英検3級は何問正解で合格・何問間違えたら不合格か|ギリギリ合格の例

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

英検

英検3級は何問正解で合格・何問間違えたら不合格か|ギリギリ合格の例

2024年3月16日

こんにちは。

当記事では、英検3級にギリギリ合格するには何点必要なのか、何問正解で合格するかについて解説していきます。

実際に英検3級にギリギリで合格した人の報告を集計してデータにまとめましたので、参考にしてみてください。

また、英検3級にギリギリ合格するだけではなく、先で英検準2級・2級・準1級合格に挑戦したいという高い目標を達成したい人におすすめの英語塾もご紹介しますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

英検対策におすすめの塾|小学生・中学生・高校生・大学生・大人

 

目次

1.英検3級の基本情報

英検3級の基本情報

 

まずは、英検3級の基本情報を確認しましょう。

 

英検3級
利用目的英語能力の証明など
開発国日本
スコア1次試験:1,650点満点
2次試験:   550点満点
   合計:2,200点満点
合格点1次試験:1,103点
2次試験:  353点
   合計:1,456点
合格率1次試験:約50%
2次試験:約90%
技能リスニング・リーディング
スピーキング・ライティング
傾向日常生活・教育分野など
費用本会場:6,900円
準会場:5,000円
受験人数約60万人 / 年
実施回数3回 / 年
期限半永久的

  

英検全体の受験者数は年間約400万人と日本で非常にメジャーな資格試験であり、その中でも英検3級の受験者は年間約60万人と全ての級の中で最も受験者数が多い級です。

主な受験者層は小学生・中学生であり、中学受験や高校受験の加点や試験免除などの優遇措置・推薦に利用・面接で英語力のアピールなど様々な使い道がある英語資格となります。

 

2.英検3級の採点方式・合格ライン

英検3級の採点方式・合格ライン

 

次に、英検3級の採点方式と合格ラインについて詳しく解説していきます。

 

2-① 英検は2016年に採点方式がCSEスコアに変更

英検は2016年に採点基準が「英検CSEスコア」という基準に変更しております。

   

英検CSEスコア

正式名称:Common Scale for English

グローバル化に伴い、日本で開発された実用英語技能検定・アメリカで開発されたTOEFL・イギリスで開発されたIELTSなど、世界各国の英語試験の国際的な統一基準が必要になったことで生まれたスコア方式。

CSEスコアの導入により、国際標準規格であるCEFRを基準にして、英検・TOEIC・TOEFL・IELTSなど他の英語試験とスコア比較が可能になった。

 

英検はもともと日本独自の採点基準で合格・不合格を決めていましたが、2016年に国際標準規格のCEFRに対応したCSEスコアを導入したことで、世界的に見て自分がどれくらいの英語力なのか客観的な数値で確認できるようになりました。

英検3級にギリギリ合格するラインを理解するためには、この英検CSEスコアについて理解する必要があります。

  

2-② 英検3級にギリギリ合格するCSEスコア

結論として、英検3級の最低合格点は1次試験が1,103点、2次試験が353点の合計1,456点です。

  

CEFR英検CSEE英検3級IE英検準2級E英検2級E英検準1級E英検1級
C23,300-4,000    満点
3,400点
C12,600-3,299   満点
3,000点
合格最低点
2,630点
B22,300-2,599 満点
2,400点
満点
2,600点
合格最低点
2,304点
 
B11,950-2,299満点
2,200点
 合格最低点
1,980点
  
A21,700-1,949 合格最低点
1,728点
   
A10-1,699合格最低点
1,456点
    

(参考:英検CSEスコアとは

  

基本的に英検3級合格者は合格ラインのCSEスコア1,456点付近に多くいますので、英検3級合格者は国際標準規格のCEFR A1レベル = よく使われる日常的な表現や基本的な言い回しはできるレベルと評価されます。

