英語を話せるようになりたい社会人

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

英語

英語を話せるようになりたい社会人が最速で英語を身に付ける方法

2023年4月5日

こんにちは。

当記事では、英語を話せるようになりたい社会人が最速で英語を身に付ける方法について解説します。

結論から言えば、本気で英語を話せるようになりたいならば、英語コーチングスクールの受講がおすすめです。

コーチングスクールは近年ではビジネスパーソンを中心に人気を集めているスクールで、専属コンサルタントが受講生一人ひとりについて丁寧に英語学習をサポートしてくれるため、短期間で英会話の実力が大きく伸びるという特徴があります。

受講料金がトータルで50万円前後かかりますが、「時間」がなくて、「お金」がある社会人だからこそ、積極的に自己投資をしてあげて、自分自身に最高の学習環境を整えてあげましょう。

独学や格安のオンライン英会話で何年もかけて勉強した挙句、英語学習に挫折しては時間がもったいないですし、3ヶ月~6ヶ月の短期間で英語を身に付けて、理想のキャリアを実現した方が良いのは明確です。

本気で英語を話せるようになって未来を豊かにしたい方は、ぜひ当記事を参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

【超本音で語る】英語コーチングおすすめ22社比較ランキング

   

目次

1.英語を話せるようになりたい社会人におすすめのスクール

英語を話せる人

 

まず最初に、英語を話せるようになりたい社会人におすすめの英語コーチングスクールをご紹介します。

もし本気で英語を身に付けたいのであれば、ぜひ興味があるスクールの無料カウンセリングを受けてみてください。

  

1位 言語習得の専門家によるトレーニング「ENGLISH COMPANY」

    

入会金55,000円
コース・期間・料金【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :561,000円
180日間集中:679,800円

【セミパーソナル】
初級(6ヶ月):264,000円
中級(3ヶ月):231,000円
上級(3ヶ月):242,000円

コーチング・
トレーニング
【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :週2回×90分(計24回)
180日間集中:週1回×90分(計24回)

【セミパーソナル】
初級:週1回×120分(計24回)
中級:週1回×120分(計12回)
上級:週1回×120分(計12回)

校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田
【兵庫】神戸
【京都】四条烏丸
オンラインオンライン受講対応

       

日本の教育業界の最大手「ベネッセホールディングス」のグループ企業であり、企業としての信用度が非常に高い「ENGLISH COMPANY」。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されている、超効率的な英語学習を実現したコーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYはスパルタな英語学習ではなく、科学的根拠に基づく効率的な学習を実施します。1日3時間の自主学習を求めるコーチングスクールが多い中、ENGLISH COMPANYの目安の学習時間は1日1~1.5時間。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出せるため、仕事で忙しい方にこそ非常におすすめなスクールです。

「1日3時間の学習をすれば、誰だってそれなりに英語ができるようになります。ですが、私たちENGLISH COMPANYは、少ない学習時間で英語を身に付けてもらうのが英語コーチングの本質だと考えています。だって、できるなら少ない時間で英語を習得できた方が絶対に良いですよね?」

このように話すENGLISH COMPANYのトレーナー陣は、第二言語習得論・認知言語学・応用言語学・言語心理学などの学問領域を国内外の大学で修めており、トレーナーの言語習得に関する専門性は他のスクールの追随を許しません。

最も人気なコースはパーソナルトレーニング90日間ですが、予算が厳しい方はセミパーソナルコースもおすすめ。

セミパーソナルコースは最安月額44,000円という圧倒的にリーズナブルな価格で最高峰のトレーニングを受けることができるほか、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨してレベルを高め合うこともできます。

3ヶ月でTOEICのスコアが300点以上伸びている受講生も多く、実績も申し分なし。

短期集中でマンツーマンのトレーニングを受けるならパーソナルトレーニングコースを、予算抑えめでリーズナブルに少人数のトレーニングを受けるならセミパーソナルコースを選びましょう。

 

関連記事

【取材】ENGLISH COMPANYは効果なし?|イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーの割引・入会金無料キャンペーンについて

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料カウンセリング実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

    

2位 圧倒的な実績「Liberty English Academy」

   

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
アドバンス:792,000円
期間ショート :3ヶ月(計24回レッスン)
ベーシック:6ヶ月(計48回レッスン)
アドバンス:9ヶ月(計72回レッスン)
コーチング週1回
レッスン週2回×90分
校舎三田(東京都港区)
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと並んでおすすめなスクールが、英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは特に資格試験の実績が圧倒的で、短期間の受講でもTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上の達成者が続出してます。

ハーバード・コロンビア・イエール・スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることが実績として証明済み。英会話目的の受講ももちろん可能です。

受講料は6ヶ月間のコースで入会金を含めて約60万円。社会人は一般教育訓練級金制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてください。

入会金最大無料キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。

この金額が出せるのであれば、間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐに取り戻せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

リバティはこちら

    

3位 高品質なコンサルティング「STRAIL(ストレイル)」

    

入会金55,000円
コースビジネス英語コース
TOEIC L&R TESTコース
初級者コース
料金297,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回×60分
校舎【東京】新宿・銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと同じ経営母体を持つコンサルティング特化型スクール「STRAIL(ストレイル)」。

ENGLISH COMPANYがコーチングとトレーニングの両輪で英語力を伸ばすのに対し、ストレイルは言語習得の専門家によるコンサルティングを受けながらの自主学習がメインとなります。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトも変わらず、毎日の自主学習時間が1~1.5時間の超高密度学習により、3ヶ月集中で英語力を伸ばすことが可能です。

ストレイルでは英語力をフェーズごとに捉え、該当するフェーズごとに最適学習を実施するストレイルメソッドを採用。

第二言語習得論に基づいた段階的なインプット学習でリーディングとリスニングを強化し、フェーズが上がってきたらスピーキングとライティングを鍛えていくことで、効率的に英語力を伸ばしていきます。

国内外の大学で言語習得の学問を専攻した専門知識を持つコンサルタントが揃っていて、医師が症状から病気の原因を特定して処方箋を決めるように、受講生の英語が苦手な原因をピンポイントで特定し、課題解決に最適な学習方法を提示。

