英語が3ヶ月でペラペラに

目的別スクール

英語が3ヶ月でペラペラになる?おすすめの英会話スクール7選

こんにちは。

当記事では英語が3ヶ月でペラペラになるおすすめの英会話スクールをご紹介していきます。

就職や転職のためにすぐ英語を話せるようになりたい方や海外出張や海外転勤に備えて英語力を高めておきたい方は、ぜひ当記事を参考にしてみてくださいね。

 

短期集中の英会話スクール

 

1位「Liberty English Academy」

【公式サイト】https://www.liberty-e.com/

米国アイビー・リーグのコロンビア大学が認めた「グラマーテーブル」により、英語ネイティブの教養人が感覚的に身に付けている英語の構造や規則を完璧に身に付ける。ショートプランなら週2回のレッスンで3ヶ月完結。ベーシックプランなら週3回のレッスンで4ヶ月完結で非常にハイレベルな英語力を身に付けることが可能。全ての英語スクールの中で圧倒的におすすめ。

 

2位「スマートメソッド」

【公式サイト】https://smart-method.rarejob.com/

4ヶ月集中・80回の英会話レッスンで英語の表現の幅・議論の論理性・意見の一貫性など、ビジネス英語として最も重要な英会話能力をマスター。ビジネスパーソンに非常に人気なプログラムで予約待ちも発生しているため、受講するなら早めの申込みを推奨。

  

3位「トライズ」

【公式サイト】https://toraiz.jp/

オーソドックスなコーチングスタイルで、がっつり専属コンサルタントのサポートを受けられるスクール。スパルタ上等・とにかく誰かに見てもらわないとすぐサボる・スケジュール管理はすべて任せたい・ひたすら英語学習に没頭したいといった方におすすめ。メインは1年間コースだが、3ヶ月集中プランも◎。

 

  

関連記事

【超本音で語る】英語コーチングおすすめ22社比較ランキング

 

目次

1.そもそも英語のペラペラの定義ってなに?

英語がペラペラ

 

まず最初に、「英語がペラペラになるとはなにか?」ということをクリアにしておきましょう。

なぜなら、3ヶ月後に自分がどのような英語レベルになっているのか、目標設定が明確な方が英語学習のモチベーションが高まるからです。

 

1-① ネイティブレベルの英語は必要ない

英語がペラペラになるというと、ネイティブレベルの英語をイメージしますよね。

ただ、ちょっと冷静になって「自分は本当にネイティブレベルの英語が必要か」ということを考えてみてください。

結論、帰国子女や留学経験者のような英語は必要ない方がほとんどだと思います。

英語が必要だと感じている方の大半は、ビジネスで英語を話すことや、海外の大学・大学院に留学することが目的ですよね。目的はあくまでビジネスや勉強で、ネイティブレベルの英語を話すことではないはずです。

なにが言いたのかといえば、英語は単なるコミュニケーションツールでしかなく、しっかりと相手が言うことを理解できて、しっかりと自分が話したいことを伝えられれば良いわけです。

そもそも、世界のビジネスパーソンの大半はノンネイティブです。フランス語なまりの英語や中国語なまりの英語を話す人が大勢います。英語そのものもアメリカ英語とイギリス英語とオーストラリアの英語とインドの英語では、やっぱりぜんぜん違います。

関東圏の方が関西に旅行や出張する時にわざわざ「関西弁を習得しよう!」なんて思いませんよね。関西圏の方が関東に来る時に、「標準語が話せないから相手に言語が通じなさそうで怖い」とも思いませんよね。

英語も同じです。そんな神経質になる必要はありません。相手と意思伝達がスムーズにできるレベルで十分に英語がペラペラである、と言えるのです。

趣味でネイティブレベルの英語を身に付けたい方はさておき、英語を話すことが目的なのではなく、仕事や勉強など人生の目的を達成できるレベルの英語力があれば十分と考えましょう。

それだけで、随分と気が楽になるはずです。

 

1-② CEFRの基準を参考にしてよう

CEFR

 

CEFRは「Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment」の頭文字をとった略称で、2001年に欧州議会で発表された「言語能力の共通の国際標準規格」です。簡単に言えば、世界中の人と話す時に、母国語以外で学んでいる外国語がどのくらい通じるかを判定するために設けられた指標となります。

日本ではTOEICが英語力を示すメジャーな指標ですが、実は世界ではCEFRの方が遥かに認知度が高い指標となります。欧米圏ではTOEICはほとんど知られておらず、海外移住や海外転職をする際に重要視されるのはCEFRとなります。

