英語コーチングスクール

【体験談】PRESENCE(プレゼンス)の無料説明会と個別カウンセリングを受けてみた

2022年6月5日

こんにちは。

日本で最初にできた語学コーチングスクール「プレゼンス」。2ヶ月間で本質的な英語力を身に付けることができるというサービス内容や雰囲気を確かめるため、実際に無料説明会を受けてきました。その後、個別カウンセリングも実施してくれたので、あわせてご紹介しますね。

結論から言うと、プレゼンスの「コーチングスキル」は紛れもなく本物。精神論やスパルタ学習ではなくて、英語学習をすべて理論で説明してくれたので、これは英語力が伸びると確信する内容でした。

プレゼンスのグループコーチングは他のスクールとは明確に違い、プレゼンスならではの魅力があります。2ヶ月間で英語力を大きくが伸ばしたい方は当記事を参考にしてみて、興味が出たら無料カウンセリングを体験してみてくださいね。

関連記事

英語コーチングとは? 効果を説明します【英語を科学的に習得】

英語初心者こそ英語コーチングスクールを選ぶべき理由とは?

公式サイト

PRESENCE(プレゼンス)

 

\無料カウンセリング実施中/

プレゼンスの公式サイトはこちら

     

1.PRESENCE(プレゼンス)はどんな英語コーチングスクールか

プレゼンスはビジネス英語・TOEIC対策に熟知したプロの専属コーチが徹底的に学習サポートしてくれる、最新型の英語学習スクールです。普通のオンライン英会話スクールと違って、専属コーチが英語学習方法そのもののを指導。「英語を話せるようになる」「TOIECのスコアを伸ばす」ために必要な最適学習プランを作成してくれるので、安心して英語学習に専念することができます。

プレゼンスの独自性はグループコーチングによるクラス制を導入していること。5人ほどのクラスで2ヶ月間、固定メンバーで学習するので、同じ目標を持つクラスメートから刺激を受けて学習に取り組むことが可能に。高い志を持つ仲間と学習することは高いモチベーションに繋がりますし、ビジネスの世界で活躍している受講生が多いことから、グループ内の交流を通して新たな価値観と出会うこともできます。

自然とモチベーションが高まるクラス制は、継続がとても大切な英語学習をするのに最高の環境で、プレゼンスのプログラム完走率は96.7%。ほぼすべての受講生が最後まで英語学習をやり切り、2ヶ月間で力を大きく伸ばしています。

プレゼンスに詳細はこちらの記事に書いてあるので、良かったら読んでみてくださいね。

PRESENCE(プレゼンス)の口コミ・評判|表参道の英語コーチングスクール

     

2.PRESENCE(プレゼンス)の無料オンライン説明会に申し込んでみた

プレゼンス無料説明会

実際に無料説明会を体験した流れに沿って話していきますね。

コロナウイルス感染対策のため、現在はオンラインのみで説明会を実施しています。基本的に週1回、土曜日に開催されてますが、金曜日に開催されるなど日程の固定化はされていません。というのも、無料説明会はプレゼンスの実際のコーチが担当してくれるので、コーチのレッスンスケジュールによって説明会の日程が決まっているみたですね。

無料説明会は参加人数が最大20人で、空いている枠に申込み。氏名と電話番号、TOEICのスコアだけ入力して送信すると、すぐに確認の返信がきました。メールの中にZOOMのミーティングルームのURLが記載されているので、当日、URLをクリックするだけでオンライン説明会に参加することができます。

オンライン無料カウンセリングでもZOOMを利用するので、アプリをインストールしていない方は事前にインストールしておくと安心ですよ。

 

公式サイト

PRESENCE(プレゼンス)

 

\無料カウンセリング実施中/

プレゼンスの公式サイトはこちら

     

3.PRESENCE(プレゼンス)の無料オンライン説明会当日の内容

プレゼンス無料説明会

当日は説明会開催時間に送付されたURLからZOOMのミーティングルームに参加。

説明会担当の講師から最初に「カメラはオンでもオフでも大丈夫ですよ」と言ってくれたので、カメラはオフにして音声だけで参加しました。次に「ご希望の方は先着で1人か2人、説明会終了後に個別カウンセリングも実施できるので、希望される場合は私にチャットくださいね」とのお話があり、説明会がスタート。

内容はざっくりとこんな感じです。

   

