英語コーチングは意味ない

本コンテンツは一部にPRが含まれています。

英語

英語コーチングは意味ない?効果なしという噂の真実を解説

2023年1月23日

こんにちは。

当記事では、英語コーチングは意味ない・効果なしという噂の真実を解説します。

英語コーチングスクールは短期間で英語を身に付けたいビジネスパーソンを中心に人気を集めており、科学的なアプローチで効率よく英語を身に付けることを目的とする最新型の英会話教室です。

3ヶ月~6ヶ月ほどで英語がある程度話せるようになったり、TOEIC・TOEFL・IELTSのスコアが大幅に伸びると評判ですが、一方で、口コミサイトでは「受講料が高すぎる」「コーチングは意味ない」「効果なしなので辞めておいた方がいい」といった悪い評判も見つかります。

せっかく50万円以上の受講料を払ったのに、コーチングに意味がないなんてことになったら目も当てられませんよね。

そこで、この記事では英語コーチングスクールを20社以上、取材・体験・調査してきた実績から「英語コーチングは意味ない」という噂の真実について、信頼できる実績ベースで解説いたします。

英語コーチングスクールに興味がある方や本気で英語を身に付けたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

【超本音で語る】英語コーチングおすすめ22社比較ランキング

 

目次

1.そもそも英語コーチングスクールとは?

英語コーチングスクールとは

 

英語コーチングを一言で説明すると、専属講師が英語学習を丁寧にサポートしてくれる最新型の英会話スクールとなります。

まずは英語コーチングの基本的なサービス内容を確認しましょう。

  

1-① 英語コーチングは短期間で英語を身に付ける

英語コーチングの平均的な受講期間は2ヶ月~6ヶ月くらいが目安であり、短期集中で大幅な英語力の向上を目指すのが大きな特徴です。

多くの日本人は根本的に英語が苦手にも関わらず、受講料金が安いという理由でネイティブキャンプ・レアジョブ英会話・DMM英会話などの格安のオンライン英会話スクールを選びがちです。

しかし、一般的なオンライン英会話スクールはほとんど独学のようなもの。英語学習のサポートが全くないため、英語力が伸びない人が非常に多いのが現実です。

格安のオンラインスクールは挫折率が94%というデータもあり、ほとんどの英語学習者は英語が話せないまま挫折しているのです。

一方、コーチングスクールでは受講生一人ひとりに専属講師がつき、「英語が苦手な原因の特定」「原因を解決する学習カリキュラムの作成」「日々の自主学習のサポート」などのサービスを提供してくれるため、短期間でも非常に大きな成果を期待できるのが特徴となります。

 

1-② 英語コーチングのメリット・デメリット

コーチングサービスの主なメリット・デメリットは次の通りです。

   

メリット
  • 自分に最適な英語学習を提案してくれるので、実力が大きく伸びる
  • 専属コンサルタントの手厚いサポートでモチベーションが高まる
  • 科学的に英語を学ぶため、3ヶ月~6ヶ月の短期間で英語力が伸びる
デメリット
  • 受講料が高額
  • 1日に1時間~3時間程度の自主学習が必要

  

英語コーチングはサポートが手厚い分、非常に早く英語力が伸びる一方、受講料が高くなるというデメリットがあります。

つまり、英語コーチングは高コスト・高リターンのサービスであり、しっかりと自己投資にお金をかけて、数ヶ月間でビジネス英会話を身に付けたり、TOEIC・TOEFL・IELTSのスコアを大幅に伸ばしたい方におすすめです。

また、英語学習の挫折経験がある方、どうしても英語を話せるようになりたいという強いモチベーションを持っている方、一人ではすぐに勉強をサボってしまう方にも非常におすすめなスクールですよ。

英語コーチングについてさらに知りたい方は、こちらの記事(英語コーチングとは?サービス内容とスクールの選び方を解説)で詳細を解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

2.英語コーチングは意味ない・効果なしの評判を検証

英語コーチングスクールは意味ない

 

早速ですが、英語コーチングは「意味ない」「効果ない」という評判について検証していきましょう。

 

2-① 英語コーチングが意味ないは一部の評判

それぞれのコーチングスクールの公式サイトや、英語コーチングについて紹介している他の英語学習サイトは、基本的に良いことしか書いていないのであまり参考になりません。

一方で、みん評やみんなの英語ひろばのような大手口コミサイトに「お金の無駄だった!」「絶対にコーチングスクールは受けない方が良い!」「意味がない!」などと書き込まれていますが、これらの意見もまた一つの意見でしかありません。

高いお金を払ったのに結果が出なくてムカついたりストレスが溜まっている人は、やり場のない怒りを口コミサイトにぶつけたくなるでしょう。

逆に、英語コーチングの成果が出て満足した人は、わざわざ口コミサイトに投稿なんてしません。

事実として、たとえば最大手のコーチングスクールであるプログリットの累計受講者数は17,000人を突破しています。ですが、大手口コミサイトの口コミを合計しても、せいぜい150個くらいしかありません。

つまり、私たちがネットで確認できる口コミは150/17,000ということで、受講生全体の1%以下の評判でしかないのです。

いわゆるサイレント・マジョリティの状態で、たった1%の受講生の極端な評判で口コミサイトで埋まり、99%の受講生の声は不明なわけです。

アマゾンや楽天で商品を買った時、よっぽど商品の質が悪くてイライラしない限り、口コミを書こうとも思いませんよね?