常に最適な学習を継続することで、最短期間で本質的な英語力を身に付けることができるのが大きな魅力です。

コンサルティングに特化している分、月額約10万円と平均的な受講料である上、ビジネス英語コースは教育訓練給付制度の利用で70,400円の給付金が支給されるため、総額281,600円という格安料金でコーチングを受けることができます。

予算を抑えつつ、効率的にビジネス英語を身に付けたり、TOEICのスコアを伸ばしたい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

【英語コーチング特化】STRAIL(ストレイル)の効果や評判を紹介

ストレイル(STRAIL)の割引キャンペーンについて

公式サイト

STRAIL

 

\無料カウンセリング実施中/

ストレイルはこちら

   

4位 予算重視なら「フライト英会話」

    

入会金通学プラン   :33,000円
オンラインプラン:  5,500円
コース・料金【通学プラン】
ライト  :14,300円
レギュラー:26,180円
プレミアム:54,780円

【オンラインプラン】
ライト:   7,150円
レギュラー:12,650円
プレミアム:21,890円

レッスンライト  : 月4回×25分
レギュラー: 月8回×25分
プレミアム: 1日1回×25分
期間月額制
カウンセリング定期的
校舎【東京】恵比寿
オンラインオンライン受講対応

 

フライト英会話は恵比寿に校舎を構えるマンツーマンレッスンを主体とする英会話スクールです。

恵比寿駅から徒歩1分と立地が良いため通いやすく、仕事帰りに気軽に通えるのもポイント。通学プランよりも安いオンラインプランも用意されていますので、恵比寿校に通えない方もフライト英会話を受講することが可能となります。

フライト英会話の最大の特徴は、日本人のカウンセラーとフィリピン人の講師がチームを組んで英語学習をサポートしてくれる点です。

ネイティブキャンプ・レアジョブ英会話・DMM英会話などの格安のオンライン英会話はフリートークのレッスンを繰り返すだけで、受講者の悩みや不安を解消してくれるサポートがありません。レッスンのみ提供するサービスでは、「英語を話せるようにならない」「英会話レッスンが怖い」「英語学習が続かない」という悩みが解決されないので、大半の人は挫折してしまいます。

ですが、フライト英会話は日本人カウンセラーが丁寧にサポート。カウンセリングで英語学習における目標・悩み・学習経験などのヒアリングが行われ、あなた専用のカリキュラムを作成してくれるため、英語が話せるようになるまでの道筋がハッキリします。

さらに、いつでもカウンセラーに学習相談ができたり、英文の添削などをお願いすることができますので、高いモチベーションを保って英語学習を続けることが可能です。

正確に言えば、フライト英会話はコーチングスクールではありません。他のおすすめのコーチングスクールと比較するとサポート量は少なめでが、その分、最安料金で7,150円とコスパは抜群。

高品質なサービスを受けたいけど予算が限られているという方は、ぜひフライト英会話の受講を検討してみてください。カウンセラーがいるかいないかで、英語力の伸びは全く異なってくるはずです。

  

関連記事

フライト英会話の口コミや評判は?|恵比寿の英会話スクール

公式サイト

PHLight(フライト)英会話

 

\無料体験レッスン実施中/

フライト英会話はこちら

   

5位 1年間で本物の英語力を身に付ける「トライズ」

   

入会金55,000円
コース英語コーチング本科
英語初心者
ビジネス英語上級
TOEIC対策プログラム
TOEFL対策
IELTS対策
英語プレゼン/学会発表
実践ファシリテーション
発音クリニック
インターナショナルスクール対策
ワーホリ準備英語
料金299,900~1,580,100円
期間3ヶ月~12ヶ月
コーチング毎週 / 隔週
レッスンプライベート:週0~5回
グループ  :受け放題
校舎【東京】 六本木・東京丸の内・新宿
     銀座・日本橋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋
【大阪】 梅田
【福岡】 福岡天神
【沖縄】 沖縄
オンラインオンライン受講可能

    

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「トライズ」。

英語コーチング本科は1日3時間、1年間で1,000時間の英語学習を目安に設定し、求める学習量はコーチングスクールの中でも随一です。

商社・外資系コンサル・IT・メーカー・製薬・医療・金融など幅広い業種のビジネスパーソンが受講しており、ビジネス英語やTOEIC・TOEFL・IELTSなどの試験を集中して学ぶ最高の環境が整っています。

トライズは専属のネイティブ講師によるマンツーマン英会話レッスンを受けられるのも魅力的。ネイティブ講師は大学や省庁で指導実績もあるプロフェッショナルなので、ハイレベルなレッスンを1年間継続することで英語力の向上が見込めます。

マンツーマンレッスンのほか、グループレッスンは受け放題で、実践形式のアウトプット学習が非常に多いのも特徴です。日本人専属コンサルタントが毎日の英語学習を丁寧にサポートしてくれるため、初心者でも1年間でネイティブと会話できるレベルまで成長することが可能となります。

割引キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、英語コーチング本科の12ヶ月プランは月額10万円以下と平均的な料金で受講できます。しかも、専属コンサルタントのサポートと専属ネイティブコーチのマンツーマンレッスンを含んだ料金なので、コスパは非常に高いです。

初心者でもネイティブと会話できるまで成長することが可能なスクールなので、本気で英語を話せるようになりたいという強い意志を持っている方は、ぜひトライズを検討してみてくださいね。

  

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

     

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

    

6位 ビジネス英語習得におすすめ「スマートメソッド」

  

入会金無料
料金594,000円
期間16週間
コーチング合計5回
レッスン週5回×50分(計80回)
オンラインオンライン完結

 

大手オンンライン英会話スクールのレアジョブが提供する英語コーチングサービス「スマートメソッド」。

TOEICの点数はそこそこ高かったり、英語の読み書きはある程度できるのに英会話が絶望的に苦手という方が、ビジネスで不自由なく英語を話せるレベルまで英会話力を伸ばすことが可能なスクールです。ビジネス英語特化型のプログラムで、マンツーマンの英会話レッスンをメインに専属講師が受講生の英語力を徹底的に鍛えてくれます。