  • 英語学習者の9割が挫折する3つの理由
  • 挫折する3つの理由をプレゼンスが解決する方法
  • プレゼンスのグループコーチングの効果
  • 自己調整学習論について
  • プレゼンスで英語力が最短2ヶ月で伸びる理由
  • プレゼンスの講師のTOEIC分析について
  • TOEICの解答テクニックについて

    

説明会で聞いた内容をまとめて、プレゼンスの魅力を紹介しますね。

    

3-① 英語学習者の9割が挫折する3つの理由

「オンライン英会話スクールを受けてみたけど、ぜんぜん話せるようにならない」「英語のニュースやドラマを聞いているのに、英語を聞き取れるようにならない」

自分では勉強を頑張っていると思っていても、英語力が伸びてこないと段々とモチベーションが下がっていき、最後は挫折してしまう。このような経験がある方も多いと思います。

英語初心者や英語に苦手意識を持っている方が英語学習に挫折してしまう理由は大きく3つ。

  

  1. なにから取り組めば良いのかわからない
  2. どのように取り組めば良いのかわからない
  3. モチベーションが続かずに継続できない

    

これらの原因を自分では解決できないから挫折してしまうわけですが、逆に言えば、原因を解決できれば英語力は伸びるわけです。

プレゼンスは忙しい社会人でもモチベーションを維持して、正しい方法で英語学習に取り組むことができる学習メソッドを確立。短期間でも英語力を伸ばすことが可能なコーチングを提供してくれます。

   

3-② 「なにから取り組めば良いか解決する」コーチングスキル

プレゼンスのコーチング

英語学習において、なにから取り組めば良いのか判断するためには、自分の課題を明確にすることが大切です。

特に英語初心者は課題が明確でないため、オンライン英会話やら市販の教材やらYoutubeの動画やら幅広く手を出してしまいがち。結果、めちゃくちゃ非効率な学習になってしまい、英語が思うように伸びないわけです。

たとえばリスニングが苦手ならば、リスニングの問題をたくさん解くという対策を立てる方が多い。あるいは、英語を聞きこめば耳が英語に慣れるなんて英語のニュースやドラマを聞きこむ方もいます。でも、自分が「なぜ英語を聞き取れないのか」「どこを聞き取れていないのか」「聞き取れていない原因はなにか」という弱点・課題が分かっていなければ改善されないので、効果的な学習にはなりません。

プレゼンスでは、担当講師が受講生の課題を明確にし、その改善策を教えてくれます。

リスニングなら、そもそも英語を聞き取れていないならば「音声知覚」の強化を。音は聞き取れているが、意味が理解できていないのであれば「意味理解」の強化を。「意味理解」ができていないのは、英語のスピードに付いていけないことが原因なら、スピードを高める「速読力」を。「意味理解」ができていないのはボキャブラリー不足が原因なら「単語」や「構文」の暗記を。

このように、リスニングが苦手な受講生に対して原因を細かく追及していき、原因を解決するための学習方法を指導するのがプレゼンスのコーチングスキルなんです。

英会話コースにしろ、TOEIC対策コースにしろ、担当講師と一緒に苦手分野・苦手なスキルの原因と解決を繰り返していくことにより、英語力を伸ばしていくのがプレゼンスの魅力の一つです。

 

3-③「どのように取り組めば良いか解決する」学習メソッド

プレゼンス 学習メソッド

英語学習をどのように取り組めば良いか、もプレゼンスは解決します。効率的な英語学習を実現するには三つのポイントがあります。

   

  • 学習の順番を間違えないこと
  • 達成基準を明確にすること
  • 改善する仕組みを作ること

     

学習の順番についてTOEIC対策コースで話すと、スコアを伸ばすためには「基礎力」「得点力」「本番力」の三つの力が必要なわけですが、多くの人はいきなりTOEIC対策の問題集から手を出してしまいがち。ところが、それは「得点力」や「本番力」を鍛える学習なので、「基礎力」が不足している状態で学習しても上手く解けなかったり、余計な時間がかかるわけです。

プレゼンスではまずは「基礎力」を徹底強化。「単語」「文法」「英語脳養成」といったスキルを基礎力養成期に学習します。ようは土台作りですね。TOEICのスコアを安定的に伸ばすためには基礎力が非常に大切なので、最初の1ヶ月は基礎学習を徹底するわけです。その後に問題の解き方やテクニックを学んで「得点力」を磨き、弱点・課題分析を通して「本番力」を上げていく。

