践教育訓練給付金を受けたいけど、その間に生活費を稼ぐためにアルバイトやパートをしても良いのか疑問に思う人もいるでしょう。

結論として、週に20時間未満の労働であれば、教育訓練支援給付金を貰い続けることができます。

 

3-① 順番は失業手当⇒教育訓練支援給付金

失業した場合、まず国から支給されるのは失業手当です。

失業手当をすべて受給し終わってから教育訓練支援給付金の受給がスタートするのですが、給付金を貰える金額を最大化するためには、以下の3つのポイントを理解する必要があります。

 

失業手当と教育訓練支援給付金は同時に受給不可

アルバイトやパートを1日4時間以上すると、失業手当が貰えない

③アルバイトやパートを週に20時間以上すると、教育訓練支援給付金の受給資格を失う

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

3-② 失業手当と教育訓練支援給付金は同時に受給不可

失業手当を受給中は教育訓練支援給付金を受け取ることができません。

たとえば自己都合で退職する場合、ハローワークに失業手当を申請してから2ヶ月間は失業手当の給付を待機する必要があります。

2ヶ月間の待機が終わってから、たとえば90日間=3ヶ月間の失業手当を受給する場合、教育訓練支援給付金の支給は早くても離職後5ヶ月からスタートするわけです。

ここで理解して頂きたいのは、「失業手当と教育訓練支援給付金を同時に受給できてラッキー」と状況はあり得ないことです。

 

3-③ 1日4時間以上働くと失業手当が貰えない

さて、失業手当と教育訓練支援給付金を同時に貰えないということは、失業手当をできるだけ最速で貰うことが、教育訓練支援給付金の受給期間が長くなる=国から貰える給付金が多くなることに繋がります。

ここでポイントとなることが、失業手当の受給期間中に1日4時間以上働くと、その日は失業手当が貰えなくなり、失業手当の支給日が1日後ろにズレてしまうことです。

失業期間中にアルバイトやパートを一切しない場合、たとえば、6月の30日間、7月の31日間、8月の29日間の合計90日間連続で失業手当を貰うことができ、8月30日から教育訓練支援給付金を受給することができます。

しかし、アルバイトやパートで4時間以上働いた日が6月に5日間、7月に5日間、8月に5日間あった場合、6月は25日間、7月は26日間、8月は25日間しか失業手当を受給できず、9月14日まで失業手当の給付期間が後ろにズレてしまいます。

すると、本来8月30日から教育訓練支援給付金を受給できたはずが、後ろに15日間ズレて、9月14日からしか貰えなくなるわけです。

そのため、2つ目のポイントとして意識して欲しいことは、失業手当の受給期間中は4時間以上のアルバイトやパートはしない方が、教育訓練支援給付金の受給金額が大きくなるということです。

 

3-④ 週に20時間以上働くと、教育訓練支援給付金の受給資格を失う

3つ目のポイントは、教育訓練支援給付金の受給期間中に週に20時間以上の労働をした場合は、教育訓練支援給付金の受給資格を失うことです。

教育訓練支援給付金の目的を分かりやすく言えば、仕事を辞めて勉強を頑張る人に対して、生活費の一部を出して勉強に集中できる環境を整えてあげることです。

しかし、週に20時間以上の労働をした場合、雇用保険の被保険者となり、「仕事をしている人」とみなされることから、「それなら生活費は自分で稼いだお金から出してくださいね」となります。

アルバイトやパートを週に20時間×4週間=80時間とすると、だいたい8万円~10万円の収入となるでしょう。

しかし、教育訓練支援給付金を10万円以上貰える人は、アルバイトやパートを80時間するくらいなら、何もせずに給付金を貰った方が仕事をお得ですし、勉強に集中できる時間もできます。

給付金の支給額や人によって違いますし、アルバイトやパートが気分転換になる人もいるので、人それぞれ状況は違いますが、いずれにせよ、週に20時間以上の労働をすると教育訓練支援給付金の支給は止まることは覚えておきましょう。

 