それで、CEFRはビジネス英語に必要な6つの能力を測定するのが、これが参考になるのでちょっと見てみましょう。

  

  1. 表現の幅:Range
  2. 正確さ :Accuracy
  3. 流暢さ :Fluency
  4. やりとり:Interaction
  5. 一貫性 :Coherence
  6. 音韻  :Phonology

  

この6つの指標が、非英語ネイティブの私たちはが「英語がペラペラになる」という定義に近いと思います。

あくまで私の解釈ですが、この6つの指標は「ハード面」と「ソフト面」に分かれているイメージです。

英語の「正確さ」「流暢さ」「音韻は」はハード面、つまり、話している英語が綺麗かどうかを意味しています。

一方、「表現の幅」「やりとり」「一貫性は」はソフト面、つまり、会話がしっかりと自分が意図した方向に進んでいるかを意味している思います。

簡単なたとえで言えば、「好きな動物はなに?」と質問された時、本当は犬が好きなのに「dog」という単語を知らなくて、代わりに「cat」と答えてしまうと、その場しのぎはできますが、相手に自分の考えを正確に伝えることはできていませんよね。

その後の会話で「猫のどこが好きなの?」と聞かれて、「いや、猫は別に普通だよ」なんて答えたら、一貫性がなくて相手は困惑してしまいます。

こんな感じで、自分が伝えたいことをしっかりと伝えるためには、表現の幅や一貫性というものが非常に重要になってくるわけです。

つまり、形だけの英語だけではなく、中身もしっかりと伴ったやりとりができることが「英語がペラペラである」と言えるでしょう。

 

2.英語がペラペラになることのメリット

英語がペラペラになるメリット

 

3ヶ月間、英語学習に打ち込むためにも、英語がペラペラになることのメリットを知ってモチベーションを上げていきましょう。

 

2-① 年収が100万円以上あがる

なによりも分かりやすいメリットは年収です。

先ほど登場したCEFRにおいて、年収との相関性は明確に示されています。

英会話スクールを運営しているレアジョブの調べによると、30代以上では英会話力がB1(中級レベル)以上の人はA2(初級レベル)以下よりも年収が100万円前後も高くなるという結果となりました。

 

 

この表から分かることは、以下の事実です。

 

  • 30代以上でB1以上の人は、A2以下の人よりも年収が100万円前後も高くなる
  • A2以下の50代以上の人よりも、B1以上の30代の人の方が年収が高くなる

  

さらに同調査では、B2(中上級レベル)以上の4人に1人は年収が1,000万円を超えることも明らかになっています。

ビジネスにおいて英語力を身に付けるということは、明確に年収が上がることが調査で示されているのです。

 

2-② 成功体験が自信につながる 

成功体験

 

「英語を話せるようになる」という一つの大きな目標を達成すると、確実に大きな自信につながります。

英語が話せないだけで、なんだか自分が会社の同僚や後輩に劣っていると考えてしまったり、自信をもって自分の仕事をこなせなかったりする人も多いのではないでしょうか。

しかし、努力をして英語を身に付けると「自分もやればできる」という自信がつき、自己肯定感のアップに繋がります。

自己肯定感が高まれば、仕事に関わらず様々な挑戦を楽しめるようになるでしょう。

大げさではなく、たった3ヶ月間、英語学習を頑張るだけで人生が大きく変わる可能があるので、ぜひ積極的に挑戦していきましょう。

 

3.社会人からでも英語がペラペラになるために大切なこと

社会人からでも英語

 

英語がペラペラになるためには、適切な順序で英語を学んでいくことが何よりも大切となります。

  

3-① 英語には学習する正しい順番がある

脳科学・心理学・認知文法などの科学的な側面から英語を効率的に身に付けることを目指す第二言語習得論において、非母国語の言語を学ぶ順番は以下のような図で表わせることがわかっています。。

  

基礎知識0基本文法・基本語彙
レセプティブ
スキル
(受容能力)
リーディング1ゆっくり読めば理解できる
2素早く読める
リスニング3音声知覚ができている
4理解の処理が素早くできる
5記憶にとどめておける
プロダクティブ
スキル
(産出能力)
スピーキング
ライティング
6正確に話し、書くことができる
7流暢に話し、書くことができる
8複雑に話し、書くことができる

 