月額148,500円と受講料金は高めですが、1回50分間の英会話レッスンを週5回・合計で80回実施するので、レッスンの量は圧倒的。

レッスンはただ英語を話すのではなく「発話の質 6項目」を大事にし、表現の幅・議論の論理性・意見の一貫性など、ビジネス英語として重要な「自分の意見を論理立てて分かりやすく伝える能力」を強く意識します。

レアジョブの正社員である優秀な講師が弱点や課題を丁寧にフィードバックをし、次のレッスンではフィードバックを活かしたレッスンを実施できるので、段階的にビジネス英語を身に付けることができます。

とにかく実践的なレッスンで英会話力を伸ばすプログラムなので、ビジネス英語を習得したい方にスマートメソッドが非常におすすめです。

  

関連記事

【体験談】レアジョブ スマートメソッドの口コミや評判は?|SMART Method

公式サイト    

【レアジョブ英会話】オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

   

\無料カウンセリング実施中/

スマートメソッドはこちら

  

7位 コスパ最強「マネーイングリッシュ」

     

入会金無料
コースベーシックプラン
プレミアムプラン
料金【ベーシックプラン】
月額:54,780円(6ヶ月契約)
月額:65,780円(単月契約)

【プレミアムプラン】
月額:109,780円(6ヶ月契約)
月額:120,780円(単月契約)

期間月額制
コーチングベーシックプラン:隔週×40分
プレミアムプラン:週2回×40分
レッスンベーシックプラン:週3回×40分
プレミアムプラン:週5回×40分
オンラインオンライン完結

 

マネーイングリッシュは「英語で未来を強くする」という独自のコンセプトを持ち、英語を身に付けることで自分の価値と年収を上げ、未来をより豊かにすることを目標としています。

年収と英語力の相関性を指摘し、自己投資としての英語学習をサポートするなど現実主義的な視点を持っており、未来の人生も含めてサポートする意識をコーチ側も共有している点が大きな特徴と言えます。

人気のベーシックプランは月額54,780円と、コーチングスクールの中では最安の部類。

週3回の外国人講師によるマンツーマンレッスンで発音や文法を丁寧に学ぶことができます。また、日本人講師による文法・語法のグループレッスンも毎週あり、基礎的なインプット学習を通して「使える英語の知識」を身に付けることが可能。

料金に対してレッスン内容が非常に充実しているスクールで、コスパは非常に優秀です。

日本人コンサルタントは英語学習経験や豊富な海外経験を持ち、特に採用条件の一つとしている発音はネイティブレベルという特徴もあります。さらに、外国人講師はフィリピンの老舗の語学学校から優秀な人材を雇用しているので、講師の質も担保されています。

ちなみに、専属コンサルタントはモチベーションが上がるからと異性の方が付くことが多く、その辺りも含めて現実主義的であり、本当に裏表のないサービスを提供してくれます。

  

関連記事

【体験談】MONEY ENGLISH (マネーイングリッシュ)の効果は? 口コミ・評判も紹介

公式サイト

【マネーイングリッシュ】

    

\無料カウンセリング実施中/

マネーイングリッシュはこちら

    

8位 初心者に優しい「フラミンゴオンラインコーチング」

  

入会金55,000円
コース基本コース
初心者脱出コース
ビジネス英語基礎コース
試験対策コース
料金・期間4ヶ月  :275,000円
8ヶ月  :528,000円
12ヶ月:792,000円
コーチング週1回
レッスンなし
オンラインオンライン完結

    

フラミンゴは初心者に非常におすすめの英語コーチングスクールです。

フラミンゴは優しく寄り添うコーチングを心掛けており、初心者でも取り組みやすい雰囲気を大切にしています。

これまで英語学習がうまくいかなかった方におすすめの「基本コース」や、英語学習を何から始めれば良いのか分からない方に向けた「初心者脱出コース」など、初心者レベルに対応したコースが用意されているのが特徴です。

コーチはバイリンガルの日本人なので、英語が全く話せない初心者でも安心。

第二言語習得理論という科学的見地に基づいてカリキュラムを組んでくれるため、英語初心者でも効率的に英語力を伸ばすことができます。

とにかく初心者に優しいスクールですので、専属コーチの丁寧なサポートを受けながら、着実に英語力の向上を目指したい方におすすめです。

 

関連記事

フラミンゴオンライン英語コーチングの特徴は? 口コミや評判を紹介

公式サイト

フラミンゴのオンライン英語学習コーチング「FOC」

         

\無料カウンセリング実施中/

フラミンゴはこちら

     

9位 圧倒的なレッスン量「MeRISE英会話(ミライズ)」

 

入会金33,000円
コースコーチングプラン
スタンダードプラン
オンラインプラン
料金コーチング :55,000円 / 77,000円
スタンダード:27,500円
オンライン :11,000円
期間1ヶ月単位
コーチング毎週 / 隔週
レッスン受け放題
校舎東京八重洲・新宿・渋谷・横浜
オンライン完全オンライン対応

   

フィリピンの海外留学事業からスタートしたMeRISE株式会社が運営する英会話スクール「ミライズ英会話」。

自社でフィリピン人講師の研修・教育事業を手がけているので、圧倒的に質の高いフィリピン人講師が揃っているのが強みのスクールです。

英会話レッスンは無制限で受け放題。全ての英語コーチングスクールの中で、最もアウトプットの機会が豊富です。

ミライズ英会話のフィリピン人講師は国際的な英語教授法である「TESOL」の資格を保有。MeRISEで研修・教育された英語指導のプロフェッショナルが英語習得のサポートをしてくれます。

言語習得を科学的にアプローチする第二言語習得論の知見から、インプット学習とアウトプット学習を組み合わせたコーチングを提供してくれるので、基礎的な英語力を鍛えることが可能なスクールです

2022年11月から全コースでグループレッスンが受け放題となったので、さらにアウトプットの機会が豊富に。同じ目標を持つ仲間とレッスンができますので、他の受講生と交流の機会が多く、高いモチベーションを維持して続けられるのもポイントです。

コーチングが隔週のプランは月額55,000円とコーチングスクールの中でも非常に安い料金体系なのも大きな魅力。無制限の英会話レッスンを含めた値段なので、コストパフォーマンスにとても優れています。

フィリピン人講師はホスピタリティが高く、レッスンでは発音や英語表現について優しく丁寧に教えてくれますので、初心者の方にはLIBERTYの次におすすめのスクールだと私は思います。

 

関連記事

MeRISE英会話 (ミライズ)の特徴は? 口コミ・評判も紹介

MeRISE英会話(ミライズ)に出会いはある?