それと同じで、サービスに満足した人はわざわざ口コミを書きません。

そもそも、個人で学習効果が違うのは当然なので、コーチングスクールを受講して英語力が伸びる人がいれば、伸びない人がいるのも当たり前です。

従いまして、英語コーチングが意味がないのかどうかを判断するために必要なデータは、英語コーチングを受けて意味があった人と意味がなかった人の比率なのです。

 

2-② 公式サイトの「TOEIC平均○○点アップ」の罠

罠

  

英語コーチングスクールの公式サイトでは「TOEIC平均100点アップ!」といったデータが公開されていますよね。

ですが、小文字で書かれている注釈を確認してみると、プログラムを修了した受講者のデータを集計して実績を算出しているのが分かります。

つまり、受講期間中に挫折する人や途中で辞める人は実績から弾かれるので、必然と良い数字が公表されているわけです。

私たちが知りたいのは受講生全体の実績なわけで、できれば受講者全体を母数にして実績を算出してほしいところですよね。

ただ、それはもうスクールの内部事情になるので、受講生全体の実績を公式サイトから検証することはできません。

では、どうすれば良いかの考えたところ、信頼できる情報として厚生労働省の公式サイトで確認できる「教育訓練給付制度」の実績データに辿り着きました。

 

2-③ 教育訓練給付制度の対象講座は実績を公開

「教育訓練給付制度」とは、働く人のキャリアアップを支援する厚生労働省管轄の公的な制度です。

厚生労働省が指定する講座を受講した場合、手続きをすれば受講料の20%(最大10万円)が給付されるかなりお得な制度となっています。(参考:一般教育訓練給付制度対象のオンライン英会話・TOEIC通信コース

さて、厚生労働省は複数の英語コーチングスクールの特定の講座を一般教育訓練給付制度の対象に認定しています。

そして、教育訓練給付金に関する検索システムでは、スクール選定のために対象講座の実績データを確認することができるのです。

国が公開しているデータであれば、データ収集の恣意性や受講生の感情を排除して客観的な検証ができます。

 

2-④ VERSANTやTOEICの達成率が確認可能

目標達成率

 

さて、厚生労働省の一般教育訓練給付制度の検索システムから、英語コーチングスクールの認定講座の実績を抽出してみました。

主なコーチングスクールの実績を表にまとめたので、参考にしてください。

  

スクール対象講座受講料金目標受験者目標達成率
リバティTOEIC対策476,000円TOEIC
895 以上
24人79.2%
TOEIC対策
(オンライン) 
476,000円TOEIC
895 以上
19人84.2%
TOEFL対策476,000円TOEFL iBT
100 以上
148人87.8%
(オンライン)476,000円TOEFL iBT
100 以上
115人84.3%
IELTS対策476,000円IELTS
7.0 以上
58人84.5%
IELTS対策
(オンライン)
476,000円IELTS
7.0 以上
54人83.3%
ミライズ英会話スタンダード
(6ヶ月プラン)
171,600円TOEIC S
120 以上
TOEIC W
130 以上
3人81.7%
スタンダード
(12ヶ月プラン)
290,400円TOEIC S
120 以上
TOEIC W
130 以上
71人100%
プレゼンスTOEIC 750点204,200円TOEIC
745 - 794
80人62.5%
TOEIC 900点216,400円TOEIC
895 以上
57人75.4%
トライズ コーチング本科
(6ヶ月)
621,300円Versant
55 - 80
37人16.2%
コーチング本科
(12ヶ月)
1,199,100円Versant
55 - 80
673人12.8%
プログリットビジネス英会話
(3ヶ月)
499,500円Versant
55 - 80
983人5.5%
ビジネス英会話
(6ヶ月)
1,024,200円Versant
55 - 80
37人1.5%
TOEIC
(6ヶ月)
1,024,200円TOEIC
645 - 694
0人-
ライザップ英会話
(3ヶ月)
535,800円Versant
55 - 80
7人85.7%
英会話
(4ヶ月)
678,800円Versant
55 - 80
2人100%
TOEIC
(3ヶ月)
535,800円TOEIC
645 - 694
34人76.5%
TOEIC
(4ヶ月)
678,800円TOEIC
645 - 694
8人87.5%
English School
+200
TOEIC 650点403,172円TOEIC
645 - 694
2人100%
TOEIC 850点336,072円TOEIC
795 - 844
5人83.3%

 

スクールによってはTOEIC 895点以上という高い目標の達成率で80%以上を叩き出しているので、実績としてはかなり優秀です。

トライズやプログリットのVersantのスコア達成率は10%前後と低く見えますが、Versant 55は英語ネイティブと問題なくコミュニケーションできるレベルで、相当高い目標設定となっています。

また、ライザップイングリッシュはVersant 55以上の達成率で4ヶ月では100%と驚異的な数字を残していますが、サンプル数が2名であり、トライズやプログリットと比べてサンプルの母数が1/100以下となっているので、参考に留めておきましょう。

いずれにせよ、英語コーチングスクールを受講すれば、英語を全く話せない状態からでも、受講期間中に一定数は英語ネイティブと話せるレベルまで伸びると言えます。

しっかりと学習すれば、英語力は身に付くと評価して問題ないでしょう。

これらのデータは給付金の申請の際に提出する公式の書類がもとになっているので、信頼できる実績です。

一般的な英語教室よりも明らかに高い目標レベルが設定されているうえ、達成率も高いのが英語コーチングスクールの特徴です。

 

2-⑤【結論】英語コーチングは「意味がある」とデータから評価できる

英語コーチングは意味がある

 

厚生労働省のデータを検証してみると、多くの講座で目標達成率が80%を超えているので、コーチングというサービス形態は意味がある、すなわち、しっかりと結果が出ていると言えるでしょう。

一般教育訓練給付制度の対象になっていないスクールの実績を検証することはできませんが、少なくとも「英語コーチングは意味ない!」という評価は不適切と考えます。

たしかに、目標を達成できなかった人は「意味ない!」「効果がない!」と言いたくなる気持ちもわかりますが、それは英語コーチングサービスというシステムの問題ではなく、コーチングスタイルが合わなかった・専属コーチのやり方が嫌だった・忙しくてついていけなくなったといった環境の問題と言えるでしょう。

結論として、英語コーチングサービスを受けてしっかりと学習すれば、高いレベルの目標を達成できる可能性が十分にある、と考えて問題ないでしょう。

 

3.実績からおすすめできる英語コーチングスクール

英語コーチング

 