ただし、英検3級の合格点は1,456点~2,200点と幅が広く、CSEスコア1,700点~1,949点の範囲で合格した人はCEFR A2レベル = 日常会話ならできるレベルと評価され、すでに英検準2級に匹敵する英語力の持ち主と言えるのです。

さらに、CSEスコア1,950点以上で合格した場合はCEFR B1レベル = 身近な話題なら英語で対応できるレベルとなり、英検2級に合格できる可能性がある英語力となります。

このように採点基準がCSEスコアに変更になったことで、英検の等級に関係なく、どれほどの英語力の持ち主なのかが分かる仕組みとなっています。

 

2-③ 英検3級の問題構成と配点

次に英検3級の問題構成と配点について確認しましょう。

  

試験形式大問E出題形式IE問題数素点ECSEスコアE合格ライン
リーディング
大問1短文の語句空所補充15205501,103
大問2会話文の空所補充55
大問3長文の語句空所補充105
小計  3030
ライティング
英作文116550
Eメール1
小計  216
リスニング
第1部会話の応答文選択1010550
第2部会話の内容一致選択1010
第3部文の内容一致選択1010
小計  3030
一次試験合計-62761,6501,103
スピーキング
音読05550 353
パッセージについての質問125
イラストについての質問2
受験者自身の意見など2
態度03
二次試験合計-533550353
合計-671092,2001,456

(参考:3級の試験内容

 

英検3級に合格するためには、一次試験でCSEスコア満点1,650点の約67%の1,103点以上、二次試験で満点550点の約64%の353点以上を取得する必要があります。

このように記載すると、一次試験は素点で76点中、約67%の51点。

二次試験は素点33点中、約64%の21点を取ることができれば合格と思えますが、注意点が2つあります。

この注意点を理解しておかないと、どれくらい問題に正解すれば英検3級に合格になるのか仕組みが分からないため、次に注意点について解説していきます。

 

3.英検3級は何問正解でギリギリ合格できるか

英検3級は何問正解でギリギリ合格できるか

 

英検3級は何問正解でギリギリ合格できるかは、結論から言えば受験した回によって変わります。

なぜギリギリの合格ラインが毎回変わってしまうのかについて、解説していきまます。

 

3-① 各技能バランスよく正解する必要性

英検CSEスコアが導入される前の2015年までの英検3級は、苦手な技能があっても、得意な技能でスコアが取れれば合格できるような採点基準となっていました。

たとえば、リーディング30点満点、リスニング30点満点、ライティング16点満点で、76点満点の67%である51点が合格ラインとすると、極端な話、ライティングが0点でもリーディングとリスニングで50点以上正解できれば合格となっていたのです。

ですが、このような採点基準では、英検の本来の「英語4技能の総合的な力を測定する」という目的に合いません。

そこで、CSEスコアが導入されて各技能の配分が550点に統一されたことで、たとえばリスニングが0点だと、リーディングとライティングで満点取ったとしても1,100点しか取得できず、合格ラインの1,103点に届かずに不合格になるという採点基準に変更されたのです。

つまり、どれほど苦手な技能があったとしても、たとえば500点・500点・103点など、ある程度は各技能でスコアを取る必要があるため、英語4技能をバランスよく勉強し、苦手分野をなくす英語学習が大切となります。

 

3-② 受験する回によって何問正解すれば合格か変わる

英検CSEスコアの大きな特徴は、同じ正答数であっても受験する回によってスコアが変わることです。

CSEスコアを基準にすれば、一次試験は1,650点中、約67%の1,103点以上を取得すれば合格となります。

ですが、素点で考えると、一次試験の76点の約67%である51問以上に正解すれば合格するとは限りません。

なぜこのようなことが起きるのかと言えば、受験する回の難易度や受験者のレベルによって1問当たりのスコアが変わるからです。

たとえば、試験の難易度が極端に難しい場合、受験者の正答率が大きく下がり、それだけ1問当たりのスコアの比重が高くなって、35問しか正解しなくても合格する場合があります。