4.働きながら受講するおすすめの専門実践教育訓練

働きながら受講するおすすめの専門実践教育訓練

専門実践教育訓練を働きながら受講する場合、おすすめなのは第四次産業革命スキルの取得講座です。

 

4-① 第四次産業革命スキルは受講期間が短い

AIやIT関連の専門実践教育訓練の講座は4ヵ月~1年間と受講期間が短いため、働きながらでも勉強しやすいジャンルです。

また、オンライン講座が多く、夕方以降の時間帯や土日も開催されているため、仕事をしながらでも受講することが十分に可能です。

 

4-② 第四次産業革命スキルは就職率が高い

厚生労働省の公式データによると、第四次産業革命スキルは「就職率」「正社員就職率」が全体よりも高い傾向にあります。

 

引用:第6回雇用保険制度研究会資料

 

つまり、それだけ就職や転職に直結する資格スキルであることが明らかとなっています。

 

4-③ 第四次産業革命スキルは追加給付受給率が高い

同じく厚生労働省の公式データによると、第四次産業革命スキルは「追加給付受給率」も全体よりも高い傾向にあります。

追加給付受給の条件は「専門実践教育訓練を修了」「資格試験に一発合格」「登録が必要な資格は登録」「就職する」の4つの条件を全て満たすことでした。

つまり、追加給付受給率が高いということは、訓練を最後までしっかりと受ける人が多く、比較的スキルを身に付けやすく、就職という結果も出ているという優れたプログラムであるということです。

政府のデジタルトランスフォーメーションの推進に伴いITの人材育成に力を入れていることからも、第四次産業革命スキルの習得は将来的に価値が高くなる可能性が高いと言えます。

 

5.働きながら受講しやすい一般教育訓練も検討してみよう

一般教育訓練 働きながら

 

働きながら教育訓練給付制度を受講する場合は、専門実践教育訓練よりも受講しやすい一般教育訓練給付金制度の利用もおすすめです。

当サイトでは、就職・転職・昇格・海外転勤などで有利に働くビジネス英会話やTOEIC・TOEFL・IELTSなどの英語資格試験を勉強できるおすすめのスクールをご紹介しています。

講座は週に1~2回と働きながらでも受講しやすいスクールをご紹介していますので、今後のキャリアで英語力が必須の方や、英語に関わる仕事をしてみたい方は、ぜひ英語スクールの受講を検討してみてください。

もし気になるスクールがあれば無料カウンセリングを受けて、スクールのサービス内容や雰囲気を確かめてみてくださいね。

    

5-①【英会話/TOEIC/TOEFL/IELTS】Liberty English Academy

   

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
対象コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
対象プランベーシック(4~6ヶ月)
基本料金

576,000円

給付条件

・レッスン出席率90%以上
・LIBERTYの判定テストに合格

コーチング週1回
レッスン週2回(合計48回)
校舎港区(三田)
オンライン全コースオンライン受講可能

       

英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL教育(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは実績が圧倒的で、短期間の受講でもTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上達成者が続出してます。

ハーバードやコロンビア、イエール、スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることが実績として証明済み。

「グラマーテーブル」はネイティブの教養人が使う英語が体系化されているので、様々なビジネスシーンやオフィシャルな場面でも恥ずかしくない教養のある英語力が身に付きます。全てのコースでレッスン自体は共通しており、アカデミックなスピーキング&ライティングのレッスンが豊富にありますので、ビジネス英語を身に付けたい方にもおすすめですよ。

制度適用後の金額は以下の通りです。

 

コース入会金料金給付金合計金額
TOEIC(ベーシック)55,000円576,000円△100,000円531,000円
TOEFL(ベーシック)55,000円576,000円△100,000円531,000円
IELTS(ベーシック)55,000円576,000円△100,000円531,000円

  

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

ちなみに、無料カウンセリング受ける際には「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と必ず伝えてくださいね。

入会金が最大無料になり、最終的な受講料金は48万円前後になります。

 

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

リバティはこちら

     

5-②【英会話】STRAIL(ストレイル)

    

入会金55,000円
対象コースビジネス英語コース
基本料金297,000円
給付条件・出席率80%以上
・修了認定試験に合格
期間3ヶ月
コーチング毎週
校舎【東京】新宿・銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講可能