実績から言えば、TOEIC・TOEFL・IELTSの高スコア取得において圧倒的な実績を誇っているLiberty English Academyをおすすめします。

また、言語習得の専門家が集まっているENGLISH COMPANYSTRAILも非常におすすめなスクールとなります。

特におすすめなスクールの一覧表は以下の表の通りです。

   

スクール
入会金受講料金月額
(入会金除く)
備考
ENGLISH
COMPANY
少人数55,000円264,000円
(6ヶ月・初級)
44,000円ビジネス英語
TOEIC
マンツー
マン
55,000円561,000円
(3ヶ月)
187,000円
リバティ55,000円
(最大無料)
476,000円
(4-6ヶ月)
79,333円ビジネス英語
TOEIC・TOEFL・IELTS
ストレイル281,600円
(入会金込み・3ヶ月)
93,866円ビジネス英語
TOEIC
フライト英会話通学33,000円14,300円
(月額)
14,300円英会話
オンライン5,500円7,150円
(月額)
7,150円
トライズ 1,199,100円
(入会金込み・12ヶ月)
99,925円ビジネス英語
TOEIC・TOEFL・IELTS
スマートメソッド無料594,000円
(4ヶ月)
148,500円ビジネス英語
マネー
イングリッシュ
無料54,780円
(月額)
54,780円ビジネス英語
  • リバティ・ストレイル・トライズ・ECCは教育訓練給付制度適用後の料金
  • 全て税込み価格

   

ここからは具体的におすすめのコーチングスクールをランキング形式でご紹介していきます。

興味があるスクールがあれば、ぜひそれぞれ無料カウンセリングを受けてみてください。

無料カウンセリングを受ければスクールのサービス内容や雰囲気がよく分かりますので、最も自分に合うと感じたスクールを受講するようにしましょう。

やっぱり、自分が納得したスクールを受講するのが最もモチベーションが高まりますから。

   

1位 言語習得の専門家によるトレーニング「ENGLISH COMPANY」

    

入会金55,000円
コース・期間・料金【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :561,000円
180日間集中:679,800円

【セミパーソナル】
初級(6ヶ月):264,000円
中級(3ヶ月):231,000円
上級(3ヶ月):242,000円

コーチング・
トレーニング
【パーソナルトレーニング】
90日間集中  :週2回×90分(計24回)
180日間集中:週1回×90分(計24回)

【セミパーソナル】
初級:週1回×120分(計24回)
中級:週1回×120分(計12回)
上級:週1回×120分(計12回)

校舎【東京】新宿・銀座・神田・恵比寿
【大阪】梅田
【兵庫】神戸
【京都】四条烏丸
オンラインオンライン受講対応

       

日本の教育業界の最大手「ベネッセホールディングス」のグループ企業であり、企業としての信用度が非常に高い「ENGLISH COMPANY」。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトで運営されている、超効率的な英語学習を実現したコーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYはスパルタな英語学習ではなく、科学的根拠に基づく効率的な学習を実施します。1日3時間の自主学習を求めるコーチングスクールが多い中、ENGLISH COMPANYの目安の学習時間は1日1~1.5時間。

課題・弱点の発見と課題解決・弱点克服のピンポイント学習により、最小限の努力で最大限の成果を出せるため、仕事で忙しい方にこそ非常におすすめなスクールです。

「1日3時間の学習をすれば、誰だってそれなりに英語ができるようになります。ですが、私たちENGLISH COMPANYは、少ない学習時間で英語を身に付けてもらうのが英語コーチングの本質だと考えています。だって、できるなら少ない時間で英語を習得できた方が絶対に良いですよね?」

このように話すENGLISH COMPANYのトレーナー陣は、第二言語習得論・認知言語学・応用言語学・言語心理学などの学問領域を国内外の大学で修めており、トレーナーの言語習得に関する専門性は他のスクールの追随を許しません。

最も人気なコースはパーソナルトレーニング90日間ですが、予算が厳しい方はセミパーソナルコースもおすすめ。

セミパーソナルコースは最安月額44,000円という圧倒的にリーズナブルな価格で最高峰のトレーニングを受けることができるほか、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨してレベルを高め合うこともできます。

3ヶ月でTOEICのスコアが300点以上伸びている受講生も多く、実績も申し分なし。

短期集中でマンツーマンのトレーニングを受けるならパーソナルトレーニングコースを、予算抑えめでリーズナブルに少人数のトレーニングを受けるならセミパーソナルコースを選びましょう。

 

関連記事

【取材】ENGLISH COMPANYは効果なし?|イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーの割引・入会金無料キャンペーンについて

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料カウンセリング実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

    

2位 圧倒的な実績「Liberty English Academy」

   

入会金55,000円(最大無料のキャンペーンあり)
コースTOEIC対策コース
TOEFL iBT/IPT対策コース
IELTS対策コース
料金ショート :336,000円
ベーシック:576,000円
アドバンス:792,000円
期間ショート :3ヶ月(計24回レッスン)
ベーシック:6ヶ月(計48回レッスン)
アドバンス:9ヶ月(計72回レッスン)
コーチング週1回
レッスン週2回×90分
校舎三田(東京都港区)
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと並んでおすすめなスクールが、英語を最短で完璧にマスターできる「藤川メソッドグラマーテーブル」を生み出した藤川恭宏氏が創設したLiberty English Academy。

英語ネイティブが感覚的に身に付けている英語の構造や規則をまとめた「グラマーテーブル」という独自の学習メソッドで本質的な英語力を身に付けられます。

「グラマーテーブル」はTESOL(英語を第二言語とする人への英語教授法)の最高峰とされるコロンビア大学ティーチャーズカレッジで独自性が認められるほどの有用性を持ち、外交官や国際弁護士、大学教授が学びに来るほど。

英語の「核」はverbにあり、verbの役割を理解すれば英語4技能すべてが短期的・効率的に上達するという理論に基づき、週2回のレッスンで本質的な英語力の習得を目指します。