逆に、試験が簡単な時は、受験者の正答率が大きく上がり、それだけ1問当たりのスコアの比重が小さくなって、40問に正解しても不合格となる場合もあるわけです。

従って、英検3級対策をする時は、リーディングで何問以上、リスニングで何問以上という計算ができないため、周りが正解できる問題は絶対に落とさず、周りが間違う問題もできるだけ正解数を増やすという本質的な英語力を身に付けることが重要となります。

  

4.英検3級にギリギリ合格・不合格の例

英検3級にギリギリ合格・不合格の例

   

実際に、ツイッターやブログなどでスコアを開示している人の中から、英検3級にギリギリ合格した方やギリギリ不合格の人の素点とCSEスコアをまとめたので参考にしてみてください。

  

4-① ギリギリ合格の人の素点とCSEスコア

まずは、ギリギリ合格の人の素点とCSEスコアです。

  

受験回リーディング
リスニングEライティング一次試験
正答数正答率CSE正答数正答率CSE正答数正答率CSE素点CSE
2023年度 第3回17/3746%43312/3040%38814/1688%520431,341
2021年度 第2回15/3050%37224/3080%4068/1650%341471,119
2021年度 第2回14/3047%36715/3050%33712/1675%402411,106
2020年度 第1回12/3040%35718/3060%35212/1675%405421,114
2019年度 第2回13/3043%36224/3080%40413/1681%397491,163
2019年度 第1回18/3060%38718/3060%35910/1663%370461,116
2018年度 第2回12/3040%35216/3053%33612/1675%421401,109
2018年度 第1回11/3037%34613/3043%32212/1675%458361,126
2018年度 第1回18/3060%38616/3053%34210/1663%396441,124

スコア参考:

英検3級 ギリギリ合格!

英検3級!【カラオケEnglish】

英検3級一次まさかの合格

英検合格しました | ツユム塾

英検3級の合格点(合格ライン)をCSEスコアと正答率で解説

  

素点が36点でも合格している人もいますので、受験する回やスコア配分によっては素点30点台でも十分に合格する可能性があることが分かります。

    

4-② ギリギリ不合格の人の素点とCSEスコア

次に、ギリギリ不合格の人の素点とCSEスコアです。

  

受験回リーディング
リスニングEライティング一次試験
正答数正答率CSE正答数正答率CSE正答数正答率CSE素点CSE
2023年度 第3回12/3040%35916/3053%33910/1663%378381,076
2021年度 第1回6/3020%29916/3053%3279/1656%375331,001
2019年度 第1回20/3066%38726/3087%4254/1625%270501,082

参考:

英検3級不合格

英検3級⑬番外編

 

素点で30点台でも合格する場合がある一方、50点を取っても不合格となる受験回があることが分かりました。

このように、受験する回によって素点から算出されるCSEスコアに大きな差がありますので、一概に素点で何問正解で合格・何問間違えたら不合格と判断できない点に注意しましょう。

 

4-③ 公式見解は正答率6割

最後に英検公式の見解として、英検3級に合格するためには「各技能6割程度」が目安と公表されています。

 

 

正答数にするとリーディングが30点中18点、リスニングが30点中18点、ライティングが16点中10点の合計48点が合格の目安となります。

しかし、先ほどのギリギリ合格者・不合格者の素点からも分かる通り、50点取れたから合格するとも限りませんし、40点しか取れなくても不合格とも限りません。

6割程度というのは、あくまで参考の正答率という認識に留めておきましょう。

 

5.英検3級にギリギリ合格・不合格のデータ分析

英検3級にギリギリ合格・不合格のデータ分析

 

先ほどの英検3級ギリギリ合格・不合格のデータから分かることをまとめましたので、参考にしてみてください。

 

5-① 素点36点で合格・素点50点で不合格の場合がある

受験する回によっては、素点が30点台でも合格する場合がある一方、50点台でも不合格になる場合があることが分かりました。

これは、受験する回によって難易度や正答率が変わるため、素点1点当たりのCSEスコアが変動することと、リーディング・リスニング・ライティングは問題数が異なるため、素点1点当たりのスコアの比重が異なることに起因しています。