このようにプレゼンスは学習の順番を明確にし、必要な時期に必要な学習をすることで効率的な学習をサポートしてくれます。

達成基準については、プレゼンスでは英単語を見て1秒以内に「意味」「品詞」「発音」が分かる状態を英単語を知っていると定義。TOEICではリーディング問題を75分で100問解く必要があるので、瞬発性がとても大切ですから、1秒以内という基準を設定することで問題を多く解ける脳へと鍛えます。

最後に改善する仕組みは、いわゆるPDCAサイクルのことです。学習計画(PLAN)、学習の実施(実行)、テストで成果確認(CHECK)、弱点・課題の改善(ACT)を適切に回すことで目標を効率よく達成する仕組みですが、このCHECKとACTの間にプレゼンスのコーチングが入り、「なにをどう改善したら伸びるのか」「改善するための効率的な学習方法」を指導してくれます。

このように、プレゼンスでは学習の取り組み方を明確にし、英語学習方法自体を学ぶことができるのです。

  

3-③「モチベーションが自然と高まる最高の環境を作る」グループコーチング

プレゼンスのグループコーチングの魅力

英語学習に対するモチベーションは最も大切な要素です。英語は継続学習してこそ、少しずつ伸びていくもので、途中で辞めてしまっては目標を達成することはできません。

このモチベーション作りに最適な環境を生み出しているのが、プレゼンス特有のグループコーチングです。

グループコーチングによるクラス制がモチベーションアップに繋がる理由は三つあって、一つは逃れられない環境があること。プレゼンスの受講者は本気の方しかいないので、クラスでそういう人たちに囲まれると、「自分もやらなきゃ」と心理的な強制力が働きます。

二つ目はクラスでは毎週「単語」「文法」「英語脳」のテストが実施されて、点数はすべて公表されます。すると、自分のクラス内での順番が分かってしまいますよね。毎週のように最下位だと、悔しいだったり情けないといった感情が芽生え、次のテストは頑張ろうとモチベーションがアップします。

そして三つ目にクラスメートとの情報共有があります。クラスには同じレベル感、同じくらいの目標を設定している方が集まりますが、同じカリキュラムでも効率的にスコアを伸ばしていく人がいるもので、その人の学習方法や考え方を知ることができます。自分では思いつかないやり方や価値観を取り込むと、自分の学習方法がアップデートされます。こうやってお互いに刺激し合い、有用な情報は共有していくことで、自然とモチベーションが高まっていく。

グループコーチングは他の英語コーチングスクールにはない制度で、プレゼンス唯一の魅力。仲間と一緒に学習したいという方には本当におすすめのスクールなんです。

  

3-④ PRESENCE(プレゼンス)の受講期間は2ヶ月

プレゼンスの英語学習期間

プレゼンスが求める英語学習量は英会話コースで週に約15時間、TOEICコースで約20時間。1日に2時間以上も英語を勉強するわけですから、忙しい社会人の方にとっては正直けっこう大変ですよね。平日はプライベートの時間もある程度は学習に費やす必要がありますし、2ヶ月間はがっつり英語学習に向き合うことになりますから。担当講師が日々の学習時間をどう作り出すか一緒に考えてくれますが、やはり学習するのは自分ですから、それなりの覚悟は必要なわけです。

ただ、2ヶ月間、毎日徹底的に英語学習に励むのは、もちろん意味があるわけです。

一つ目は成果の部分で、「英語を話せるようになる」「TOEICのスコアを伸ばす」ためには、その目標を達成するだけの知識を身に付けなければなりません。英語が苦手な根本的な原因は知識不足にあるわけで、英語力を伸ばすためには使える英語の知識の習得が必要だからです。ちなみに、受講生の実績は2ヶ月間でTOEICのスコアは平均100点アップ。学習時間はスコアにしっかり反映されていますね。

もう一つは、正しい学習方法を身に付けること。前述の通り、英語学習に挫折する原因は「なにから取り組めば良いのかわからない」「どのように取り組めば良いのかわからない」こと。その原因は正しい英語学習方法を身に付けることで解決されるわけです。

言ってしまえば、2ヶ月間で完璧に英語を話せるようになりますだとか、TOEICで満点を取れますだとか、そんなことは不可能ですよね。プレゼンスの受講期間が終わっても、英語学習は続いていく。その時、効果的な学習方法を身に付けているかどうかで、英語力の伸びはまるで違います。

プレゼンスの2ヶ月間は、短期的な成果だけをもたらすわけではありません。目標を達成したら、その次の目標があります。先々の目標を挫折することなく達成していくために、2ヶ月間で正しい英語学習方法を身に付ける。そうすれば、受講終了後も一人で英語を学んでいける。