LIBERTYは特に資格試験の実績が圧倒的で、短期間の受講でもTOEIC 900点台・TOEFL 100点以上・IELTS 7.0以上の達成者が続出してます。

ハーバード・コロンビア・イエール・スタンフォードなど世界トップ大学・大学院の合格者も多数輩出し、高レベルな英語力を身に付けられることが実績として証明済み。英会話目的の受講ももちろん可能です。

受講料は6ヶ月間のコースで入会金を含めて約60万円。社会人は一般教育訓練級金制度を利用できますので、国から10万円が支給されます。

また、無料カウンセリング受ける際に「このブログ(ReLife)の記事を読んで入会金が最大で無料になるキャンペーンがあるって知りました」と忘れずに伝えてください。

入会金最大無料キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、総額約48万円・月額約8万円。

この金額が出せるのであれば、間違いなくLIBERTYをおすすめします。50万円くらい就職や転職や昇進すればすぐに取り戻せますし、英語ができるようになれば人生の幅が更に広がるのですから。

無料カウンセリングで「グラマーテーブル」について色々と聞けるので、ぜひ体験してみてください。教養のあるエリートな英語ネイティブが使う英語の本質を分かりやすく伝えてくれますので。

  

関連記事

Liberty English Academy(リバティ)の魅力【口コミ・評判も紹介】

【体験談】LIBERTY(リバティ)はグラマーテーブルで本物の英語を身に付ける

Liberty English Academyの入会金無料キャンペーンについて

公式サイト

Liberty English Academy

  

\今なら入会金最大無料/

リバティはこちら

    

3位 高品質なコンサルティング「STRAIL(ストレイル)」

    

入会金55,000円
コースビジネス英語コース
TOEIC L&R TESTコース
初級者コース
料金297,000円
期間3ヶ月
コーチング週1回×60分
校舎【東京】新宿・銀座・恵比寿
【大阪】梅田
オンラインオンライン受講対応

  

ENGLISH COMPANYと同じ経営母体を持つコンサルティング特化型スクール「STRAIL(ストレイル)」。

ENGLISH COMPANYがコーチングとトレーニングの両輪で英語力を伸ばすのに対し、ストレイルは言語習得の専門家によるコンサルティングを受けながらの自主学習がメインとなります。

「学びを合理的でクールなものに」というコンセプトも変わらず、毎日の自主学習時間が1~1.5時間の超高密度学習により、3ヶ月集中で英語力を伸ばすことが可能です。

ストレイルでは英語力をフェーズごとに捉え、該当するフェーズごとに最適学習を実施するストレイルメソッドを採用。

第二言語習得論に基づいた段階的なインプット学習でリーディングとリスニングを強化し、フェーズが上がってきたらスピーキングとライティングを鍛えていくことで、効率的に英語力を伸ばしていきます。

国内外の大学で言語習得の学問を専攻した専門知識を持つコンサルタントが揃っていて、医師が症状から病気の原因を特定して処方箋を決めるように、受講生の英語が苦手な原因をピンポイントで特定し、課題解決に最適な学習方法を提示。

常に最適な学習を継続することで、最短期間で本質的な英語力を身に付けることができるのが大きな魅力です。

コンサルティングに特化している分、月額約10万円と平均的な受講料である上、ビジネス英語コースは教育訓練給付制度の利用で70,400円の給付金が支給されるため、総額281,600円という格安料金でコーチングを受けることができます。

予算を抑えつつ、効率的にビジネス英語を身に付けたり、TOEICのスコアを伸ばしたい方におすすめのスクールです。

 

関連記事

【英語コーチング特化】STRAIL(ストレイル)の効果や評判を紹介

ストレイル(STRAIL)の割引キャンペーンについて

公式サイト

STRAIL

 

\無料カウンセリング実施中/

ストレイルはこちら

   

4位 予算重視なら「フライト英会話」

    

入会金通学プラン   :33,000円
オンラインプラン:  5,500円
コース・料金【通学プラン】
ライト  :14,300円
レギュラー:26,180円
プレミアム:54,780円

【オンラインプラン】
ライト:   7,150円
レギュラー:12,650円
プレミアム:21,890円

レッスンライト  : 月4回×25分
レギュラー: 月8回×25分
プレミアム: 1日1回×25分
期間月額制
カウンセリング定期的
校舎【東京】恵比寿
オンラインオンライン受講対応

 

フライト英会話は恵比寿に校舎を構えるマンツーマンレッスンを主体とする英会話スクールです。

恵比寿駅から徒歩1分と立地が良いため通いやすく、仕事帰りに気軽に通えるのもポイント。通学プランよりも安いオンラインプランも用意されていますので、恵比寿校に通えない方もフライト英会話を受講することが可能となります。

フライト英会話の最大の特徴は、日本人のカウンセラーとフィリピン人の講師がチームを組んで英語学習をサポートしてくれる点です。

ネイティブキャンプ・レアジョブ英会話・DMM英会話などの格安のオンライン英会話はフリートークのレッスンを繰り返すだけで、受講者の悩みや不安を解消してくれるサポートがありません。レッスンのみ提供するサービスでは、「英語を話せるようにならない」「英会話レッスンが怖い」「英語学習が続かない」という悩みが解決されないので、大半の人は挫折してしまいます。

ですが、フライト英会話は日本人カウンセラーが丁寧にサポート。カウンセリングで英語学習における目標・悩み・学習経験などのヒアリングが行われ、あなた専用のカリキュラムを作成してくれるため、英語が話せるようになるまでの道筋がハッキリします。

さらに、いつでもカウンセラーに学習相談ができたり、英文の添削などをお願いすることができますので、高いモチベーションを保って英語学習を続けることが可能です。

正確に言えば、フライト英会話はコーチングスクールではありません。他のおすすめのコーチングスクールと比較するとサポート量は少なめでが、その分、最安料金で7,150円とコスパは抜群。

高品質なサービスを受けたいけど予算が限られているという方は、ぜひフライト英会話の受講を検討してみてください。カウンセラーがいるかいないかで、英語力の伸びは全く異なってくるはずです。

  