  

ENGLISH COMPANYと同じ経営母体を持つコンサルティング特化型スクール「STRAIL(ストレイル)」。ENGLISH COMPANYがコーチングとトレーニングの両輪で英語力を伸ばすのに対し、ストレイルはコンサルタントのコーチングサポートを受けての自主学習がメインとなります。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトは変わらず、毎日の自主学習時間は1~1.5時間の超高密度学習により、3ヶ月集中で英語力を伸ばすことが可能となります。

ストレイルでは英語力をフェーズごとに捉え、該当するフェーズごとに最適学習を実施するストレイルメソッドを採用。第二言語習得論に基づいた科学的アプローチによるインプット学習でレセプティブスキルの「リーディング力」「リスニング力」を強化し、フェーズが上がってきたらプロダクティブスキルの「リスニング力」「ライティング力」を鍛えていくことで、効率的な英語力のアップを目指します。

国内外の大学・大学院で言語習得に関する分野を専攻した専門知識を持つコンサルタントが揃っていて、たとえば医師が症状から病気の原因を特定して処置方法を決めるように、受講生の英語が苦手な原因を特定し、課題解決に最適な学習方法=処方箋を提示。常に最適な学習を継続することで、最短期間で本質的な英語力を身に付けることを可能とします。

ストレイルの一般教育訓練給付制度は2023年4月から開始されました。制度適用後の金額は以下の通りです。

 

コース入会金料金給付金合計金額
ビジネス英語55,000円297,000円△70,400円281,600円

   

コンサルティングに特化している分、料金も月額10万円とコーチングスクールの中では平均的なレベルに収まっているので、スマートかつ効率的な学習でTOEICのスコアを伸ばしたりビジネス英語を身に付けたい方におすすめのスクールとなります。

 

関連記事

【英語コーチング特化】STRAIL(ストレイル)の効果や評判を紹介

公式サイト

STRAIL

 

\無料カウンセリング実施中/

ストレイルはこちら

       

5-③【英会話】TORAIZ(トライズ)

  

入会金55,000円
対象コース英語コーチング本科
対象プランプロフェッショナル(レッスン週3回のプラン)
基本料金  6ヶ月:   666,300円
12ヶ月:1,229,100円
給付条件・終了1ヶ月前の時点で400時間以上学習(6ヶ月)
・終了1ヶ月前の時点で800時間以上学習(12ヶ月)
・3ヶ月以上休会していないこと
・VERSANTテストを毎月受験
コーチング隔週
レッスンプライベート:週3回
グループ  :受け放題
校舎【東京】 六本木・東京丸の内・新宿
     銀座・日本橋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋
【大阪】 梅田
【博多】 福岡天神
【沖縄】 沖縄
オンラインオンライン受講可能

  

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「TORAIZ」。

英語コーチング本科では1日3時間、1年間で1,000時間の英語学習を設定し、求める学習量は英語コーチングスクールの中でも随一です。

商社・外資系・IT・メーカー・製薬会社・医療・金融・専門職など幅広い業種のビジネスパーソンが受講しており、ビジネス英語を集中して学ぶ最高の環境が整っています。

トライズは専属のネイティブ講師によるマンツーマン英会話レッスンを受けられるのも魅力的。ネイティブ講師は大学や省庁での指導実績もあるプロフェッショナルなので、ハイレベルなレッスンを一年間継続することで確実に英語力の向上が見込めます。

マンツーマンレッスンの他、グループレッスンは受け放題で、実践形式のアウトプット学習が非常に多いのも特徴的。日本人専属コンサルタントが毎日の英語学習を徹底的にサポートしてくれるので、初心者でも1年間でネイティブと会話できるレベルまで成長することが可能ですよ。

制度適用後の金額は以下の通りです。

 

コース入会金料金給付金合計金額
英語コーチング本科( 6ヶ月)55,000円666,300円△100,000円621,300円
英語コーチング本科(12ヶ月)55,000円1,244,100円△100,000円1,199,100円

  