公式サイト

MeRISE英会話(ミライズ)

       

\無料体験実施中/

ミライズ英会話はこちら

      

10位 グループコーチング「PRESENCE(プレゼンス)」

  

入会金30,000円
コース【英会話コース】
上級・上級入門・中級・準備コース

【TOEIC L&R TESTコース】
900点・750点・600点・準備コース

【TOEFL iBT TESTコース】
105点・90点・70点コース

料金

英会話上級  :208.000円
英会話上級入門:198.000円
英会話中級  :188.000円
英会話初級  :178.000円
英会話準備  :98,000円
TOEIC900点  :238.000円
TOEIC750点  :228.000円
TOEIC600点  :218.000円
TOEIC準備    :98,000円
TOEFL105点  :318,000円
TOEFL90点    :308,000円
TOEFL70点    :298,000円

期間1~2ヶ月
コーチング週1回
校舎港区(表参道)
オンライン完全オンライン対応

  

日本で最初にできた語学コーチングスクールであるプレゼンス。

入会費は30,000円で、月額料金は約10万円と平均的な受講料ですが、週1回・2時間というコーチングスクールの中で最も長いコーチング時間が確保されています。表参道の校舎で対面で受講できるのもポイントですね。

特筆すべきはグループコーチング制度を導入していること。5人程度のクラスを作ってコーチングを受けることになります。

同じ目標を持つクラスメートの存在は、お互いに刺激し合い、モチベーションを高め、時に不安や悩みも共有できる心強い仲間となります

クラスメイトと仲良くなり交流が深まったという話もあり、クラスメイトと一緒に英語学習をできるのは大きな魅力と言えるでしょう。

日本人トレーナーはニューヨークでのMBA取得者、英国大学のTESOL修士課程卒業者、海外留学経験者、マルチリンガル、大手企業で英語を使ったビジネスに携わっていたなど、生の英語を使ってきた経験が豊富です。実績に基づく知見や、目指すキャリアにおいてどう英語を活かすかなどのアドバイスも貰える点も非常に魅力的。

グループコーチングで仲間と切磋琢磨し、2ヶ月間で大幅に英語力を伸ばしたい方におすすめです。

  

関連記事

PRESENCE(プレゼンス)の口コミ・評判|表参道の英語コーチングスクール

PRESENCE(プレゼンス)の割引クーポン・キャンペーン情報

公式サイト

PRESENCE(プレゼンス)

  

\無料カウンセリング実施中/

プレゼンスはこちら

  

2.英語を話せるようになりたい社会人が英語を話すのが苦手な理由

英語は難しい

 

日本人は学校や受験勉強で英語を勉強しているのに、なぜが大半の人が英会話が苦手なのか、その理由について見ていきましょう。

  

2-① 英語と日本語は言語のルーツが異なる

日本人が英語を話せない大きな原因は、日本語と英語は言語のルーツが全く異なるため、根本的に言語構造が違うことに起因しています。

アメリカ国務省附属機関の調査では、アメリカ人にとって日本語は習得最難関レベルの「super-hard languages」と認定されています。(出典 : Foreign Language Training - United States Department of State

   

 必要な学習時間言語
Category I600-750時間デンマーク語・ドイツ語・フランス語
イタリア語・ノルウェー語。ポルトガル語
ルーマニア語・スペイン語・スウェーデン語
Category II900時間ドイツ語・ハイチ語・インドネシア語
マレー語・スワヒリ語
Category III1,100時間その他の言語
Category IV2,200時間日本語・アラビア語・中国語
広東語・韓国語

  

英語ネイティブにとって日本語が習得最難関ということは、日本語ネイティブにとっても英語が習得最難関であることに他なりません。

その原因は、英語と日本語は根本的に言語のルーツが異なっているため、言語の親和性がないからです。

 

2-② 英語と日本語の違い

英語はスペイン語・フランス語・イタリア語などと並んでインド・ヨーロッパ語族の「語順支配型」の言語となります。

アルファベットは発音を表す単なる記号で、アルファベットの並びが言葉の意味を表すのが英語という言語の本質です。

つまり、アルファベットで構築された「主語」「述語」「目的語」などの単語が並ぶ順番が非常に重要で、この順番が正確でなければ意味が成立しません。

たとえば、「I love you」は通じますが、「Love I you」「I you love」「You love I」と言っても全く意味が伝わらないのです。

一方で、日本語は「てにをは支配型」の言語と呼ばれています。

「主語」「述語」「目的語」の語順を崩しても、助詞の「てにをは」がしっかりしていれば、意味が伝わる言語構造なのです。

たとえば、「私はあなたを愛しています」「愛しています、私はあなたを」「あなたを私は愛しています」「私は愛しています、あなたを」。

どの文章も意味が通じますよね。

単語を適当に並べても意味が成立してしまうのが日本語の特徴なのです。

 

2-③ 日本人が英語を話すのが苦手な3つの理由

英語と日本語の言語構造が異なることから、日本人が英語が苦手な理由は次の通りと言えます。

 

  • 単語や文法を覚えるのに多大な労力が必要
  • 英語の語順に全く慣れていない
  • 語順の重要性を認識しておらず、単語を適当に並べて意味を伝えようとしてしまう

 

このように、日本人の私たちはアルファベットという日本語とは全く違う言語を一から学ぶ必要があるため、英語を話すのが苦手なのは当たり前なのです。

  

3.英語を話せるようになりたい社会人が英語を聞き取るのが苦手な理由

日本人が英語を聞き取るのが苦手な理由

 

次に、日本人が英語を聞き取るのが苦手な理由についても見ていきましょう。

 

3-① 英語を聞き取るのが苦手な3つの原因

英語が聞き取れない原因を整理すると、大きく3つに分類できます。

  