関連記事

フライト英会話の口コミや評判は?|恵比寿の英会話スクール

公式サイト

PHLight(フライト)英会話

 

\無料体験レッスン実施中/

フライト英会話はこちら

   

5位 1年間で本物の英語力を身に付ける「トライズ」

   

入会金55,000円
コース英語コーチング本科
英語初心者
ビジネス英語上級
TOEIC対策プログラム
TOEFL対策
IELTS対策
英語プレゼン/学会発表
実践ファシリテーション
発音クリニック
インターナショナルスクール対策
ワーホリ準備英語
料金299,900~1,580,100円
期間3ヶ月~12ヶ月
コーチング毎週 / 隔週
レッスンプライベート:週0~5回
グループ  :受け放題
校舎【東京】 六本木・東京丸の内・新宿
     銀座・日本橋
【神奈川】横浜
【愛知】 名古屋
【大阪】 梅田
【福岡】 福岡天神
【沖縄】 沖縄
オンラインオンライン受講可能

    

教育事業を手掛けるトライオン株式会社が運営する英語コーチングスクール「トライズ」。

英語コーチング本科は1日3時間、1年間で1,000時間の英語学習を目安に設定し、求める学習量はコーチングスクールの中でも随一です。

商社・外資系コンサル・IT・メーカー・製薬・医療・金融など幅広い業種のビジネスパーソンが受講しており、ビジネス英語やTOEIC・TOEFL・IELTSなどの試験を集中して学ぶ最高の環境が整っています。

トライズは専属のネイティブ講師によるマンツーマン英会話レッスンを受けられるのも魅力的。ネイティブ講師は大学や省庁で指導実績もあるプロフェッショナルなので、ハイレベルなレッスンを1年間継続することで英語力の向上が見込めます。

マンツーマンレッスンのほか、グループレッスンは受け放題で、実践形式のアウトプット学習が非常に多いのも特徴です。日本人専属コンサルタントが毎日の英語学習を丁寧にサポートしてくれるため、初心者でも1年間でネイティブと会話できるレベルまで成長することが可能となります。

割引キャンペーンと教育訓練給付制度を利用すれば、英語コーチング本科の12ヶ月プランは月額10万円以下と平均的な料金で受講できます。しかも、専属コンサルタントのサポートと専属ネイティブコーチのマンツーマンレッスンを含んだ料金なので、コスパは非常に高いです。

初心者でもネイティブと会話できるまで成長することが可能なスクールなので、本気で英語を話せるようになりたいという強い意志を持っている方は、ぜひトライズを検討してみてくださいね。

  

関連記事

TORAIZ(トライズ)は効果なし? 口コミ・評判も紹介

TORAIZ(トライズ)の割引・キャンペーン情報

公式サイト

本気で英語を話したいなら「トライズ」

     

\無料カウンセリング実施中/

トライズはこちら

    

6位 ビジネス英語習得におすすめ「スマートメソッド」

  

入会金無料
料金594,000円
期間16週間
コーチング合計5回
レッスン週5回×50分(計80回)
オンラインオンライン完結

 

大手オンンライン英会話スクールのレアジョブが提供する英語コーチングサービス「スマートメソッド」。

TOEICの点数はそこそこ高かったり、英語の読み書きはある程度できるのに英会話が絶望的に苦手という方が、ビジネスで不自由なく英語を話せるレベルまで英会話力を伸ばすことが可能なスクールです。ビジネス英語特化型のプログラムで、マンツーマンの英会話レッスンをメインに専属講師が受講生の英語力を徹底的に鍛えてくれます。

月額148,500円と受講料金は高めですが、1回50分間の英会話レッスンを週5回・合計で80回実施するので、レッスンの量は圧倒的。

レッスンはただ英語を話すのではなく「発話の質 6項目」を大事にし、表現の幅・議論の論理性・意見の一貫性など、ビジネス英語として重要な「自分の意見を論理立てて分かりやすく伝える能力」を強く意識します。

レアジョブの正社員である優秀な講師が弱点や課題を丁寧にフィードバックをし、次のレッスンではフィードバックを活かしたレッスンを実施できるので、段階的にビジネス英語を身に付けることができます。

とにかく実践的なレッスンで英会話力を伸ばすプログラムなので、ビジネス英語を習得したい方にスマートメソッドが非常におすすめです。

  

関連記事

【体験談】レアジョブ スマートメソッドの口コミや評判は?|SMART Method

公式サイト    

【レアジョブ英会話】オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

   

\無料カウンセリング実施中/

スマートメソッドはこちら

  

7位 コスパ最強「マネーイングリッシュ」

     

入会金無料
コースベーシックプラン
プレミアムプラン
料金【ベーシックプラン】
月額:54,780円(6ヶ月契約)
月額:65,780円(単月契約)

【プレミアムプラン】
月額:109,780円(6ヶ月契約)
月額:120,780円(単月契約)

期間月額制
コーチングベーシックプラン:隔週×40分
プレミアムプラン:週2回×40分
レッスンベーシックプラン:週3回×40分
プレミアムプラン:週5回×40分
オンラインオンライン完結

 

マネーイングリッシュは「英語で未来を強くする」という独自のコンセプトを持ち、英語を身に付けることで自分の価値と年収を上げ、未来をより豊かにすることを目標としています。

年収と英語力の相関性を指摘し、自己投資としての英語学習をサポートするなど現実主義的な視点を持っており、未来の人生も含めてサポートする意識をコーチ側も共有している点が大きな特徴と言えます。

人気のベーシックプランは月額54,780円と、コーチングスクールの中では最安の部類。

週3回の外国人講師によるマンツーマンレッスンで発音や文法を丁寧に学ぶことができます。また、日本人講師による文法・語法のグループレッスンも毎週あり、基礎的なインプット学習を通して「使える英語の知識」を身に付けることが可能。

料金に対してレッスン内容が非常に充実しているスクールで、コスパは非常に優秀です。

日本人コンサルタントは英語学習経験や豊富な海外経験を持ち、特に採用条件の一つとしている発音はネイティブレベルという特徴もあります。さらに、外国人講師はフィリピンの老舗の語学学校から優秀な人材を雇用しているので、講師の質も担保されています。