料金が高額という印象のトライズですが、英語コーチング本科12ヶ月・週3回レッスンのプロフェッショナルコースでは月額10万円以下と、コーチングスクールの中でも平均的な部類となります。

しかも、専属コンサルタントの徹底的なサポート・専属ネイティブコーチのマンツーマンレッスンを含んだ料金なので、コスパはかなり高いと言えます。

半年から1年間かけて、本気で英語を話せるようになりたいという強い意志を持っている方は、ぜひトライズを検討してみてくださいね。

   

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の無料カウンセリング体験談

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

  

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

     

5-④【英会話】MeRISE英会話

 

入会金33,000円
対象コーススタンダードコース
対象プラン6ヶ月一括購入
12ヶ月一活購入
基本料金  6ヶ月:181,500円
12ヶ月:363,000円
給付条件レッスン出席率95%以上
テスト受講2回
レッスンマンツーマン:受け放題
グループ  :受け放題
校舎東京八重洲・新宿・渋谷・横浜
オンラインオンライン受講可能

   

フィリピンの海外留学事業からスタートしたMeRISE株式会社が運営する英会話スクール「ミライズ英会話」。

自社でフィリピン人講師の研修・教育事業を手がけているので、圧倒的に質の高いフィリピン人講師が揃っているのが強みのスクールです。

英会話レッスンは無制限で受け放題。全ての英語コーチングスクールの中で、最もアウトプットの機会が豊富です。

ミライズ英会話のフィリピン人講師は国際的な英語教授法である「TESOL」の資格を保有。MeRISEで研修・教育された英語指導のプロフェッショナルが英語習得のサポートをしてくれます。

言語習得を科学的にアプローチする第二言語習得論の知見から、インプット学習とアウトプット学習を組み合わせたコーチングを提供してくれるので、基礎的な英語力を鍛えることが可能なスクールです

2022年11月から全コースでグループレッスンが受け放題となったので、さらにアウトプットの機会が豊富に。同じ目標を持つ仲間とレッスンができますので、他の受講生と交流の機会が多く、高いモチベーションを維持して続けられるのもポイントです。

制度適用後の金額は以下の通りです。

    

コース入会金料金給付金合計金額
6ヶ月一括購入33,000円181,500円△42,900円171,600円
12ヶ月一括購入33,000円330,000円△72,600円290,400円

  

スタンダードコースの12ヶ月一括購入プランでは、入会金込みで月額24,200円とかなりお得なコースとなります。

ミライズ英会話をお得に受講したい方は、スタンダードプランの6ヶ月または12ヶ月のパッケージプランを検討してみてくださいね。

   

関連記事

MeRISE英会話 (ミライズ)の特徴は? 口コミ・評判も紹介

ミライズ英会話(MeRISE)の無料体験を受けた感想|コーチングプラン

MeRISE英会話(ミライズ)に出会いはある?

公式サイト

MeRISE英会話(ミライズ)

       

\無料体験実施中/

ミライズ英会話はこちら

   

5-⑤【TOEIC】ENGLISH SCHOOL +200

入会金33,000円
対象コース教育訓練給付金コース
対象プラン650点取得コース
800点取得コース
基本料金650点コース:501,215円(入会金含む)
800点コース:417,340円(入会金含む)
給付条件無料カウンセリングで要確認
コーチングLINEで毎日
レッスン650点コース:50回
800点コース:40回
校舎港区(田町)
オンラインオンライン受講可能

     

ENGLISH SCHOOL +200はマンツーマンレッスンを中心とするTOEIC対策に特化したコーチングスクールです。

全てのコースはTOEIC対策に特化していて、満点スコア保持者の専属講師が受講生一人ひとりに最適な学習カリキュラムを作成し、日々の学習を徹底サポート。超短期間で効率的なスコアアップを目指すことができます。

2012年の創設から11年間TOEICのスコアアップ対策コースのみ開設しており、講師全員が定期的な受験を継続しているので、蓄積している知見は他のコーチングスクールの追随を許しません。