英語を「書く」「話す」能力は、知識をアウトプットする行為です。

アウトプットするためには英語の知識が必要であり、まずはインプット学習で「読む」「聞く」ための知識を習得する学習をすべきです。さらに言えば、読めない英語の意味を聞いても理解できないのは当たり前なので、英語読むために必要な「単語」や「文法」を最初に学ぶべきであり、読んで理解できる英語を聞き取るために「発音」を学ぶ必要があります。

このように、英語がペラペラになるというゴールに到達するためには、自分のレベルに合った最適な学習を実施することが大切です。特に英語が話せない人は、まずは土台となる「単語」「文法」「発音」の基礎スキルを身に付けることが本当に重要なのです。

 

3-② 英語を話す際の脳内プロセスを理解する

脳内プロセス

  

同じく第二言語習得論において、英会話をする際の脳内処理のプロセスは5つあるとされています。

 

音声知覚音を聞き取る
意味理解聞いた音を脳内で理解する
概念化脳内で話したいことをイメージ
文章化話したいことを英語に言語化
音声化言語を口で話す

     

この5つのプロセスは脳内のデータベースにリンクしていて、そのデータベースに「英語を話すための知識」を蓄えるのがインプット学習です。

 

3-③ 英語がペラペラになるには「発音」が大切

発音

 

英語が話せない人は「音声知覚」が非常に苦手、つまり、英語を正確に聞き取れない状態であると言えます。

小学生でも知っているような簡単な英語でさえ聞き取れないのは、聞き取った英語の音と脳にインプットされている発音に乖離があることが原因です。

たとえば「first of all」という英語。「ファースト」「オブ」「オール」とそれぞれの英語を知っていると思いますが、実際の英会話では「ファストバゥル」とかなり早口で発音されます。

firstのtとofのoが、ofのfとallのaがそれぞれリエゾン(連結)し、ofは「オ」ではなく「ア」に近い発音に。お祭りの「festival」に似た発音になるのですが、この発音を知らないと「フェスティバル? お祭り? なんでいきなりお祭りの話?」なんて頭が混乱してしまうのです。

英会話では音の連結・脱落・変化が頻繁に発生するので、実際に使われる発音を知らなければ簡単な英語でさえ全く聞き取れません。

発音はスピーキングのために必要と思いがちですが、実は音を聞き取るためにはリアルな発音を脳に定着することが大切なのです。

   

3-④ 文法の重要性を認識しよう

文法

  

英語を「話す」という行為は、脳内処理の「概念化」「文章化」「音声化」にあたります。

話したいことを脳内でイメージし、イメージを文章にして、口で言葉を発声するというプロセスを踏むわけですが、特に大切なのは「文章化」の部分。実際の発音がネイティブレベルでなくても英語話者は聞き取って意味を理解してくれますが、文法が間違っている場合、全く意味が伝わりません。

その理由は言語の成り立ちにあります。

英語はスペイン語やフランス語、イタリア語と並んでインド・ヨーロッパ語族に属する言語であり、句構造文法、いわゆる「語順支配型」の言語となります。アルファベットで構築された「主語」「述語」「目的語」などの単語を並べる順番が重要で、この順番が正確でなければ意味が成立しません。

「I like basketball」は通じますが、「Like I basketball」「Like basketball I」「basketball I like」は意味が全く通じないのです。

一方、日本語は依存文法、いわゆる「てにをは支配型」と呼ばれます。「主語」「述語」「目的語」の語順を崩しても、助詞の「てにをは」さえしっかりしていれば、意味は伝わえる言語構造になっています。

「私はバスケットボールが好きです」「好きです私はバスケットボールが」「好きですよバスケットボールが私は」「バスケットボールが私は好きです」。どれも意味が通じますよね。

日本人は言語の特性上、文法をあまり意識しませんが、英語ではそれが致命的な弱点になります。英語を正確に相手に伝えるには、英語と日本語の互換性がないことを認識し、英語の基礎文法を定着させることがとても大切なのです。

 

3-⑤ 英語学習における単語と文法の大切さ

単語

 

第二言語習得論においてフェーズ0の単語や文法は、「文章化」で必要だというお話をしましたが、そもそも「読む」「聞く」「話す」「書く」の英語4技能全てのスキルに必要不可欠です。

これも言語構造の違いに起因しますが、英語と日本語では語順が明確に違いますよね。英語は「主語」「述語」が先に来て、その後に「目的語」などの装飾が色々と付いてきますが、日本語は「主語」のあとに「目的語」が来て、最後に「述語」が来ます。