特にライティングは配点が16点と少ないため、1点あたりのCSEスコアが大きくなることから、ライティングで素点を落とすと不合格に直結しやすくなる点に注意しましょう。

 

5-② ライティング対策が特に重要

前述の通り、ライティングは1点あたりのCSEスコアが大きいため、ライティングでいかにスコアを落とさないかが英検3級に合格する一つのポイントになると言えます。

たとえば、2018年度1回のライティングのスコアを見てみますと、素点12点でCSEスコア458点・素点10点でCSEスコア396点と、素点が2点違うだけでCSEスコアが約60点も変わっています。

ライティングの素点が1点違うだけでCSEスコアが30点も変わることから、ライティング問題で平均以上のスコアを稼ぐことで合格率を高めることができると言えるでしょう。

逆に言えば、リーディングやリスニングで問題を落としてしまっても、ライティングの出来が良ければ合格する可能性が高いので、特にリーディングやリスニングが苦手な方はライティング対策をしっかりと行うのが良いと考えられます。

 

5-③ 正答率が40%以下の技能があっても合格可能

リーディングの素点が11点 = 正答率37%・リスニングの素点が13点 = 正答率43%と合格目安の正答率6割を大きく下回っていても、合格している人もいます。

このような人は、ライティングで高スコアを取得していますので、リーディングやリスニングが苦手だったり失敗してしまったりしたとしても、ライティングで挽回することが十分に可能なことが分かります。

 

5-④ リーディング・リスニングで高スコアでも不合格の場合

逆に、リーディングの素点が20点 = 正答率66%・リスニングの素点が26点 = 正答率87%という高スコアを取得していても、ライティングの素点が4点 = 正答率25%で不合格となっている人もいます。

このように、いくらリーディング・リスニングで正答率が高くても、1問あたりの配点が高いライティングで失敗すると不合格になる可能性が高くなります。

もちろん、各技能バランスよく勉強して全体的な正答率を高くすることが大切ですが、特に1点あたりの比重が大きいライティングでスコアを落とさないようにするのがギリギリ不合格を避ける鍵と言えるでしょう。

    

6.英検3級以上の合格におすすめの英語塾

英検3級以上の合格におすすめの英語塾

 

最後に、英検3級以上の合格を目指す方におすすめの英検対策が可能な塾をご紹介します。

この記事でご紹介するのは、先で英検準2級・2級・準1級など高度な級の合格を目指せる総合的な英語力が身に付く英語塾です。

受講料が高い本格的な英語塾も含まれていますが、小学生や中学生など早い段階で英語力の地力が身に付くことで、英検の準2級以上の合格を早く達成できるようになるだけでなく、中学受験・高校受験・大学受験対策に繋がったり、英会話コミュニケーション能力の向上にも繋がります。

本質的な英語力を伸ばしたいと考えている方は、ぜひ興味のある英語塾の無料体験を受けてみて、色々とサービス内容や雰囲気を確かめてみてください。

   

1位 ENGLISH COMPANY大学受験部【中学生・高校生】

  

入会金55,000円
コース大学受験コース(高校生対象)
英検対策コース(中学生・高校生対象)
料金・期間3ヶ月コース:396,000円
6ヶ月コース:419,100円
トレーニング3ヶ月コース:週2回(1回90分)
6ヶ月コース:週1回(1回90分)
校舎【東京】銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講対応

         

教育事業の大手企業「株式会社ベネッセホールディングス」のグループ会社であり、企業としての信用度が非常に高い「ENGLISH COMPANY」。

2024年度より中高生特化型の英検対策パーソナルジムとして、英検新形式に対応した英検対策プログラムがスタートしました。

ENGLISH COMPANYは「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトのもと、超効率的な英語学習を実現したコーチングスクール。科学的根拠に基づく効率的な学習を掲げ、課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出せるのが魅力です。