また、ライフスタイルに合わせてレッスンを自由に受けることができることから、学業や仕事で忙しい学生から社会人まで幅広い層が受講中。卒業生の実績は確かなもので、早ければ数週間で100点以上のスコアアップを達成している報告もあり、総じて数ヶ月で200~300点のスコアアップを現実的な目標として目指すことができます。

制度適用後の金額は以下の通りです。

  

コース入会金料金給付金合計金額
650点取得コース33,000円468,215円△98,043円403,172円
800点取得コース33,000円384,340円△81,268円336,072円

 

就職や転職、昇進、海外留学や転勤など、様々な理由から超短期間でTOEICのスコアアップが必要な方におすすめのスクールとなります。

 

関連記事

【TOEIC対策特化】ENGLISH SCHOOL +200の評判は?

公式サイト

【English School+200】

 

\無料カウンセリング実施中/

公式サイトはこちら

    

5-⑥【TOEIC】PRESENCE(プレゼンス)

入会金30,000円
対象コースTOEIC®︎L&R TEST 750点コース
TOEIC®︎L&R TEST 900点コース
基本料金

750点コース:228,000円
900点コース:238,000円

給付条件

・出席回数が全8回中7回以上
・オリジナルTOEIC模試の結果が70%以上の達成度

期間2ヶ月
コーチング週1回
校舎港区(表参道)
オンラインオンライン受講可能

          

日本で最初にできた語学コーチングスクールの「プレゼンス」。

プレゼンスでは5人前後のクラスを作って、クラスメイトと一緒にグループコーチングを受けます。

同程度の英語レベルで、同じ目標を持つクラスメイトの存在は、お互いを刺激し合い、モチベーションを高め、時に不安や悩みも共有できる心強い仲間に。ビジネスパーソンが多く集まっているので、忙しいクラスメイトが頑張って学習しているのに、自分だけサボるわけにはいかないという意識がスコアアップに繋がったという口コミ・評判が多数あります。

毎週の進捗テストの結果はクラスで共有・順位付けをされ、ライバル意識が刺激されて学習意欲が高まる仕組みに。常に高いモチベーションを維持できるスクールです。クラスメイトと交流が深まったという話もあり、新しい出会いがあるのも魅力的。

日本人コーチはニューヨークでのMBA取得者、英国大学のTESOL修士課程卒業者、海外留学経験者、マルチリンガル、大手企業で英語を使ったビジネスに携わっていたなど、生の英語を使ってきた経験が豊富。

実績に基づく知見や、目指すキャリアにおいてどう英語を活かすかなどのアドバイスも貰える点も嬉しいですね。

制度適用後の金額は以下の通りです。

  

コース入会金料金給付金合計金額
750点コース30,000円228,000円△53,600円206,400円
900点コース30,000円238,000円△51,600円214,400円

 

入学金を含めて月額7万円代なので、制度を利用すればコーチングスクールの中でもリーズナブルとなります。

様々なビジネス業界の受講生が集まっているので、新しい人間・新しい価値観との「出会い」が魅力的に感じる方は、ぜひプレゼンスの無料家カウンセリングを受けて、スクールの雰囲気やサービス内容を確認してみてくださいね。 

 

関連記事

PRESENCE(プレゼンス)の口コミ・評判|表参道の英語コーチングスクール

【体験談】PRESENCE(プレゼンス)の無料説明会と個別カウンセリングを受けてみた

PRESENCE(プレゼンス)の割引クーポン・キャンペーン情報

公式サイト

PRESENCE(プレゼンス)

  

\無料カウンセリング実施中/

プレゼンスはこちら

  

5-⑦【英会話/TOEIC】PROGRIT(プログリット)

入会金55,000円
対象コースビジネス英会話コース
TOEIC L&R TESTコース
対象プラン3ヶ月
6ヶ月
基本料金3ヶ月:544,500円
6ヶ月:1,069,200円
給付条件面談出席率80%以上
コーチング週1回
校舎【東京】 有楽町・新宿・神田秋葉原
     六本木・渋谷・池袋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋 
【大阪】 梅田
【兵庫】 神戸三宮
オンラインオンライン受講可能

        