ちなみに、専属コンサルタントはモチベーションが上がるからと異性の方が付くことが多く、その辺りも含めて現実主義的であり、本当に裏表のないサービスを提供してくれます。

  

関連記事

【体験談】MONEY ENGLISH (マネーイングリッシュ)の効果は? 口コミ・評判も紹介

公式サイト

【マネーイングリッシュ】

    

\無料カウンセリング実施中/

マネーイングリッシュはこちら

    

4.英語コーチングが意味ないと言われる原因

学習時間

 

さて、ここからは具体的に英語コーチングが意味ないと言われる原因について見ていきましょう。

 

4-① 受講料金が高すぎる

格安のオンライン英会話スクールは月額1万円以内で受講できる一方、コーチングスクールは平均的な月額が10万円。

およそ10倍の金額がかかりますので、受講料金が高すぎると感じる人が多いのは確かです。

合計で50万円の受講料金を払ったのにTOEICが50点しか伸びなかったり、英語を全く話せるようにならなければ、コスパが悪いと感じても無理はありません。

支払った受講料金に対して、英語力の伸びが納得いかない場合、たとえ多少は英語ができるようになったとしても「コーチングは意味ない」と感じる可能性があります。

 

4-② 専属講師の質や経験値に大きなバラつきがある

英語コーチングを受ける際に最も重要となるのは、自分に付いてくれる専属講師との相性です。

専属講師の指導経験や英語の専門知識が豊富であり、やる気をうまく引き出してくれたり、丁寧にサポートしてくれる人格者であれば、受講生のモチベーションも上がって、英語力がぐんぐん伸びていくでしょう。

一方、指導経験や知識が不足しているうえ、すぐに不機嫌になったり怒ってくるような専属講師が付いてしまうと、こちらまでやる気がなくなって、途中で挫折してしまう可能性が高まります。

英語コーチングで上手くいかなかったという口コミの多くは、専属講師への不満なのです。

LIBERTYは世界大学ランキング10位のコロンビア大学で認められた英語指導法を開発した講師がコーチングしてくれたり、ENGLISH COMPANYやSTRAILでは国内外の大学で言語習得の専門領域を修了した人が専属講師に付いてくれます。

このような英語コーチングスクールは本物の英語指導の経験や知識を持った人が丁寧にサポートしてくれるため、短期間でも非常に英語力が伸びるのです。

一方、大手英語コーチングスクールの中には、新卒2~3年目の新人が専属講師に付くことが少なくありません。指導経験がなく、英語の専門知識もない人が、「一緒に頑張りましょう!」とパッションや情熱を押し付けてきても、効率的に英語力が伸びる気がしませんよね。

しかも、同じスクール内でも、ベテランの講師もいれば新人の講師がいるため、誰が専属講師につくかで成果がまるで異なってくるのが実情なのです。

 

4-③ 毎日の自主学習をサボると結果が出ない

英語コーチングを受けると数ヶ月で学習効果が表れますが、前提として必要な自主学習時間を確保することが必要不可欠です。

スクールによって効率が異なりますが、平均的に毎日1.5時間~3時間の自主学習を求められます。

もし、仕事や予定が忙しいことを言い訳にして毎日の自主学習をサボったり、疲れているからと集中しない自主学習を続けていると、当たり前ですが、英語力は全く伸びません。

つまり、英語コーチングを受ければ自動的に英語ができるようになるわけではないのです。

英語コーチングを受ければ勝手に英語ができるようになると勘違いしている人は、「想像と違った!」「英語コーチングなんて意味ない!」とコーチングサービスを批判しますが、毎日の自主学習を集中して取り組むことが必要不可欠であることをしっかりと意識しましょう。

   

4-④ スクール選びが間違っている

一口に英語コーチングスクールと言っても、受講料金は月額2万円~20万円と大きな差があります。

それぞれのスクールでコーチングやレッスンの量が違ったり、レッスン内容も全く異なるため、人によって合う合わないがあるのです。

それなのに、無料カウンセリングをしっかりと受けずに、プログリットのような大手スクールが安心だと決め打ちしてしまうと、高額な受講料金を払ったのにサービスが全く合わない場合があり、ほとんど学習効果が表れないリスクがあります。

英語レベル、目標、ライフスタイル、コーチングやレッスンの内容などスクール選びには様々な要素があるので、サービスが自分に最も合うスクールを選ばないと失敗する可能性が高まるでしょう。

  

5.英語コーチングは意味ないと失敗する人の特徴

意味ない

 

続いて、どのような人が英語コーチングを受けても成果が出ないのかについても解説していきます。

   

5-① 最適なスクール選びに失敗した

前述の通り、スクール選びは非常に重要なポイントです。

英語コーチングスクールは「パーソナルトレーニング型」「コンサルティング & レッスン型」や「コンサルティング特化型」と3つに分かれていて、スクールによって学習スタイルが大きく異なります。(参考:英語コーチングとは?サービス内容とスクールの選び方を解説

また、ビジネス英会話を身に付けたい、TOEIC・TOEFL・IELTSのスコアを伸ばしたいという目標によっても最適なスクールは変わってくるので、「とりあえず有名な大手スクールにしよう!」と知名度で選んでしまった方は、残念ながら失敗する可能性が高いです。

大切なのは、メディアの広告や極端な口コミに惑わされないことです。

メディア露出が多ければ良いスクールというものでもありませんし、数人の口コミでサービスの質を判断することもできません。

結局は自分で納得して判断することが大切なので、気になるスクールが複数ある場合は、それぞれ無料カウンセリングを受けましょう。

無料カウンセリングを受ければ、スクールの雰囲気やサービス内容だったり、このスクールは信頼できる・信頼できない、というのが分かりますから。

 