2ヶ月間の徹底した英語学習は、人生単位で考えて、非常に有意義なものなんです。 

  

3-⑤ PRESENCE(プレゼンス)は表参道で対面受講・オンラインを選べる

プレゼンスの教室は表参道のビルに入っていて、担当講師やクラスメートとの対面受講ができます。オンライン完結のクラスもあるので、対面受講できない方や環境的に対面は避けたい方はオンラインクラスも選択可能です。

対面受講だとコーチング開始前や終了後に講師とちょっとした雑談や質疑応答ができるので、対面がおすすめな部分もありますし、オンラインであれば外出の用意や通学の時間を短縮できるので、より学習時間を確保できるというメリットがあるので、自分に合った受講スタイルで良いと思います。

       

3-⑥ PRESENCE(プレゼンス)は料金が安い

プレゼンスの受講料は、月額で約7万円~8万円程度。英語コーチングスクールの相場は月額10万円前後なので、プレゼンスはリーズナブルな部類に入ります。価格が安いのはグループコーチングを導入しているからで、一つのレッスンで複数の受講生を受け持つことができるから。ようは人件費がセーブできていことが料金の安さに反映されています。

   

3-⑦ PRESENCE(プレゼンス)無料オンライン説明会のまとめ

約45分間の説明会で、英語力を伸ばすためにはどういう学習が必要か、なにを学習すれば良いのか、どういう風に継続していくのかを、理論立てて説明してくれました。実際の講師が説明してくれているので、こういう雰囲気でプレゼンスのレッスンが行われるのだと実感することもできましたね。

プレゼンスは詰め込みだとかスパルタだとか、そういう雰囲気は一切ありません。英語学習の一つひとつに、なぜこの学習をすべきなのか理由があって、目的意識を明確にしてくれるので、非常に取り組みやすいと言えます。

なにより、グループコーチングの魅力が非常に大きい。

マンツーマンスタイルは専属トレーナーが付きっきりなので、そっちの方がレッスン濃度が濃いかなって思ってましたが、説明を聞いてみるとそんなことはありません。同じような英語レベルで、同じくらいの目標を持つクラスメートがいると、仲間意識やライバル意識が生まれ、良い緊張感をもって学習に励むことができると感じました。相手の良い部分を知ることで、自分の学習スタイルをアップデートすることもできるので、マンツーマン以上に得られる部分も大きいと思います。

初回カウンセリングは無料なので、プレゼンスのグループコーチング制度が良いな、2ヶ月間で結果を出したいな、という方はぜひ講師から色々とお話を聞いて、雰囲気を味わってみてください。

 

公式サイト

PRESENCE(プレゼンス)

 

\無料カウンセリング実施中/

プレゼンスの公式サイトはこちら

     

4.PRESENCE(プレゼンス)の個別カウンセリングも受けてみた

プレゼンス個別カウンセリング

無料オンライン説明会が終わった後、先着で1人、2人は個別カウンセリングも受けることができるとのことで、個別カウンセリングも受けてきました。

担当コーチにいくつか質問させていただいたので、内容をご紹介しますね。

    

4-① 英会話コースの自主学習について

英会話コースでは1週間に15時間ていどの自主学習を目安に、「単語」「構文」「シャドーイング」などの基礎スキルを徹底的に実施します。例えば構文なら、パっと出てきた構文を数秒以内に意味理解できるまでインプット。英会話コースでは瞬発性を意識していて、様々な音源を使って瞬発性を高めていきます。

つまり、英語の知識を英会話に使えるレベルになるまでを落とし込むトレーニングがメインとなります。

   

4-② 英会話コースの教材について

クラスによって使用する教材は異なり、初級コースは単語帳だけ購入して、あとはプレゼンス独自の教材を利用。中級・上級は単語帳とシャドーイング用のテキストだけ購入して、残りはプレゼンス独自の教材を利用するとのこと。

プレゼンスは受講生一人ひとりに対して教材選定をするのではなく、コースごとに使用する教材は決まっていて、その教材をどう利用していくかコーチングしていくイメージです。

   

4-③ クラスの選び方・担当講師の決まり方について

プレゼンスでは毎週2時間のグループコーチングの日程は固定されています。例えば、火曜日の19時30分スタートの枠だったら、2ヶ月間、毎週火曜日の19時30分から同じ講師から、同じクラスメートと一緒にグループコーチングを受講することになります。