「短期」集中で英語力を飛躍的に向上させ、「長期」的な成長へと繋げるコーチングサービスを提供する「PROGRIT」。英語コーチングスクールの中でも知名度が高く、多くのビジネスパーソンが受講しています。

「本気で英語をやるならプログリット」という謳い文句のとおり、英語初心者でも1日3時間以上の学習時間を設定。応用言語学や言語習得論といったアカデミックな研究に基づいた学習理論、徹底的なコーチング、テクノロジーの総合的サポートを提供し、一人一人にカスタマイズされた高品質なトレーニングを受けることで、短期間で飛躍的な英語力の向上を実現します。

学習のベースとなる第二言語習得論を応用した独自理論「英語の5ステップ」は、英会話をする上での脳内処理のプロセスを表します。

英語を聞いてから話すまでのプロセスの一つ一つをトレーニング。専属コンサルタントが毎日、音声チャットで添削・フィードバックすることで本質的な英語力を養っていきます。

採用率0.85%を通過した優秀なコンサルタント陣が揃っており、ビジネス英語のプロがコンサルティングしてくれるため、英語初心者から高レベルの英語力を習得したい人まで安心してトレーニングを受けることができるスクールですよ。

制度適用後の金額は以下の通りです。

 

コース入会金料金給付金合計金額
英会話コース・3ヶ月55,000円544,500円△100,000円499,500円
TOEICコース・3ヶ月55,000円544,500円△100,000円499,500円

  

カウンセリング受講当日に入会すれば、「今すぐ割」が適用されてさらに2万円安く受講できます。

受講料は高めなコーチングスクールですが、徹底的な英語学習で短期間で飛躍的に英語力を向上させたい方におすすめです。 

 

関連記事

PROGRIT(プログリット)の特徴は?口コミ・評判を紹介

PROGRIT(プログリット)の無料カウンセリング体験談

PROGRIT(プログリット)の割引・入会金無料キャンペーン情報

公式サイト

PROGRIT(プログリット)

    

\無料カウンセリング実施中/

プログリットはこちら

                   

5-⑧【英会話/TOEIC】RIZAP ENGLISH(ライザップ)

入会金55,000円
対象コース英会話コース
TOEICスコアアップコース
対象プラン3ヶ月(24回)
4ヶ月(32回)
基本料金3ヶ月:580,800円
4ヶ月:723,800円
給付条件無料カウンセリングの際に要確認
コーチング週2回
校舎銀座・新宿・新橋・池袋・渋谷
オンラインオンライン受講可能

 

「結果にコミットする」というコンセプトをもとに、ビジネス英語を身に付けたい方が通う「RIZAP EINGLISH」。

科学的なアプローチにより第二言語習得を目指しますが、その本質は英語脳の養成です

英語脳の養成とは、英会話の際に英語と日本語の脳内変換処理を省き、「英語を聞き」「英語のまま理解し」「英語を発話する」ことで、一連の処理をすべて英語で行うこと。その結果、スムーズな英会話が実現します。

具体的には「6STEP」「クイックレスポンス」「実践スピーキング」という3要素をベースに、日本人専属トレーナーが週2回のセッションで受講生1人ひとりの英語力を鍛え、最短3ヶ月での英語習得を目指します。

オンライン英会話のCAMBLYを導入し、24時間いつでもネイティブ講師と英会話レッスンをすることも可能。専属トレーナー作成のオリジナルカリキュラムに基づき、インプット学習とアウトプット学習のサイクルを繰り返すことで、英語を短期間で効率的に習得することができます。TOEICコースではスコア保証制度が導入されているため、結果を出すまで継続することができるのも特徴です。

制度適用後の金額は以下の通りです。

   

コース入会金料金給付金合計金額
英会話コース(3ヶ月)55,000円580,800円△100,000円535,800円
英会話コース(4ヶ月)55,000円723,800円△100,000円678,800円
TOEICコース(3ヶ月)55,000円580,800円△100,000円535,800円
TOEICコース(4ヶ月)55,000円723,800円△100,000円678,800円

  

プログリットと並んで受講料が高めのスクールですが、英語脳養成トレーニングの効果は確かなもの。

就職・キャリアアップ転職・昇格試験など、短期間でTOEICの点数をアップさせたい方やビジネス英語を習得したい方におすすめです。

 

関連記事

英語コーチングスクールを比較【ライザップ・トライズ・プログリット】

ライザップイングリッシュの無料カウンセリング体験談

ライザップイングリッシュの割引・入会金無料キャンペーン

公式サイト

【30日間全額返金】2ヵ月で英会話を劇的に変える!