症状原因
英語を聞き取れないネイティブの発音の知識が少ない
英語を聞き取れるけど、
意味が理解できない
単語や文法の知識不足
ゆっくりな英語は聞き取れるが、
長い文章や速い英語についていけない
脳内処理が追い付いていない

  

英語のリスニングが苦手といっても、「英語を聞き取れない」「英語を聞き取れてはいるけど、内容の理解が追い付かない」「ネイティブのスピードについていけない」など、苦手な原因が異なります。

苦手な原因が異なれば、当然ながら原因を解決するための勉強方法も異なります。

つまり、英会話の時に相手が何を言っているのか分からない社会人が最初にやるべきことは、英語が聞き取れていない「原因」を発見することにあります。

  

3-②【原因①】発音の知識不足

簡単な英語さえ聞き取れない原因は、ネイティブの自然な発音の知識不足です。

ネイティブは英語を話す時に、単語一つひとつをハッキリと話すことはなく、様々な音声の変化があります。

具体的には、音声変化には以下のような細かいルールがあります。

 

 内容
音の連結
(リンキング)
2つの音が繋がるwhat I :「ワット アイ」
⇒ 「ワッタイ」
音の同化
(アシミレーション)
2つの音が繋がり、
音声変化する
want to:「ウォント トゥ」
⇒ 「ワナ」
音の脱落
(リダクション)
発音が省略されるgood morning:「グッド モーニング」
⇒ 「グッ モーニン」
フラップのt
(ら行化)
tの音が「ラ行」や
「ダ行」に変化
get out:「ゲット アウト」
⇒ 「ゲッラウト」
弱形弱く発音されるhim:「ヒム」
⇒ 「ィム」

  

学校の英語の授業や受験勉強では音声変化に全く触れないため、リアルな発音の知識を学ぶ機会が非常に少ないのが現状です。

英語を聞き取るためには、ネイティブの自然な発音を正しく覚える必要があるのです。

 

3-③【原因②】単語・文法の知識不足

相手の英語自体は聞き取れるのに内容が理解できない人は、単語と文法の知識不足が原因です。

たとえば、文章を読んで理解できない英語を聞き取っても理解できるはずがありませんよね。

文章の意味そのものが理解できない場合は、単語・熟語。文法の知識を身に付けることが必要不可欠です。

受験時代に散々勉強したからもう十分だと思うかもしれませんが、単語を見て考えてから思い出すレベルでは英会話にはついていけません。

英会話は流れでするもので、相手が話した英語を瞬時に理解する必要があります。

つまり、英語を聞き取ったに瞬間に意味とイメージが思い浮かぶまで、徹底して単語と文法を暗記する必要があるわけです。

 

3-④【原因③】脳内処理が追い付いていない

相手が話すスピードが速かったり長かったりする場合に、理解が追い付かなくなってしまう人もいるでしょう。

その原因は、英語を聞き取ってから理解するまでの脳内処理スピードが遅いことに起因しています。

なぜ、その処理スピードが遅いのかと言えば、前述の通り英語と日本語は語順が全く異なるからです。

英語はSVOの語順ですが、日本語の語順はSOVのため、日本語に翻訳する場合は、英語の文章を最後まで聞かなければなりません。

ですが、英会話はどんどん流れていきます。

1つの英文が終わってから頭の中で日本語に翻訳して意味を理解するのでは、英会話の流れに全く追いつけません。

リーディングなら文章を何度も繰り返し確認することができますが、実際の英会話は流れの中ですべて理解する必要があるのです。

つまり、ネイティブの英会話のスピードに付いていくためには、英語の語順のままどんどん理解する処理に慣れることがとても大切なのです。

たとえば、チャンクリーディングという英語を塊(文節)ごとに読解するトレーニングを行い、英語を前から順にパッ、パッと理解できるようになると、英会話でも自然と意味を理解できるようになります。

 

4.英語を話せるようになりたい社会人がオンライン英会話で挫折する理由

コーチングスクール

  

ここまで、日本人が英語を話せない原因や英語を聞き取れない原因を解説してきました。

社会人が英語を話せるようになるためには、これらの原因を解決するための最適な英語学習が必要となります。

 

4-① オンライン英会話の挫折率は94%

市場調査のデータを公開しているMMD研究所の調査では、オンライン英会話の利用者のうち、1年以上継続していると回答した人は僅か6%という結果が出ています。

 

3ヶ月未満25.6%
3ヶ月以上6ヶ月未満44.8%
6ヶ月以上9ヶ月未満20.0%
9ヶ月以上1年未満3.6%
1年以上6.0%

参考:オンライン英会話に関する利用実態調査

  

近年では、ネイティブキャンプ・DMM英会話・レアジョブ英会話などの月額1万円以内で毎日レッスンを受けられる格安のオンライン英会話スクールが流行っています。

このようなスクールを選ぶ人は、「これから毎日、英会話レッスンを頑張ろう!」と張り切っていて、毎日レッスンすればどんどん英語を話せるようになるという理想を思い描いています。

しかし残念ながら、大半の日本人は英語学習に挫折します。

その理由は、格安のオンライン英会話スクールはフリートークレッスンがメインのため、ここまで解説してきた「英語が苦手な原因を解決する最適な英語学習」を全く実施できないからです。

  

4-② オンライン英会話は難しすぎる

英語を話せない状態でオンライン英会話に挑戦しても、「講師の英語が聞き取れない」「英語で上手く伝えられない」「沈黙が気まずい」「愛想笑いを浮かべて、相槌を打つだけ」といった状況に陥りがちです。

すると、30分間のレッスン後には精神的に疲れてしまい、段々と次のレッスンを受けるのが億劫に。

そして、仕事が忙しいから、予定があるから、土日にまとめてレッスンを受けるから、などと言い訳を作ってレッスンを先延ばしにして、いつの間にか月額を払うだけの幽霊会員になってしまうわけです。

英語を話せるようになりたいのに、英語を話せることが前提のオンライン英会話を受講しても、難しすぎて挫折するのが当たり前なのです。

  

5.英語を話せるようになりたい社会人にコーチングをすすめる理由

英語を話せるようになりたい社会人にコーチングをすすめる理由

 