トレーナーは第二言語習得論・認知言語学・応用言語学・言語心理学など言語習得の学問領域を国内外の大学で修めており、トレーナーの専門性は他のスクールの追随を許しません。

英検3級合格はあくまで短期的な目標であり、英検2級や英検準1級などの合格に挑戦したい中学生・高校生の方は、ENGLISH COMPANYの英検対策コースの無料体験を受けて、高品質な英語トレーニングを体験してみましょう。

 

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料カウンセリング実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

  

2位 フライト英会話【小学生】

    

入会金教室レッスン   :33,000円
オンラインレッスン:  5,500円
プラン児童・生徒用プラン(HATSUWA+)
コース・料金【教室レッスン】
月4回:26,180円
月8回:40,480円
毎日  :65,780円

【オンラインプラン】
月4回:7,150円
月8回:12,650円
毎日  :21,890円

期間月額制
レッスン50分
校舎【東京】恵比寿
オンラインオンライン受講対応

 

フライト英会話は、恵比寿に校舎を構える英会話スクール。恵比寿駅から徒歩1分と立地が良いので通いやすいほか、オンラインレッスンの場合は格安料金で受講できるため、オンライン受講もおすすめです。

フライト英会話の最大の特徴は、ホスピタリティの高いプロのフィリピン人講師が丁寧で楽しいレッスンを実施してくれること。

小学生にとって未知な言語となる英語に対する壁を取り払い、「また英語を話したい」と感じるレッスンを続けることで、自然と英語のレベルが上がっていきます。

また、ただレッスンが楽しいだけでなく、「第二言語習得論」という日本人が英語を効率よく身に付ける手法を用いて、子供の英語を話す力を引きのもポイント。英検3級以上は面接形式でのスピーキングテストがありますが、英会話にも対応できる発話力を身に付けることが可能となります。

予算が限られている場合はオンラインレッスンを選択すれば、月8回(週2回)のレッスンでも12,650円とコスパは抜群。

小学生でも英検準2級や2級を目指して中学受験や高校受験の優遇措置を受けたり、子供が英語を好きになるきっかけを探している方におすすめのスクールです。

  

関連記事

フライト英会話の口コミや評判は?|恵比寿の英会話スクール

公式サイト

PHLight(フライト)英会話

 

\無料体験レッスン実施中/

フライト英会話はこちら

      

3位 Liberty English Academy【中学生・高校生】

   

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
海外大学・大学院受験コース
国内難関大学受験コース
(英検対策も可能)
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
アドバンス:792,000円
期間ショート :3ヶ月
ベーシック:6ヶ月
アドバンス:9ヶ月
コーチング週1回
レッスン週2回
校舎三田(東京都港区)
オンラインオンライン受講対応

  

英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL教育(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは実績が圧倒的で、短期間の受講でもTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上達成者が続出しているほか、国内外の難関高校や大学の受験対策にも対応しています。

なお、英検対策コースはありませんが、無料カウンセリングの際に英検対策目的と伝えることで、英検対策が可能です。

なお、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてください。入会金が最大で無料になります。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

LIBERTYはこちら

         

4位 ケドテック(KEdTeck)【小学生・中学生・高校生】

入会金16,500円
コース英検対策プログラム
料金・対応級英検対策5級~準1級:9,900円 / 回
英検対策1級     :13,200円 / 回
レッスン1回60分
オンラインオンライン完結

  

ケドテックは、英検・TOEIC・TOEFL・IELTS・SATなどの英語の資格試験に特化したオンライン英語塾です。

「質の高い英語教育をより多くの方へ」というコンセプトで設立されており、その特徴はケドテックに在籍する講師全員が資格試験に精通しており、指導経験が豊富なこと。

ケドテックではレッスンの継続性を重視しており、基本的に担任制で1人の講師とマンツーマンで英検対策を実施します。日本語と英語のどちらの言語でも授業を受けることができるため、実践的なレッスンを受けることも可能です。