     

\無料カウンセリング実施中/

ライザップはこちら

 

5-⑨【英会話】GABAマンツーマン英会話

 

入会金33,000円
対象コース一般教育訓練給付制度対象プラン
対象プラン75回レッスン
基本料金594,000円
レッスン1回40分
給付条件・出席率80%以上(レッスン60回以上)
・GABA指定の英語レベルを1以上アップ
校舎関東:東京、千葉、埼玉、
中部:愛知
関西:大阪、京都、兵庫
オンラインオンライン受講対応

   

GABAは1995年に創業した老舗の英語教室です。

マンツーマン授業の専門スクールで、25年以上運営されていることから非常に講師の水準が高く、サポート体制がしっかりと整っている英語教室となります。初心者から上級者まで対応していて、出身国70か国以上の講師から自由にレッスン講師を選べることから「アメリカ英語を学びたい」「イギリス英語を学びたい」といったニーズに合わせて最適なレッスンを受講できることが魅力です。

日本人のレッスン講師はいませんが、日本人のカウンセラーが常駐しているので、「最適なレッスンプランの提案」「レッスン講師へのリクエストをサポート」「レッスンの進捗に関するカウンセリング」など、手厚い学習サポートを受けられるのもポイント。

制度適用後の金額は以下の通りです。

  

コース入会金料金給付金合計金額
一般教育訓練給付制度対象33,000円594,000円△100,000円527,000円

  

約50万円の料金で、英語ネイティブのコーチと75回という圧倒的なレッスン量で英語力を伸ばすことができますよ。無料体験レッスンでぜひGABAの雰囲気やサービス内容を確認してみてくださいね。

  

公式サイト

GABAマンツーマン英会話

 

\ 無料体験実施中/

GABAマンツーマン英会話

        

5-⑩【英会話】Berlitz(ベルリッツ)

  

入会金33,000円
対象コース・プランマンツーマンコース :10ヶ月
少人数レッスンコース:12ヶ月
基本料金

マンツーマンコース :730,400円
少人数レッスンコース:445,060円

レッスン週1回
給付条件出席率80%以上
校舎全国60店舗
オンライン制度の適用は通学のみ

   

ベルリッツはアメリカで140年以上前に生まれた老舗の英会話スクール。

全国で60店舗の教室と1,000名以上の外国人講師を抱えている日本でも最大手のスクールの一つで実績も抜群です。

ベルリッツで学べる言語は英語・中国語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・韓国語と様々。幼児から大人向けまで様々なコースが用意されていて、各試験対策専用コースもあるなど、受講生のニーズに高いレベルで応えてくれます。

特徴的なのは「ベルリッツ・メソッド」と呼ばれる英語指導を実施していて、英語教授法にて最も有効とされる「英語教授法辞典」や「英語学英語教育研究辞典」で紹介されているほど。140年以上の語学指導の歴史で洗練されてきた「ベルリッツ・メソッド」により、非常に高い英語学習効果が期待できるスクールです。

 

コース入会金料金給付金合計金額
マンツーマン33,000円730,400円△100,000円663,400円
少人数33,000円445,060円△95,612円382,448円

  

「ベルリッツ・メソッド」に基づく質の高いレッスンとコーチングにより、短期間でも大幅な英語力の向上が可能なスクールです。

 

関連記事

ベルリッツはマンツーマンがおすすめ|短期集中・TOEICコーチング・フレックスの評判

ベルリッツの割引クーポン・キャンペーン情報

公式サイト

英会話と語学学校の「ベルリッツ」

   

\無料体験レッスン実施中/

ベルリッツはこちら

     