つまり英語の一文を日本語に翻訳するには、英語を全て聞き取る必要性があります。

ですが、それは意味理解の致命的な遅れになります。単語を聞き取った瞬間に意味を理解できなければ、「この単語の意味ってなんだっだけな」なんて考えているうちに会話はどんどん進んでしまいます。

「読む」なら時間をかけても問題ありませんが、英会話の際に「聞く」場合は、相手の英語が終わってから日本語に翻訳して理解しようとすると、会話のテンポが悪くなりますし、長い会話になると相手の話しについていけなくなってしまいます。

レセプティブスキルの「読む」「聞く」がスムーズに行えるようになるためには、英語を英語の順番で「瞬時に」理解する必要があります。瞬発性を養って、実際の英会話に使えるようにするためには、単語と文法を徹底的に定着させるしかありません。

英語ができるようになる=英会話でスムーズにコミュニケーションができるようになるためには、瞬間的に英語の語順で理解し、英語の語順で話すことが大切で、それを可能とするのは単語と文法のインプット学習ということです。

  

4.3ヶ月で英語がペラペラになるコツ

3ヶ月でペラペラ

 

3ヶ月という短期間で英語がペラペラになるためのコツも紹介しますね。

 

4-① 目標を明確にする

人間は具体的な目標を持っている時と持っていない時のモチベーションの差が非常に大きい生き物です。目標が明確でない場合、なんのために英語学習をしているのか分からないのですから、やる気が出ないのも自然な話ですよね。

たった3ヶ月だとしても、毎日毎日、英語学習に取り組むわけですから、モチベーション維持は非常に大切です。

「憧れの会社に就職や転職する」という目標を達成するため。

「海外転勤」という目標を達成するため。

「昇格して年収を上げる」という目標を達成するため。

「新しいビジネスチャンスを獲得するため」

人それぞれ目標と達成条件は異なりますが、具体的な目標を掲げて英語学習に邁進することが、モチベーションを維持して取り組む一つのコツとなります。

 

4-② 適切な学習を継続する

継続

 

明確な目標はメンタル的な要素ですが、適切な英語学習を継続すると言う行動も非常に大切です。

今までお話ししてきた通り、英語レベルによってフェーズが分かれていて、自分のフェーズに最適な学習が効率的な英語力の向上に繋がります。単語も文法も覚えていないのにスピーキングに挑戦しても効果は出ませんし、発音が身に付いていないのに英語を聞く学習を続けても聞き取れるようにはなりません。

単語・文法・発音という基礎をベースに、「リーディング」「リスニング」「スピーキング」「ライティング」のスキルを上げるために必要な学習を継続することで学習効果が大きくなるのです

 

4-③ 自己分析を正しく行う

英語学習においてもう一つ大切なことは、英語ができない「原因」を明確にし、原因を「解決」するための学習を実施することです。

リスニングができないのであれば、原因は音声知覚か意味理解にあります。音声知覚が課題だと分かれば発音の学習を増やすべきですし、意味理解が追い付いていないのであれば、リーディングに戻って単語や文法を復習すべきです。

なんとなくの英語学習では効果は表れづらいのが現実です。自分はなぜ英語ができないのか。できない原因を特定できたら、解決するための最適な学習をすることでレベルが一段階上がります。自分にとって必要な英語学習の継続がとても大切ということです。

 

5.3ヶ月でペラペラになるためには最新型の英会話スクールがおすすめ

英語コーチング

 

3ヶ月という短期間で英語がペラペラになりたい場合、まず独学はおすすめしません。

もちろんですね、自信がある方は挑戦してみても良いとは思いますが、独学で英語がペラペラになるのであれば、あなたはとっくに英語を話せるようになっているはずです。

そこで私がおすすめするのは最新型の英会話スクールである「英語コーチングスクール」となります。

 

5-① 英語が話せない人は、英語ができない原因の分析と解決が難しい

ここまで適切な英語学習について話してきましたが、英語を話せない人が独学で最適な英語学習を継続することはかなり難しいです。

どうしても、「こういう勉強方法の方が楽そう」「こっちの方がお金がかからない」「とりあえずYOUTUBEを見て勉強しよう」といった感じで、感情に流されてなんとなくの手法を取ってしまいがちですからです。

だって、正直、単語や文法をコツコツと勉強するのって面倒ですよね。しかも、いきなり効果が表れるわけでもないので、モチベーションの意地も難しい。

ですが、初心者が英語ができない原因は単語の語彙不足だったり、文法が頭に入っていなかったり、発音を知らなかったりと、基礎的な部分に原因があります。英語力を身に付けるためには、これらの原因を解決する勉強が必要です。