また、ケドテックでは専任の日本人カウンセラーがついてくれるのも大きな魅力です。

英検対策の学習内容や悩みについていつでも相談することができ、常にサポートしてくれる環境のため、レッスンのみならず自主学習の効率も上げることができます。

レッスン料金は少し高めですが、小中高生の実績が高いスクールであり、非常にレベルの高い指導を受けられます。

カウンセラーのサポートを受けつつ、プロ講師のレッスンで英検2級以上を目指したい方におすすめです。

   

公式サイト

ケドテック(KEdTeck)

  

\無料体験実施中/

ケドテックはこちら

        

5位 ベルリッツ【小学生・中学生・高校生】

   

入学金33,000円
コース・料金・英検二次面接直前対策:72,840円(計10レッスン)
・英検対策      :要相談
レッスン時間40分
校舎【関東】東京・埼玉・神奈川・千葉
【東海】静岡・愛知
【関西】大阪・京都・兵庫
【中国】広島・岡山
【九州】福岡
オンラインオンライン受講対応

  

ベルリッツはアメリカで140年以上前に生まれた老舗の英会話スクール。

全国で60店舗の教室と1,000名以上の外国人講師を抱えている日本でも最大手の英会話スクールで実績も抜群です。

特徴的なのは「ベルリッツ・メソッド」と呼ばれる英語指導を確立しており、レッスン中は英語のみ・文法や語彙は会話の中で学ぶ・レッスンでは話すことと聴くことに集中するなど、非常に高い英語学習効果を期待できるスクールです。

ベルリッツには合計10レッスンの英検二次面接直前対策コースが用意されており、マンツーマンレッスンで短期集中で二次試験の対策を実施することができます。

また、一次試験の対策をしたい方は、無料体験を申し込む際に「ご要望やご質問」の欄に英検一次試験対策希望と記載すれば、一次試験の対策を準備してくれます。

小学生から高校生まで幅広い年代に対応していますので、短期間で英検対策を実施したい場合はベルリッツの受講を検討してみましょう。

 

公式サイト

英会話と語学学校の「ベルリッツ」

   

\無料体験レッスン実施中/

ベルリッツはこちら

      

6位 ウィリーズ英語塾【小学生・中学生・高校生】

入会金無料
コース小学生コース
中学生コース
高校生コース
料金例
(中学生コース)
【レッスン1回25分】
週1回:2,970円
週2回:5,170円
週3回:7,260円
週4回:9,350円
週5回:11,110円

【レッスン1回50分】
週1回:4,730円
週2回:8,360円
週3回:11,880円
週4回:15,730円
週5回:19,580円

対応級英検準2級
期間月額制
レッスン1回25分 or 50分
オンラインオンライン完結

   

ウィリーズ英会話は「繰返しトレーニング」をベースに、理論的なトレーニングで英語力を身に付けるオンライン英語塾です。

小学生コースは英検Jr.という英語技能検定の前段階の育成型ゲーム感覚のリスニングテストの受験から勉強を始め、英語の基礎から丁寧に学習を進めていきます。

中学生コースは最終的に英検準2級の合格を目指し、音読トレーニングをベースにインプット学習を重視。高校受験や大学受験も見据えて、英語の基礎能力を丁寧に身に付けることを目的としたレッスンを受けることができます。

そして、高校生コースでは英検準1級の合格を目標とし、同時に大学受験ににも対応できる英語力を身に付けるために、まずはリスニングとリーディングの対策を同時に行い、徹底したインプット学習で英語の知識を身に付けていきます。

このように、年代ごとに適切な英語学習をするだけでなく、ウィリーズ英語塾では担任の講師がついてくれるため、段階性と継続性がある英検対策が可能に。単語・文法の基礎学習だけでなく、アウトプットのスピーキングとライティングのレッスンもあるため、英語4技能を総合的に伸ばすことができます。

毎年、英検1級の合格者を50人以上輩出している実績抜群の英語塾なので、急ぎの英検対策というよりは、時間をかけてしっかりと英語を身に付けたいという方におすすめです。

  

公式サイト

ウィリーズ英語塾

 