5-⑪【英会話/TOEIC】ECC外語学院

   

入会金15,000円
対象コース・プランECCビジネス英会話 3ヶ月集中コース
ECC資格コース TOEIC L&R 集中:7ヶ月
など
料金3ヶ月集中コース:365,200円
TOEIC L&R 集中  :281,600円
給付条件・出席率80%以上
・到達度試験で70%以上
校舎全国約150店舗
オンラインオンライン受講可能

  

ECC外語学院は2022年に創業60周年を迎え、国内に約150ヵ所の校舎がある日本でも最大手の英会話スクールです。

長く日本の英語教育をリードしてきた老舗のスクールで、その信用と実績は他の英語教室の追随を許しません。子どもからシニア世代まで幅広い年齢層の様々なニーズに対応したコースが用意されていて、数多くの受講生が英語力の伸ばしています。

ECC外語学院の特徴は、ECCの独自メソッドにあります。

基本的にはグループレッスン主体で、初心者は人前で大きな声を出すことで英語を話すのが恥ずかしい・英語が怖いという「メンタルブロック」を外し、自信を持って話せるようになっていく手法を取ります。

また、初心者は日本人のバイリンガル講師から優しく丁寧に英語を指導してもらえるのもECC外語学院の大きな魅力。英語ネイティブの講師陣も揃っていますので、受講生の英語レベルに合わせてた講師から英語を学べるので、常に最適な英語学習をすることが可能となります。

  

コース入会金料金給付金合計金額
ECCビジネス英会話
3ヶ月集中コース
15,000円365,200円△76,040円304,160円
ECC資格コース
TOEIC L&R 集中
15,000円281,600円△59,320円237,280円

   

ECC外語学院には、他にも約30個のコースで一般教育訓練給付制度が利用できます。

現在の英語レベルや目標によって最適なコースが異なりますので、無料カウンセリングを受ける際にどのコースがおすすめか確認するようにしましょう。

    

公式サイト

ECC外語学院

  

\無料体験実施中/

ECC外語学院はこちら

        

5-⑫【英会話/TOEIC】英会話イーオン(AEON)

    

入会金14,300円
コースTOEIC対策A:12ヶ月
ビジネス英会話プライベートレッスン:12ヶ月
など
料金TOEIC対策A    :562,320円
ビジネス英会話:682,660円
給付条件・出席率80%以上
・到達度試験で70%以上
校舎全国250社
オンラインオンライン受講可能

   

英会話イーオンは国内に250ヵ所以上の校舎がある日本でも有数の大手英会話スクールです。

NOVAやECCと並んで日本の英語教育をリードしてきた老舗のスクールで、その信用と実績はそこらの英語教室の追随を許しません。今現在も75,000人以上の受講生が通っていて、子どもからシニア世代まで幅広い年齢層の様々なニーズに対応したコースが用意されています。

特徴的なのは講師の質で、英会話イーオンの講師は北米のリクルートオフィスで直接採用しています。

応募者100人中2人しか採用しないという厳しい採用基準をクリアした「日本で英語指導する熱意とスキル」を持っている講師が揃っているので、安定してハイレベルなレッスンを受講できますよ。

 

コース入会金料金給付金合計金額
TOEIC対策A14,300円562,320円△100,000円476,160円
ビジネス英会話
プライベートレッスン
14,300円682,660円△100,000円696,960円

   

イーオンには、他に20個以上のコースで一般教育訓練給付制度が利用できますので、イーオンに興味がある方はぜひ問い合わせてみてください。

  

公式サイト

英会話イーオン

   

\ 無料体験実施中/

英会話イーオン

           

6.まとめ:専門実践教育訓練給付金は働きながら利用可能

まとめ

 

当記事では、専門実践教育訓練給付金が在職中でも利用できるのか詳しく解説いたしました。

結論として、専門実践教育訓練給付金は在職中でも問題なく利用できます。

ただし、働き方によっては損をしてしまう可能性もあるため、実際に受講する前にはしっかりとハローワークの職員と確認するようにしましょう。

    -割引・キャンペーン