   

5-② 英語コーチングでは専属トレーナがサポートしてくれる

英語コーチングスクール

 

英語コーチングスクールでは、専属トレーナーが付いてくれて、学習カリキュラムの作成から日々の学習アドバイスまで徹底的にサポート。専属トレーナーは英語指導のプロフェッショナルで、自身が英語学習を通して英語を身に付けた経験から「英語習得者の学習方法の再現性」があるやり方でサポートしてくれます。

本来、言語というものは誰でも習得できるものですが、やり方が間違っているから身に付きません。ですが、適切な指導のもとで正しい学習を実施すれば、英語は必ず話せるようになります。

英語コーチングスクールでは3ヶ月間という短い受講期間の中で単語・文法・発音といった地味なトレーニングを繰り返しますし、受講料もかかります。ですが、独学やオンライン英会話スクールよりも遥かに効率的に英語力を伸ばすことが可能となります。

お金を節約して時間をかければ、一人でも英語は少しずつ身に付いていくかもしれません。ですが、数万円~数十万円の投資で短期間で英語が身に付いた方が人生の選択肢が広がります。どちらを選ぶのも人それぞれの自由ですが、私は時間の方がとても大切だと思います。

最期におすすめの英語コーチングスクールを紹介しますので、気になるスクールがあれば無料カウンセリングだけでも受けてみてください。英語学習について、それぞれのスクールのやり方を教えてくれますので。

  

6.3ヶ月で英語がペラペラになるおすすめのオンライン英会話スクール

それでは、3ヶ月で英語がペラペラになる最新型のオンライン英会話スクールを紹介していきますね。

  

【3ヶ月~4ヶ月】圧倒的におすすめ「Liberty English Academy」

    

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
料金

ショート :316,800円
ベーシック:528,000円
アドバンス:776,160円

期間ショート :2~3ヶ月
ベーシック:4~6ヶ月
アドバンス:6~9ヶ月
コーチング週1回
レッスン週2回
校舎港区(三田)
オンラインオンライン受講対応

 

英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。「グラマーテーブル」はTESOL教育(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは実績が圧倒的で、短期間の受講でもTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上達成者が続出してます。ハーバードやコロンビア、イエール、スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることが実績として証明済み。英会話目的の受講ももちろん可能です。

受講料は週3回のレッスンで4ヶ月完結のベーシックプランなら入会金を含めて約55万円。働いている方は一般教育訓練級制度が利用可能で、国から10万円が支給されます。従って合計金額は約45万円・月額7~8万円程度なので、この金額が出せるのであれば私は間違いなくリバティをおすすめします。週2回のレッスンで3ヶ月完結のショートプランなら、さらに安い受講料で圧倒的な速さで英語の本質的な部分を身に付けることもできますよ。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

ちなみに、無料カウンセリング受ける際には「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と伝えてみてくださいね。入会金が通常より安くなると思います。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

リバティはこちら

      

【4ヶ月完結】ビジネス英語習得なら「スマートメソッド」

  

入会金無料
料金594,000円
期間16週間
コーチング合計5回
レッスン週5回・合計80回
オンラインオンライン完結

 

オンンライン英会話スクールのレアジョブが、新しくスタートした英語コーチングサービス「スマートメソッド」。

「簡単な英会話ならできる方」や「英語の読み書きならある程度はできるけれどスピーキングが苦手な方」が、ビジネスで不自由なく英語を話せるレベルまで英会話力を伸ばすことが可能なスクールです。ビジネス英語特化型のプログラムで、マンツーマンの英会話レッスンをメインに専属講師が受講生の英語力を徹底的に鍛えてくれます。

入会金無料。月額148,500円・総額59万4千円とやや高めの受講料ですが、1回50分間の英会話レッスンを週5回、合計で80回実施するので、英会話レッスンの量は圧倒的です。通学スタイルのコーチングスクールと同程度の受講料でありながら、レッスンの濃密さのレベルが数段違うので、リバティに次いでおすすめです。

スマートメソッドのレッスンはただ英語を話す、聞くのではなく「発話の質 6項目」というベースがあり、単語や文法、発音といった基礎スキルから表現の幅、議論の論理性、意見の一貫性など、ビジネス英語として重要な自分の意見を論理立てて分かりやすく伝える能力を強く意識。専属講師が弱点や課題を指摘・フィードバックを丁寧にしてくれ、次のレッスンではフィードバックを活かしたレッスンとなるので、効率的にビジネス英語を身に付けることができます。