\ 無料体験実施中/

ウィリーズ英会話はこちら

     

7位 アルプロス【中学生・高校生】

入学金33,000円
コース・料金【1ヶ月集中プログラム】
100レッスン:440,000円/月
116レッスン:510,400円/月

【週末集中プログラム】
3ヶ月(  60レッスン):277,200円
6ヶ月(120レッスン):528,000円

【エグゼクティブ・プログラム】
20レッスン:198,000円

レッスン時間50分間
講師日本人/ネイティブ
校舎【東京】新宿
オンラインオンライン受講対応

  

アルプロスは海外留学に強く、10年以上にわたって英検対策コースを実施しています。

英検対策を含めた各英語試験のスコアアップ実績や海外・国内受験の合格実績が非常に豊富で、資格・試験・受験対策を目的とした学生から非常に人気を集めている総合英語塾です。

短期間で集中的にレッスンを実施するのがアルプロスの大きな特徴の一つで、最短1ヶ月の超短期集中でカリキュラムが設計されており、一般的な英語塾・予備校の1ヶ月~3ヶ月相当のレッスン時間を1週間で消化することも可能となります。

英検対策はグループレッスンとマンツーマンレッスンのどちらも選択することができるため、予算や受験スケジュールに合わせて、自分に合うスタイルを選ぶようにしましょう。

   

公式サイト

アルプロス

   

\無料体験レッスン実施中/

アルプロスはこちら

        

8位 ハッチリンクジュニア【小学生】

入会金無料
コース・料金エンジョイコース   :3,060円 / 月4回
習い事コース     :4,280円 / 月8回
しっかり学習コース  :6,200円 / 月12回
上級者への道コース  :7,980円 / 月16回
ネイティブへの道コース:9,800円 / 月20回
プレミアムコース   :12,500円 / 月30回
対応級5級・4級・3級・準2級・2級
レッスン25分
オンラインオンライン対応

    

ハッチリンクジュニアは、子供専門のオンライン英会話スクールです。

外部の調査機関のアンケート調査により「子供向けオンライン英会話スクール価格満足度No.1」「子供向けオンライン英会話スクールレッスン満足度No.1」「ママさんがおすすめするオンライン英会話スクールNo.1」に輝いており、小学生向けのオンライン英会話として非常に実績が高いスクールとなります。

英検対策に精通したプロの講師が在籍しているのはもちろんのこと、ハッチリンクジュニアのオリジナルの英検対策教材が用意されており、一次試験・二次試験のどちらも対策することが可能。

英検対策は全てのフィリピン人講師と一部の日本人講師が対応可能であり、リスニング・スピーキングレッスンを中心に受けたいならフィリピン人講師、リーディングレッスンを中心に受けたいなら日本人講師と、目的に合わせてレッスンを受けられうのもポイントです。

無料体験を2回受けられますので、高い満足度を誇るハッチリンクジュニアの無料レッスンを受けて、そのサービス内容を確認してみましょう。

  

公式サイト

ハッチリンクジュニア

    

\無料体験レッスン実施中/

ハッチリンクジュニアはこちら

     

7.まとめ:最高の環境で英検3級以上を目指そう

最高の環境で英検3級以上を目指そう

  

当記事では、英検3級にギリギリ合格するためには何点必要か、何問正解で合格できるかについて解説してきました。

結論としては、各技能で満遍なく6割以上の正答率が目安となりますが、受験する回によって難易度や正答率が変わってきますので、その時次第で何問正解する必要があるかも変わってきます。

英検3級のギリギリ合格を目指すのではなく、地力で確実に合格できる本質的な英語力を身に付けることを意識しましょう。

最後にご紹介したスクールは英検準2級・2級・準1級などの合格を目指したい方におすすめですので、興味があるスクールがあれば、ぜひ無料体験を受けてみてください。

色々と体験してみた上で、最終的にスクールを受講するのか、独学を選ぶのか、自分が最も納得できるやり方で勉強するようにしましょう

    -英検