本気で英語を話せるようになりたい社会人におすすめなのは、英語コーチングスクールを受講することです。

  

5-① 英語を話せるようになるには「再現性」がある学習が必要

英語を話せるようになるということは、日本語と親和性がない言語を身に付けるということです。

根本的に言語構造が異なる英語をイチから習得するわけですから、間違った勉強法や効率の悪いやり方で頑張っても、一向に英語が上達することはありません。

言い換えれば、ほとんどの日本人は学校教育からずっと非効率的な英語学習を続けているから、いつまでも英語が話せないのです。

そこで、英語を話せるようになりたい社会人におすすめなのが、専属コンサルタントが丁寧に学習をサポートしてくれるコーチングスクールです。

コーチングスクールでは、英語指導のプロフェッショナルである専属コンサルタントが、「英語習得者の学習方法の再現性」がある指導をしてくれます。

本来、英語は誰でも話せるもの。学び方さえ正しければ、ネイティブレベルは難しくても、コミュニケーションに問題がない英会話力を身に付けることは十分に可能です。

学校教育から続く非効率的な英語学習とは異なり、英語習得者が英語を身に付けた方法を受講生に再現させるのが英語コーチングの最大の魅力なのです。

   

5-② 適切なPDCAサイクルを回して効率よく学習

コーチングスクールでは、専属コンサルタントのサポートのもと、適切なPDCAサイクルを回すことで効率的に英語を話せるようになることを目指します。

  

PLAN

レベルや目標に合わせて、最適な学習計画を策定

DO学習計画をベースに自主学習や英会話レッスンを実施
CHECK定期カウンセリングや定期テストで進捗状況の確認
課題や弱点の発見・検証
ACT発見された課題解決・弱点克服のために学習計画を修正

  

コーチングスクールでは、専属コンサルタントがカウンセリングで苦手分野・弱点・課題を分析し、目標達成のための最適なカリキュラムを作成してくれます。

カリキュラムに沿って適切な英語学習を実施し、定期カウンセリングで進捗状況を確認。弱点克服・課題解決のためにカリキュラムを修正し、常に効果的な勉強を続けるサポートをしてくれます。

このように適切なPDCAサイクルを回しつつ、質問や疑問にもいつでも答えてくれるので、短期間でも英語を話せるようになるわけです。

     

5-③ 科学的理論に基づいた学習メソッド

コーチングスクールの特徴は、第二言語習得論に基づいた科学的なアプローチで英語の効率的な習得を目指すことです。

     

第二言語習得論

人間がどのように第二言語を習得していくのか、言語学・心理学・認知科学などの科学的観点から追求する学問。

「聞く」「読む」というインプット学習を実施した上で、「書く」「話す」というアウトプット学習を進めることで、効率的な英語習得を実現する。

   

言語学者のスティーブン・クラッシェンが提唱した「インプット仮説」というものがあります。

インプット仮説は現在よりも一段階レベルの高いインプット学習をすることで、自然に第二言語能力が進歩するという説です。

簡単に言えば、英語が話せるようになるのは、単語や文法などのインプット学習の結果であり、インプット学習を継続すれば自然と英語を話せるようになるということです。

この理論によれば、アウトプットばかりのオンライン英会話をいくらこなしても、英語を話せるようにはなりません。

仮説なので本当にアウトプットが必要ないのか議論はありますが、少なくともインプット学習が非常に重要なのは明らかなのです。

コーチングスクールでは第二言語習得論をベースに、一人ひとりに最適な学習カリキュラムを作成しているので、非常に効果が高いインプット学習を継続できます。   

「知っている英語」を「会話で使える英語」に落とし込み、正確な英語が自然と出てくるようになるまで、徹底的に単語・文法・発音などのインプット学習を継続。

言語習得のプロフェッショナルである専属コーチのサポートを受け、英会話に必要な正しい知識を習得し、短期間で英語を身に付けることを可能とするのがコーチングスクールなのです。

  

6.英語を話せるようになりたい社会人が自己投資するメリット

お金をかける

 

ここまで英語を話せるようになりたい社会人にはコーチングスクールがおすすめという話をしてきましたが、コーチングスクールの受講を悩む大きな原因は高額な受講料金だと思います。

ここでは、自己投資のメリットについて解説していきます。

  

6-① 英語を話せるようになりたい社会人はお金をかけよう

周りで英語を話せる人を思い浮かべてみると、社会人で英語を話せる多くの人が帰国子女や留学経験者だと思います。

帰国子女は子供の頃に海外に住んでいたので言語を話せるのは当たり前ですが、第二言語として英語を修得する多くの日本人は、学生時代にお金をかけて、海外で英語を身に付ける努力をしています。

1年間の留学で300万円以上のお金がかかります。英語を話せる社会人は学生時代に自己投資の重要性を認識していて、数百万円の自己投資をした結果として英語を話せるようになったわけです。

このように留学で数百万円の自己投資をして、努力をしても英語が身に付かない人もいる中で、英語を話せない社会人がお金もかけずに独学で英語を話せるようになるかといえば、現実的に考えて難しいのは明らかですよね。

もちろん、独学でも英語を話せるようになる優秀な人もいますし、お金をかければ必ず英語を話せるようになるわけでもありません。

ただ、本気で英語を話せるようになりたいならば、「英語を話せるようになる最高の環境」で勉強することが最も確実ということです。

英語は現地で学ぶのが最も効率が良いですが、忙しい社会人は留学に行く時間がありません。

そこで、社会人で働きながらでも英語を話せるようになる環境としておすすめなのがコーチングスクールなのです。

    

6-② コーチングスクールは高コスト・高リターン

コーチングスクールの受講料は、月額5万円~20万円・総額で30万円~60万円程度と高額です。

ネイティブキャンプやレアジョブ英会話などのオンライン英会話スクールは月額1万円前後で受けられますから、大半の人は格安のオンライン英会話を選んでしまいます。

ですが、「英語を話せるようになること」が目的なのに、料金を基準にしてスクールを選ぶのは優先順位が間違っています。

もちろん、受講料が高ければ良い、安ければ悪いというわけではありません。

受講料が高すぎるスクールは避けるべきですし、スクールのコスパの比較は大切です。また、人によって予算が違いますので、受講料が高いスクールが絶対におすすめとも言いません。