5-② 目的が曖昧である

目的意識を明確にすることは、モチベーション維持の観点から非常に重要と言えます。

人間は意思を持つ生き物であり、目的が明確であればやる気がでますが、目的が明確でなければ、何のために勉強しているのか分からなくなってやる気がなくなってしまうものなのです。

「ビジネス英会話を身に付けたい」「TOEICのスコア850点を目指そう」というのは、あくまで目的を達成するための目標にすぎません。

本当に重要なのは、「ビジネス英語を身に付けて、バリバリ海外出張や海外駐在を楽しみたい」「TOEICのスコアを850点取得して、憧れの会社に転職したい」といった人生の目的です。

その人生の目的を明確に持っていた方が、はるかに勉強に身が入ります。

さらに言えば、目的意識の先にある「どんな自分になりたいか」「人生でなにを成し遂げたいのか」という未来のビジョンを持つとモチベーションはますます上がり、英語学習へのやる気も上がるでしょう。

未来のビジョンからルートを逆算して、いま何をすべきなのか答えを導き出ことで、英語学習に取り組む姿勢や集中力がまるで変わってきますので、改めてなぜ英語を勉強したいのか、その目的意識をハッキリとさせましょう。

 

5-③ 英語学習の時間が確保できなかった

学習時間についても、コーチングスクールで失敗する大きな原因です。

スクールによっては、1日3時間の英語学習を3ヶ月以上も続けることが求められます。

その理由は、英語を話せるようになるためには、単語・文法・発音などのインプット学習が非常に大切であり、英会話に必要な知識を身に付けるためには相応の時間がかかるからです。

仕事で忙しい・予定がたくさんあるなど、勉強をしない言い訳はたくさんあります。

ですが、やはり専属コーチが設計してくれた学習カリキュラムをこなさなければ、英語力は身に付きません。

どこかで自分に甘い人は、英語コーチングを受けても必ず失敗します。

コーチングスクールは短期集中で効率的な英語力の向上を実現しますが、英語ができない病気に対する特効薬ではありません。

どれほど素晴らしい講師が付いても、どれほど素晴らしいトレーニングを受けても、結局は、自分が勉強するのか、勉強しないのか、それが最も重要です。

 

5-④ 専属コーチとの相性が悪かった

専属コーチ

 

偶然の要素も絡んできますが、スクール側が選定してくれた専属コーチとの相性が悪い場合は、いまいちモチベーションが上がらずに受講期間中、ずっともんもんとしながら過ごしてしまう可能性があります。

受講期間は短くても2~3ヶ月、長ければ1年間。その間、専属コーチと二人三脚で英語学習に取り組むわけですから、相性が悪いコーチと当たるのはハッキリ言って最悪です。

正直、専属コーチとの相性は実際にプログラムが始まって、コミュニケーションをしてからでないと分かりません。

もし合わないと思った場合は、すぐに専属コーチの交代をスクールの運営側に伝えましょう。

基本的にどのスクールでも専属コーチの交代が可能ですので、相性が悪い講師と我慢して付き合うのは時間もお金も非常にもったいないです。

 

5-⑤ 専属講師の言うことを素直に聞き入れない

英語コーチングが意味ないと失敗してしまう人に意外と多いのが、専属講師のカリキュラムに従わなかったり、コーチング内容を素直に聞き入れないことがあります。

せっかく、英語指導のプロフェッショナルのコーチングを受けるのに、自分のやり方を優先してしまっては、コーチングを受ける意味がありません。

もちろん、疑問に思ったことはそのまま聞き入れずに質問するなど、専属講師の意図を確認することは重要です。

ただ、今まで自分のやり方が間違っていたり、勉強の仕方を知らなかったから英語が話せないわけで、まずは自分のやり方を是正し、正しい英語学習の仕方を専属講師から学ぶことがとても大切なのです。

 

6.英語コーチングは意味ない・効果なしを防ぐ方法

英語コーチングは意味ない・効果なしを防ぐ

 

英語コーチングで結果がでない原因を紹介したところで、具体的にどのようにコーチングスクールを選べば良いかについてもご紹介していきます。

 

6-① 広告宣伝に惑わされない

まず重要なのは、Youtubeやテレビなどの広告宣伝に惑わされないことです。

たとえば、サッカー選手の本田圭佑さんを広告塔に起用しているプログリットやアンタッチャブルの柴田さんを広告塔に起用しているスパルタ英会話、ダイエットでおなじみのライザップなど、マーケティングで成功しているスクールもあります。

ですがが、知名度が高いことが優れたスクールであることの保証はありません。

なにより、マーケティングにお金をかけている分、受講料金は高額になりますから、プログリットは6ヶ月で100万円・スパルタ英会話やライザップイングリッシュは3ヶ月で60万円と非常に料金が高いのです。

もちろん、プログリット・スパルタ英会話・ライザップのような有名なスクールのサービスを否定するつもりは全くありません。

ですが、知名度が結果に繋がるわけではありませんし、同じサービスをもっとリーズナブルな料金で受けられたり、同じ金額でもっと高品質なサービスを受けられたりする方がモチベーションも高まりますよね。

マーケティングに惑わされることなく、自分でしっかりとスクール選定を行い、自分で納得して受講するようにしましょう。

 

6-② 無料カウンセリングを複数受ける

自分でスクール選定をする上で重要なのは無料カウンセリングを受けることです。

無料カウンセリングを受ければ、コンサルタントからスクールのサービス内容を教えてもらうことができますし、実際にトレーニングやレッスンを体験できますので、どのように英語学習を進めていくかを良く理解することができます。

無料カウンセリングを受けると、スクールの雰囲気も分かりますし、対応の丁寧さやスクールの理念も伝わりますので、気になるスクールが複数ある場合は、それぞれしっかりと無料カウンセリングを受けて、自分で比較検討するようにしてみてください。

自分に合ったやり方のスクールを選ぶことで、学習効率が最も高まりますから。

 