3ヶ月コースはないのですが、コーチングと実践的なレッスンの両輪で英会話力を伸ばすプログラムなので、ビジネス英語を習得したい方にはスマートメソッドの受講を検討してみてくださいね。

  

関連記事

【英語コーチング】レアジョブ英会話のスマートメソッドの口コミや評判

【体験談】レアジョブのスマートメソッド(SMART Method)を選ぶべき理由

公式サイト    

オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

   

\無料カウンセリング実施中/

スマートメソッドはこちら

            

【3ヶ月完結】1年間で本物の英語力を身に付ける「トライズ」

   

入会金55,000円
コース英語コーチング本科
英語初心者
ビジネス英語上級
TOEIC対策プログラム
IELTS対策
英語プレゼン/学会発表
実践ファシリテーション
発音クリニック
インターナショナルスクール英語対策
料金299,900~1,580,100円
期間3ヶ月~12ヶ月
コーチング毎週 / 隔週
レッスンプライベート:週0~5回
グループ  :受け放題
校舎六本木・東京丸の内・新宿・銀座
横浜・名古屋・大阪梅田
オンラインオンライン受講可能

    

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「トライズ」。

英語コーチング本科のメインコースは1日3時間、1年間で1,000時間の英語学習を目安に設定し、求める学習量は英語コーチングスクールの中でも随一です。商社・外資系・IT・メーカー・製薬会社・医療・金融・専門職など幅広い業種のビジネスパーソンが受講しており、ビジネス英語やTOEICテストを集中して学ぶ最高の環境が整っています。3ヶ月集中プランも用意されているので、超短期で英語を学ぶことも可能ですよ。

トライズは専属のネイティブ講師によるマンツーマン英会話レッスンを受けられるのも魅力的。ネイティブ講師は大学や省庁での指導実績もあるプロフェッショナルなので、ハイレベルなレッスンを一年間継続することで確実に英語力の向上が見込めます。

マンツーマンレッスンの他、グループレッスンは受け放題で、実践形式のアウトプット学習が非常に多いのも特徴。日本人専属コンサルタントが毎日の英語学習を徹底的にサポートしてくれるので、初心者でも1年間でネイティブと会話できるレベルまで成長することが可能ですよ。

割引キャンペーンと一般教育訓練給付制度を利用すれば、英語コーチング本科12ヶ月・週3回レッスンのプロフェッショナルコースでは月額10万円以下と、コーチングスクールの中でも平均的な部類となります。しかも、専属コンサルタントの徹底的なサポート・専属ネイティブコーチのマンツーマンレッスンを含んだ料金なので、コスパはかなり高いと言えます。

初心者でも1年間でネイティブと会話できるレベルまで成長することが可能なスクールなので、本気で英語を話せるようになりたいという強い意志を持っている方は、ぜひトライズを検討してみてくださいね。

  

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の無料カウンセリング体験談

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

     

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

       

【2ヶ月完結】超短期集中型のグループコーチング「プレゼンス」

 

入会金30,000円
コース【英会話】
上級・上級入門・中級・初級コース・準備コース

【TOEIC L&R TEST】
900点・750点・600点・準備コース

【TOEFL iBT TEST】
105点・90点・70点コース

料金

英会話上級  :161.000円
英会話上級入門:151.000円
英会話中級  :141.000円
英会話初級  :131.000円
英会話準備  :71,000円
TOEIC900点  :161.000円
TOEIC750点  :151.000円
TOEIC600点  :141.000円
TOEIC準備    :71,000円
TOEFL105点  :202,000円
TOEFL90点    :192,000円
TOEFL70点    :182,000円

期間1~2ヶ月
コーチング週1回
校舎港区(表参道)
オンラインオンライン受講可能

  

日本で最初にできた語学コーチングスクールの「プレゼンス」。

プレゼンスでは5人前後のクラスを作って、クラスメイトと一緒にグループコーチングを受けます。同程度の英語レベルで、同じ目標を持つクラスメイトの存在は、お互いを刺激し合い、モチベーションを高め、時に不安や悩みも共有できる心強い仲間に。ビジネスパーソンが多く集まっているので、忙しいクラスメイトが頑張って学習しているのに、自分だけサボるわけにはいかないという意識がスコアアップに繋がったという口コミ・評判が多数あります。

毎週の進捗テストの結果はクラスで共有・順位付けをされ、ライバル意識が刺激されて学習意欲が高まる仕組みに。常に高いモチベーションを維持できるスクールです。クラスメイトと交流が深まったという話もあり、新しい出会いがあるのも魅力的。