ですが、英語を話せるようになれば転職・昇格・海外駐在などで年収が一気に上がります。

英語を話せるようになれば投資した金額をすぐ回収できるはずなのに、目先のお金や節約に囚われて「未来の自分の価値」を上げない選択肢を取るのが正しいのか考えてみましょう。

      

6-③ 自己投資は「複利」効果がある

投資をしている方なら良く分かると思いますが、株式や国債などの投資をする際の重要な要素は「複利」です。

100万円を10年間、引き出しの中に仕舞っていた場合は、10年後も100万円のままです。

一方、たとえば10%の利息がつく株式に投資していた場合、1年後には110万円、2年後には121万円、3年後には133万円と利息が利息を生み、10年後には259万円になります。さらに、20年後には672万円、30年後には1,745万円にもなります。

100万円をそのまま持っているか、投資するかで、30年で1,645万円も差が出てくる。これが投資の基本の複利効果です。

自己投資も同じで、20歳の時に自己投資をして留学して英語を話せるようになるのと、40歳の時に自己投資をして英語を話せるようになるのと、60歳の時に自己投資をして英語を話せるようになるのでは、生涯賃金や人生で得られる経験が全く異なります。

自己投資は早ければ早いほど良いのは言うまでもありません。

なぜなら、自己投資した結果、英語を話せるようになった自分がその後の人生を進んでいくからです。

成功者が学生時代に借金をしてでもガンガン起業していくのは、行動が早ければ早いほど、後で得られるリターンが大きくなることを理解しているからです。

人生単位で考えれば、50万円・100万円なんて大した金額ではありませんよね。早い段階で自分に投資すれば、何百万、何千万と稼げる金額が変わってきたり、人生の選択肢が広がります。

せっかく英語を勉強したいという気持ちがあるのであれば、英語を学ぶ最高の環境を自分に用意してあげようと考えてみましょう。

 

7.英語コーチングスクールは高い実績がある

実績

   

社会人が英語を話せるようになるためにはコーチングスクールがおすすめという話をしてきましたが、「高い受講料を払っても効果が出なかったらどうしよう」という不安がある人もいると思います。

そこで、厚生労働省が公開している一般教育訓練給付制度の実績データを客観的なデータとしてご紹介します。

  

7-① 英語コーチングスクールの実績データ

一般教育訓練給付制度はキャリアアップを支援する国の制度で、厚生労働大臣が指定する講座を受講した場合、受講料の20%(最大10万円)が給付される制度です。(参考:一般教育訓練給付制度対象のオンライン英会話・TOEIC通信コース) 

厚生労働大臣が指定している対象講座は、政府のサイトから実績を閲覧することが可能です。

一部のスクールの実績データを抽出したので見てみましょう。

  

スクール対象講座受講料金目標受験者目標達成率
リバティTOEIC対策476,000円TOEIC
895 以上
24人79.2%
TOEIC対策
(オンライン) 
476,000円TOEIC
895 以上
19人84.2%
TOEFL対策476,000円TOEFL iBT
100 以上
148人87.8%
(オンライン)476,000円TOEFL iBT
100 以上
115人84.3%
IELTS対策476,000円IELTS
7.0 以上
58人84.5%
IELTS対策
(オンライン)
476,000円IELTS
7.0 以上
54人83.3%
ミライズ英会話スタンダード
(6ヶ月プラン)
171,600円TOEIC S
120 以上
TOEIC W
130 以上
3人81.7%
スタンダード
(12ヶ月プラン)
290,400円TOEIC S
120 以上
TOEIC W
130 以上
71人100%
プレゼンスTOEIC 750点204,200円TOEIC
745 - 794
80人62.5%
TOEIC 900点216,400円TOEIC
895 以上
57人75.4%
トライズ コーチング本科
(6ヶ月)
621,300円Versant
55 - 80
37人16.2%
コーチング本科
(12ヶ月)
1,199,100円Versant
55 - 80
673人12.8%
プログリットビジネス英会話
(3ヶ月)
499,500円Versant
55 - 80
983人5.5%
TOEIC
(3ヶ月)
499,500円TOEIC
645 - 694
0人-
ライザップ英会話
(3ヶ月)
535,800円Versant
55 - 80
7人85.7%
英会話
(4ヶ月)
678,800円Versant
55 - 80
2人100%
TOEIC
(3ヶ月)
535,800円TOEIC
645 - 694
34人76.5%
TOEIC
(4ヶ月)
678,800円TOEIC
645 - 694
8人87.5%
English School
+200
TOEIC 650点403,172円TOEIC
645 - 694
2人100%
TOEIC 850点336,072円TOEIC
795 - 844
5人83.3%

    

おすすめランキング1位のリバティはTOEIC 895点以上・TOEFL 100以上・IELTS 7.0以上という高い目標の達成率で80%以上を叩き出しています。

トライズやプログリットのVersantのスコア達成率は低いですが、Versant55は英語ネイティブと問題なくコミュニケーションできるレベルなので、相当高い目標設定となっています。

これらのデータは給付金の申請の際に提出する公式の書類がもとになっているので、非常に信頼できるデータです。

  

8-② 実績からLiberty English Academyがおすすめ

厚生労働省のデータの通り、リバティはTOEIC 895点以上、TOEFL iBT 100点以上、IELTS 7.0の目標達成率が80%超えと実績は圧倒的です。

しかも、月額10万円以上の大手のコーチングスクールと比較して、リバティは受講料が6ヶ月で約48万円・月額約8万円とリーズナブル。英語ネイティブの教養人が感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」を身に付けるので、資格試験のスコアだけでなく、ビジネス英会話目的の受講者も大勢います。

リバティに取材で話を伺ったところ、地方や海外からオンラインで受講している方も多いとのことで、通学スタイルでもオンライン受講スタイルでも同レベルの結果が出ています。

TOEIC・TOEFL・IELTSの実績から選ぶのであれば、間違いなくリバティがおすすめですので、ぜひ興味がある方は無料カウンセリングを受けて、世界大学ランキングで10位前後を獲得しているコロンビア大学に認められた「グラマーメソッド」を体験してみてください。