クラスの選び方は、その時その時で「英会話中級コース 火曜日 19時30分~」「TOEIC750点コース 木曜日 18時~」みたいな感じで募集があって、自分の都合の良い時間帯の枠に申し込み。その枠の受講生が5人ほど集まったら、グループコーチングスタートといったスタイルになります。

なので、先にコースと担当講師が決まっているクラスが曜日・時間帯ごとに受講生を募集していて、仕事の都合やレベル、目的に合わせて受講したいクラスに応募することになります。

   

4-④ 知っている英語から、使える英語へ

「どうして英語を学習しようと思ったんですか?」という目標ヒアリングから、こんな話がありました。

「『知っている』と『使える』」は明確に違います。大学受験やTOEICの勉強をしたりで、知識として知っている英単語は多いはずなんです。でも、全部の英語を英会話で使えるかというと、そんなことはないですよね。なので、『知っている』英語を増やすためのインプット学習を実施しながら、セルフスピーキングを中心に、覚えた単語・構文を会話に入れ込んで表現方法を学習する必要があります。この両輪を回すことが、英会話が上達するために必要不可欠なんです」

担当講師の言う通り、英単語の表面的な知識だけなら覚えている方は多いと思います。ただ、英会話はほぼ中学校で習うレベルの単語が使われているのに、聞き取れない、話せないのは、知っている知識の使い方の学習が圧倒的に不足しているからに他なりません。

その点、プレゼンスでは「英会話ができるようになる」学習方法を指導してくれるので、2ヶ月間という短期間でも英語力が大きく伸びるということです。

     

4-⑤ 担当講師から見たPRESENCE(プレゼンス)の魅力

最後に、プレゼンスの魅力・特徴を改めて教えてもらいました。

「二つつあります。まず、普通のオンライン英会話スクールやレッスンスクールとの差別化として、自主学習方法に変化があるかどうかです。英語を学ぶにあたって、レッスンを受ける時間よりも自分で学習する時間の方が圧倒的に長いわけですから、長い方の時間の使い方を効率化させる『自主学習方法』を学ぶ方が、英語力の伸びに圧倒的な差が出るわけです。自分の弱点や課題を分析する視点を持ち、一人でも解決できる力を得た方が、人生でこれからも続く英語学習の効率が本当に違いますから」

「それともう一つ。他の英語コーチングスクールとの差別化は、やはりマンツーマンかグループコーチングかです。マンツーマンスタイルって融通が効く部分があって、専属の講師さんのサポートがあっても意思がないと続かないものです。なぜならスケジュールを自分で決められるし、宿題なんかも後ろ倒しできますから。予定を伸ばして、最後はドロップアウトしてしまうって方も多いです。グループコーチングでは競争心を煽げる部分もあり、クラスの同じカリキュラムがあるから、自然とやり遂げようとするモチベーションが働きます。直近の完走率が96.7%という高い水準を保っているとおり、グループコーチングには能動的にモチベーションを高めて学習することができる環境なんです」

プレゼンスの最大の魅力はグループコーチングによる高いモチベーションの維持を伴った英語学習と言えますね。

ちなみに、講師についても聞いてみましたが、講師は全員が海外留学経験者とのこと。海外の就労経験者は一部ですが、みな英語を使うビジネス経験自体は豊富で英語のレベルは本当に高いことが分かりました。

  

公式サイト

PRESENCE(プレゼンス)

 

\無料カウンセリング実施中/

プレゼンスの公式サイトはこちら

     

5.まとめ:2ヶ月のグループコーチングで最高の結果を

プレゼンスのまとめ

プレゼンスの無料オンライン説明会と個別カウンセリングを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

英語コーチングスクールの中でも特別なグループコーチングの採用により、今まで圧倒的な実績を残してきたプレゼンス。説明会や個別カウンセリングで話を聞いてみても雰囲気が本当に良くて、なおかつ理論的に話してくれるから納得感が凄まじい。

あと、個別カウンセリングの時に営業がなかったのも好印象です。話をしっかりと聞いてくれた上で、こちらの疑問に対して率直に回答してくれました。

ぜひ無料カウンセリングで講師の方から色々と聞いてみて、サービス内容やスクールの雰囲気を体験してみてくださいね。 

関連記事

PRESENCE(プレゼンス)の口コミ・評判|表参道の英語コーチングスクール

公式サイト

PRESENCE(プレゼンス)

 

\無料カウンセリング実施中/

プレゼンスの公式サイトはこちら

     

-英語コーチングスクール