日本人コーチはニューヨークでのMBA取得者、英国大学のTESOL修士課程卒業者、海外留学経験者、マルチリンガル、大手企業で英語を使ったビジネスに携わっていたなど、生の英語を使ってきた経験が豊富。実績に基づく知見や、目指すキャリアにおいてどう英語を活かすかなどのアドバイスも貰える点も嬉しいですね。

様々なビジネス業界の受講生が集まっているので、新しい人間・新しい価値観との「出会い」が魅力的に感じる方は、ぜひプレゼンスの無料カウンセリングを受けて、スクールの雰囲気やサービス内容を確認してみてくださいね。

 

関連記事

PRESENCE(プレゼンス)の口コミ・評判|表参道の英語コーチングスクール

【体験談】PRESENCE(プレゼンス)の無料説明会と個別カウンセリングを受けてみた

公式サイト

PRESENCE(プレゼンス)

  

\無料カウンセリング実施中/

プレゼンスはこちら

       

【月額制】コスパ最高「マネーイングリッシュ」

     

入会金無料
コースフルサポートプラン
コーチングプラン
個別レッスンプラン
料金

フルサポート:44,800~79,800円 / 月
コーチング :34,800円 / 月
個別レッスン:14,800~47,120円 / 月

期間1ヶ月単位
コーチング隔週
レッスンプライベート:月8~40回
グループ  :週1回
オンラインオンライン完結

 

マネーイングリッシュは「英語で未来を強くする」という独自のコンセプトを持ち、英語を身に付けることで自分の価値と年収を上げ、未来をより豊かにすることを目標としています。年収と英語力の相関性を指摘し、自己投資としての英語学習をサポートするなど現実主義的な視点を持っており、未来の人生も含めてサポートする意識をコーチ側も共有している点が大きな特徴と言えます。

入会費無料。一番人気のフルサポートプラン・月12回の個別レッスンコースは月額49,800円と、英語コーチングスクールの中では最安の部類。週に3回、1回40分間の外国人講師によるマンツーマンの英会話レッスンで発音や文法を丁寧に学ぶことができます。また、日本人講師による文法・語法のグループレッスンも毎週あり、基礎的なインプット学習を通して「使える英語の知識」を身に付けることが可能。料金に対してレッスン内容が非常に充実しているスクールで、コスパは最高レベルです。

日本人コンサルタントは英語学習経験や豊富な海外経験を持ち、特に採用条件の一つとしている発音はネイティブレベル。外国人講師はフィリピンの老舗語学学校から優秀な人材を雇用しているので、講師の質も担保されています。専属コンサルタントはモチベーションが上がるからと異性の方が付くことが多く、その辺りも含めて現実主義的と言いますか、本当に裏表のないサービスを提供してくれますよ。

基礎から徹底して学習するので、間違いなく本質的な英語力を身に付けられるスクールです。

  

関連記事

【体験談】MONEY ENGLISH (マネーイングリッシュ)の効果は? 口コミ・評判も紹介

公式サイト

【マネーイングリッシュ】

    

\無料カウンセリング実施中/

マネーイングリッシュはこちら

       

【月額制】レッスン講師の質が高い「ミライズ英会話」

 

入会金33,000円
コースコーチングプラン
スタンダードプラン
オンラインプラン
料金コーチング :55,000円 / 77,000円
スタンダード:27,500円
オンライン :11,000円
期間1ヶ月単位
コーチング毎週 / 隔週
レッスン受け放題
校舎東京八重洲・新宿・渋谷・横浜
オンラインコーチングプランはオンライン完結
(自習室は無制限で利用可能)

   

フィリピンの海外留学事業からスタートしたMeRISE株式会社が運営する英会話スクール「ミライズ英会話」。

自社でフィリピン人講師の研修・教育事業を手がけているので、圧倒的に質の高いフィリピン人講師が揃っているのが強みのスクールです。英会話レッスンは無制限で受け放題。スマートメソッドと並んでアウトプットの機会が非常に豊富です。

ミライズ英会話のフィリピン人講師は国際的な英語教授法である「TESOL」の資格を保有。MeRISEで研修・教育された英語指導のプロフェッショナルが英語習得のサポートをしてくれます。言語習得を科学的にアプローチする第二言語習得論の知見から、インプット学習とアウトプット学習を組み合わせたコーチングを提供してくれるので、実践的な英語力を鍛えることが可能なスクールです