  

8.英語を話せるようになりたい社会人のスクールの選び方

スクールの選び方

 

最後に、自分に適したスクールを受講するために、スクール選びの基準をご紹介します。

 

8-① 専属コンサルタント・レッスン講師の国籍

まずは、専属コンサルタントやレッスン講師の国籍を確認しましょう。

     

スクール専属コンサルタントレッスン講師
イングリッシュ
カンパニー
日本人日本人
リバティ日本人日本人
ストレイル日本人-
フライト英会話日本人フィリピン人
トライズ 日本人本科:ネイティブ
初心者:日本人   
マネーイン
グリッシュ
日本人フィリピン人
スマート
メソッド
日本人フィリピン人
フラミンゴ日本人-
ミライズ英会話日本人フィリピン人
プレゼンス日本人-

  

コーチングスクールの専属コンサルタントは日本人なので英語を話せない方でも安心です。

一方、レッスン講師は日本人・フィリピン人・ネイティブと違いがあります。

日本人が講師の場合は文法などの細かい部分まで分かりやすく説明してもらえます。一方、外国人講師の場合は発音や英語の感覚的な部分を教えてもらうことができます。

この辺りは相性もありますので、実際に無料体験を受けてみて、自分に最も合うサービスを確認しましょう。

 

8-② コーチング・レッスン形式

次にコーチングやレッスンを受講するスタイルを確認しましょう。

         

スクール
コーチングマンツーマン
レッスン
グループ
レッスン
イングリッシュ
カンパニー
パーソナルマンツーマン週2回
(90分)
-
セミ
パーソナル
グループ-週1回
(120分)
リバティマンツーマン-週2回
(90分)
ストレイルマンツーマン--
フライト英会話-週1回
(25分)
-
トライズ マンツーマン週3回
(25分)
受け放題
マネーイン
グリッシュ
マンツーマン週3回
(40分)
週1回
(50分)
スマート
メソッド
マンツーマン週5回
(50分)
-
フラミンゴマンツーマン--
ミライズ英会話マンツーマン受け放題
(50分)
受け放題
(50分)
プレゼンスグループ--

 

マンツーマンはコンサルタントや講師が専属で丁寧にサポートしてくれるというメリットがあります。

一方、グループは仲間意識・競争意識によりモチベーションが高まるというメリットが生まれます。

こちらも人によって合う合わないが分かれますので、好きなタイプのサービス形態を選ぶようにしましょう。

  

8-③ 料金体系

次に、各スクールの最もコスパが高いコースの受講料金を比較していきましょう。

       

スクール
入会金総額月額
(入会金除く)
イングリッシュ
カンパニー
パーソナル55,000円264,000円
(6ヶ月)
44,000円
セミ
パーソナル
55,000円561,000円
(3ヶ月)
187,000円 
リバティ55,000円
(最大無料)
476,000円
(4-6ヶ月)
79,333円
ストレイル55,000円226,600円
(3ヶ月)
75,533円 
フライト英会話通学33,000円14,300円
(月額)
14,300円
オンライン5,500円7,150円
(月額)
7,150円
トライズ 無料
キャンペーン
1,199,100円
(12ヶ月)
99,925円
マネーイン
グリッシュ
無料49,800円
(月額)
49,800円
スマート
メソッド
無料594,000円
(4ヵ月)
148,500円
フラミンゴ55,000円275,000円
(4ヵ月)
68,750円 
ミライズ英会話33,000円55,000円
(月額)
55,000円
プレゼンス30,000円178.000円
(2ヶ月)
89,000円

  

コーチング・レッスンなど総合的なサービス料を考慮すると、コスパが高いのはリバティやENGLISH COMPANYのセミパーソナルコースなどが挙げられます。

コーチングスクールの受講料金がどうしても高いと感じる方は、フライト英会話の受講も検討してみてくださいね。

 

8-④ 保証制度

最後に、各スクールの保証制度を確認しましょう。

     

スクール
保証制度内容
イングリッシュ
カンパニー
パーソナル30日間返金保証受講開始日30日以内にキャンセルの場合、全額返金
セミ
パーソナル
--
リバティ成果保証ベーシック:目標スコアに未到達の場合、無料6回レッスン追加
アドバンス:目標スコアに未到達の場合、無料9回レッスン追加
ストレイル30日間返金保証受講開始日30日以内にキャンセルの場合、全額返金
フライト英会話通学--
オンライン--
トライズ 30日間返金保証 受講開始日30日以内にキャンセルの場合、全額返金
マネーイン
グリッシュ
1週間返金保証受講開始日1週間以内にキャンセルの場合、全額返金
スマート
メソッド
成果保証CEFR-Jの1レベルアップを保証
フラミンゴ30日間返金保証受講開始日30日以内にキャンセルの場合、全額返金
ミライズ英会話--
プレゼンス--

 

無料カウンセリングを受けてスクールの雰囲気やサービス内容を確認してから受講しても、実際にスタートしてから違和感を覚えたり、思うように成績が伸びないケースもあります。

その時、成果保証や返金保証があると安心感がありますので、スクール選びに不安がある方は、とりあえず気になるスクールの無料カウンセリングを受けてみて、その上で保証制度も考慮に入れて受講するスクールを選びましょう。

 

9.まとめ:最高の環境で、最高の結果を

まとめ

 

当記事では、英語を話せるようになりたい社会人におすすめの英会話スクールをご紹介しました。

英語学習は精神論ではありません。

科学的に証明されている順番に従って学習すれば、誰でも必ず話せるようになります。

英語コーチングスクールの魅力は「高コスト・高リターン」。

3ヶ月後~半年後に英語を話せるようになっている理想の自分に辿り着きたい方は、自分への投資を節約するのではなく、むしろ積極的に投資してあげてください。

高い目標を達成し、選択肢の幅を広げてこそ、さらに豊かな人生を送れると私は思います。

気になるコーチングスクールがあれば、無料カウンセリングを体験してみて、スクールの雰囲気やサービス内容を確認してみてくださいね。

    -英語