6-③ 専属講師の質が高いスクールを選ぶ

コーチングスクールの専属講師は、基本的に非常に優秀であり、英語指導のプロフェッショナルです。

ですが、特に大手のスクールになってくると、やはり講師の質の振れ幅がでてきますし、思ったよりも質が低いと不満を感じてしまうリスクも大きくなります。

できれば、おすすめ第1位で紹介したLIBERTYや第2位のENGLISH COMPANYの受講を検討してみましょう。

LIBERTYは世界大学ランキング10位前後を獲得しているコロンビア大学に認めらた学習メソッドを開発した藤川代表本人からレッスンを受けることができますし、ENGLISH COMPANYでは国内外の大学・大学院で言語習得を専門的に学んだ講師からトレーニングを受けることができます。

ようは、講師の当たり外れが非常に小さく、高品質なレッスンやトレーニングを受けることが可能なスクールを選ぶのがおすすめです。

もちろん、他のスクールにも多くの優秀な講師が在籍していますが、私が取材や体験を通して感じた講師のレベルの高さはLIBERTYとENGLISH COMPANYが圧倒的となります。

  

6-④ 学習時間が短いスクールを選ぶ

英語コーチングスクールはスパルタ的なコーチングで毎日3時間の自主学習を徹底的に管理するタイプと、高品質なレッスンやトレーニングで可能な限り効率的に英語力を伸ばすタイプの2つに分類することができます。

たとえば、有名なプログリット・ライザップ・トライズなどは、毎日3時間の自主学習を受講生に求めます。そして、毎日3時間の学習内容をすべて専属講師に連絡し、学習進捗を厳しく確認されるのです。

たとえて言うなら、英語を身に付けるのに1,000時間の学習が必要なら、スパルタなコーチングで1,000時間の学習をやり遂げさせるイメージです。

一方、LIBERTYやENGLISH COMPANYは毎日の自主学習時間が1.5時間が目安となっています。(公式サイトに自主学習が短くても問題ないことが明記されています)

イメージとしては、英語を身に付けるのに1,000時間の学習が必要なら、その1,000時間を500時間に短縮してくれる感じです。

おそらく、英語コーチングを受けるか悩んでいる人は、仕事で忙しいビジネスパーソンが大半でしょう。

仕事で忙しいのに、毎日3時間の英語学習なんてやってられませんよね。そして、ついていけない人は途中で挫折して、コーチングなんて意味がなかった!効果なし!なんて感じてしまうのです。

私は時間はとても大切だと思いますし、当たり前ですけど、効率的に英語を身に付けた方が良いと思います。

忙しい方こそ、スパルタなコーチングではなく、効率的なコーチングをしてくれるスクールを選びましょう。

  

7.英語コーチングは意味ない・効果なしを解決するENGLISH COMPANY

Liberty

  

最後に、コーチングスクールを1社おすすめするとしたらENGLISH COMPANYの受講をおすすめする理由を解説いたします。

 

7-① 言語習得の専門家によるトレーニング

ENGLISH COMPANYの専属コンサルタントは、国内外の大学で言語習得に関する学問領域を修めている専門家です。

多くのコーチングスクールでは、入社してから社内研修でコーチングの知識や技術を身に付けていきますが、ENGLISH COMPANYの場合は学生時代から日本人がどのように英語を話せるようになるのかを学問として履修しているため、遥かに英語習得に関する知識が深いという魅力があります。

言い換えれば、コンサルタントが何十人もいて質がバラバラのスクールとは異なり、ENGLISH COMPANYでは専属コンサルタントの当たり外れがありません。

英語コーチングスクールで最も重要なのは自分に付いてくれる専属コンサルタントを信用できるかどうかと言っても過言ではありませんから、言語習得のプロとして安心してできるENGLISH COMPANYの受講がおすすめです。

 

7-② ビジネス英語・TOEIC・TOEFL・IELTSに対応可能

ENGLISH COMPANYにはTOEICコース・TOEFLコース・IELTSコースなどの資格試験対策コースはありませんが、無料カウンセリングの際に資格試験の対策をしたい旨を伝えれば問題なく対応してくれます。

なぜなら、ENGLISH COMPANYでは本質的な英語力を身に付けるトレーニングを実施するため、資格試験の高スコアを取得できる基礎力が大幅に伸びるからです。

海外の大学・大学院を卒業している専属コンサルタントも多く、TOEFLやIELTSなどの資格試験の知見があるの大きな魅力。

本質的な英語力を身に付ける ⇒ 試験対策という順番で学習することで、スコアを大きく伸ばすことが可能になります。

  

7-③ 毎日の学習時間が1~1.5時間

多くのコーチングスクールが1日3時間の自主学習を設定しているなか、ENGLISH COMPANYは1~1.5時間に設定しています。

なぜなら、言語習得の専門的な知識を持つ専属コンサルタントのトレーニングにより、超効率的に英語を身に付けることが可能となるからです。

他のスクールでは毎日3時間勉強することに付いていけなくなって挫折したり、受講期間が終わった瞬間に燃え尽きてしまい、英語の勉強を放棄してしまうといった精神状態になりかねません。

一方、ENGLISH COMPANYは受講期間中も無理なく英語学習できるので、モチベーションを保って最後までやり遂げることができますし、受講後も英語を効率的に勉強する知識が身に付き、やる気が続くという特徴があります。

  

公式サイト 

ENGLISH COMPANY

  

\無料カウンセリング実施中/

ENGLISH COMPANYはこちら

    

8.まとめ:最高の環境で、最高の結果を出そう

まとめ

 

当記事では、英語コーチングは意味ない?という評判について解説いたしました。。

英語コーチングスクールを受講して英語学習にコミットすれば、独学や一般的な英語スクールよりも学習効果は遥かに高いものとなります。ただし、コーチングスクールを受講すれば楽に英語を習得できるといったものではありません。

専属コーチは目標達成までの道筋を明確にし、専属コーチが最後まで併走してくれますが、英語学習をするのは自分自身です。

当記事でご紹介したコーチングスクールは、確かな実績を持つスクールです。興味があるスクールがあれば、無料カウンセリングを受けて、サービス内容やスクールの雰囲気を確かめてみてくださいね。

    -英語