ミライズをおすすめするのは2つ理由があります。1つ目は、2022年11月から全コースでグループレッスンが受け放題となった点。オンライン完結で受講するデメリットに、他の受講生との交流の機会が少ないことが挙げられます。もちろん専属コーチやレッスン講師がサポートしてくれますが、同じ目標を持つ受講生と関わることでモチベーションが高まりますから。他のオンライン完結のスクールは基本的にマンツーマンスタイルのみなので、マンツーマンレッスンを中心に、グループレッスンも受けられるミライズはモチベーションの側面からおすすめです。

2つ目は、ミライズは校舎が4店舗あるものの、コーチングプランは全員共通でオンライン完結なうえ、月額55,000円とリーズナブルな価格帯を実現している点。無制限の英会話レッスンを含めた値段なので、コスパが非常に優れているのも魅力なのです。

リーズナブルな料金で、質の高いフィリピン人講師のレッスンを中心に英語力を向上させたい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

MeRISE英会話 (ミライズ)の特徴は? 口コミ・評判も紹介

ミライズ英会話(MeRISE)の無料体験を受けた感想|コーチングプラン

MeRISE英会話(ミライズ)に出会いはある?

公式サイト

無料体験実施中!【MeRISE英会話】

 

\無料体験実施中/

ミライズはこちら

      

【3ヶ月完結】PROGRIT(プログリット)

  

入会金55,000円
コースビジネス英会話コース
初級者コース
TOEIC L&R TESTコース
TOEFL iBT / IELTSコース
料金・期間【ビジネス・初級者・TOEIC】
2ヶ月: 380,600円
3ヶ月: 544,500円
6ヶ月:1,069.200円

【TOEFL / IELTS】
3ヶ月: 577,500円
6ヶ月:1,102.200円

コーチング週1回
校舎有楽町・新宿・六本木・神田秋葉原
池袋・渋谷・横浜・梅田・名古屋
オンラインオンライン受講対応

          

「短期」集中で英語力を飛躍的に向上させ、「長期」的な成長へと繋げるコーチングサービスを提供する「PROGRIT」。

本気で英語力を伸ばしたい人のための英語コーチングサービスを提供しております。契約期間は2~6ヶ月で月額の料金は20万円程度と英語コーチングスクールの中で最も高い部類。

しかし、高いだけの理由があります。「本気で英語をやるなら」という謳い文句のとおり、英語初心者でも1日3時間以上の英語学習を目安に設定。応用言語学や言語習得論といったアカデミックな研究に基づいた学習理論、コーチング、テクノロジーの総合的サポートを提供し、一人一人にカスタマイズされた高品質なトレーニングを受けることで、短期間で飛躍的な英語力の向上を実現します。

学習のベースとなる第二言語習得論を応用した独自理論「英語の5ステップ」は、英会話をする上での脳内処理のプロセスを表します。英語を聞いてから話すまでのプロセスの一つ一つをトレーニング。専属コンサルタントが毎日、音声チャットで添削・フィードバックすることで本質的な英語力を養っていきます。

「ビジネス英会話」「TOEIC」「TOEFL・IELTS」「初級者」の4種類があり、カウンセリングで英語力の分析を実施したのち、具体的な課題を明確化、特定された課題を解決など、理論に裏付けされた最適カリキュラムが設計されます。採用率0.85%を通過した優秀なコンサルタント陣が揃っており、ビジネス英語のプロがコンサルティングしてくれるため、英語初心者から高レベルの英語力を習得したい人まで安心してトレーニングを受けることができると言えます。

初期費用の高さと徹底した英語学習のスタイルからハードルが高いと感じられるかもしれませんが、短期間で英語力を飛躍的に向上させたい方におすすめです。 

 

関連記事

PROGRIT(プログリット)の特徴は?口コミ・評判を紹介

PROGRIT(プログリット)の無料カウンセリング体験談

PROGRIT(プログリット)の割引・入会金無料キャンペーン情報

公式サイト

PROGRIT(プログリット)

     

\無料カウンセリング実施中/

プログリットはこちら

     

7.まとめ:3ヶ月集中で本物の英語力を身に付けよう

3ヶ月

  

当記事では、3ヶ月で英語がペラペラになる短期集中型の英語コーチングスクールを紹介しました。

気になるスクールがありましたら、それぞれ無料カウンセリングを受けてスクールの雰囲気やサービス内容を確認してみてくださいね。せっかく英語学習をするのであれば、最高の環境を自分に用意して最高の結果を出しましょう。

    -目的別スクール